くせ毛 ドライカット。 (R)【くせ毛さんの美容室選び】くせ毛にはドライカットが必須?

くせ毛はすかない、削がない、ドライカットのショートカット

くせ毛 ドライカット

低めウェイトのショートボブ くせ毛の髪質の方はショートに出来ない・・・ そんなことを思っている方が多いんですよね。 しか〜し、 そんなことは決してありません。 くせ毛の方でも出来るショートヘアはあるんです。 くせ毛の方は共通して、 くせ毛が強く出る部分があります。 ・後ろの内側 ・こめかみ この2箇所です。 後ろ側のカットの段差を間違えると、もれなくアウトです。 なのでくせの出方やふくらみ加減を見極めながらドライカットで毛量調節をして 低いウェイトの重みを活かして抑える必要があります。 そして、こめかみ。 こちらは、カットでどうこうしようというのは不可能です。 ストレートパーマかアイロンで毎朝伸ばすようにするしかありません。 実際のお客様がこちら。 ムースでクセを活かしたボブ くせ毛の方のボブの長さはとても難しいです。 先ほども説明したように、後ろの内側が1番くせが強いところなので ボブにカットすることで残念すぎる 四角い形が完成してしまいます。 四角い髪型が似合う人は世の中にいないでしょうね・・・泣 もれなくアウトです。 なのでボブにする際は、 いかにボリュームを抑えながら、毛先の動きを出すか これが勝負です。 髪の量の取り方を階段状に削いでいって、下にボリュームをもたせつつ ムースのウェット感で抑えて仕上げます。 実際のお客様がこちらです。 Before After [ad co-2] 外ハネレイヤーボブ ボブはボブでもこちらはカットによる段差をつけたボブのスタイル。 レイヤーボブと呼ばれていますね。 レイヤーとは重なり、すなわち段差を意味します。 いや〜これは本当によくあることなのですが、 『肩に当たってはねる』 そうです。 肩に当たってはねる問題です。 これはくせ毛の方以外でも宿命ですよね・・・ 正直、方に当たってはねる問題を解決するには、超絶ブローテクニックが必要です。 特にはねやすい右側を内側に入れるのは至難の技です。 はねるのであれば、はねさせてしまった方が良い場合もあります。 特にくせ毛の方は衿あしがはねた感じもパーマっぽく見えて なんか良い感じですね〜 という結果オーライになりやすい。 実際のお客様ヘア これはちょっと毛先を巻いてますが。 こんにニュアンス。。 こっちのが近いですね! ヘアアレンジで乗り切るミディアム くせ毛の方でミディアムくらいになると気になってくるのが 毛先のまとまりやパサつき 髪自体は健康なのに傷んでいるように見えたり 髪の毛自体がダメージしやすいため伸ばしずらい・・・ こういった悩みが出てきます。 それが大体ミディアムくらいの長さかと。。 このくらいの長さになれば、1つ結びで過ごしてしまうのも おおいにアリかと思います。 カットは思い切って表面に段差をつけたヘアスタイルで ツヤ感を出すスタイリング剤をなじませて、1つ結びにするだけ。。 意外に楽でオシャレな感じの雰囲気に仕上がりますよ。 実際のお客様ヘア。。 毛先だけワンカールパーマの重めロング くせ毛の方でロングヘアになるとくせはだいぶ収まっている場合が多いです。 髪自体の重さやヘアケア剤による重さでまとまりやすくなっているからです。 んでも、問題は 毛先です。 究極にまとまりずらくなっている場合の方が圧倒的に多いかと。。 そういった時は毛先の 5cmくらいに ワンカールパーマをかけることをオススメします。 くせ毛の髪はパーマがかかりやすいので、パーマで巻き込んだら一気にボリュームアップして アウトです。 毛先の5cmくらいにかけると、毛先の方向性が同じになって まとまりがよくなります。 気になるダメージも、毛先のみのパーマの場合、 ちょっとカットするだけで復活します。 実際のお客様です。。 Before After いかがでしたでしょうか? くせ毛ってじつは多種多用で、その方によって悩みの度合いが全然違う くせの大なり小なり、 日本人の7割はくせ毛の髪質 特に 右のこめかみ、右の後ろ部分は ほとんどの方がくせ毛の状態なのです なのでくせ毛はコンプレックスではありません 直毛の方も同じだけ悩みがあります 1番大事なのは、 ご自身の髪を好きになっていたわってあげること 付き合い方次第ではくせ毛もやりやすい髪に変わります ちなみに強めの縮毛の髪質の方は、 縮毛矯正をかけなければまとまらない方がほとんどかと思います。 正直、カットでクセを抑えるのには限界があります。 長さでの対応も難しいです。 経験上、セミロングくらいの長さで重めにカットをして 縮毛矯正の周期を長くするのが1番かと思います。 あくまで個人的な主観ですが、ご参考になればと。。

次の

詳しくわかる!ドライカットのメリットとデメリット

くせ毛 ドライカット

dearドライカットとは ニューヨークドライカットと独自のカット理論を融合させた、dearオリジナルのカット技術です。 髪の毛の一本一本を繊細に、丁寧に切っていきます。 ブロードライやストレートアイロンを使用しながらの施術になるのでお時間は普通のカットよりも長くなってしまいますが、終わった後の質感・手触りやまとまり方は格段に良くなります。 まずはBEFOREの写真です。 2ヵ月カットしていなかったそうで、長さも伸びてまとまりづらくなってしまいました。 dearドライカットの特徴は髪質や骨格、ヘアスタイルの条件は特に無くほぼ全ての方に対応できるカット技術です。 およそ90~100分かけてカットしていきます(時間はヘアスタイルにより多少変動があります) AFTERの写真です。 艶やクセ、まとまり方が変わったのが一目瞭然です! 仕上げのドライヤーはお客様にご自身で乾かしていただきました。 ブローなどは一切せず、お客様の手ぐしのみです。 カットだけでもこんなに変わるんだと感動していました。 くせ毛にお悩みの方は、これからの梅雨の時期に向けて縮毛矯正もオススメですが…dearのドライカットもぜひお試しください。 カットの上手い美容師を目指してこれからも技術を追求していきますので、よろしくお願い致します。

次の

クセ毛をボブヘアにしたいと思ったらドライカットがおすすめな理由

くせ毛 ドライカット

乾いている状態=普段の状態でカットを行うので、髪の広がりが気になる方も希望に近い仕上がりになります。 まず、ドライカットに合う髪質を紹介します! 一番向いている髪質は、 髪が広がってしまう人です。 美容室に行った日は落ち着いていても、「時間が経ったらふくらんできた」「自分でスタイリングをすると広がってしまう」という人はたくさんいます。 ウェットカットだと濡らすことにより髪質が変化して、ボリュームが隠れてしまい、ふくらみやすい髪質なのかどうかがわかりづらいのです。 そのため、乾かしてみると髪のクセが出てギャップを感じてしまうことがあります。 ドライカットなら、普段の乾いている状態の髪を見て、広がりやすい箇所の毛量を調節することが可能です。 乾燥しやすい髪質の人は オイルの流さないトリートメントも併用するとより落ち着かせることができるのでオススメですよ! 仕上がりの満足度が高いドライカットですが、中でもショートスタイルに向いています。 また、髪の生え方の問題により、つむじのあたりの毛が乾くと立ってしまう人がいます。 そんな時、濡れた状態だと立ってしまう髪のクセは判断がつきませんが、ドライカットなら、切ってはいけない髪の部位がはっきり見えるのです。 ドライカットにオススメな髪型を挙げるとしたら、 ショートヘアやショートボブスタイルです。 これらは骨格が出やすく、毛流れが重要になるスタイルなので、見極めをしながらドライカットで調整すると、どの角度から見ても美しく、なおかつ扱いやすい髪型が手に入ります。 逆に、ドライカットが適していないと言われる髪型もあります。 それは、 切り口がきっちり揃ったワンレングススタイルや、パツンとしたおかっぱスタイルなどです。 技法にもよりますが、ドライカットは毛先が筆の先のように徐々に細くなっていくよう丁寧に切り込んでいくため、パツンとした印象のカットの場合はウェットカットを用いることも少なくありません。 ドライカットのメリットとは?? カットで髪が痛むのは嫌だな…と気になる方は、ドライカット専門店を調べてみるのも良いでしょう。 では、ドライカットのデメリットというと、どんな点が挙げられるのでしょうか?! まず、ドライカットは、よりハイレベルな技術が必要となり、当然多くの練習、鍛練が必要となります。 なぜなら、乾いた状態の髪は硬く、ハサミとの摩擦が生じやすくなり、ウェットカットに比べて髪が傷みやすい傾向にあるからです。 正しいドライカット技術を習得している美容師さんであれば、髪が傷む事を最小限に抑えられる便利なカット技術になるのですが、 ドライカットはまだまだ勉強中…という方の場合、逆に毛先が傷み、枝毛などが増えてしまう場合もあるようです。 施術時間がウェットカットの2倍かかる事もあります。 予約する際は注意して下さいね。 もう一つ、ドライカットは 通常のカット技法に比べて時間がかかるということが挙げられます。 くせや毛流れに合わせ、個々に合ったカットができますが、作業が緻密な分、時間を要してしまいます。 最初にウェットカットを行い、大まかなカットを行った後にドライカット…という場合は一般的な時間内(30分〜60分程度)で仕上がることがほとんどですが、最初から最後までドライカットを行う美容室の場合、 60分〜90分程度は見ておいた方がいいかもしれません。 もちろん、この辺りは事前に知識があれば問題のない範囲かと思います。 ドライカットでの施術を受けるなら、 しっかりとした技術のある美容室を選ぶことと 予約時に所用時間を確認し、時間に余裕のある時に予約するのがオススメです! ドライカットのベーシック「ニューヨークドライカット」 最高級の「ニューヨークドライカット」。 気になります! 髪が乾いた状態でのカット=ドライカット、とお伝えしてきましたが、ニューヨークドライカットの特徴を挙げるとすると、 簡単に乾かすだけで立体的なシルエットが表現でき、カット一つで重さや質感をコントロールする技法ということ。 切り方としては、髪の束をを小さく分け取りながら、非常に緻密に切って行くという技法です。 あらゆる人種の髪質・クセによるあらゆる悩みを解決するための、ものすごく細かい丁寧なカット技術なのです。 慣れている美容師さんでもカット時間に 90分〜120分程度かかることもある技術ですが、そこまで時間をかけて細かくこだわった最高級のカットとはとても素敵です。 一度体験するともうニューヨークドライカット以外では切りたくない、という方もいるほど。 取扱サロンは多くはありませんが、気になる方はぜひ一度体験してみて下さい! おわりに 髪は女性にとって印象をも左右するほど大切なパートナーです。 是非ドライカットを試してみて下さいね。 「髪は女性の命」と言われていますが、髪型一つで気持ちにも変化が生まれます。 ひと昔前は髪を軽くしようとすると、むやみにすきばさみですくために、髪がバサバサになって見えるということも多々ありました。 今は美容師さんの技術の進化もあり、ドライカットというハサミ一つで行う丁寧な技術で、個々の髪質や髪型を見極めながらカットしてもらうことができるのです。 もし、くせ毛や毛量が多くて悩んでいるなら、ドライカットを取り入れている美容室を探すのは一つの解決手段になるかもしれません!髪の乾かし方やワックスのつけ方など、的確なアドバイスをもらい、理想の髪型に近づけましょう!.

次の