九牛の一毛 類語。 「九牛の一毛」に関連した中国語例文の一覧

「九牛の一毛」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

九牛の一毛 類語

『四字熟語の百科事典』は、 小学校で習う簡単な四字熟語から 漢字検定1級に出題されるような非常に難易度が高い四字熟語までを、小学生や中学生でも簡単に分かるように解説しているサイトです。 四字熟語は私たちの毎日の生活にしっかりと根づいています。 それは、四字熟語を使うことにより、 表現がバシッと的確に決まるからです。 四字熟語は生き生きした表現を作る、だからこそ、 中学の入学試験、そして高校、大学の入学試験にまで出題されるのです。 四字熟語のもとになっている漢字は、一字一字が固有の概念を備えた「語」であり、一字が一音節で発音されるという特徴をもっています。 この漢語の特質を生かして、口ずさみやすい四字句、四音節の、しかも含蓄に富む意味内容を表現する漢語が 四字熟語です。 当サイトの逆引き検索はこちらをお使いください。 四字熟語一覧を50音別に検索 「あ」で始まる四字熟語• 「い」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「う」で始まる四字熟語• 「え」で始まる四字熟語• 「お」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「か」で始まる四字熟語• 「き」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「く」で始まる四字熟語• 「け」で始まる四字熟語• 「こ」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「さ」で始まる四字熟語• 「し」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「す」で始まる四字熟語• 「せ」で始まる四字熟語• 「そ」で始まる四字熟語• 「た」で始まる四字熟語• 「ち」で始まる四字熟語• 「つ」で始まる四字熟語• 「て」で始まる四字熟語• 「と」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「な」で始まる四字熟語• 「に」で始まる四字熟語• 「ぬ」で始まる四字熟語• 「ね」で始まる四字熟語• 「の」で始まる四字熟語• 「は」で始まる四字熟語• 「ひ」で始まる四字熟語• 「ふ」で始まる四字熟語• 「へ」で始まる四字熟語• 「ほ」で始まる四字熟語• 「ま」で始まる四字熟語•

次の

漢数字「九」を含む四字熟語一覧【まるわかり!】読み方・意味・用例

九牛の一毛 類語

九仞之功 (きゅうじんのこう) 長い時間をかけた大仕事が、最後に手を抜いたためにあと一歩のところで失敗に終わること。 九仞之功の用例 ここまできたら、後は九仞之功に細心の注意を払っていこう。 九腸寸断 (きゅうちょうすんだん) とても辛くて悲しいこと。 九鼎大呂 (きゅうていたいりょ) 貴重なもの、重要な地位や名声などのたとえ。 九損一徳 (くそんいっとく) 費用ばかりかかってほとんど利益が出ないこと。 九年之蓄 (くねんのたくわえ) 国が豊かであるということ。 九分九厘 (くぶくりん) ほとんど完全、完璧にちかいこと。 九分九厘の類語 十中八九(じゅっちゅうはっく)• 九品蓮台 (くほんれんだい) 浄土に住生する者が座るという極楽浄土にある蓮の葉の台座。 九品蓮台の類語 九品之台(くほんのうてな)• 洪範九疇 (こうはんきゅうちゅう) 政治の基本となる道徳。 天下を治める九種の大法のこと。 三拝九拝 (さんぱいきゅうはい) 幾度も頭を下げて敬意を表すこと。 三拝九拝の用例 三拝九拝してようやく頼みを聞いてもらえた。 九十九折 (つづらおり) くねくねと幾度も折れ曲がっているさま。 九十九折の用例 ここの峠は道幅も広くなく、九十九折で有名です。 天保九如 (てんぽうきゅうじょ) 長寿を祈る語。 天保九如の類語 千秋万歳(せんしゅうばんざい)• 八索九丘 (はっさくきゅうきゅう) 中国古代の書物の名。 面壁九年 (めんぺきくねん) 長年一つのことに専念し、忍耐強く努力すること。 面壁九年の用例 面壁九年の努力は、必ず生きてくるであろう、 以上、「九」を含む四字熟語でした。 数字ごとの四字熟語はこちら 一、、、、、、、、、、、、、 数字の四字熟語一覧はこちら.

次の

今日の言葉 1268 九牛一毛(きゅうぎゅうのいちもう)

九牛の一毛 類語

割鶏牛刀 (かっけいぎゅうとう) 小さな鶏をさばくために、牛を裁くための大包丁はいらないということ。 牛刀割鶏 (ぎゅうとうかっけい) 小さな事柄を処理するために、大げさな手段を用いることのたとえ。 群鶏一鶴 (ぐんけいのいっかく) 凡人が多くいる中で、一人だけ優秀な人物が混じっていることのたとえ。 鶏群一鶴 (けいぐんのいっかく) 凡人が多くいる中で、一人だけ優秀な人物が混じっていることのたとえ。 鶏犬不寧 (けいけんふねい) 事態が緊迫していて心が落ち着かない、安まらないことのたとえ。 鶏口牛後 (けいこうぎゅうご) たとえ小さくても組織のリーダーになるべきで、大きな組織の末端で甘んじてはいけないということ。 鶏尸牛従 (けいしぎゅうしょう) たとえ小さくても組織のリーダーになるべきで、大きな組織の末端で甘んじてはいけないということ。 烏(カラス)を含む四字熟語• 烏鳥私情 (うちょうのしじょう) 親に孝行をしたいと思う気持ちを謙遜していう言葉。 烏鳥私情の類語 反哺之孝(はんぽのこう)• 烏兎怱怱 (うとそうそう) 月日がせわしなくすぎていくたとえ。 「怱怱」は、急いでいることを意味する。 烏兎怱怱の類語 光陰如箭(こういんじょぜん)• 烏白馬角 (うはくばかく) 絶対に起こり得ないこと。 「カラスが白くなり、馬にツノが生える」ことなどない、という意から。 烏白馬角の類語 亀毛兎角(きもうとかく)• 烏飛兎走 (うひとそう) 時の流れは早く、慌ただしいということのたとえ。 烏之雌雄 (からすのしゆう) 物事の善悪や良し悪しの判断がしにくいことのたとえ。 烏のオスとメスは見分けづらいことから。 鷹を含む四字熟語• 苛政猛虎 (かせいもうこ) 苛酷な政治は人喰い虎よりも恐ろしいということ。 騎虎之勢 (きこのいきおい) 物事にはずみがついて、後に引けないことのたとえ。 狐仮虎威 (こかこい) 権力者の力を借りて、力の弱いものが威張ることのたとえ。 虎渓三笑 (こけいさんしょう) ある事柄に熱中しすぎて、他のことを全て忘れてしまうたとえ。 虎穴虎子 (こけつこし) 危険を冒さなければ、大きな成功や利益を手にすることはできないということ。 虎頭蛇尾 (ことうだび) 初めは勢いがいいが、だんだんと勢いが衰えていくこと。 虎頭蛇尾の類語 竜頭蛇尾(りゅうとうだび)• 虎皮羊質 (こひようしつ) 見た目は立派だが、中身が伴っていないこと。 虎豹之文 (こひょうのぶん) 才能と知恵、どちらも持ち合わせている人はその才能がゆえ災いを招くということ。 虎豹之文の類語 猿狙之便(えんそのべん) 狼を含む四字熟語• 割鶏牛刀 (かっけいぎゅうとう) 小さな鶏をさばくために、牛を裁くための大包丁はいらないということ。 汗牛充棟 (かんぎゅうじゅうとう) 大量にある書物のこと。 汗牛充棟の類語 載籍浩瀚(さいせきこうかん)• 牛飲馬食 (ぎゅういんばしょく) 一度の食事で大量の酒を飲んだり、食べたりすること。 牛飲馬食の類語 鯨飲馬食(げいいんばしょく)• 牛鬼蛇神 (ぎゅうきだしん) 人柄が卑しく、心がねじ曲がっている人のたとえ。 また、容姿の醜さも指す。 牛驥同皁 (ぎゅうきどうそう) 有能な人物が、劣った人物と同じような待遇を受けることのたとえ。 九牛一毛 (きゅうぎゅうのいちもう) 多くの中にあるきわめてわずかな部分のこと。 今回わかった新たな発見も九牛一毛にすぎない。 牛首馬肉 (ぎゅうしゅばにく) 見た目と中身が一致しないことのたとえ。 牛刀割鶏 (ぎゅうとうかっけい) 小さな事柄を処理するために、大げさな手段を用いることのたとえ。 牛糞馬涎 (ぎゅうふんばせん) 取るに足らない、つまらない物のたとえ。 鶏口牛後 (けいこうぎゅうご) たとえ小さくても組織のリーダーになるべきで、大きな組織の末端で甘んじてはいけないということ。 鶏尸牛従 (けいしぎゅうしょう) たとえ小さくても組織のリーダーになるべきで、大きな組織の末端で甘んじてはいけないということ。 呼牛呼馬 (こぎゅうこば) 相手の言うことを聞き、逆らわないことのたとえ。 呼牛呼馬の類語 馬耳東風(ばじとうふう)• 対牛弾琴 (たいぎゅうだんきん) 全く意味がないこと。 琴を引いて牛に聞かせる琴の意から。 対牛弾琴の類語 馬耳東風(ばじとうふう) 馬を含む四字熟語• 意馬心猿 (いばしんえん) 煩悩や欲に心が乱されて落ち着かないこと。 意馬心猿の類語 明鏡止水(めいきょうしすい)• 烏白馬角 (うはくばかく) 絶対に起こり得ないこと。 「カラスが白くなり、馬にツノが生える」ことなどない、という意から。 烏白馬角の類語 亀毛兎角(きもうとかく)• 汗馬之労 (かんばのろう) 物事を成功させるため、汗水流して奔走する苦労のたとえ。 「汗馬」は馬に汗をかかせること。 汗馬之労の類語 犬馬之労(けんばのろう)• 牛飲馬食 (ぎゅういんばしょく) 一度の食事で大量の酒を飲んだり、食べたりすること。 牛飲馬食の類語 鯨飲馬食(げいいんばしょく)• 牛首馬肉 (ぎゅうしゅばにく) 見た目と中身が一致しないことのたとえ。 牛糞馬涎 (ぎゅうふんばせん) 取るに足らない、つまらない物のたとえ。 犬馬之心 (けんばのこころ) 犬や馬の飼い主に対する忠誠心。 犬馬之歯 (けんばのよわい) 自分の年齢を謙遜していう言葉。 犬馬之労 (けんばのろう) 人のために力を尽くすことを謙遜していう言葉。 呼牛呼馬 (こぎゅうこば) 相手の言うことを聞き、逆らわないことのたとえ。 呼牛呼馬の類語 馬耳東風(ばじとうふう)• 胡馬北風 (こばほくふう) 故郷を懐かしむこと。 胡馬北風の類語 越鳥南枝(えっちょうなんし)• 塞翁失馬 (さいおうしつば) 人の幸福、不幸はその時にはわからず、時間が経って見ないとわからないということ。 塞翁失馬の類語 禍福倚伏(かふくいふく)• 千軍万馬 (せんぐんばんば) とても大きな軍隊のこと。 「千」「万」とは、非常に数が多いことを意味する。 千軍万馬の類語 千兵万馬(せんぺいばんば)• 竹馬之友 (ちくばのとも) 幼友達のこと。 竹馬之友の類語 総角之好(そうかくのよしみ) 羊を含む四字熟語• 鶏犬不寧 (けいけんふねい) 事態が緊迫していて心が落ち着かない、安まらないことのたとえ。 鶏鳴狗盗 (けいめいくとう) くだらない芸やつまらない技能しかない人のこと。 また、つまらないことでも何かの役に立つことがあるたとえ。 犬猿之仲 (けんえんのなか) 互いの関係が非常に悪い間柄のこと。 犬牙相制 (けんがそうせい) 国境沿いで国同士が互いに牽制し合うこと。 「犬牙」は犬の牙、「相制」は牽制し合うを意味する。 犬兎之争 (けんとのあらそい) 争っていた両者が疲弊し、第三者に利益を横取りされてしまうこと。 犬馬之心 (けんばのこころ) 犬や馬の飼い主に対する忠誠心。 犬馬之歯 (けんばのよわい) 自分の年齢を謙遜していう言葉。 犬馬之労 (けんばのろう) 人のために力を尽くすことを謙遜していう言葉。 喪家之狗 (そうかのいぬ) 覇気や活力がなく、やせ衰えているひと。 「喪家」は喪中の家のこと。 飛鷹走狗 (ひようそうく) 狩りをすること。 「飛鷹」は鷹を飛ばすことを意味し、「走狗」は猟犬を意味する。 羊頭狗肉 (ようとうくにく) 見た目は立派だが、中身が伴っていないこと。 羊頭狗肉の類語 羊頭馬脯(ようとうばほ) 兎を含む四字熟語• 一竜一猪 (いちりゅういっちょ) 努力する者と努力しない者の間には、賢愚の大きな差ができるということ。 一竜一猪の類語 一竜一蛇(いちりゅういちだ)• 画竜点睛 (がりょうてんせい) 最後に行うべきこと。 物事の最も大切な部分、最後の仕上げのこと。 臥竜鳳雛 (がりょうほうすう) 大きな才能が未だ世に知られていない人のこと。 将来の大成が楽しみな人。 韓雲孟竜 (かんうんもうりょう) 男色のこと。 孔明臥竜 (こうめいがりょう) 世の中に埋もれている優れた人物。 孔明臥竜の類語 伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)• 蛟竜毒蛇 (こうりょうどくだ) 気味が悪く、恐ろしげなもののたとえ。 蛟竜毒蛇の類語 魑魅魍魎(ちみもうりょう) 以上、動物が含まれる四字熟語でした。 今回紹介したのは、実はまだまだ全ての四字熟語ではありません。

次の