あかつき9000。 サクスペ 10000点チャレンジ攻略状況

あかつき大付属高校初見攻略。十傑全員倒すの難しすぎるだろ…。

あかつき9000

相模原市立博物館に展示された模型 所属 ISAS 現・ JAXA 主製造業者 公式ページ 36576 状態 運用中 目的 気象の探査 観測対象 金星 設計寿命 打ち上げ後4. 5年 17号機 打上げ日時 6時58分22秒 軌道投入日 2010年(失敗) 2015年(成功) 物理的特長 本体寸法 1. 4 m 518 kg(打ち上げ時) 発生電力 約500W(ミッション終了時) 主な推進器 2液式500Nスラスタ ヒドラジンスラスタ 23N x 8 , 3N x 4 方式 3軸姿勢制御方式 (4スキュー型バイアスモーメンタム) 周回対象 金星 長楕円軌道 h p 1,000 km - 10,000 km h a 370,000 km i 3度 軌道周期 P 10. 観測波長の異なる複数のカメラを搭載してを立体的に観測する。 2010年5月21日にから打ち上げられた。 2010年12月7日に金星の周回軌道に入る予定であったが、打ち上げから半年ほどして、メインエンジンが故障した。 金星に近い軌道で太陽を周回しながら、宇宙をさまようしかなく、この時点では計画は失敗したと見なされていた。 しかしその後、メインエンジンのかわりに推力が5分の1しかない姿勢制御エンジンを使うことにした。 このことで、6年後に金星に再接近する際に、金星の周回軌道に移ることが可能となった。 当初計画とはまったく異なる新たなプランで、計画の完遂を狙った。 2015年12月7日に金星周回軌道への再投入が行われ 、12月9日に成功が確認された。 、再度の軌道修正を行い、4月8日成功を確認した。 この軌道修正により観測期間が当初予定の800日から2000日に延びる事となった。 それ以後、金星を周回しながら、大量の写真を撮影した。 2019年4月現在、5台のカメラのうち2台が故障したが残る3台が正常に作動している。 これまでに送られた画像は、人類にとって未知のもので、金星の構造について多大な知見を与えた。 2020年4月には、当初からの大きな目的であるスーパーローテーションの謎を解明する論文が誌に掲載されるに至った。 計画概要 [ ] と呼ばれる惑星規模の高速風など、従来の気象学では説明ができない金星の大気現象のメカニズムの解明を主目的としている。 言ってみれば、あかつきは金星版気象衛星である。 このミッションの成果は、惑星の気象現象を包括的に理解することにつながると期待される。 加えて、赤外線により金星の地表面の物性や火山活動を調べ、また地球出発から金星到着までの間に惑星間の塵の分布()を観測する。 当初の計画では金星到着後に高度300kmから8万km、公転周期約30時間の楕円軌道に投入される予定で、近金点前後を除く約20時間は金星のスーパーローテーションとほぼ同期しており、約2年間にわたって金星大気の挙動を継続的に観測する予定だった。 設計 [ ] 基本システムは「」のものを踏襲し、衛星本体の重量は500kg程度である。 MW を使用した3軸制御にて姿勢を安定させる。 MWは、はやぶさの3個より1個多い4個を搭載する。 推力500Nの軌道投入用スラスター OME, Orbit Maneuvering Engine のノズル及び燃焼器には耐熱性に優れた Si 3N 4 系モノリシックセラミックスを用いる。 臼田の可視時間外に交信する必要が生じた場合、のを利用することもある。 放電が起こっているか否かを把握するための雷・大気光カメラ LAC も搭載される。 また、通信機器として超高安定発振器 USO を搭載し、探査機から地球に向けて送信される電波が大気をかすめる際にの周波数と強度が影響を受けることを利用しての層構造を調べる電波観測もする。 太陽電池パドルの取付軸は機体のZ軸(OMEノズルのある面と高利得アンテナのある面を結んだ軸)と直交し、パドルが常に太陽の方向を向くように回転できる。 取付軸のある面には日光が当たらないため、探査機からの放熱に用いられる。 この面の片方に中利得アンテナ、もう片方に観測装置がある。 残りの2面に低利得アンテナがある。 惑星間航行中は基本的にパドルの軸を黄道面に垂直な方向に向け、姿勢変更の際は観測装置のセンサが太陽方向を向かないようにする。 開発 [ ] コンセプト図 計画が提案された時点では、2007年2月から4月頃にによって打ち上げられ、いったん地球周回軌道に乗ったのち6月に太陽周回軌道へ投入され、1年後の2008年6月に地球を行って金星へ向かい、2009年9月に金星へ到着することになっていた。 しかし2010年の打ち上げとなり、更に開発に伴うM-Vロケットの運用中止に伴い、による打ち上げに変更された。 探査機本体とロケットとの結合部はM-Vロケットの直径に合わせて作られていたため、H-IIAロケット用のアダプタが新たに製作された。 また、H-IIAロケットの打ち上げ能力からすると当機は軽量のため、ペイロード能力の余剰を有効利用するため、5つの小型副衛星(、、、、)が相乗りで打ち上げられた。 あかつきの開発費用は146億円。 2009年10月に「あかつき」という正式名称が発表された。 運用 [ ] 打上げから初期運用 [ ] H-IIAロケット17号機による「あかつき」の打ち上げ あかつきとを含む5機の小型副衛星を搭載したH-IIAロケット17号機は、2010年5月18日から6月3日までの間に打ち上げられることとされ、1回目の打ち上げ予定時刻は5月18日6時44分14秒()だったが、付近に規定以上の氷結層を含む雲が観測され、5分前に打ち上げ中止となった。 3日後の21日6時58分22秒に延期された打ち上げは予定通りの時刻に行われた。 打ち上げロケットの能力に余裕があったため、月や地球を利用してのは行わずに、第2段ごとに近い軌道に入り、直接金星に向かった。 あかつきは6月28日、遠日点(約1. 07)の近くでOME噴射を13秒間行い、セラミックスラスターの世界初の軌道上実証に成功した。 軌道制御のためのOME噴射は2回予定されていたが、打ち上げ時の軌道制御が予想以上に高精度だったためもう1回はキャンセルされた。 10月8日、LAC以外の4台のカメラでの一部を撮影した。 ほぼ事前に予測された通りの画像を取得し、各カメラが健全な状態であることを確認した。 その後、や地球となどの撮影も行った。 周回軌道投入マヌーバ [ ] 12月6日午前7時50分に金星周回軌道投入マヌーバ VOI-1 のための姿勢変更を実施し、OMEを進行方向正面に向けた。 その後の予定は以下の表のようになっていた。 「あかつき」の軌道投入計画(引用資料: ) 予定していたイベント 時間 JST 金星最接近時刻 (12月7日09:00JST) からの相対時間 軌道制御エンジン OME 噴射開始 12月7日 08時49分00秒 11分前 開始、地上局との通信断 12月7日 08時50分43秒 約9分前 OME噴射終了 12月7日 09時01分00秒 1分後 地食終了、通信再開 12月7日 09時12分03秒 約12分後 日陰開始 12月7日 09時36分37秒 約37分後 日陰終了 12月7日 10時40分44秒 約1時間41分後 Z軸地球指向への姿勢変更 12月7日 10時59分00秒 約2時間後 中利得アンテナ MGA から高利得アンテナ HGA への切替 12月7日 12時09分00秒 約3時間後 金星周回軌道決定 今後の軌道修正計画作成 12月7日 21時頃 約12時間後 OMEを予定通り12分間噴射した場合、あかつきは約4日で金星を周回する長楕円軌道に投入される。 4日後の金星再接近時に軌道修正を行って公転周期約2日の軌道に、更に2日後の軌道修正で公転周期約30時間の観測軌道に入る予定だった。 また、OMEを少なくとも9分20秒噴射できれば、約50日で金星を周回する超長楕円軌道に入れる可能性があった。 12月7日午前8時52分36秒、あかつきが同日午前8時49分に逆噴射によって減速を開始したことが探査機からのドップラーデータより確認された。 あかつきまでの通信ラグは約3分半である。 同日午前8時50分にあかつきは地球から見て金星の向こう側に隠れ、予定通り地球との通信が途絶えた。 同日9時12分に通信再開予定だったが、探査機からの電波を受信したのは10時28分で、予定されていたMGAではなくLGAによるものであった。 同日午後、太陽電池パドルと片方のLGAを太陽に、もう片方のLGAをその反対方向に向けたまま低速で回転する「セーフホールドモード」になっていることが判明した。 これは機体に重大なトラブルが発生した場合、電源確保とそのための姿勢の維持を最優先するモードである。 翌12月8日までに3軸制御モードへの復帰との取得を行った。 テレメトリによると、あかつきはOME噴射開始から約2分30秒後、横方向に異常な力が加わって姿勢が大きく乱れ、直後に噴射を中止してセーフホールドモードに移行していた。 減速が不十分だったことにより、金星周回軌道への投入はできなかった。 12月27日に、トラブルの原因は加圧用のヘリウムタンクから燃料タンクへの配管に設置された逆止弁(逆流防止用の弁)が閉塞したためと発表された。 通常の燃焼では酸化剤に対して燃料を多めに混合することで意図的に燃焼温度を下げ、セラミックスラスタの耐熱温度を超えない様にしている。 しかし、逆止弁が閉塞したことから燃料タンクの圧力が低下してスラスタへの燃料供給が滞り、酸化剤と燃料の混合比がより効率的な燃焼を促すものとなった。 これにより異常燃焼が生じて機体に想定外の回転モーメントがかかると共に想定外の高温でスラスタの一部が破損した 可能性がある。 2011年6月、JAXAは地上試験の結果、逆止弁閉塞の原因は燃料()と酸化剤()が反応して生じた結晶である可能性が高いと発表した。 酸化剤側逆止弁のシールに用いられていた樹脂材料が四酸化二窒素を透過する性質を持っていたために、酸化剤が徐々に燃料側逆止弁に向って拡散、燃料と反応して生じた結晶が弁を詰まらせたと推定された。 また、異常燃焼によるセラミックスラスタの破損も再現され、再度スラスタを点火すれば損傷がさらに拡大するであろうことも確認された。 軌道修正制御 [ ] 2017年6月5日時点の探査機あかつきの軌道(黄色) あかつきは結果的に金星でを行う形となり、公転周期224. 7日の金星よりやや内側を203日で公転する、近日点約9000万km、遠日点約1億1000万kmの軌道に移った。 太陽の周りをあかつきが約11周する間に金星は約10周して「周回遅れ」になるため、2016年12月と2017年1月に両者は再び接近する。 2010年12月8日の宇宙開発委員会で、JAXAはこの時に金星周回軌道への再投入を行う可能性を追求すると報告した。 12月9日、あかつきは3台のカメラ LIR, UVI, IR1 を起動し、約60万kmの距離から金星を撮影した。 2011年1月、JAXAがあかつきについて「軌道を微修正して、金星と再会合する前にを観測する 」あるいは「減速し(公転周期がより長くなるように軌道を修正し)、金星が後ろから追いついてくるのを待つことで、再会合までの期間を1年短縮する 」などを検討しているとの報道がなされた。 ただしその時点では、これらについてJAXAからの公式発表は無かった。 2011年初頭の軌道のままだと2016年から2017年にかけて金星に再接近するが、その距離はVOI-1の時より遥かに大きいため、いずれにせよ軌道修正は必要である。 2011年3月、科学データ取得と観測機器の健全性確認を兼ねて4台のカメラ LIR, UVI, IR1, IR2 を用いて1000万km以上の距離から金星を複数回撮影しカメラの健全性を確認した。 また、4月17日の第1回近日点通過では、衛星表面および表面に取り付けた機器などの温度が上昇し、許容温度上限に迫る可能性 や断熱材の劣化等が想定された。 このため近日点付近では、熱入力による機器への影響を最小にするため姿勢変更等の運用を行った。 2011年6月30日の宇宙開発委員会でJAXAは、逆止弁を閉塞させる原因や、第2回(2011年11月)または3回(2012年6月)の近日点通過周辺で、OMEまたは姿勢制御スラスタを使い軌道調整を実施し遠日点高度を下げ周期を短くし、2015年11月に金星に再会合させる計画を報告した。 2011年9月7日午前11時50分(日本時間)に、再び軌道投入用スラスター OME, Orbit Maneuvering Engine が使えるかどうか、またOME使用時の姿勢の乱れ量等を調べることを目的とした第1回OMEテスト噴射(噴射時間2秒)を実施した。 この結果を受け、9月14日の第2回OMEテスト噴射(同5秒)はOMEの噴射状況の再確認することを目的として実施した。 9月15日JAXAは第2回OMEテストの結果、OMEの推力が第1回OMEテストの結果と同程度であったことを発表した。 これにより当初計画された金星周回軌道への投入が困難であることが確認された。 ただしOMEの代わりに姿勢制御用エンジン RCS, Reaction Control System を使う場合でも、軌道投入時期は同じ2015年11月とする計画が立てられた。 2011年9月30日にJAXAは、OME燃焼器の今後の使用は断念し、今後は姿勢制御用エンジン RCS による軌道制御を行い、RCS運用のため、酸化剤を全投棄すると報告した。 2011年10月26日にJAXAは、宇宙開発委員会に対し「あかつき」の現状と金星再会合に向けた軌道制御運用について報告を行った。 これによればOME用の酸化剤投棄を2011年10月6日に6分、12日と13日にそれぞれ9分行い計画通り成功したことが明らかになった。 2011年11月1日に1回目の軌道制御実施結果の会見が行われ、これによれば姿勢制御エンジンRCS噴射時間は9分48秒、テレメトリデータ解析後に次回計画詳細を決定するとの報告がなされた。 2011年11月10日に2回目の軌道制御に関する発表がJAXAより行われ、13時37分から544秒間(9分4秒)実施したとの報告がなされた。 同時に1回目の軌道制御の実施時間は587. 5秒(9分47. 5秒)であったことを明らかにした。 2011年11月21日に3回目の軌道制御に関する発表がJAXAより行われ、13時57分から342秒間(5分42秒)実施したとの報告がなされた。 2012年1月31日に宇宙開発委員会調査部会は、「あかつき」の金星周回軌道への投入失敗に係る原因究明及び今後の対策についての調査審議の報告を宇宙開発委員会に行った。 同日、JAXAはこれまでの調整をまとめた上で今後の運用方針について宇宙開発委員会に報告を行った。 上の調整の結果、2015年に金星に再会合できる軌道を飛行中であり、金星周回軌道再投入を含めて、今後全く補加圧できない場合でもRCS運用が可能な状態となっている。 探査機寿命を勘案しつつ、2015年以降の金星周回軌道再投入を検討しており、それに向けて各種調整や試験の継続が引き続き行われた。 、JAXAは7月17日、24日、31日の3回、計7分半姿勢制御用の姿勢制御用エンジンを噴射し、再投入を11月から12月に変更する軌道修正を行い 、8月2日までの観測により目的の軌道修正が成功したと発表した。 2015年、JAXAは「あかつき」が、太陽に最も近づく近日点を通過したことを明らかにした。 JAXAは1ヵ月程度かけて機体が無事か確認を行った。 金星周回軌道再投入 [ ] JAXAは2015年12月7日8時51分から「あかつき」の金星周回軌道投入のため、姿勢制御用エンジン RCS 噴射を計画通り約20分実施し、所要の噴射時間が得られたことが確認され 、12月9日に金星周回軌道に投入されたことが確認された。 、再度の軌道修正を行い、4月8日成功を確認した。 この軌道修正により観測期間が当初予定の800日から2000日に延びる事となった。 原因は機器劣化の可能性が高いと考えられている。 2017年3月3日、JAXAはこれらのカメラによる科学観測を休止し、復旧に向けて地上検討と定期的に両カメラのスイッチを入れるコマンドの送信を行うことを発表した。 なおIR1・IR2以外の3つのカメラ(中間赤外カメラ、紫外イメージャ、雷・大気光カメラ)は正常に観測を継続している。 広報 [ ] 2009年10月の正式名称発表と同時に、公募した名前やメッセージを金星へ送るというキャンペーン「お届けします! あなたのメッセージ 暁の金星へ」 が開始された。 携帯やパソコンのメールからサイトにメッセージを送信すると、『金星探査機「あかつき」記念乗車証』と書かれた画像が、添付ファイルで返送されてくる(画像には金星に到着するあかつきのイラストの下部に自分の応募したメッセージが入っている)。 この種のキャンペーンは日本の宇宙探査機ではから行われているが、あかつきでは著名人や団体からのメッセージについては直筆の文章やイラストを搭載できるようにするなど、量より質を重視した。 2010年1月の締め切りまでに日本国内外から26万214人の応募があり、そのうち14万8204人は学校やプラネタリウムなど団体単位での応募だった。 中でも「」のイラストを宇宙に送ろうというファン有志による運動では1万3849人ものメッセージが集まった。 2mm のアルミプレート約90枚に縮小印刷され、処理を施して探査機の3箇所に取り付けられた。 あかつきミッションのマスコットキャラクターとして「あかつきくん」と「きんせいちゃん」がおり、公式サイトや関連グッズなどで描かれている。 あかつきくんは公式にも登場し、ミッションの経過や搭載機器について説明したり、(2010年6月13日まで)や、たちと会話したりしている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• もっとも効率的な燃料と酸化剤の比を1:1(完全燃焼)とすると、あかつきでは1:0. 8としている。 出典 [ ]• 毎日新聞. 2015年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 NHK NewsWeb. 2015年12月9日. の2015年12月9日時点におけるアーカイブ。 2015年12月9日閲覧。 2016年4月9日. 2016年4月10日閲覧。 NHK 逆転人生「金星探査機あかつき 執念のカムバック」 2019年4月15日放送• プレスリリース , JAXA, 2020年4月24日 , 2020年4月25日閲覧。 松浦晋也 2010年10月13日. NEC. 2015年12月7日閲覧。 NEC. 2010年11月22日閲覧。 プレスリリース , JAXA, 2009年10月23日 , 2010年11月22日閲覧。 プレスリリース , JAXA , 2010年5月18日閲覧。 プレスリリース , JAXA , 2010年5月21日閲覧。 JAXA. 2010年7月18日閲覧。 JAXA. 2010年12月12日閲覧。 JAXA. 2010年12月7日閲覧。 JAXA 2010年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 , 日本語 , プレスリリース 宇宙航空研究開発機構 , 2010年12月8日 , 2010年12月8日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2010年12月27日 , 2011年1月2日閲覧。 2010年12月27日. の2010年12月30日時点におけるアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 - この説明の中の「燃料を供給するパイプに取り付けられていた」は不適切。 アストロアーツ. 2010年12月27日. 2010年1月2日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2011年6月30日 , 2012年8月4日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2010年12月17日 , 2010年12月20日閲覧。 2010年12月8日• 2010年12月8日. 2015年12月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2010年12月8日 , 2010年12月8日閲覧, "6年余り後の金星再会合時での軌道投入の可能性を追求する"• JAXA 2010年12月10日. 2015年12月7日閲覧。 東山正宜 2011年1月4日. 2011年1月7日閲覧。 山田大輔 2011年1月5日. 2011年1月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2011年4月13日 , 2011年4月27日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2011年6月30日 , 2011年9月2日閲覧。 J-CASTニュース. 2011年9月16日. 2011年9月17日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2011年9月30日 , 2015年12月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙開発委員会, 2012年2月1日 , 2015年12月8日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 宇宙航空研究開発機構, 2012年1月31日 , 2013年8月16日閲覧。 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 JAXA 2015年8月5日. 2015年8月6日閲覧。 2015年8月31日. 2015年9月5日閲覧。 宇宙航空研究開発機構 2015年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 宇宙航空研究開発機構 2017年3月3日. 2017年8月17日閲覧。 プレスリリース , JAXA, 2009年10月23日 , 2015年9月9日閲覧。 JAXA. 2015年9月9日閲覧。 ITmedia news. 2010年5月30日閲覧。 森岡澄夫 2010年4月8日. ITmedia news. 2010年5月30日閲覧。 あかつき特設サイト. JAXA. 2015年9月9日閲覧。 あかつき特設サイト. JAXA. 2015年9月9日閲覧。 ITmedia News. 2010年6月11日. 2015年9月9日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本探査機のプロジェクトマネージャー。 日本の• PLANET-A• PLANET-B• MUSES-C• (の金星探査機) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 -NEC技報• 2015年2月6日 JAXA宇宙科学研究所.

次の

あかつき高校 9000点チャレンジ おすすめデッキと立ち回り

あかつき9000

概要 初登場は『パワプロ5』。 その名の通り あかつき大学(『パワプロ6』から登場)の附属高校で、シリーズではお馴染みの・兄弟の出身校。 『パワプロ9』や『パワプロアプリ』や『サクセススペシャル』ではサクセスの舞台の一つとなっている。 ユニフォームの色は白と青。 地区最強の実力を持つ野球の強豪校で、地方大会で対戦する場合は必ず決勝戦で当たる。 毎年全国から甲子園、果てはプロ入りを目指す球児たちが集まってくるため、推薦入学者以外の新入生は入部試験でふるいにかけられ、合格した者のみ入部を許される。 それでも部員数は軽く100名を超えるため、チームは1軍と2軍に分かれており、定期的に行われる入れ替え試験に合格することで1軍の座を手に出来るのだが、合格できなければ2軍落ち、最悪の場合強制的に退部させられてしまう。 監督の評価が低ければ試験すら受けさせてもらえない。 パワプロ9では1軍は専用球場でレベルが高い練習に取り組めるだけでなく、固有選手が多数いるため友情タッグトレーニングが他の高校と比べて豊富であり、能力の高い選手を育成しやすい。 開幕版では投球練習で化け物クラスの投手が育成可能。 『1』でもライバル校の一つとして登場する。 キャラクター 第1世代• (いかり まもる) 主人公と同期で、自他ともに認める天才左腕投手。 打者としての実力も一級品。 キザでプライドが高く、主人公を見下すような言動が多いが、入部試験での一件から密かに主人公の素質を認めており、ライバル視している。 猪狩コンツェルンの御曹司であり、彼の評価が高いと実家にある専用球場での練習に誘われることがある。 (いかり すすむ) 主人公の1年後輩。 ポジションはキャッチャー。 守の弟で、兄と違って温和な性格。 兄と同じく抜群の野球センスを持ち、強肩と堅守、そして俊足を兼ね備え、打撃でもやや非力ではあるものの広角に打ち分ける巧打者として活躍する。 『パワプロ5』では交通事故に遭ってしまうが、『パワプロ9』では回避することが可能になっている。 『パワプロ9』で初登場 先輩として登場する9選手は名字の頭文字が守備番号を、名前の一部に守備位置(漢字は異なる場合あり)が入っているという共通点がある。 (いちのせ とうや) 主人公の2年先輩で、入部した時のキャプテン。 正確無比な制球力とキレのある多彩な変化球を武器とする技巧派左腕で、打者としても四番級の実力を持つ。 オマケにイケメンで爽やかな性格と、まさにである。 ドラフトで(現・)に指名され、プロ入り。 『パワプロ10』ではスワローズと対戦する際に登板することがあるほか、『パワプロ11』では日本代表の追加メンバーとして登場することがある。 『ヒーローズ』では、二宮たちを誘ってOBチームを結成する。 (にのみや みずほ) 主人公の1年先輩。 強肩強打のキャッチャーで、同期の中では頭一つ抜きんでた実力を持つ。 口先だけの人間を嫌っており、自信家の猪狩に厳しい洗礼を浴びせ、以降も厳しい態度で接する。 一ノ瀬と同じくドラフトでスワローズに指名され、『パワプロ10』や『パワプロ11』でも一ノ瀬と一緒に登場する。 その一ノ瀬とは幼馴染で彼の妹と付き合っており、『パワプロ11』で婚約する。 (さんぼんまつ はじめ) 主人公の1年先輩。 ポジションは一塁手。 チーム一の長打力を誇るあかつきの四番バッターで、同じくパワー自慢の七井としょっちゅう張り合っている。 卒業後は七井とともに首都体育大学に進学し、『パワプロ11』では体育教師となったことが明かされる。 (よじょう けんじ) 主人公の1年先輩。 ポジションは二塁手。 冷静沈着な性格で、眼鏡をかけている。 突出した能力こそないが、走攻守をそつなくこなし、愛用のパソコンを使ったデータ分析を得意としている。 チームのまとめ役のような存在であり、一ノ瀬からキャプテンの座を引き継ぐ。 マネージャーの澄香は彼の妹で、。 卒業後は医学部に進み、後に獣医となる。 (いがらし ごんぞう) 主人公の1年先輩。 ポジションは三塁手。 ごつごつとした老け顔で、主人公とからは3年生と間違われた。 暑苦しく涙もろい性格をした熱血漢であり、後輩たちに基礎練習の大切さをしつこく説いてくるが、それは過去に自分が基礎練習を疎かにしたために怪我をした経験に由来している。 強肩強打の選手だが打撃も守備も粗削りで、「三振」や「エラー」などマイナス能力も多い。 見た目に反して成績は四条と並んでトップクラス。 卒業後は自身が想いを寄せると同じく医学の道に進むため、官僚大学に進学する。 (ろっぽんぎ ゆうき) 主人公の1年先輩。 ポジションは遊撃手。 中性的な顔立ちをした優しい少年。 守備に関してはあかつきでナンバー1の実力を持ち、守備の際には目つきが変わる。 心臓に持病があり、ロードワーク中に倒れてしまうこともあるが、監督以外にはそのことを隠している。 幼い頃に入院先の病院で知り合ったあかつきの野球部員と一緒に野球をするのが夢で、卒業後は病気を治し、アメリカに渡って野球を続けている。 (なない あれふと) 主人公の1年先輩。 ポジションは外野手。 日本とアメリカのハーフで、片言気味の日本語をしゃべる。 サングラスがトレードマーク。 三本松の親友にしてライバルであり、三本松とは毎日のようにパワー勝負をしている。 飛距離こそ三本松に一歩劣るが、左右に打ち分けるテクニックは三本松を凌ぐ。 (やしま あたる) 主人公の1年先輩。 ポジションは外野手。 童顔かつ小柄な少年で、主人公と矢部には最初小学生と誤解された。 チーム一の俊足を誇り、「あかつきのイダテン」の異名を持つ。 明るい性格で、あかつき野球部では珍しく楽しんで野球をすることがモットー。 『パワプロ9』では唯一卒業後の進路が不明だったが、『パワプロ11』で新聞記者となったことが判明する。 (つくも そら) 主人公の1年先輩。 ポジションは外野手。 飄々とした掴みどころのない性格の持ち主で、眠たげな眼と関西弁、そして口に咥えた葉っぱがトレードマーク。 パワーがやや低めな点を除けば全体的に能力が高く、流し打ちを得意としている。 そよ風高校のとは親友にしてライバルであり、卒業後は阿畑と同じ近代学院大学に進学する。 (せんごく ただし) 監督。 サングラスを掛け、髭を蓄えた強面の男性。 非常に厳格な性格で、選手たちに厳しい特訓を課す。 『サクスペ』では、自身の強面を気にしている。 (よじょう すみか) マネージャー。 主人公と同学年で、賢二の妹。 彼女候補の一人でもある。 兄と同じく眼鏡をかけたクールな性格の女の子だが、兄をはじめ周囲が自分の人柄を決めつけていることに悩んでいる。 犬が好きで、賢二の評価を上げていくと澄香が拾った野良犬を飼いたいと兄に願い出るイベントが発生する。 (しんどう ゆうじろう) あかつき大附属高校のOB。 実力はあったのだが神童が在籍していた頃のあかつきは弱小校であり、捕手が満足に育っておらず力を出せず敗北。 その後あかつき大学に行き力を発揮し無事プロ入り。 その他• (ひびの しんいちろう) 猪狩守の四つ下で友沢・みずき世代のあかつき大附属高校のエース。 猪狩守のことを尊敬している。 馬場、林、中根、大塚、出口 パワプロ99の編に登場したあかつき大附属高校及び裏あかつき大付属高校の固定モブ選手。 その後は登場していない。 (かい しんげき) 『ポータブル4』に登場。 主人公の2年後輩。 あかつき大附属高校出身で、高校時代の先輩である猪狩守に対抗意識を燃やしている。 9つ全てのポジションを守ることが出来るが、あえて主人公と同じポジションを選択してくる。 パワプロアプリ・サクスペでは ストーリー展開としては実質的にパワプロ9のリメイクだが、一ノ瀬などの主要9選手が全員主人公の同級生、は主人公の1年後輩という設定。 ずっと2軍に甘んじていた主人公は、千石監督から突然1軍昇格を告げられると共に、『十傑』と呼ばれる1軍の10人の絶対的レギュラー達に挑む事となる。 十傑を打倒していくことで経験ポイントを多く入手できるだけでなく、練習レベルも上がり、また全員打倒に成功すれば金特コツも入手可能。 しかも十傑それぞれの選手能力が高く、試合操作で点を取りやすいので甲子園優勝も比較的容易。 その為、こちらでも経験点が稼ぎやすい学校という位置付けになっており、高レアリティのイベキャラがあまり揃っていなくても良い選手が育成可能。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【パワプロ】あかつき攻略!十傑打倒の順番は?(投手・野手別)

あかつき9000

パワプロアプリでぜひ狙いたいのがサクセスでの 9000点チャレンジです。 あかつき大附属高校で9000点を狙うなら 強化あかつき期間中が一番オススメです! 9000点チャレンジは普通のサクセスとは違うので、デッキはどうしたらいいか?立ち回りは?など、わからないことが多いと思います。 今日は筆者が実際に9000点を出した時のデッキや立ち回りをご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください! 強化あかつきで9000点チャレンジ!デッキはどうする?クリアしやすいのは投手育成!アヘ変が1番!サンタ太刀川や激闘友沢、虹谷誠がオススメ! まず、最初に悩むデッキについて紹介します。 確実に9000点を出すなら得意練習を固めるアヘ変!投手育成がオススメ! 強化あかつきで9000点を出すには、 追求をして 全員打倒をする必要があります。 強化中はサブポジ持ちの理解度も上がるので、 サブポジ持ちの選手を入れることが必須です。 さらに投手育成では、1つでも野手のサブポジを持っていると、全ての野手ポジションの理解度が1上がります。 そのため、育成しやすいのは圧倒的に 投手です! タッグで経験点を稼ぎやすい 変化球キャラで固めたアヘ変デッキが一番オススメかと思います! サブポジ持ちの投手は2~3人は欲しい!太刀川や激闘友沢はオススメ! サブポジ持ちの選手はできるだけ多くデッキにいるほうが追求が楽です。 1人だとやや安定性に欠けます。 2人はそこそこ打倒がうまくいき、3人いれば安定して打倒ができるかな、という感じです。 今回はアヘ変で9000点を狙うので、変化球キャラでサブポジ持ちの 太刀川広巳 サンタ太刀川広巳 や、 激闘友沢亮がオススメです! 変化球ポイントを大量に稼げる サンタ太刀川は必須キャラかもしれませんね! それと、筆者の意見としては1人くらいなら変化球以外のキャラを入れても大丈夫だと思うので、変化球キャラでは無くなりますが、 茂野吾郎や 風薙豹をデッキに入れるのも有りです! 変化球キャラは虹谷誠が強い!ぜひ入れたいキャラクター! アヘ変のデッキにぜひ入れたいキャラクターは 虹谷誠です! 虹谷誠はサブポジ持ちではありませんが、 コツイベントボーナス80%持ちなので、追求で大量の経験点を稼げます! 上限開放無しでコツイベントボーナス80%あるので、 1回の追求で100以上の経験点を稼げ、PSR50ではコツイベントボーナスが120%となるので、なんと 200近くも経験点を稼げます! 経験点を稼ぐならぜひデッキに入れましょう! 彼女キャラは入れたほうが体力回復が安定する! 彼女キャラ無しのアヘ変デッキでも9000点を出している方がいますが、筆者が実際にプレイした感じだと、 彼女無しでは体力回復が安定しないので1人はいたほうが良いかな・・・と思います。 特別どの彼女キャラが良いというのは無いので、デッキの前後バランスを考えて自由に選んで良いかと思います! 実際に9000点を出したデッキはこちら!風薙豹を含めたアヘ変デッキ! では筆者が実際に9000点を出したデッキを見ていきます。 アヘ変デッキですが、手持ちにサブポジ持ちが全然いなかったため、風薙豹を入れています。 まず、彼女キャラで上限開放が45まで進んでいる 「倉家凪」 追求のためにサブポジ持ちの 「風薙豹」と、フレンド枠で 「サンタ太刀川広巳」 追求で経験点を大量に稼げる 「虹谷誠」 残りは変化球キャラで 「神楽坂光彦」と 「ルシファー」を入れています。 打撃&コントロールキャラの風薙豹がいますが、風薙がいるおかげで追求が上手くいったので、筆者のようにサブポジ持ちの変化球キャラがいない方は、風薙などを入れても大丈夫だと思います! 後は手持ち次第で変化球キャラを中心にデッキを組めば大丈夫かなと思います。 虹谷誠はいたほうが経験点が稼げます! 強化あかつきの立ち回り!序盤はひたすらコツ&追求で後半は全員打倒を目指す!試合はサクッとかピンチャンで! デッキの次はあかつき大附属高校での立ち回りを見ていきます! 今回、9000点を出すにあたって まねき猫の持ち込みは必須として行っています。 セクション1~セクション2はコツ&追求メイン!彼女の評価上げも忘れずに! まず、一番優先的に行いたいのは 追求です! コツが発生したらコツを踏み、次のターンで追求しましょう。 コツはサブポジ持ちのキャラを優先して追っていきましょう! その合間に 彼女のキャラの評価上げも忘れずに行う必要があります。 彼女の評価上げは結構ギリギリになるので、アイテムに 「恋愛成就のお守り」を持っていくのも有りです。 打倒に関しては、取得したい金特のキャラを最後に打倒することだけ考えて打倒していけば良いかなと思います。 打倒の順番は最初に 四条賢二を打倒して、次に 二宮瑞穂、その次が 一ノ瀬塔哉がオススメです! 後は 三本松一と七井=アレフトは同時打倒が楽で良いです。 セクション3~4!確実に全員打倒しよう!試合はサクッとかピンチャンで! セクション3~4では打倒をしつつ、タッグが来たらタッグで経験点を稼いでいきます。 何もやることが無くて タッグが来ていない・打倒のタイミングじゃない等 、 虹谷誠のコツが出ていたらコツを踏んで追求するのも良いですね。 デートをこなすのも忘れずに! それと 打倒は確実に全員行いましょう! 全員打倒したときの経験点は大きいです。 最後の地方大会・甲子園では出来るだけ サクッとで優勝を目指したいところですが、筆者はマチェットで負けることが多いので、 地方大会はサクッとで試合をして、 甲子園ではずっとピンチャンを選んでいました。 絶対に優勝はしたいので、不安な時はピンチャンを選んでも良いかもしれません。 経験点はセクション3の終わりで4000後半あれば9000点を目指せそう! 強化あかつきで9000点を達成した時の経験点ですが、筆者はセクション1で 881、セクション2で 2707、セクション3で 4889、最終的に経験点は 9148となっています。 セクション3で4500以上あれば9000は出るのかな?と思いますが、打倒できているかどうかが重要なので、セクション4で全員打倒出来ればその分経験点は伸びます。 この経験点は簡単な目安にして下さい! 試行錯誤を繰り返し、強化あかつきで9000点を達成しよう! 強化あかつきで9000点を達成する方法を見てきました。 サブポジ持ちがいると打倒しやすいですね! 9000点を目指すなら断然投手育成がオススメです! アヘ変はどの高校でも9000点を出しやすいのでやっぱり変化球キャラは強いです。 野手育成は難しいですね・・・筆者はまだ野手はうまくいっていないのでもう少し試行錯誤したいです。 強化中の今が一番9000点を達成できると思うのでぜひこの期間中に9000点目指して頑張りましょう! Source:.

次の