トイレット ペーパー なくなる。 トイレットペーパーが無くなる本当の理由

トイレットペーパー騒動

トイレット ペーパー なくなる

新型コロナウイルスのデマの拡散により、 マスクの次はトイレットペーパーが品薄になっています。 異質なのはデマに惑わされて買いに走るのではなく、 デマで買い占める人がいるから入手困難になる前に「念のため」といった理由で買いに走る人が後を断ちません。 ひとつでいいから欲しいのに 必要な時にはすでに店にはなくフリマやAmazonで高額で転売されているような現状を考えると、 手に入るうちに買い置きを・・・というのも合理的である意味仕方のない行動とも思えます。 この負のサイクルを断ち切るには 悪質な転売が規制されないことには不要な買い占めが増える一方ですし、 デマによる買い占め連鎖は今後も繰り返すことになりそうです。 そこで今回は、 トイレットペーパーの次になくなるものは?コロナデマ拡散による買い占めに警鐘!と題して、 トイレットペーパーに続いてお店の商品棚から姿を消しそうなものをチェックしていきたいと思います! 目次• コロナデマ拡散!トイレットペーパーの次になくなる日用品は? 新型コロナのデマ拡散により、マスクの買い占め問題に続いて トイレットペーパーの買い占めも全国的なものとなりました。 テレビではトイレットペーパーを爆買いする様子や商品棚に何もない状況を映しながらデマだと報道されていたため、 報道方法からも不安をあおられた方は多いのではないでしょうか。 このお店は業務用スーパーなようなので在庫もたくさんありそうですが、一般的なドラッグストアでこんな買い占め方をされたら 必要な時に必要な人が必要な量を手に取れなくなってしまいますよね。 すでに マスク、除菌シート、ハンドソープ、キッチンペーパー、トイレットペーパー、ティッシュ、オムツ、生理用品は報道されている通り品薄状態。 果たして マスクやトイレットペーパーの次にお店の商品棚から消えそうな生活必需品は何なのでしょうか? ツイッターから買い占めの動向をまとめてみました! 感染症対策グッズがコロナで品薄! 新型コロナウイルスの影響でまず品薄になったのはマスクや除菌シートといった感染症対策グッズからでした。 マスク、除菌シート、ハンドソープ、キッチンペーパーは真っ先に品薄になりました。 新宿区内のドラッグストア。 トイレットペーパーのみならず紙おむつ、ペットシート、女性用ナプキン、うがい薬、体温計、マルチビタミンなどが品切れ。 レジには長蛇の列。 パニックによる買い占め、買いだめに背筋がゾッとした。 — ゆーすけ yoox5135 今は うがい薬、石鹸やガーゼも品薄な様子。 キッチンペーパーやガーゼはマスクを作る目的での大量買いかと思われますが、 品薄状態が解消した時に後悔しそうですよね・・・。 【2分で完成!! 手作りマスク】『縫わない、貼らない』ガーゼマスクを作ってみた【感染予防】face mask WHOは感染症対策にマスク不要との指針を公表 厚生労働省は新型コロナウイルス感染症対策の咳エチケットとして手洗いやマスク着用を推奨していますが、 WHOは感染症対策にマスク不要との指針を公表しており、 多くの人が混乱しています。 現時点では コロナの感染を予防しようとみんなが必死になっている段階です。 商品を独り占めをして、必要な人の手に渡らなければ結局のところ爆発的に感染者を出すことにもつながりかねません。 もしそうなってしまえば 最終的には自分が感染するリスクを高めることにもつながってしまうのではないでしょうか。 くれぐれも買い占めは控えて譲り合う気持ちを持つように心がけましょう! スポンサーリンク トイレットペーパーの次は米?レトルト食品もコロナで品薄! ありとあらゆるものがコロナのデマのせいで品薄になったら・・・と考えると、 真っ先に確保したい心理が働くのが食料品ですよね。 トイレットペーパーの次に話題になりかけているのがお米! 卵がなくなって買い物に行ったら、トイレットペーパーどころかお米、ドリンク、冷凍食品も買い占め。 野菜やお肉、お魚も品薄状態。 卵買って帰りました。 買い占めヤバいのな。 カップヌードルとか缶詰の食料品はともかくとして、ペーパー類の爆発的売り切れが凄い。 デマによる不安感を煽る行為のインパクトが伺える。 ただ、 インスタントラーメン、缶詰、レトルト食品、冷凍食品といった簡単に作れて保存がきくものは集中的に買い占めの的になっているようです。 食料品はコロナの感染予防とは関係ないはずですがこれだけ過熱しています。 マジやめて!ペットや赤ちゃん関連グッズもコロナで品薄! いくら新型コロナのデマ拡散の影響とはいえ、 赤ちゃんやペットといった守るべき存在がいる方にはこれ以上ない追い打ち・・・! オムツはもともと品薄でしたが、今度は離乳食やおしりふき、ペットシートといったものまで品薄状態でした。 特に 離乳食は赤ちゃんの食事に影響でてしまうのでこういったものが品薄なのは非常に危険な状態といえます。 スポンサーリンク コロナデマ拡散による買い占めでトイレットペーパーの次になくなるものまとめ コロナデマ拡散の影響により現時点で品薄になっているものをまとめてみました! コロナデマ拡散により品薄になっているもの• マスク、キッチンペーパー、ガーゼといった感染予防品• 除菌シート、アルコール消毒液といった除菌用品• トイレットペーパー、ティッシュペーパーといった日用品• お米、パン、パスタといった主食• 乾麺、レトルト食品、冷凍食品といったインスタント食品• ペットシート、オムツといったペット・ベビー用品 コロナのマスク買い占め問題から始まり、今度はデマ拡散によって様々な商品に飛び火しています。 すでに デマだと分かっていても買わずにはいられない状態に陥っており、 生活必需品の品薄状態から抜け出せないのは 社会的にも非常に危険です。 コロナが終息どころか感染拡大を続けている状況でこの有り様ではますますこの先が思いやられますね。

次の

デマ拡散、トイレットペーパー消えた 「在庫は十分」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

トイレット ペーパー なくなる

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。 今回は、原油はトイレットペーパーの原料? 買えなくなるというのはデマ!というお話。 管理人が子供の頃オイルショックがありました。 そのとき、トイレットペーパーがなくなる ということでパニックになりました。 元製紙会社社員の立場なら そんなバカなと思うんですが 当時はそんなこと分かりませんから 母親なんかも必死で買ってましたね。 そんなお話をこのブログでも 以前紹介したことがあります。 (参考) なんでこんなことになるんでしょうね~ 正しい情報が伝わらないからでしょうか? あおる人がいるからか? 管理人、これについては いいたいことがありますね~ ということで。 この記事では、原油はトイレット ペーパーの原料なのかについて 管理人の調べたことを お伝えしたいと思います。 原油はトイレットペーパーの原料ではない これは何度でもいいたいことなんですが。 原油はトイレットペーパーの 原料ではありません。 だから原油がなくなったらトイレット ペーパーが買えない、はデマ。 実際にオイルショックのときもパニックの ときには品不足になってましたが 結局品切れで買えないというような 事態にはなりませんでした。 もちろん、原油がなくなれば 生産に影響は出ます。 ボイラーとか発電とかやりますから。 しかしそれより影響が出るところがある。 たとえば物流。 ガソリンの価格は上昇しますから 物流費は大幅にアップする。 船も自動車も燃料が上がる。 それから石油化学製品。 身近で言えばポリ袋とか。 プラスチック関係は全てです。 ガソリンは直接価格に響くし 石油化学製品は原料になる。 今になって思えばなぜオイルショックで 政府は紙の節約を呼びかけたのか? どう考えても燃料の節約とか マイカーの自粛とかのはず。 当時はまだそれほどポリ袋は 普及してなかったでしょうが むしろ紙袋を使おうとか そういう話になるはず。 その程度のことが分からないはずもないのに なぜ当時はあんな発表をしたのか? そしてそれを新聞社とかテレビとか マスコミが煽ったのか? 原油が不足してトイレットペーパーが 買えなくなるのなら新聞紙だって同じこと。 あらゆる紙製品が買えないはずですが なぜティッシュ、トイレットだけなのか。 どうにもわざわざパニックにさせた 理由があったとしか思えません。 そして、口では困ったと言いながら ものすごい恩恵を受けた会社もある。 製紙会社は生産が追いつかず 卸商、スーパーはどんどん売れた。 これほど儲かる状況はないわけです。 喜んだだろうなと思いますね。 こういうことって今でもあります。 騙されやすい体質が変わるわけでもないし 騙す方の技術は上がっていますから。 体にいい食材なんてテレビでやったら 次の日にはスーパーで売り切れる。 構造としては原油がなくなればトイレット ペーパーが買えなくなるのと同じです。 話がそれてしまいましたが。 いずれにしても。 トイレットペーパーの原料は木材。 少し黒いやつは古紙パルプも 配合しているタイプでしょう。 原油の成分があるとしたら 添加薬品で使っている程度。 しかしその量は全体から見ればかなり 少ないのでそう簡単に無なりません。 確かに原油の値段が上がれば トイレットペーパーの価格は上がる。 これは間違いないでしょう。 でもこれって、どんな製品でも同じこと。 必ず物流費がかかってくるので どこかで価格が上がります。 それをメーカーや流通が吸収するのか 消費者まで転嫁されるのかは別ですが。 原油から作る紙は合成紙 ところで。 ここまではトイレットペーパーは 木材が原料だとお話しました。 紙、は木材が原料ということで 石油から作るほうが難しい。 どういうことか。 それは合成紙というのがあります。 実はオイルショックが起こる前 木材がなくなると言われていました。 今は製紙会社が植林をして 原料を確保していますが 昔はそんなことはやってなかったので 森林の伐採が進んでいたということ。 で、当時は値段の安かった石油を使って 紙が出来れば森林破壊がなくなると。 そういう考えで合成紙が開発されたそうです。 しかし、実際に石油製品を 紙のようにするのは難しかった。 そしてしばらくしてオイルショックが起こり 原油の値段が上がって合成紙は減った。 今現在、実質的に生き残って いるのはユポくらいでしょう。 他にもあるはずなんですが、 実生活で見たことがありません。 ユポは選挙の投票用紙とかポスター、 缶コーヒーのラベルなんかで見かけます。 今となっては石油のほうが高いので ユポの使用用途は限られる。 それに。 ユポは紙によく似た合成紙ですが トイレットペーパーにはなりません。 なにしろ、主成分はポリプロピレンで これは全く水に溶けませんので。 スポンサーリンク 管理人のまとめ 今回は、原油はトイレットペーパーの 原料ではないというお話でした。 かつてオイルショックのときに パニックになったんですが 結局、トイレットペーパーが 製造できないことはなかった。 それは当然で、トイレットペーパー と言うか紙の原料は木材。 なので、原油がなかったとしても トイレットペーパーは製造できます。 ただ、エネルギとしての原油がないと 物流やボイラー、電気などは影響する。 その点では供給が不安定になるかも 知れませんがそれは紙だけの問題じゃない。 もっと他のところで先に問題が出る。 マイカーの自粛とかそういうところです。 いずれにしても、原油が高くなっても 紙の生産が止まることはありません。 実際にオイルショック後も トイレットペーパーはありました。 パニックで値段は上がりましたが 品物そのものは買えたわけです。 なので、よく分からないデマに 惑わされないことが重要です。 原則的なことがわかっていれば パニックにならずに済むと思いますので。 この記事が、原油がトイレットペーパーの 原料でないという参考になればと思います。 デマに惑わされないようにして下さいね!.

次の

トイレットペーパー騒動

トイレット ペーパー なくなる

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクを求めてドラッグストア前で列を成す消費者。 品不足はトイレットペーパーなど紙製品にも(写真:アフロ) 2月28日の午前10時、東京都三鷹市にあるホームセンターでは、列を成す客が開店と同時に店になだれ込んだ。 目指すは2階の家庭用品コーナー。 積まれたトイレットペーパーやティッシュを次々と手にしては、満足げにレジに並んだ。 近隣に住む70代の男性は、「息子夫婦からトイレットペーパーがなくなるかもしれない」と聞いて不安になり、18ロール入りを2つと、5箱入りティッシュを2つ購入した。 家では妻と2人暮らし。 「息子夫婦にも分けられるようにね」と喜々として話した。 30代の女性は、対話アプリのLINEでママ友が「オムツがなくなる」と書き込んでいるのを見て、慌てて買い求めに来たという。 みんながティッシュやトイレットペーパーを買う姿を見て、「何となく私も買っちゃいました」。 近くのドラッグストアでも同じような光景が見られた。 棚には既に品はなく、店員がバックヤードからトイレットペーパーの入った段ボール箱を持ってくるなり、客が群がって争奪戦を繰り広げる。 通路には空になった段ボール箱が無造作に置かれていた。 男性店員は「昨日あたりから紙製品を買い求める客が急に増えた。 『買い占め』の波はマスクや消毒液にとどまらなさそう」と半ばあきれ顔で話す。 つぶやきを見た人が店に買いに走る悪循環が発生した。 トイレットペーパーやティッシュの買い占めは、2月上旬に香港でも発生している。 日用品が品薄になっているとの噂が市民の間で広がり、強盗事件も発生するまでに至った。 中国本土との境界の一部を閉鎖するなどの措置を取ったため、生活用品が手に入らなくなるとの懸念が出たようだ。 一方、日本の場合、トイレットペーパーなどの家庭紙は輸入依存度が低く、国内生産が中心だ。 マスクの増産でティッシュなどの原料が足りなくなるのでは、という憶測がネット上で拡散。 これが冒頭で見たような紙製品を買い占める客の増加につながったようだ。 メーカーが加盟する日本家庭紙工業会によると、トイレットペーパーやティッシュの国内生産ラインは通常通り稼働しており、「供給には何ら問題ないのに」と困惑する。 2011年の東日本大震災の直後にも発生した「買い占め」問題。 ツイッターやLINEといったネットサービスはオイルショックを経験した年配層にも浸透しており、品不足への不安感から買い占めに走らせているようだ。

次の