キーボード クラッシャー 現在。 あのキーボードクラッシャーは今... マッチョなイケメンラッパーになっていた!?: J

キーボードクラッシャーの現在|名前/出身地/年齢

キーボード クラッシャー 現在

キーボードクラッシャーとは怒りながらを破壊する人の 当時 のことである。 本名は「p Nond(ド・ド)」(後程)。 は、キラ、ラ、ッシャー等である。 に登場しているとは別人である。 (念のため) 概要 からされたと、それによって作られたにより認知されるに至った。 として利用され、とも呼ばれる。 に登場した頃は、の『』 ーナメント をしていたことから「 r」と呼称されていた。 後にに輸入されるようになると「」、また等の掲載が出現するようになるとの呼び名が定着した。 なお、圏では"Ary man " 怒っている人の 、略してKなどと呼ぶ。 他にも「Der echte er」、「i」、本名の一部「p」等 時間の遅さ等、事あるごとにキレているが、本人によると全て演技。 当時の彼がだったのかだったのかはのままだった。 現存する最古のキーボードクラッシャーの番号はと、におけるも長い。 内でを扱うの看バナーにも使われている。 のにて、の例としてキーボードクラッシャーのを取り上げた。 しかし、ド氏はではないのでただとばっちりを受けただけだった。 そして、現在… は「」名義でラッパー・として活動しており、には自身のにかつての「キーボードクラッシャー」を見るを配信。 の自らの姿に終始苦笑いする元気な姿を見せた。 本人によれば、「キーボードクラッシャー」後の経緯について ・をした後、中からからかいの対になりのをやめた。 ・この頃からを染める、をやめる等してパッと見でかわからなくなるようにした。 ・しかし、進学しても相変わらず自身をからかうが後を絶たなかったので、自分をなるべくコワく見せようと体を鍛え始め、っぽいに身を包むようになった。 背が急に伸びたのもこの時期。 ・それでもなかってくるを冗談でしたところがへする騒ぎとなり、退学処分を受けた その後、別ので事。 ・でも中に自身が知れ渡っておりを受けるも採用を尽く断られた 中には「ウチでもを壊すんじゃないか」と言い放つ会社もあった。 そのため三年間は生活を強いられた(週数時間だけ働き、収わずか)。 そして有り余る余暇の中でひたすら体を鍛えた。 ・三年のの末、の就職先に辿りつき、とにたの順満帆の日々を送っている。 ・頃にを開設しており、当初はをしていたがこの時からキーボードクラッシャー疑惑が上がっており、「方はキーボードクラッシャーか?」という問いに対して否定しするというを繰り返していたが、近年に有志がを上げたことにより「これ以上は否定しようがない」と諦め、キーボードクラッシャーのを上げるようになった。 ・を受け入れ、例の以降の半生をったを開したところ、多くの雑誌に取り上げられ万再生された。 ・当初は曲を作りたいだけだったが、ラッパーが見つからなかったためも自分でやるようになった。 ・は楽曲をに活動しつつ、として「ふざけた」も作っている。 自身がで反があったことを知ってからは向けのを作るようになった。 との事だった。 では2m・体重㎏・デッ㎏を持ち上げるなど、もはやをでは済まされないな身体を持っており「」「第二の(筋々な体、へののほか、没後のためか)」等、新たな呼び名が付けられつつある。 更にへの独占も開されており、それによると ・本名は「p Nond(ド・ド)」 ・元々ではなく、を体験したことすらなかった(但し、を好んでいた) ・キーボードクラッシャーのをする以前から活動をやっていた ・の文化にを受けていて、で有名になったことを受けて自分の作品に訳を付ける様になった など、次々としていた。 空耳 を話しているはずだが、その発言の多くがに聞こえることから、が数多く作成されている。 「マンマンフラ」• 「倍数? 死んだ? おいしいの? 「にスピン」• 「に逝った」• 「まだ? 「おんこ恥ずかしいーーー」• 「脂っこい」• 「のは関係ねぇ」• 「ちゃう! 「いつ買いに行く? 「さん()」「、の事好き…かも」• 「ああ、が取れちゃった」• 「だけ…」 他に「!!」としており、人でありながらを敬う大変なである。 なお「」はで「ぶっ殺してやった」という意味なのでで使うのはお勧めしない。 キーボードクラッシャー本編 関連動画 本人に対する 関連静画 NG推奨ワード ここ最近、と関係する「」等ののが随所で確認出来るので、関連のを閲覧する際には下記のを定、の方は設定しておくと便利だと思う。 きくしま• 外部リンク•

次の

【画像】キーボードクラッシャーさんの現在wwww

キーボード クラッシャー 現在

彼のことを、「キーボードクラッシャー」と人は呼ぶ。 かつてネットを通じ、世界中で話題を呼んだ少年だ。 それから12年、その本人と思われる人物が再びYouTubeに動画を投稿、しかも昔の自分と「共演」したことが話題を呼んでいる。 「ドイツ発の最大のネットミーム」 動画を投稿したのは、「ヘラクレス・ビーツ」を名乗るドイツの男性である。 さわやかな短髪にメガネが印象的な彼は、別の動画では「ヘラクレス」の名前どおり、隆々たる筋肉も披露している。 現在、ラッパーとして活動中だ。 ……言われてみれば、目元などに面影がある。 2006年、当時14歳の少年が投稿した件の動画は、「アンリアル・トーナメント」というPC向けゲームを遊ぶ様子を自撮りしたものだ。 いかにもオタク、という雰囲気の彼、やる気満々でテーブルに着いたものの、ゲームがなかなか起動せず、しょっぱなから画面に罵声を浴びせまくる。 4分強の動画は、2005年に誕生したばかりのYouTubeを通じて世界的に拡散した。 英語圏では「アングリー・ジャーマン・キッド」「UT(アンリアル・トーナメント)キッド」といった名前で知られ、ドイツのウェブメディア「GamePro」は、 「ドイツ発の最大かつ最も有名なインターネットミーム(=ネット上のネタ)」 と評する。 日本でも「ニコニコ動画」などで「キーボードクラッシャー」と呼ばれ、そのドイツ語の罵倒に日本語の「空耳」を当てた動画や、音声などを加工したパロディー(MAD)動画が作られるなど、一躍人気者になった。 78 ID:M3rnDbNw0 ニコニコ全盛期を支えた男やからな•

次の

あのキーボードクラッシャーは今... マッチョなイケメンラッパーになっていた!?: J

キーボード クラッシャー 現在

彼のことを、「キーボードクラッシャー」と人は呼ぶ。 かつてネットを通じ、世界中で話題を呼んだ少年だ。 それから12年、その本人と思われる人物が再びYouTubeに動画を投稿、しかも昔の自分と「共演」したことが話題を呼んでいる。 「ドイツ発の最大のネットミーム」 動画を投稿したのは、「ヘラクレス・ビーツ」を名乗るドイツの男性である。 さわやかな短髪にメガネが印象的な彼は、別の動画では「ヘラクレス」の名前どおり、隆々たる筋肉も披露している。 現在、ラッパーとして活動中だ。 ……言われてみれば、目元などに面影がある。 2006年、当時14歳の少年が投稿した件の動画は、「アンリアル・トーナメント」というPC向けゲームを遊ぶ様子を自撮りしたものだ。 いかにもオタク、という雰囲気の彼、やる気満々でテーブルに着いたものの、ゲームがなかなか起動せず、しょっぱなから画面に罵声を浴びせまくる。 4分強の動画は、2005年に誕生したばかりのYouTubeを通じて世界的に拡散した。 英語圏では「アングリー・ジャーマン・キッド」「UT(アンリアル・トーナメント)キッド」といった名前で知られ、ドイツのウェブメディア「GamePro」は、 「ドイツ発の最大かつ最も有名なインターネットミーム(=ネット上のネタ)」 と評する。 日本でも「ニコニコ動画」などで「キーボードクラッシャー」と呼ばれ、そのドイツ語の罵倒に日本語の「空耳」を当てた動画や、音声などを加工したパロディー(MAD)動画が作られるなど、一躍人気者になった。 78 ID:M3rnDbNw0 ニコニコ全盛期を支えた男やからな•

次の