福井 県 コロナ ウイルス 感染 者。 新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口をお知らせします。

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口をお知らせします。

福井 県 コロナ ウイルス 感染 者

( これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 )の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 相談窓口、帰国者・接触者相談センター 令和2年1月30日に相談窓口を設置しました。 お問い合わせは最寄りの保健所へお願いします。 令和2年2月7日に帰国者・接触者相談センターを設置しました。 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、医療機関に受診する前に、帰国者・接触者相談センターに電話連絡してください。 適切に医療機関に受診できるよう、調整します。 時間外は携帯電話番号がアナウンスされますので、そちらをご利用ください。 市保健所名 電話番号 FAX番号 管轄 福井市保健所 保健予防室 0776-33-5184 0776-33-5473 福井市 県健康福祉センター(保健所)名 電話番号 FAX番号 管轄 福井健康福祉センター(福井保健所) 0776-60-1125 0776-36-3429 0776-34-7215 永平寺町 坂井健康福祉センター(坂井保健所) 0776-73-0626 0776-73-0600 0776-73-0763 坂井市、あわら市 奥越健康福祉センター(奥越保健所) 0779-64-5774 0779-66-2076 0779-65-8410 大野市、勝山市 丹南健康福祉センター(丹南保健所) 0778-51-0034 0778-51-7804 鯖江市、越前町、越前市、南越前町、池田町 二州健康福祉センター(二州保健所) 0770-22-3735 0770-22-3747 0770-24-1205 敦賀市、美浜町、若狭町(旧三方) 若狭健康福祉センター(若狭保健所) 0770-52-1483 0770-52-1300 0770-52-1058 小浜市、おおい町、高浜町、若狭町(旧上中) 中国語は メールやファクシミリでのご相談も受け付けています。 E-mail:hoken-yobo pref. fukui. jp FAX:0776-20-0643 また、厚生労働省においても、電話相談窓口を設置しています。

次の

【 感染者ごとの相関図 】新型コロナウイルス【 福井県 】

福井 県 コロナ ウイルス 感染 者

新型コロナウイルスに感染し入院している福井県内の男性を4月7日、福井新聞が電話取材した。 友人と一緒に行った飲食店で感染したとみられる。 「2時間ほど食事をしただけ。 2メートル以上離れていても空気の流れによってはうつると思う。 まさか自分が」と話し、陽性と告げられた時のことについて「死の恐怖を感じた」と振り返った。 3月のある夜、友人3人と食事をした。 別のグループに、後に感染者と分かる知人がいた。 自分と知人の距離は複数の人を挟んで3~5メートル。 互いの席で、会釈程度のあいさつをした。 店内では従業員らが動くから空気も動く。 離れていても感染するのかもしれない。 トイレには行っておらず、ドアノブにも触っていないので、接触感染の可能性は低いと思う。 店に行ってから数日後に37度台の発熱。 風邪と思い、氷枕をして寝たら翌朝は引いていたので仕事に行った。 年度末で忙しかった。 その日は途中で体がだるくなり、早退して病院へ行ってせきどめと解熱剤をもらった。 翌日は仕事を休んだ。 その頃、知人が感染していたことを知ったが、離れて座っていたため自分も感染しているとは全く考えなかった。 数日後、再び熱が上がった。 たまたま家族も検温したら、熱があった。 自分は体がだるく味覚障害も少しあったが、もともと花粉症で同じような症状は毎年あったので、おかしいとは思わなかった。 ただ、少し怪しいなと感じ始めた。 それから、家の中では時間をずらし、食事を別々に取った。 なるべく、家族と同じ空間にはいないように気を付けた。 発症から1週間たっても症状が続いた。 再度病院へ行った。 保健所に相談して、と言われ電話した。 「少し様子をみましょう」と言われた。 検査はまだ早いという感じだった。 翌日朝は熱が下がったので、仕事に行った。 夕方、飲食店で一緒にいた友人から「陽性だった」という連絡が来た。 完全な濃厚接触者だと思い、保健所に連絡した。 すぐに検査となり、その夜に病院に行った。 翌日、陽性と言われた。 死の恐怖が襲ってきた。 家族も陽性。 ショックだった。 2日間自宅待機し、入院した。 食事は病室の入り口に置かれ、自分たちが取りに行っている。 検温や血中酸素測定などの指示はナースコールで入る。 現在は平熱で、食欲もあり、ほかの症状はない。 ただ、退院後の不安もある。 自宅は消毒しておらず、どこにウイルスが残っているか分からない。 保健所は対処法を教えてほしい。 ちゃんと社会復帰できるだろうか。 勤め先で「感染者」と広められないだろうか。 取引先にどこまで伝えていいのか分からない。 確認されていない感染者はまだまだいるだろう。 病院に行かずに、自力で治してやろうと考えている人もいるだろう。 すぐに保健所に相談してほしい。 感染を防ぐのはやはりマスクと手洗い。 熱が出てから数日は自宅でマスクはせず、少し疑い始めてから着けた。 それじゃ遅い。 ただマスクを着けて、食事はできない。 外出禁止まで出す必要はないかもしれないが、感染防止のために、飲食店では話をあまりしない方がいいと思う。

次の

福井県鯖江市コロナ感染の飲食店40代女性従業員は誰で「晩酌ちろり」?

福井 県 コロナ ウイルス 感染 者

スポンサーリンク 2020年3月18日現在、 日本国内の感染者数は 862人を記録しました。 先日は、 国外から帰国した茨城県民が、 新型コロナウイルスに感染したと 報道されました。 関東の全ての県から、 新型コロナの感染者が出たことで、 なおいっそう危機感が 高まった感じがします。 北信越地方では、 福井県と富山県が まだ新型コロナの感染者を出していません。 特に福井県は、 大阪府や京都府、 愛知県や兵庫県など、 大都市がすぐ近くにあります。 これらの大都市では 多くの感染者が出ているのに、 福井県から感染者が出ないことを 疑問に思う人も増えています。 すぐ近くの京都府や愛知県から、 福井県にやってくる人は、 かなり多いはずですからね。 そんなわけで今回は、 福井県から新型コロナの 感染者が出ない理由と、 隠蔽疑惑について 検証してみることにしました。 以下もどうぞ! Contents• Twitter にも たびたびそのようなコメントが 寄せられています。 でも県が隠蔽しようとしてるらしい>< — 愛音あい ぽんこつ aineai030 岐阜県でも感染者確認。 石川と岐阜が色塗りされ、挟まれた福井。 甲子園じゃないですが、このままゼロの状態で頑張っていただきたい。 隠蔽はダメですが。 肺炎ってわかってるのに。 福井県やばくない?隠蔽しようとしてるよね?他の県も絶対やってる。 びっくりするくらいバカな世の中だなー。 福井県は患者を隠蔽してるって噂まで流れてきたし手に持ってるスマホをちゃんと使って考えろよー。 — いぬすけ nanahoshi2017 SNSやネットの普及により、 一瞬のうちに情報が 拡散してしまう現代では、 病院でのほんの些細のやり取りも、 Twitterなどを通じて広がってしまいます。 医療機関に電話したけど、 検査の対応はしてもらえなかった というコメントもありますね。 このような情報が出回るため、 県民は、県が隠蔽しているのではないか と疑ってしまうのでしょう。 でも実際、 医療機関が検査の対応をするのは、 重傷とみられる患者のみです。 日本全国の方針なので、 なにも福井県の医療機関ばかりが 特別なわけではありません。 なので、以下は推測の話になります。 これから春になり、 ぽかぽか陽気になってくると、 外に出て思いっきり 羽を伸ばしたくなると思います。 例年であれば、 福井県内の観光地も栄えるでしょう。 恐竜博物館などの 人気スポットもありますし、 魚介類も美味しい県ですからね。 その点、 県内から新型コロナの 感染者が出たとなると、 客足が遠のいてしまいます。 観光客が激減すれば、 県全体の経済力が衰退してしまいます。 観光業界のみならず、 運送業や製造業など、 あらゆる産業にも影響が出てしまいます。 そのような事態を避けるために、 県は感染者数の増加を 防いでいる可能性があります。 でもこれも、 福井県に限った話ではありません。 もっといえば、 日本に限った話ではありません。 世界全体が陥っている経済危機です。 それでもやはり、県としては、 感染者が0名のまま、 新型コロナの脅威が去ってくれるのを 期待しているのではないでしょうか。 基本的には食べ物を売っている店しか 営業してはいけないと、 政府から国民への指示もありました。 なぜイタリアは医療崩壊したのでしょう? 新型コロナの恐怖におびえる人たちが、 症状が軽くても病院に押しかけたことが その理由とされています。 日本でもライブハウスなどから 感染者数が広がりましたが、 建物の中に人々が群れ集ってしまうと、 それだけ感染のリスクは高まります。 イタリアでは国民に対して 自宅療養するようにとの通達を 出さなかったため、 人々が病院に詰め掛ける事態が 起こったのでしょう。 いっぽう日本は、国民に対し、 少々の体調不良なら自宅療養するようにと メディアを通じて知らせました。 それでも検査を受けたいと 病院に押しかけた人もいるでしょうが、 大多数の人は自宅で様子をみたのです。 結果的に医療崩壊になることもなく、 本当に治療が必要な重症患者を 受け入れる体制が病院側に整いました。 このような理由があるため、 政府や都道府県は、 むやみに感染者数の増加につながるような 対策をとらなかったのではないでしょうか。 隠蔽ではなく、 国民をコントロールした、 と考えることもできるわけですね。 当ページに記載してある内容は、 福井県の公表に基づくものではありません。 その点を踏まえて 読んでいただければ幸いです。

次の