ひる おび 八代 英輝 リモート。 「ひるおび!」MC 恵俊彰と八代英輝氏の間に流れる不穏な空気

「ひるおび!」出演の八代英輝弁護士が番組批判を繰り返す理由 (2017年11月12日)

ひる おび 八代 英輝 リモート

神奈川発・地球環境アニメーション 5:30 5:30 BBCグローバルニュースリミテッドが世界の最新ニュース、ビジネス情報、選りすぐりのドキュメンタリーやライフスタイル情報等幅広いジャンルの番組を放送します。 ある日、長太郎に呼び出されたすみれとゆりは、家を出て行くよう促される。 家を飛び出した二人の前にある男性が現れる。 第2は「アイアン&フェアウェイウッド編」で、正しいボールの位置とオンプレーン・スイングを。 ボールの位置を変え、正しい軌道でのスイングを心掛け、球筋がぶれないよう狙った場所に飛ばすことを目指す。 ある日、長太郎に呼び出されたすみれとゆりは、家を出て行くよう促される。 家を飛び出した二人の前にある男性が現れる。 12:45 12:55 12:55 「チンの過去」天敵が仕掛けたワナ 13 13:00 (民進党・無所属クラブ)篠原孝 (民進党・無所属クラブ)今井雅人 (民進党・無所属クラブ)福島伸亨 (民進党・無所属クラブ)玉木雄一郎 (民進党・無所属クラブ)村岡敏英 (民進党・無所属クラブ)升田世喜男 (民進党・無所属クラブ)岸本周平 ~衆議院第1位委員室から中継~(変更の場合あり) 13:00 13:00 13 13 13:00 青山昌文 放送大学教授 13 13:00 13:05 13:30 13:30 13:35 13:45 13:45 高橋克実&安藤優子がニュースを語り尽くす事件・事故は速報詳報セレブ・損得・健康も芸能ニュースたっぷり 13:45 森本容介 放送大学准教授 13:50 13:50 ペキンパー監督の演出がさえるバイオレンス。 刑務所を出所した男が銀行襲撃計画に引き入れられた。 しかし仲間割れから、強奪した金を手に妻と共に逃亡する。 13:55 混迷五輪ボート小池氏宮城視察組織委批判に反撃か!? 13:55 14 14:00 (デジタル教育3あり) 14:00 14 14:00 「都立戸山高校」 14 14 14:00 14:00 14:04 フィギュア!! 14:06 法医研究員・マリコ(沢口靖子)の活躍を描く。 発破技師が殺された。 自宅からは爆薬が見つかり、そこから先月、津ヶ崎空港の拡張工事事務所に侵入した女性・啓子(田畑智子)の指紋が出る。 マリコは、啓子が友人に残した留守電の周波数から彼女の行方を追う。 50ニューズアイ ニュースにこだわる!竹内・佐古・シルビア情報満載わかりやすく天気はモチ論森田さん 15:50 最終回 湯川(福山雅治)は草薙(北村一輝)から、藤川(坂本真)の同僚が不審な爆発事故で死亡したと聞く。 湯川は大学の恩師で、藤川らの上司・木島(久米宏)の元へ。 一方、薫(柴咲コウ)は栗林(渡辺いっけい)に、かつて湯川が木島の研究の危険性を告発し、大学から追放したと聞く。 薫は湯川を事件に巻き込んだことを悔やむ。 15:55 15:55 15:55 右京(水谷豊)は、マンションの管理人から「結婚詐欺が原因で、住人の女性が自殺を図った」と相談を受け、尊(たける・及川光博)を現場に向かわせた。 一方、ある山中で老人の西島(うえだ峻)の遺体が見つかる。 伊丹(川原和久)は西島のマンションで聞き込みを始め、同じ階に住むジュン(東風万智子)が何か隠していると直感する。 その練習のため放課後クミチョーたちの待つ公園へ向かうバルトは、スケボーを乗りこなす少年、黄緑クオンと出会う。 興味がわいてスケボーを借りるが、転んでヴァルキリーを無くしてしまう。 バルトは全国大会に出場できるのか!? 一方クオンは旧知の仲であるシャカを詰問し、全国大会に出ることを告げる。 そこでガーネットと出会ったエースたちは、ガーネットに言われ、しぶしぶ幽霊退治を手伝うことになる。 森の中にあるウワサの幽霊屋敷にやってきたエースたちは、恐る恐る屋敷の中へと入って行くが、不気味な雰囲気をかもし出す室内に誰もがおよび腰気味。 そんな中、一同が見たものとは!? 18:30 18:30 18:30 18:55 「補習や部活で夏休みが台無し」「憧れていた夏の恋がかなわない」など、理想とは違う夏休みを送る10代の悩みをコントで披露。 18:55 前回放送した3時間スペシャルで放送できなかった「関西空港ドキュメント120時間」を一挙に公開。 また、「YOUはナゼここに~!!! 」では、男子禁制の女性だらけのおしゃれなカプセルホテルで、直撃インタビューを行う。 それぞれがこだわりの家電を紹介し、家電について熱弁を振るう。 ボーナスステージ進出を懸けて、林修が監修した問題「林先生の漢字テストツアーズ」や「ハイパーボンバー」などに挑む。 間違えられないプレッシャーの中、互いに対抗心を燃やす。 19:00 盧建 名古屋大学特任准教授 19 19:00 19:00 19:25 19:30 佐藤健と笑福亭鶴瓶が京都へ。 「就職活動をしている学生に会いたい」という佐藤は、鶴瓶と京都産業大学を訪れる。 その後、鶴瓶と別れた佐藤は、就活生の実態を探るため構内を散策。 出会った大学生と疑似面接を体験する。 一方、賀茂川沿いを移動していた鶴瓶は、オリジナルのよさこい創作に励む大学生たちと出会う。 19:30 綾瀬花日、12歳。 家族にカレシを紹介するって…ドキドキです! 授業参観に大好きな兄・陽日が来ることに。 大好きなカレシ・高尾と陽日はきっと仲良くなれるはず! ところが、まりんからは「家族への紹介は一大イベント!」と言われ、陽日にも「花日に恋愛はまだ早い」と言われてしまい、不安になる花日。 そんな中、授業参観でエイコーに「綾瀬の好きな人は高尾!」と陽日の前で言われてしまい…。 フランスで話題の巨大な操り人形劇や、中国で問題となっている巨大ゴーストタウンの実情を取り上げる。 ほか、デブネコ動画など「おもしろ映像集」も。 ゲストは本田翼、山本美月、要潤、田中卓志ら。 19:56 夫婦のいざこざについて、論客芸能人たちが「好き」か「嫌い」か討論する。 ゲストは、りゅうちぇる、大谷亮平ら。 (変更あり) 19:57 「図々しいファミリー」に濱田マリが出演。 パートの主婦で、仕事先の食事会に夫と娘を呼ぶが、「ただの付き添いだから」と言って、家族で一人分の会計しか支払わない悪役を演じる。 20 20:00 20:00 【審査委員】伊藤薫【司会】湯原昌幸【アシスタント】椎名歩美 20 20 20:00 「芸能人 人間ドックスペシャル」と題し、芸能人たちの体の状態を検査する企画の第16弾。 日頃から独自の健康法やダイエット法を実践している健康自慢の井上裕介、岡田圭右、益子直美らが、それぞれの健康法について語る。 また、心の状態は体にも大きな影響を与えるということから、心の健康状態もチェックする。 21 21:00 運命的な兄弟の姿を描くヒューマンラブストーリー。 高田総合地所株式会社に勤務する高田優(山田涼介)は、幼い頃から兄・隆一(桐谷健太)ばかりに目をかける父・貴行(高嶋政伸)から愛情を受けずに育ち、父に認められたいと望んでいた。 ある日、優は会社の創立記念パーティーで梓(倉科カナ)と出会う。 21 21:00 田崎健太がゲスト!MCカルーセル麻紀爆弾発言! 21:00 無添加にこだわり続ける化粧品メーカーの今とこれから ゲスト:山岡万佑子 株式会社ファンケル化粧品 代表取締役社長 、内田裕子 経済ジャーナリスト 21:25 21:30 島田洋七が飛距離を稼ぐために重要なドライバーショットを学ぶ。 スコアメークの大きなアドバンテージとなるショットだが、飛ぶ故に曲がると林やOBへと向かってしまう。 能町は全国のミルクセーキのある店を巡り、まとめた物を出版してしまうほど大好物だという。 なぜそこまでミルクセーキに入れ込むのかに迫り、スタジオでは瀬戸が、ホットとアイスのミルクセーキをおいしく作るこつを実践する。 22:00 22 22 22:00 人口およそ13億人を抱えるインドに、日本企業の進出が盛んになっている。 そんなインド市場の現場を探る。 「ファストファッション」が人気を集める中、皆川氏は流行とは一線を画した服作りで注目を浴びている。 「特別な日常服」をコンセプトに、独特な図案を国内の繊維工場とコラボし、緻密に再現してきた皆川氏の制作現場を取材。 22:25 22:30 22:50 22:54 22:54 22:54 22:55 身も心も温まる神奈川の銭湯の魅力を紹介。 22:59 23 23:00 高橋智隆さんは塾生たちに「ロボットの中に心を感じてしまうような、新しいソフトウエアを開発しろ」と課題を提出する。 スポーツニュースも満載。 今回は、菊池風磨と渡辺裕太が参戦し、藤ヶ谷太輔、宮田俊哉、千賀健永の3人とランキングを競う。 菊池は「ちょっとずつ相手との距離を縮められた」と自信を見せるも「藤ヶ谷くんは強敵」と事務所の先輩をけん制する。 ゲストは吉岡里帆。 24 24:00 24 24 24:00 24 24:00 なんとか脱落を免れようと魔法少女たちが奔走するなか、ファヴとクラムベリーとの会話記録を偶然発見するシスターナナ。 その会話内容によって脱落した魔法少女の処遇が明らかになる。 魔法少女たちに不安と動揺が広まる中、ファヴからゲームシステムのバージョンアップの知らせが入る。 間違ったダイエットを繰り返すことで、肝臓にある物質が蓄積し、結果として脳梗塞やがん、糖尿病のリスクが跳ね上がることが判明。 さらに、危険なコレステロールが血中に増加して、全身にさまざまな病気を引き起こすという。 弱った肝臓を復活させるための方法を伝授する。 24:10 歌って踊って願いをかなえる新企画!愛媛の祖父母に会いたい福島の孫達 24:12 ゲストの江川達也らと激論を交わしていく。 「安全のために小学生の子供にスマートフォンを持たせたら義理の母親に怒られた」という投稿に対して、「何歳から持たせるのか?」「パソコンやタブレットならいいのか?」など議論が白熱する。 また、「プチ整形を旦那に告げたら怒られた」などのエピソードを紹介する。 24:15 自由奔放なデカ長・恭子(島崎遥香)と個性派刑事の刑事部屋を舞台にしたワンシチュエーションコメディー。 ある日、「ナシゴレン課」の課長・恭子と伊吹(勝村政信)らは、ラブホテルで起きた事件をテレビで知る。 被害者の男性は浴室で殺害され、その浴槽には大量のワカメが浮いていた。 テレビを見ていた恭子らは、ワイドショーで伝えられた情報から事件の疑問点を話し合う。 そんな中、「ナシゴレン課」に配属された新人刑事・石鍋(古田新太)が早速、事件現場に向かおうとすると、恭子は「捜査に行くやつは無能」と一蹴する。 元交際相手が四六時中SNSでメッセージを送ってきたり、交際時に撮影した写真を送られるなどの被害が、10代の女性を中心に深刻化しているという。 そこで、別れ方が原因で相手の執着心に火を付けてしまったケースをドラマ化。 清水富美加らが、ストーカーの危険について考える。 24:25 24:30 24:30 蠍座のミロはついに神闘士の一角、スルトと対峙(たいじ)する。 そしてミロの前に立ちはだかるもう一人の人物、その男は何と黄金聖闘士・水瓶座のカミュであった! 一方、大樹ユグドラシルへと向かうアイオリアとリフィアは街で偶然、蟹座のデスマスクと出会う。 黄金聖闘士とは到底思えない風貌に驚きを隠せないリフィア、それでも彼女はデスマスクにアスガルドの救済を求める。 しかしデスマスクは戦いに参加する事を拒むのだった。 日本人唯一のNBA経験者である田臥選手は、現在「栃木ブレックス」に所属している。 相葉雅紀が、開幕したばかりのプロリーグ「Bリーグ」をけん引する田臥選手の素顔に迫る。 また、得意技・ノールックパスを体感する他、40歳まで現役を続けるという決意を聞く。 24:55 24:55 24:57 24:58 野球少年ケブにモテ期調子乗って地獄ノック 24:59 有田哲平が「世界一オモシロい番組」作りを目指す異色のバラエティーの第3弾。 これまで思うように番組の制作が進まず、有田は途方に暮れていた。 再び番組を作るため、スタッフは有田と山崎弘也に「新番組の制作発表会見をする」と説得。 だがそれは、架空の記者会見で、ドッキリの仕掛け人には広瀬アリスも登場する。 25 25:00 25:00 25 25 25:00 又吉を操れ! 25 25:00 25:00 話題の新機種や、パチファンの声を紹介!パチンコ&スロットアイドル実践コーナーも 25:05 25:10 あの男が告白…キス! 25:20 浅田真央の新演技 25:24 疾走する美女 25:28 ツアー直前!ザ・セカンド6人のBBQ決起集会 25:29 萌えメールをウーマン村本が審査!! 25:30 25:30 25:30 綾小路翔&でんぱ組がガチ涙!! アイドル決戦 25:30 芸能人とさしめし 25:30 25:35 「旋風さん。 私と、勝負して」。 ついに始まる、雀が原中学卓球部現エース・あがりと、転校生・こよりの試合。 あがりは得意とするドライブ戦法でこよりを圧倒していく。 勝利を確信するあがりだが、彼女が目にしたのは満面の笑みを浮かべながらラケットを振るうこよりの姿だった。 次第に激しくなる二人のラリー。 そしてついに決定的な一打が放たれた。 25:35 25:40 スゴすぎ!? 自宅エステ 25:40 25:58 25:59 枢やなの人気漫画を、舞台を近未来のアジアに置き換えて実写映画化。 女性であることを隠して生きる巨大企業の若き総帥・幻蜂清玄とその忠実な執事・セバスチャンが怪事件に挑む。 26 26:00 孤立集落の苦闘 26 26:00 お願い!ランキング生 26 26 26:00 26:05 次回開催地大発表 26:05 秦基博&南海 26:05 蒼井翔太 野球・クライマックスシリーズを放送した場合の延長時、番組休止の可能性あり 26:10 26:25 高額賞金 26:30 アメリカで夢見る少年たち 野球・クライマックスシリーズを放送した場合の延長時、番組休止の可能性あり 26:30 26:35 26:35 ジャンポケ 26:39 26:40 26:43 26:45 浅野家家中に、内匠頭長矩(今井翼)が江戸城内で刃傷沙汰に及んだという一報が伝わる。 前代未聞の事件を起こした内匠頭は即日切腹を命じられ、浅野家も取りつぶしとなる。 きよ(武井咲)は十郎左衛門(福士誠治)から、自分のことは忘れるようにと告げられ、十郎左衛門が内匠頭の後を追うつもりだと悟る。 26:50 声優 26:50 野球・クライマ.

次の

安倍政権がこの期に及んで「Go To」批判封じに奔走!『ひるおび』八代弁護士がコロナ渦中に「レク受けた」とポロリ(リテラ) 赤かぶ

ひる おび 八代 英輝 リモート

今回は、TBSお昼の情報番組「ひるおび」のメインMCを務める恵俊彰の評判などについて考えていきたい。 「ひるおび」は、月~金曜の10:25 — 13:55にて放送されており、放送時間は3. 5時間にもおよぶ超ワイド番組である。 もちろん、ニュース枠なども取られているので、全ての時間帯に恵が出演しているわけではない。 この番組の基本フォーマットは、一つのニュースソースに対して、大型のパネルが用意され、そのパネルの内容を順に追いながら進行する形だ。 ご存知の通り、その進行を担当するのが恵である。 はっきり言って、恵の進行は軽快で素晴らしいと思う。 しかし、一部ネット上では、「しゃべりすぎである」とか、「自己中心的である」などの不評コメントが多く見受けられる。 その要因としては、専門家がコメントしている最中に割って入ったり、物事を分かりやすく噛み砕いて説明する際に長々と話してしまう事などが挙げられる。 しかし、これらは自己中心的な行動ではなく、視聴者目線に立った行動ではないだろうか。 専門家のコメントは一般の視聴者にとって理解が難しいこともあるため、視聴者が置いてけぼりにならないよう、一旦質問を挟むという配慮をしているはずである。 物事を噛み砕いて長々と説明することについても同様に、視聴者には高齢者も多く含まれるため、そのあたりへの配慮とも考えられる。 これらの他にも、視聴者の嗜好や要望などをしっかりと取り入れているからこそ、この番組は同時間帯の視聴率でトップを取り続けられているのだ。 それでも、どんなに視聴者の意見を尊重した番組作りを心がけても、メインMCが暗い雰囲気だったり、嫌味な感じであれば、チャンネルを変えてしまう人が多いだろう。 やはり、恵の明るいキャラクターと軽快なトークがあればこその「ひるおび」と言える。 また、何と言っても恵はお笑い芸人である。 番組中のちょっとしたハプニングやトラブルなども上手に笑いに変えて、その場を和やかに乗り切っている様子を多々見かける。 視聴者としても安心して見ていられるし、制作スタッフからの信頼も厚いはずだ。 なお、この番組では恵が休暇を取る際、同番組出演者の八代英輝弁護士が代替MCを担当している。 申し訳ないが、八代弁護士は進行がやや硬い。 代行としては、かなり上手いと思うが、ぎこちなさを感じることが多々ある。 代替MCについては、できれば同局のアナウンサーを起用し、司会者としての腕を磨く機会を与えた方がよいのではないかと思う。 これも、一部ネット上では、八代弁護士のMCとしての評価は高く、ほとんど否定的な意見を目にしないのが不思議である。 八代弁護士はおそらく、本格的なアナウンスの訓練は受けていない その点は恵も同じなのだろうが。 そのため、発声やイントネーションに素人っぽさが残っているのが、私は気になってしまう。 今回は、恵のMC力について考えてきたが、現在は控えめになっている芸人としての活動も、今後本格的な再開を期待したい。

次の

ひるおび!とは?

ひる おび 八代 英輝 リモート

今回は、TBSお昼の情報番組「ひるおび」のメインMCを務める恵俊彰の評判などについて考えていきたい。 「ひるおび」は、月~金曜の10:25 — 13:55にて放送されており、放送時間は3. 5時間にもおよぶ超ワイド番組である。 もちろん、ニュース枠なども取られているので、全ての時間帯に恵が出演しているわけではない。 この番組の基本フォーマットは、一つのニュースソースに対して、大型のパネルが用意され、そのパネルの内容を順に追いながら進行する形だ。 ご存知の通り、その進行を担当するのが恵である。 はっきり言って、恵の進行は軽快で素晴らしいと思う。 しかし、一部ネット上では、「しゃべりすぎである」とか、「自己中心的である」などの不評コメントが多く見受けられる。 その要因としては、専門家がコメントしている最中に割って入ったり、物事を分かりやすく噛み砕いて説明する際に長々と話してしまう事などが挙げられる。 しかし、これらは自己中心的な行動ではなく、視聴者目線に立った行動ではないだろうか。 専門家のコメントは一般の視聴者にとって理解が難しいこともあるため、視聴者が置いてけぼりにならないよう、一旦質問を挟むという配慮をしているはずである。 物事を噛み砕いて長々と説明することについても同様に、視聴者には高齢者も多く含まれるため、そのあたりへの配慮とも考えられる。 これらの他にも、視聴者の嗜好や要望などをしっかりと取り入れているからこそ、この番組は同時間帯の視聴率でトップを取り続けられているのだ。 それでも、どんなに視聴者の意見を尊重した番組作りを心がけても、メインMCが暗い雰囲気だったり、嫌味な感じであれば、チャンネルを変えてしまう人が多いだろう。 やはり、恵の明るいキャラクターと軽快なトークがあればこその「ひるおび」と言える。 また、何と言っても恵はお笑い芸人である。 番組中のちょっとしたハプニングやトラブルなども上手に笑いに変えて、その場を和やかに乗り切っている様子を多々見かける。 視聴者としても安心して見ていられるし、制作スタッフからの信頼も厚いはずだ。 なお、この番組では恵が休暇を取る際、同番組出演者の八代英輝弁護士が代替MCを担当している。 申し訳ないが、八代弁護士は進行がやや硬い。 代行としては、かなり上手いと思うが、ぎこちなさを感じることが多々ある。 代替MCについては、できれば同局のアナウンサーを起用し、司会者としての腕を磨く機会を与えた方がよいのではないかと思う。 これも、一部ネット上では、八代弁護士のMCとしての評価は高く、ほとんど否定的な意見を目にしないのが不思議である。 八代弁護士はおそらく、本格的なアナウンスの訓練は受けていない その点は恵も同じなのだろうが。 そのため、発声やイントネーションに素人っぽさが残っているのが、私は気になってしまう。 今回は、恵のMC力について考えてきたが、現在は控えめになっている芸人としての活動も、今後本格的な再開を期待したい。

次の