あつ森 高低差。 【あつ森】住宅街の作り方と参考マップ(地図)【あつまれどうぶつの森】

【あつ森】住宅街の作り方と参考マップ(地図)【あつまれどうぶつの森】

あつ森 高低差

こんにちは!ちょこころんです。 先日にて皆さんが考えた島構想を紹介して頂きましたが、自分の島構想を今日は考えていこうかなと思います。 動画にしようかと思ったんですが、めっちゃセンスなくてまだ何にも思いついてないので書きながら考えます(笑) 島構想についての注意点も書くので読みたいところに目次から飛んでみてください。 島構想をしよう 島構想するにあたっての注意点 マップ選び 前回のブログでも少し触れましたが、島構想をするときにまず注意しなければいけないのは、マップ選びです。 あつ森を始めて最初に選ぶのがマップですね。 マップの種類は全部で28種類あります。 この中の地形で完璧なマップを選ばなければいけない訳ではなくて、水源と飛行場と案内所の位置だけ気をつけましょう。 なんでかというと、島クリエイターというもので、地形も川でさえも埋め立てたり新たに作ったり出来ちゃうんです。 さっき言った水源と飛行場と案内所だけは変えられないのでそこの位置だけは厳選しましょう。 高低差も変えられる 今回のあつ森は高低差があり、その高低差も島クリエイターによって変えられてしまいます。 低いところに住宅街や商店街、高いところに博物館というように高低差によって建物の位置を変えるのもいいかもしれませんね。 みんながどんな地形にするんだろうと気になる方は、私のにて7人の島構想を2本の動画にわけて紹介するのでそれを見てみてください。 皆さんの島構想本当に素敵すぎて本当に参考になります。 優柔不断すぎて色々変えられてしまうマップでさえも迷います。 とりあえず川の形と案内所の位置だけを考えてそこから高低差や建物は行き当たりばったりでいこうかなって今決めました。 まずは水源の位置です。 今考えてるのはこのマップ。 だけど、右下の方に商店街か住宅街を置きたいので案内所の位置が微妙な位置にあってもう少し考えようかなと思い、他のマップも見直します。 ブログでは伝わらないけど、数十分かかってようやくこのマップに決めました。 1番の理由は案内所の位置ですね。 他のマップと比べて案内所が飛行場と遠いことが決め手でした。 水源の位置もこの辺にしようかなって考えてたんですが、センスが皆無の私にここから川を削ったり埋め立てたりするのができるのかどうかが不安でなかなか決められませんでした。 だったら最初から川の形も理想に近いマップを選んで川の形はほとんど変えずに島造りした方がいいのかなあって考えましたが、自分のセンスを信じてこのマップ選びました。 高低差なんて考えられない さて、マップは決まりましたね。 そして高低差も変えられますが、正直そんなの考えられないよ。 っていうのが本音ですね。 博物館とかを高い位置に置いてあつ森のCMみたいにカッコよくしようか迷いどころです。 あつ森のCMについては私の動画見てもらえたら嬉しいです。 カッコよくしたいのはもちろんのことですが、島民が気軽に行ける博物館というコンセプトで住宅街の近くに置くのもありだなって思います。 これはスイッチをもう一個買って2つのバージョンを作りたいですね。 完成したけどセンスなさすぎる さてさて、商店街とか住宅街とか色々悩んだ結果完成したマップはこちらです。 全然センスがないですね。 イメージを図に書き写すことがこんなに難しいなんて思いませんでした。 川は一直線にするのやめようかとこの図みて思いました。 案内所の位置さえ変えられれば解決するんですけどね。 テントから役場に変わる時に場所変わるとかいう仕様ないですかね?? 時間をかけまくってセンスのある島にしていきたいと思います。 というか、このセンスないマップを見て動画の視聴者さんが減らないか心配になってきました。 実際のあつ森ではもっと上手くセンスのある島作りますので期待しててくださいね。 まとめ さあ、こんなところで今日のブログは終わりにします。 いかがでしたでしょうか。 私と同じようにセンスがなくて島構想に困っている方は一緒に頑張りましょう。 時間さえかければいい島になります。 皆さんの素晴らしい島も紹介しますのでぜひ動画見続けてくれると嬉しいです。 では、また次回お楽しみに!! chococoron0320.

次の

【あつ森】島クリエイターのコツ解説!島作りを自在にするテクニック

あつ森 高低差

メモ書き程度に残しておきます。 半月くらい前にプレイ時間見たら200時間超えてたので、今はもう怖くて見てないです。 2年ちょいやった しかもズブズブにハマった スプラトゥーン2でさえ450時間ですよ。 2年ちょいの半分に半月で到達してしまいました。 怖いですね。 で、これ以前ツイッターにも書いたのですが、私はとび森は「めちゃくちゃ上手くなった」と割と胸を張って言えます。 死ぬほど動画見て夢見の館見て勉強して、インプットとアウトプットを繰り返して到達したので、そこそこ胸を張って言えます。 でもあつ森、全然勝手が違うんです。 これ多分、とび森けっこうやってた人ほどあつ森難しいと思います。 これ島クリエイター数十時間やって あとツイッターのあつ森上手い人のツイート見て なんとなくわかったんですが、とび森をやっていた人ほど「平面でどれだけ可愛く魅せるか」に無意識に執着しがちです。 逆に言うと、「高低差使いこなしたらあつ森最強」だと思います。 勿論、平面で最大限に可愛く魅せる島はそれだけで魅力があると思います。 とりわけ、とび森でバリバリ現役のマイデザインを使いまくった可愛い島を作れる方は平面をどう魅せるかに集中して作った島ほど可愛い気がします。 なんとなくですが。 ただ、あつ森特有の魅力や可愛さを引き出したい!と思ったら「画面の奥行き」をめちゃくちゃ意識した方がいい、つまるところ「高低差を利用して画面作りに奥行きを出す」ことに集中した方がいい。 そんな風に思いました。 とび森は平面でそれが難しかったのですが、あつ森は島クリエイター機能を使えば簡単に手前に障害物が置けます。 手前に少し崖があるだけで近景をお手軽に作ることが出来るんです。 試しに自分の島で写真撮ってみたんですが思ったより可愛くなくて絶望しました。 各位ツイッターのあつ森タグを見てください。 島クリエイターの崖クリエイト機能って奥の方を高くするのに使いがちですが、恐らくは手前ほど崖を作ることを意識した方がいいです。 崖と、あと個人的には針葉樹が手前にあるとすごく画面が締まると思います。 針葉樹は広葉樹より色が濃くて、かつさまざまな家具よりも一番背が高いので、画面を引き締めるのに一役買ってくれると思います。 あとは彩度の低い色の花を所々に置いてあげたり、逆に白い花で色を飛ばしてあげたりしてバランスを取ってあげるといいのかなと思います。 とにかく、「あつ森はとび森と全く勝手が違う」と考えた方がいいです。 とにかく高低差による奥行きの作り方に注視した方がいいと思います。 一番気をつけるべきは「高低差」だと思うのですが、次にお手軽にできるのは「とにかく画面に情報を詰め込む」だと思います。 こちらについてはまた将来的な記事で。 では、ぽてち島に帰ります。 さようなら。 みんなぽてち島に来てね!diyレシピとか…あげるからね!来てね! ちょっとさっきあげてた画像が不甲斐なさすぎるので最後に我が島のベストショットを上げてお別れします。 来てね! マジで偉そうなこと書いてますがあつ森上手い人の画像見た方がよっぽど為になるので、人の島をよく観察して自分の島に反映していこう 戒め.

次の

島クリエイターで高低差のある自然な島に丸ごと作り直してみた! │ ふぁにとら

あつ森 高低差

メモ書き程度に残しておきます。 半月くらい前にプレイ時間見たら200時間超えてたので、今はもう怖くて見てないです。 2年ちょいやった しかもズブズブにハマった スプラトゥーン2でさえ450時間ですよ。 2年ちょいの半分に半月で到達してしまいました。 怖いですね。 で、これ以前ツイッターにも書いたのですが、私はとび森は「めちゃくちゃ上手くなった」と割と胸を張って言えます。 死ぬほど動画見て夢見の館見て勉強して、インプットとアウトプットを繰り返して到達したので、そこそこ胸を張って言えます。 でもあつ森、全然勝手が違うんです。 これ多分、とび森けっこうやってた人ほどあつ森難しいと思います。 これ島クリエイター数十時間やって あとツイッターのあつ森上手い人のツイート見て なんとなくわかったんですが、とび森をやっていた人ほど「平面でどれだけ可愛く魅せるか」に無意識に執着しがちです。 逆に言うと、「高低差使いこなしたらあつ森最強」だと思います。 勿論、平面で最大限に可愛く魅せる島はそれだけで魅力があると思います。 とりわけ、とび森でバリバリ現役のマイデザインを使いまくった可愛い島を作れる方は平面をどう魅せるかに集中して作った島ほど可愛い気がします。 なんとなくですが。 ただ、あつ森特有の魅力や可愛さを引き出したい!と思ったら「画面の奥行き」をめちゃくちゃ意識した方がいい、つまるところ「高低差を利用して画面作りに奥行きを出す」ことに集中した方がいい。 そんな風に思いました。 とび森は平面でそれが難しかったのですが、あつ森は島クリエイター機能を使えば簡単に手前に障害物が置けます。 手前に少し崖があるだけで近景をお手軽に作ることが出来るんです。 試しに自分の島で写真撮ってみたんですが思ったより可愛くなくて絶望しました。 各位ツイッターのあつ森タグを見てください。 島クリエイターの崖クリエイト機能って奥の方を高くするのに使いがちですが、恐らくは手前ほど崖を作ることを意識した方がいいです。 崖と、あと個人的には針葉樹が手前にあるとすごく画面が締まると思います。 針葉樹は広葉樹より色が濃くて、かつさまざまな家具よりも一番背が高いので、画面を引き締めるのに一役買ってくれると思います。 あとは彩度の低い色の花を所々に置いてあげたり、逆に白い花で色を飛ばしてあげたりしてバランスを取ってあげるといいのかなと思います。 とにかく、「あつ森はとび森と全く勝手が違う」と考えた方がいいです。 とにかく高低差による奥行きの作り方に注視した方がいいと思います。 一番気をつけるべきは「高低差」だと思うのですが、次にお手軽にできるのは「とにかく画面に情報を詰め込む」だと思います。 こちらについてはまた将来的な記事で。 では、ぽてち島に帰ります。 さようなら。 みんなぽてち島に来てね!diyレシピとか…あげるからね!来てね! ちょっとさっきあげてた画像が不甲斐なさすぎるので最後に我が島のベストショットを上げてお別れします。 来てね! マジで偉そうなこと書いてますがあつ森上手い人の画像見た方がよっぽど為になるので、人の島をよく観察して自分の島に反映していこう 戒め.

次の