胃痛 牛乳 逆効果。 FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

急な胃痛を和らげる効果的な対処法と胃痛にならない為の予防法

胃痛 牛乳 逆効果

胃痛の対処法 胃を休める事を先決して絶食 白湯を飲む 温めた牛乳を飲む 経口補水液を飲む あくまで一時しのぎであり根本的解決にはならない事は留意してください。 絶食 胃痛を抑える為にただ痛みが治まるまで耐え続け我慢する絶食という方法。 一見すると本末転倒というか矛盾しているようですが、 お医者さんに聞いた胃痛の対処法で一番良いのは何も食べないで胃を休める事だという聞き取り調査もあるそうなので、あながち間違いではないんでしょう。 しかしただ耐え続ける事ほど辛いのもなかなかありません・・・。 当然なにか対処をした方が良いという意見もありますし、温かい牛乳や白湯を勧めるお医者さんも多くいます。 温かい牛乳の場合 温かい牛乳は胃粘膜の保護や胃酸の中和などの効果があり、私も助けられた事はあります。 一般的にも良いとされる事が多いですが、 これは実際人や状況を結構選びます。 牛乳は場合により逆の効果を引き起こす事もあり、時には胃痛の苦しみの上に腹痛や胃のムカムカ、気持ちが悪くなるなどの諸症状を引き起こしてしまいます。 それは何故か? 日本人は牛乳に含まれる乳糖を消化するラクターゼが不足し、 うまく分解できない 乳糖不耐症の人が半数以上を占めると言われているからです。 なので普段飲んでも異常がない場合でも、胃に異常をきたしている時に飲むと牛乳の胃粘膜保護や胃酸中和の効果より刺激が勝ち、状況が悪化してしまうんです。 これは完全に個人的な経験や体験に基づく見解ですが、 牛乳が合わない人や症状が酷い場合は牛乳は避けるべきです。 基本的に飲む場合でも、胃が普通ではない事を念頭に入れて少量ずつにして様子を見ながらにしましょう。 白湯の場合 シンプルですが実はこれが一番です。 胃が弱い私が胃痛になった時に一番効果があったのは、シンプルに 白湯を飲む事でした。 用意するのに手間がかかるという事もないので簡単ですし、刺激の少なさから酷い胃痛にも使えます。 胃薬や病院で処方された薬でも効果が無い時には一時的ですが助かりました。 末期の癌患者の方でも白湯で胃が落ち着いて楽になったという意見もあるのでリラックス効果含め、一番刺激が少なく体や胃を温めるのは胃痛を和らげるには本当に効果があります。 ですがこちらもガブガブ飲むのは控えてください。 経口補水液やポカリ 経口補水液やポカリなどは体液に近い成分で刺激が少なく水より吸収されやすいです。 別名「飲む点滴」などと呼ばれているのでこちらも胃痛の時に飲むのに適していますし、私も重宝していました。 ですがポカリに関しては糖分が高いので、がぶ飲みはやめてください。 当然、経口補水液も飲み過ぎは厳禁です。 ちなみにお湯で薄めたり温めてから飲むのがオススメです。 予防法 そもそも一番良いのは胃痛を起こさない事であり、胃痛にならない生活を心がける事ですよね。 まぁ、それが出来たら苦労はないって話なんですが・・・。 現代人は非常に忙しくストレスにさらされる事が多いです。 「ストレス発散する時間も余裕もないし、飲み食いもやめたくない」 要するに手軽に出来る方法が欲しい。 なので 面倒くさくない程度で、尚且つ続けられる予防法をまとめてみました。 胃痛にならない為の予防法 早食いぜずしっかり噛んで食べる 胃に負担をかける食事の前に胃腸薬などを飲む 空腹時、アルコールを先に胃に入れない 朝食は抜かない 寝る前にストレッチ 食後2~3時間は横にならない 出来る限り簡単にできそうな物をピックアップしてみました。 本当は食生活を見直し、適度な運動でストレスを発散し、睡眠をしっかり取るとかがベストですが実際そんなキッチリ出来ないのが人間なので・・・・。 とにかく今日から出来そうなものだけでも始めてみましょう! ちなみに胃腸薬は和漢なんかもオススメで、私は陀羅尼助によくお世話になってます。 食前食後とか、処方された薬とか飲んでても関係なく一緒に飲めるのでありがたいです。 お酒が残らず二日酔いにもならないので、暴飲暴食の際には是非、胃を守ってあげてから食べる様にしましょう。

次の

ストレスなど胃痛の原因とその時の食事!ヨーグルトや梅干で治る?

胃痛 牛乳 逆効果

国府台病院の研究室で取材に応じる上村直実医師。 広島大学医学部卒業後、呉共済病院消化器科医長、国立国際医療センター・内視鏡部長などを歴任した 「逆流性食道炎になると、胃酸の逆流や停滞で食道の粘膜が傷つき炎症が起きます。 それが原因で、食道腺がんになることもあるのです」 こう話すのは消化器内科が専門で、国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県)名誉院長の上村直実医師 67 だ。 胃液や食べたモノが逆流して食道に炎症を起こす「逆流性食道炎(以下『逆食』)」は、日本人の新・国民病となっている。 その数は、予備軍を含めると1500万人にもなる。 ほうっておくと、まれにがんになる可能性もある恐ろしい病気なのだ。 上村医師が続ける(以下、発言は上村医師)。 「胃と食道の境目には、胃酸や食べたモノが逆流しないように防止装置があります。 食道の下部にある筋肉(下部食道括約筋 かぶしょくどうかつやくきん )です。 この筋肉が緩むことで『逆食』になります。 井戸水などを飲むことで体内に入り、胃の元気を失わせて胃酸の分泌を減らす菌です。 それが最近では生活環境の改善により、ピロリ菌に感染する日本人が減った。 結果として胃酸の分泌が活発になったため、『逆食』の患者が増えたんです。 胃酸の酸度はとても高い。 だからこそ食べ物を消化できるのですが、胃と違い食道の粘膜は酸の強さに耐えきれず、炎症を起こすこともあるんです」 「逆食」増加の要因は、ピロリ菌の減少だけではない。 「一つは日本人の肥満化や高齢化です。 太ったり背中が曲がって姿勢が悪くなることで、胃に圧力がかかり胃酸が逆流するのです。 アルコールや刺激の強い料理、高脂肪食などによる胃酸過多も影響しています。 食事の後などに激しい胸やけがする、酸っぱいモノがこみ上げてくる、ノドがつかえる、胸が締めつけられるような感覚がある……。 このような症状がある人は注意が必要です。 とくに40代〜50代の働き盛りの男性は、気をつけなければならない。 高脂肪食の摂取が多く、中年太りになりがちだからです」 ノドも無傷ではいられない 他にも特徴的な症状がある。 夜間に症状が悪化することが多く、睡眠障害になることも。 こうした症状をほうっておくと、死にいたる危険性もあるのだ。 40代の会社員Aさんはラーメンや揚げ物などの脂っこい食事を好み、毎日のように泥酔するまでアルコールを大量に摂取。 猫背など姿勢の悪さも指摘されていた。 40代後半になると20代のころから感じていた食後の胸やけがさらに激しくなり、食事量も徐々に減っていったAさん。 声がかすれ体重も1ヵ月で5㎏ほど減少したが、ついに水を飲むのも困難になったため妻に連れられ病院へ。 「逆食」で食道が蝕まれれば、ノドも無傷ではいられないだろう。 人間は、食べ物を食べエネルギーを身体に取り込まなければ生きていけない。 ノドが衰えれば食欲が減退し、栄養障害や消化器系の重大な疾患を引き起こす。 食べ物の咀嚼 そしゃく や口の中から食道へ送る機能が低下して起きる、「誤嚥 ごえん 」と呼ばれる症状もその一つ。 異物が気管から肺に入り、そのまま居座り細菌に感染。 日本では年間約10万人が肺炎で命を落としているが、そのうち7割(ほとんどが高齢者)が「誤嚥性肺炎」だと言われているのだ。 最悪の事態を招く前に、予防できることはある。 「『逆食』は、生活習慣を変えることで防げます。 高脂肪食を避け太らないようにする、アルコールやタバコの過剰摂取を止めるのはもちろん。 スマホを見ている時やパソコンでのデスクワーク中に、姿勢の悪さで胃を圧迫しないように、背筋を伸ばすことも大切です」 改善できる生活習慣は多い。 とくに胃酸が多く出る朝に摂取するのがおススメ。 「『逆食』の不安がある人は、生活習慣の改善と合わせ病院での診断を受けてください。 胸やけの強さなど問診を受けた後、通常は内視鏡検査を受けます。 食道や胃をキレイにするシロップを飲んでから鎮静剤を打ち、口か鼻からスコープを入れるんです。 検査は10分ほどで、終了直後に結果が判明。 精密検査についても、1週間ほどで結果が出ます。 治療でよく使われるのが、胃酸の分泌を抑制する『プロトンポンプ阻害薬(PPI)』という薬です。 効果が乏しい場合には、投与量を変えたり粘膜を保護する他の薬を追加して服用することになる。 PPIでいったんは症状が改善しても、服用をやめると再発することがあります。 場合によっては、5年以上の長期服用になることもあるんです。 ただPPIにより胃酸が減少するので栄養を吸収しづらくなり、高齢者は骨折の危険が高まるなどの副作用も考えられます。 長期服用は医師とよく相談してください」 新・国民病「逆食」は、重大な疾患に結びつくことがある。 胸やけ程度と思って、決して甘く見てはいけないのだ。 逆流性食道炎によって炎症ができた食道の内視鏡画像。 放置すると食道腺がんになる危険性がある 10年闘病した 患者の告白 ルポライター・明石昇二郎 「最初は食道をやられて、最後は胃がんになりました」 逆流性食道炎にかかっていた明石昇二郎氏。 がんが発見され胃の3分の2を摘出することになった 強い胸やけを感じるようになったのは、10年以上前のことです。 果汁100%のオレンジジュースや甘い缶コーヒーを飲むと、胃酸が上がってノドや胸が苦しくなる。 「これはおかしい」と病院で受診すると、「逆流性食道炎」と診断されました。 こう語るのはルポライターの明石昇二郎氏 56歳 だ。 食品公害事件「カネミ油症」問題や、福島の原発事故などを取材するベテランジャーナリストである。 若いころから体力には自信があったと話す明石氏だが、40歳を過ぎたあたりから胃の不調を感じ始めた。 区役所から40歳時の「節目健診のお知らせ」が届いたので、レントゲン写真を撮ったところ胃に変形が見つかったんです。 「要精密検査」と言われ、生まれて初めて胃カメラを飲むと胃壁から出血していることが判明。 医師からは「胃潰瘍の一歩手前」と診断され、胃酸を抑える薬「PPI」を処方されました。 PPIを飲んで2週間ほどで胃痛は消えましたが、それから約2年後、今度は激しい胸やけで苦しむようになります。 焼けるようにノドが痛いんです。 単なる胃酸過多かと思い胃腸薬を飲んで痛みをまぎらわせていたのですが、次第に薬も効かなくなってきた。 病院に行くと「逆流性食道炎 逆食 」と診断されたんです。 まさかの「がん宣告」 当時の私は、不規則でストレスの多い生活をしていました。 書籍の締め切りが近づくと、起きている間はパソコンの前でずっと座りっぱなし。 そんな状態が2ヵ月以上も続くんです。 運動不足から学生時代80㎏だった体重は、最大100㎏にまでなりました。 当時は、胃に相当なストレスを与えていたと思います。 病院では再びPPIを処方されたのですが、以前処方されたもの 30㎎ よりも軽い15㎎でした。 毎朝1錠飲むだけで、嘘のように胸やけが消えてしまうんです。 その効果は終日続くので、以来10年以上PPIを飲み続けてきました。 長年PPIを飲み、自覚症状もなくなり、大きな効果があったと感じていたので、服用の中止を検討したこともあります。 ただ人間ドックを受けた時に担当医師に尋ねると、こう言われました。 「PPIの服用をやめたら、すぐ症状が再発するでしょう」 その人間ドックを受けてから2年後の、昨年夏のことだった。 明石氏に今度は食道の病気ではなく、「胃がん」が見つかったのだ……。 区の健康診断で異常を指摘され、精密検査の結果わかったのですが、「神経内分泌腫瘍 しんけいないぶんぴつしゅよう 」(別名「胃カルチノイド」)という珍しいタイプのがんです。 多少医療に関する知識のある私にとっても、初めて聞く病名でした。 医師に聞くと、腫瘍は通常、胃壁の表面にできますが、胃カルチノイドは内部にできるとのこと。 抗がん剤も効かず、根治のためには早期に見つけて切除手術をするしかありません。 肝臓など他の臓器に転移していれば延命治療をするしかなくなります。 私は幸い早期の発見でしたが、自覚症状はまったくありませんでした。 手術の2日前までPPIを飲んでいましたが、腹腔鏡手術で胃の3分の2を摘出したことで、結果的に「逆食」の症状は完全に消えました。 皮肉にも、今ではPPIをまったく服用しておりません。 「逆食」は、クスリで症状が治まっているからと言って安心はできない。 胃や食道の不調を放置して定期的な健診を受けないでいると、がんなどの取り返しのつかない病気になることもあるのです。 明石氏が10年以上にわたり服用していた、胃酸を抑える薬「PPI」• 取材・撮影:明石昇二郎 写真:會田園 3、4枚目写真.

次の

牛乳を飲むと胃もたれする!?原因と対策のご紹介♪

胃痛 牛乳 逆効果

胃の場合、酸性が強いと、たんぱく質を分解する酵素がよく働き、雑菌を殺す作用も強くなりますが、一方では、ちょっとした胃の粘膜のキズでも、強い酸性の胃酸がそこに入り込んで胃壁を溶かしてしまいます。 胃内がアルカリ性側に傾いていると、粘膜には優しいかわりに、殺菌する力が弱くなってしまい、その上、人の持っている胃の中の消化酵素というのは酸性が弱いと働かず、消化作用が落ちてしまいます。 また、ペーハーは変化し易く、起きているときと寝ているとき、食事の前と食事の後、食事の内容によっても変わりますし、精神的ストレスによっても変化するのです。 胃腸のトラブルを考えるうえで大切なことは、胃という臓器が極めてデリケートにできているということなのです。 食べてすぐ寝るとウシになる 食事の後、横になって休むのは良いことです。 しかし、眠ってしまうと胃の動きが弱まり、食べ物が消化されにくくなります。 むしろ、食後には散歩程度の運動をしたほうが消化にも良いのです。 右側を下にして寝ると消化に良い 胃から十二指腸への出口が体の右側にあるので、右下で寝ると食べたものが腸の方へ流れ易くなるといわれています。 胃下垂の人、胃の働きの弱い人はお試しください。 うなぎと梅干し、スイカと天ぷらなどの食べ合わせは良くない 普通に食べていれば心配はありません。 でも、どんな食べ合わせでも食べすぎは禁物! 空腹時・飲酒の前・胃が痛くなったら牛乳を飲むと良い その通りです。 潰瘍や炎症など、胃や十二指腸に傷ができている場合、胃酸に刺激されて痛むので、牛乳で胃の表面を保護することができるからです。 また、物を食べることで酸を中和するという意味もあります。

次の