ドラクエ ユアストーリー ネタバレ 感想。 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」感想とネタバレ!大人向けアニメっスよ!

映画『ドラゴンクエスト ユアストーリー』評価は?ネタバレ感想考察/結婚は誰と?ラスボスの正体は賛否両論?

ドラクエ ユアストーリー ネタバレ 感想

どーも、スルメ です。 非常に難しいですね~、これは! なにが難しいって『ドラクエ』ほど知名度が高く、長きにわたって愛されてるテレビゲームをアニメすることがです! どんなに上手くやっても絶対に批判が出るじゃないですか!『ドラクエ』は特に思い入れが強い「大人ファン」も多いですしね。 しかもドラクエ5でしょ?天空の花嫁でしょ?ドラクエの中でも大傑作じゃないですか! 私の場合完全に世代じゃないんですが、リメイクであるDS版が中学の時ブームになりまして。 ビアンカか、フローラか、はたまたデボラか。 ルドマンの前でめちゃくちゃ悩んだものですw いちおう私も20代前半にしては珍しいと思っている「全作プレイ済み人間」でして、親の影響もあって小学校低学年、いやもっと小さい時からドラクエと共に生きていたと自負しております。 そんな私が観る 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。 ドラクエのアニメを観るのは初めてかも。 主人公に名前が付いている時点で「ユア・ストーリー」じゃないやろ!と思いつつも期待半分、不安半分で鑑賞して参りました! あらすじ 敏腕な父・パパスに育てられ、天空の勇者を探す旅に同行していたリュカ。 ある日、お城を襲撃した魔物たちによって攫われたヘンリー王子を助けるため魔物の拠点へと向かった二人だったが、リュカを人質をとられたパパスは抵抗できずにやられてしまう。 パパスを倒したのは大魔王の復活を試みるゲマ。 リュカはゲマへの復讐心、パパスの最後の言葉を胸に奴隷として生活していくのだった。 それから数年。 大人に成長したリュカは共に奴隷となったヘンリー王子と一緒に遺跡を脱出、なつかしの自宅へと帰ってくる。 再びこの家からゲマを倒せる「天空の勇者」を探すリュカの冒険が始まる…! 総監督 総監督は先週公開された 『アルキメデスの大戦』の 山崎貴。 監督ではなく総監督という位置づけですが…。 実写映画はVFXを多用した迫力ある映像を作っていると同時に、アニメ映画でも活躍中。 有名なところだと 『STAND BY ME ドラえもん』ですかね。 『アルキメデスの大戦』は想像以上に面白く、世間的な評価も高かったようですが、今回はどうでしょう? キャスト 主人公・リュカの声優を務めたのは皆さんおなじみ 佐藤健さん! アニメ化するなら『勇者ヨシヒコ』のイメージが強い 山田孝之さんかなぁと思ってましたが、山田さんはパパス役でしたねw ヒロインの二人であるビアンカとフローラにはそれぞれ 有村架純さん、 波留さんがキャスティング! 果たしてどちらを花嫁に選ぶのか。 俺はフローラ派だけど、声優を見ただけでどっちを選ぶかわかる気がするぞ! その他には 坂口健太郎、古田新太、安田顕、松尾スズキ、吉田鋼太郎など、かなり豪華なメンバーになっている印象。 ブオーンを出せるほど尺がないと考えていましたからね。 原作でも大人気?のブオーンの使い方がめっちゃうまかった! ホンネを言えば「子供編」「青年編1」「青年編2」の3部構成にしてほしかったんですがね。 無理を言っちゃあいけません! えー、しかしながらですね。 ラストの展開をどうしても認められんのだよ。 これ賛否どころか否の方が多くなるんじゃね?? 最後まで真面目に脱線せず終わらせることはできなかったものか。 それでは刺激が足りないとでも言うのか。 確かにタイトルの「ユアストーリー」を回収していたけども!これはやっちゃダメなのでは。 終盤まで「おぉ…おおお!!」みたいな興奮があったのに、ひどいよ山崎監督…。 ここから先は『ドラゴンクエストユアストーリー』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 鳥山明先生はどうした! ドラクエと言えば堀井雄二さんの独特すぎるセリフ回し、鳥山明先生のキャラデザ、そしてすぎやまこういちさんの音楽! この3つが揃わなければドラクエではないと言っても過言ではありません! 残念ながら鳥山明先生のデザインは踏襲されているものの、アニメの制作には携わっていないようで、絵のタッチが微妙に気になる点がしばしば。 完全に鳥山絵でやって欲しかったよね。 他の方がデザインしても「鳥山明っぽさ」が随所に出ているんで、参加せずとも存在感を伝えてくるあたり基が物凄いデザインだったのだなと。 特に キラーパンサーとかね。 ゲーム以上に毛並みがフサフサで、動きも良かった。 アニメーションについても書くと、モンスターはどれも最高!メタルハンターの質感とか、前述したキラパンの動きも原作へのリスペクトが感じられます。 対して主人公やビアンカを始めとする人間キャラクターはどうも絵のタッチが好きになれない。 完全に私の好みの話なんですが。 コロコロ動く表情は日本の2Dアニメっぽさが出てて、海外の3Dアニメではみられない良さだと思うんだけど。 それと、たまーに声優の演技とアニメのリアクションが合ってなかったりするんですよねw そこら辺がちょっと気になるかぁという程度でして、 アニメに関してはこれ以上ない「ドラクエ」になっていたと思います。 すぎやまこういち 上の項目で書いた通り、すぎやまこういちさんの音楽もドラクエには欠かすことのできない要素。 これほど耳に残るゲーム音楽を作る人はいないんじゃないかな。 それが原作である「天空の花嫁」からだけでなく、シリーズ全体からとられているですよ!しかも使いどころもファンの気持ちを高ぶらせるものですしね。 特にブオーン戦のラストで使われた 「敢然と立ち向かう」。 確か6のムドー戦の曲だったか。 最新作11でも事あるごとに流れていた記憶が。 まさかあのタイミングでムドーの曲を使ってくるとは!5の曲しか使わないもんだとばかり…。 それとラストのゲマ戦でバギクロスを放った時に流れた 9のラスボス曲 タイトル忘れた !意外とこの曲好きなんですよね~。 シリーズの中じゃ空気が薄いと思われがちな9からも名曲を拾ってきてくれるなんて!しかも序曲のアレンジ使われてるサビ部分!たぶん曲知らなくても感動したわ。 あれ?俺間違ってないよね?これで間違えてたらめっちゃ恥ずかしい…。 この次の項目ではラストに関する重大なネタバレを含みます! 落とされたラスト ここまでは非常に感動して興奮して、涙すら流しかけたものだったのですが、状況が一変!なぜかいきなりの方向転換がやってくるのです。 そう、この世界 劇中のドラクエ世界 がすべてVRだったと言うのでした~。 あーー、やっちゃったー! そんな変にどんでん返ししようとしなくても、じゅうぶん良い映画だったって!!普通にミルドラース倒して終わらせるんじゃダメだったんですか?? 解説いたしますと、ゲマが自らを犠牲にしてミルドラースを復活させようとするんですね。 しかし舞い降りてきたのはミルドラースのデータに侵入していたコンピューターウイルス! 主人公リュカはスーファミで発売された我々も良く知る「ドラクエ5」をプレイし、私と同じくドラクエをやりながら生きてきた普通の青年だったのです。 それが未来のゲームセンターのようなところで発売された「ドラクエ5VR」をプレイしているという、唐突なSF設定w 「大人になれ!ゲームなんてくだらない」とすべてのゲーマーを敵に回す発言をするミルドラース改めウイルス。 それに対し「ゲームは俺の第二の世界だ!プログラムだとしても一緒に戦ってきた仲間は心にいる!」的なことを叫ぶリュカ改めドラクエファンの青年。 ファンなら「こども時代をスキップ」なんて項目選択するわけないやろがい! 最終的にウイルスに対抗するプログラムが作動し、ロトの剣の形をしたウイルス対策ソフトをミルドラースにぶつける流れとなりました。 この展開に目をつむれるだけの心の広さ、もしくは瞬時に受け入れるだけの理解力が私にあれば良かったのですが、残念ながら両方とも持ち合わせておりません。 突然すぎる展開に頭が真っ白になり、最後までやり切らずドラクエにSF展開を持ってきたことに怒りすら感じたのでした。 まとめ 期待していた部分も的中していたし、不安に思っていた部分も的中しためずらしい作品となりました! いや、ね。 どんなストーリーになっても不満は生まれるだろうし、「ドラクエ」をアニメにするってことがどれだけのことか理解できるからこそ本作を好きになりたかった。 でもなー、このラストはちょっとなぁ…。

次の

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 感想・レビュー|映画の時間

ドラクエ ユアストーリー ネタバレ 感想

プレイしたことがある人は、当時、自分の結婚相手を選ぶくらいの本気で迷ったと思います。 それこそドラクエVの醍醐味の一つである、 「人生を体験する」ということ。 プレイしているあなたの話、つまりユア・ストーリーなんです。 3DCGで蘇ったビアンカ、フローラはとても可愛らしく魅力的です。 ですが、やはりその過程は 自分でプレイしてこそとの魅力なんだと、映画をみてしみじみと感じました。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の衝撃ラスト 本作、ラストの展開について巷では大いに盛り上がっています。 問題はゲマを倒してからでした。 ストーリー上では、ラスボス、ミルドラースがいよいよ出てくるのかという場面。 文字通り時が止まり、謎の人物が現れるのです。 映画館ではこのシーンで一気にシーンと静まり返り、「えっ、」という声が聞こえて、一瞬劇場がザワついたのを覚えています。 登場人物全てがフリーズした状況で主人公リュカと謎の人物のみが動ける状況に。 謎の人物は目の前のアニメーション世界をどんどん解体していきます。 何が何だか分からなくなる主人公。 見ている僕らも意味不明です。 そして 謎の人物は、自分がコンピュータウィルスであると告げるのです。 な、なんだと。。。 その後ミルドラースとの最終決戦はなく、謎の人物との戦いになり、お供だったスラリンが実はアンチウイルスプログラム(しかも渋い声)であることが分かります。 スラリンからの助太刀を得て無事ウィルスを倒し元のゲーム世界に戻る主人公。 VR世界であることを知りつつも、仲間と共に旅を続けるという形で幕が閉じるのでした。 言われてみれば冒頭の幼少期がドット絵のダイジェストだったりと、後の伏線となる要素があったのはわかりますが、それにしても 一方的に投げつける展開だったと感じずにはいられませんでした。 そもそも三代に渡る壮大なストーリーを一本の映画にするということ自体が難題だとは思います。 その中でどうやって納めるのか試行錯誤したとは思いますが、結果的にファンにとっての記憶を踏みにじる展開になってしまったと感じます。 この映画が反感を買っている最大の理由は、 当時の記憶をだんだんと蘇らせ、盛り上がりが最高潮のタイミングでそれを否定するような展開にしたことです。 RPGは映画と違って、2時間では終わりません。 コツコツと面倒でもレベル上げや謎解き、そんな遠回りを経てクリアするのです。 その地道な作業が醍醐味の一つでもあります。 そもそも映像で観て楽しむということ自体ゲームと嗜好性が変わってくるため、難しいとは思います。 でも、それが分かっている上で、終盤で 「これはゲームだから、大人になれ」などと言われたら間違いなく冷めるでしょう。 「ユア・ストーリー」とはプレイする誰しもにとっての冒険であるということでしたが、そんなことは言われなくてもわかります。 ましてやそれを主人公に言わせてしまうという展開も違和感でしかありませんでした。 制作発表でプレイした人こそ見てほしいという話でしたが、これは 逆にプレイした人は観ないほうがいい映画になっていました。 ただ、プレイしていないと冒頭でスキップされた部分の話が理解できないため、感情移入しずらい部分はありますがね(苦笑)。 ドラクエはゲームが一番 日本を代表する「ドラゴンクエスト」シリーズ待望の映画化ということで話題性十分でしたが、意図しないところで盛り上がってしまったのも事実。 ゲームの映画化、しかもストーリーも同じというハードルの高さはあったと思いますが、ゲームをプレイしたことのある方にとっては残念に感じる部分もありました。 RPGは文字通り役になりきってプレイするゲームなので、映画との線引を改めて感じてしまった作品になりました。

次の

【みんなの口コミ】映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想評価評判

ドラクエ ユアストーリー ネタバレ 感想

8月2日に公開された映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が激しい論争を巻き起こしている。 今作は国民的ゲーム作品である『ドラゴンクエスト』シリーズの中でも人気の高い『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(以下『ドラクエV』)を基にしたCGアニメ映画だ。 多くのドラクエファンを中心に注目を集めている作品であるものの、大手レビューサイトやTwitter上では賛否がはっきりと分かれており「単純につまらない」などという不満よりも「ゲームを楽しんだ思い出を馬鹿にされたように感じる」といった、激しい怒りのこもった意見も散見している。 なぜそれほど激しい賛否を巻き起こしたのか、物語の構成や展開に注目していきたい。 本作は、『ドラクエV』の物語を再構成しているが、ゲーム作品を映画化する上で特に問題となりやすいのが物語の取捨選択だ。 特に本作のようなRPGの場合は様々な町やダンジョンを冒険していき、個性的なキャラクター達との出会いや別れを繰り返して物語が進んでいくが、その全てを時間が限られた映画で製作することは不可能だ。 さらに『ドラクエ』シリーズの場合は主人公が一切セリフを発しない作品もあり、主人公のキャラクター設定から作り始める必要がある。 特に『ドラクエV』は親子三世代にわたる絆を描いた物語であり、ヒロインのビアンカとフローラのどちらかを選ぶ結婚問題などのファンの印象に強く残るイベントも多いために取捨選択が難しい。 そのためにイベントの間をつなぐシーンはダイジェストのように進行してしまい、1つ1つの描写が荒くなってしまう。 また、キャラクター達を深く描写する時間が限られているために、重要な人物にも関わらず出番が少ないなど魅力が発揮しづらく、今作においても主人公の娘は存在そのものがなくなってしまった。 映画化に際して仕方のない面もあるのだが、『ドラクエV』を愛してきたファンにとっては雑な物語と感じてしまうことになりかねない。

次の