漢方 ランキング。 【薬剤師監修】更年期におすすめの漢方人気ランキング10選【動悸やめまい、イライラに】

ダイエット向け漢方のおすすめ人気ランキング10選【便秘やむくみにも!】

漢方 ランキング

相談内容から明らかになる、現代人の悩みと漢方の関係 レポートによると、男女共に「 疲れやすい」が女性10代以外の全年代でランクイン。 女性は多くの年代でランキングが上がり、男性では20〜50代で 第1位となりました。 また、10〜40代女性の共通の悩みともいえる「 月経トラブル」や、「 婦人科トラブル」を抱える人も多数いることも判明。 これらを底上げするには、日々の 養生が大切。 近年、 疲れのタイプの中でも特に多くみられるのが、体がだる重く感じる「 パワー不足疲れ」「 水たまり疲れ」。 このような人は 胃腸をしっかり休めることを意識し、睡眠とその前後の時間を使い 1日最低10時間は食事をしない時間を作りましょう。 しっかり胃腸を休めた後の最初の食事には、東洋医学で最高の元気回復食といわれる「 おかゆ」がおすすめ。 c Shutterstock. 日々の生活に取り入れられる「漢方」の知恵を、より健康や美を目指すために取り入れることも方法のひとつ。 調査対象者の 約半数(43. 漢方では女性の体調は 7年周期で変化し、その変化のピークは 28歳。 次の節目になる 35歳・42歳では、仕事においても十分な経験を積み、責任ある仕事を任されたり、後輩や部下ができたり、 今まで意識していなかった体調や環境の変化から悩みが増える時期とも考えられます。 そんなとき、自然治癒力を高めて「 本来の健康を取り戻したい」と考えて漢方を選ぶ女性が多いということではないでしょうか。 c Shutterstock. 漢方では、人のからだは「 気血水」の要素から構成されていて、女性の体調の変化には、月経・妊娠・出産と「 血」が深く関係していると考えます。 「血」は、血液そのものだけではなく、 考えたり判断したりするときにも大切な要素と捉えるため、「血」の質や量が変化しやすい女性は、この血の働きと直結して精神的に 不安定=ストレスを感じやすいといえます。 また、男性に比べて体脂肪率が高く、筋肉が少ない女性の体は、 冷えにもとても敏感。 さらに、日本女性は「やせ願望」を持つ人が多く、 過度なダイエットも現代女性の子宮力低下の原因の1つといえるでしょう。 c Shutterstock. com 多くの女性が悩む「 ストレス」や「 冷え」は、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れる原因に。 月経や出産のときだけではなく、常日頃から意識して 子宮を守ってあげることが大切です。

次の

実力で選ぶ内臓脂肪を減らす漢方ランキング

漢方 ランキング

今年の早春にという記事と連動して、体型アンケートを実施しました。 ご参加いただいた多くの皆さま、ありがとうございました! 「あなたはりんご型、洋なし型どっちですか?」というアンケートに対し、 ウエスト回りに脂肪がつきやすいりんご型(固太りタイプ)が17%、 下半身太りの洋なし型(水太りタイプ)が53%、 ひとつに選べない(混合タイプ)が30%、 という結果になりました。 このタイプの特徴としては、食べ過ぎ・熱がたまりやすい・便秘などの症状があり、内臓脂肪が多い現代型の太り方といえます。 コマーシャルや薬局などでよく宣伝している「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)が代表的な漢方ですが、まさにこれは「お腹にたまった毒」を外へ出す処方となっています。 ひとくちに「お腹にたまった毒」といっても、漢方での排泄方法はさまざまなのですよ。 まずはたまった便を出す方法。 防風通聖散のなかには18種類の生薬が入っているのですが、その中でも大黄(だいおう)と芒硝(ぼうしょう)コンビは便秘に良く使われるものです。 そして水毒といい、余計な水分を排出させるものや、体表に溜まった邪気(悪いエネルギー)を発散させたり、血液循環をよくする生薬がバランスよく入り、カラダにたまった老廃物を総合的に外へ出すしくみになっています。 なお、りんご型タイプの詳細やおススメの食材はを参考に。 ではで、洋なし・混合型タイプにおススメ漢方をご紹介します!.

次の

ダイエット向け漢方のおすすめ人気ランキング10選【便秘やむくみにも!】

漢方 ランキング

今年の早春にという記事と連動して、体型アンケートを実施しました。 ご参加いただいた多くの皆さま、ありがとうございました! 「あなたはりんご型、洋なし型どっちですか?」というアンケートに対し、 ウエスト回りに脂肪がつきやすいりんご型(固太りタイプ)が17%、 下半身太りの洋なし型(水太りタイプ)が53%、 ひとつに選べない(混合タイプ)が30%、 という結果になりました。 このタイプの特徴としては、食べ過ぎ・熱がたまりやすい・便秘などの症状があり、内臓脂肪が多い現代型の太り方といえます。 コマーシャルや薬局などでよく宣伝している「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)が代表的な漢方ですが、まさにこれは「お腹にたまった毒」を外へ出す処方となっています。 ひとくちに「お腹にたまった毒」といっても、漢方での排泄方法はさまざまなのですよ。 まずはたまった便を出す方法。 防風通聖散のなかには18種類の生薬が入っているのですが、その中でも大黄(だいおう)と芒硝(ぼうしょう)コンビは便秘に良く使われるものです。 そして水毒といい、余計な水分を排出させるものや、体表に溜まった邪気(悪いエネルギー)を発散させたり、血液循環をよくする生薬がバランスよく入り、カラダにたまった老廃物を総合的に外へ出すしくみになっています。 なお、りんご型タイプの詳細やおススメの食材はを参考に。 ではで、洋なし・混合型タイプにおススメ漢方をご紹介します!.

次の