スイッチ ライト 本体 容量。 ヤマダ電機スイッチ(ライト)本体買えた場所や抽選・在庫情報!|enjoibrog

【毎日更新!抽選情報】ニンテンドースイッチ 予約入荷速報!定価で買える場所・店頭販売ナビ

スイッチ ライト 本体 容量

スイッチライトとスイッチの違い:ハード編 ここでは、スイッチライトとスイッチのハードウェアを比較しましょう。 スイッチライトは小型化&軽量化を遂げて、携帯モードに特化したモデル。 実際に手に取ってみても、片手でしっかりとホールドできるくらいの大きさに収まっており、持ち運びしやすいサイズです。 スイッチを所有している人であれば、持った瞬間「小さい!」と思うでしょう。 電車の中などで遊んでいると、見た目のインパクトが大きくて、周囲に気を使っちゃうんですよね。 9(厚さ)mm 本体を重ねると、スイッチライトのほうがひと回りくらい小さいことがわかります 片手で持ったときのホールド感は、スイッチライトのほうが圧倒的に持ちやすく、スイッチは、手が若干窮屈な感じです。 重量もスイッチライトが約275g、スイッチが約398gとなっており、スイッチライトの軽さは非常に魅力的 両手で持って遊ぶ際も、軽量のスイッチライト(写真左)のほうが、手の疲れを気にせず長時間持ち続けられます。 スイッチ(写真右)は、本体を支える中指、薬指、小指に重さを感じます 次は、サイズ以外の細かな点をチェックしましょう。 着脱できるコントローラーのJoy-Conを備えるスイッチと違い、スイッチライトはコントローラーを取り外したりすることはできません。 これにより、スイッチライトは、Joy-Conの機能を利用するソフトにおいて遊び方に制限があります。 詳しくは後述の「ソフト編」で解説します。 スイッチライトは、コントローラーが本体と一体化。 注目したいのは、Joy-Conの方向ボタンが、スイッチライトでは十字ボタンになっている点。 個人的には、十字ボタンのほうが操作しやすかったです ボタンのデザインも若干変更されています。 スイッチライトは、ボタンにA、B、X、Yの文字が彫り込まれていますが、スイッチはプリントされています。 スティックに関してはほぼ同じです 実際に使用してみると、ボタンの操作感がスイッチとスイッチライトでは異なることがわかりました。 スイッチライトは、ボタンストローク(ボタンが沈み込む深さ)が長く、ボタンを押す硬さが軽い印象。 いっぽう、スイッチは、ボタンストロークが浅いのですが、押す硬さがスイッチライトよりもあり、両ハードで押し心地が違うのは興味深い点です。 続いては、ディスプレイやポート類を見ていきましょう。 ディスプレイは、スイッチライトが5. 5インチ、スイッチが6. 理論的には、スイッチライトのほうが、画面サイズが小さいためより高精細なはずですが、見た目では違いがほとんどわからないレベル。 もちろん、画面にめちゃくちゃ接近すると、若干の違いはわかりますが、ゲームのプレイには影響ないでしょう。 ディスプレイ比較。 スイッチライトは5. 5インチと、6. 2インチのスイッチと比べて小さい ポート類は、基本的に両ハードに違いはありません。 ただし、スイッチがmicroSDカードスロットをスタンドの内側に格納しているのに対して、スタンドのないスイッチライトはカバーを開け閉めするタイプに変更されています。 また、両ハードともにUSB Type-Cポートを搭載していますが、スイッチライトは映像出力をサポートしていません。 そのため、ドックに接続して大画面でゲームをプレイすることはできなくなっています。 本体天面の比較。 排出口の形状以外に違いはなし 背面は、下部に2機備わっている吸気口の形状が少し違います。 また、スイッチライトにスタンドは搭載されていません microSDカードスロットの比較。 スイッチはスタンドの内側にスロットがあるのですが、スイッチライトはカバーを開閉するタイプになっています 底面の比較。 スイッチライトは両サイドにスピーカーがあります。 前述の通り、スイッチライトのUSB Type-Cポートは映像出力をサポートしていません スイッチライトとスイッチの違い:ソフト編 スイッチライトは、スイッチの特徴でもある、ドックに接続して大画面で遊ぶTVモード、本体ディスプレイをTVの代わりにできるテーブルモード、といったプレイスタイルには対応していません。 スイッチライトが対応しているのは、携帯モードのみになり、遊ぶソフトを購入するときは携帯モードに対応しているかどうかをチェックしないと、せっかく買ったのに遊べなかったということがあるので、注意してください。 スイッチライトのゲームを購入するときは、パッケージの裏側、もしくはニンテンドーeショップやマイニンテンドーストアのソフト情報ページで、「プレイモード」の欄に携帯モードのアイコン(赤枠)が表記されているかを確認してください(画像はマイニンテンドーストア、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」購入ページより) また、ハードの比較でも触れましたが、スイッチライトにはJoy-Conが付属していないため、携帯モードに対応したソフトであっても、HD振動やモーションIRカメラといったJoy-Conの機能を利用するソフトは、一部遊び方が制限されるものもあります。 別途Joy-ConやJoy-Con充電グリップをそろえると遊べるようになるものもあるので、各ソフトの公式サイトなどで確認するようにしましょう。 ソフト編の違いを簡単にまとめると、スイッチは、すべてのゲームを制限なく遊べ、かつ、TVモードやテーブルモードを使い複数人で一緒に遊べるなど幅広いプレイスタイルを楽しめますが、スイッチライトは、遊べるゲームやモードに制限があり、1人プレイが基本の遊びかたになるというわけです。 スイッチのテーブルモードは、本体背面のスタンドを立ててゲームを遊ぶスタイル。 Joy-Conをおすそ分けすればTVのない場所でも複数人で同時に遊べるのが特徴です。 スイッチライトでは、Joy-Conを別途用意することでテーブルモードのように遊べるようになるソフトもあります。 しかし、スタンドが搭載されていないため、プレイの快適度という観点では、スイッチライトにJoy-Conを接続して遊ぶというのは、あまり現実的ではなく、「やろうと思えばできる」くらいに考えておくのがよさそうです なお、スイッチと同じく、スイッチライトもジャイロセンサーと加速度センサーを搭載しており、「スプラトゥーン2」のようなジャイロ操作も可能です。 ただし、本体を傾ける必要があるため、個人的にはジャイロ操作をするなら、スイッチのほうが向いていると思います。 スイッチライトとスイッチどちらを買うべき? 存分に楽しむなら、TVモード、テーブルモード、携帯モードという3つのプレイスタイルが遊べるスイッチを購入すべきです。 特に、1台目の購入を考えている人は、スイッチのほうがより楽しめるのではないかと思います。 自分のサブ機や家族用に2台目の購入を考えている、もしくは携帯モードがあれば十分だという人はスイッチライトがいい選択になるでしょう。 長時間プレイしても手が疲れにくいコンパクトさは、スイッチにはない大きな魅力になっています。 スイッチライトは自分用や家族用の2台目として最高の相棒になりそう ただし、親がスイッチ、子どもがスイッチライトというような家族で2台を共有する使い方を想定している場合は、複数ユーザーの使い分けに注意が必要です。 たとえば、親のニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、子どもが別の本体で遊ぶ場合、「いつもあそぶ本体」の設定次第では遊べなくなるケースがあります。 この「いつもあそぶ本体」設定と複数ユーザーの使い分けのシステムが非常に複雑なため、「子ども用にスイッチライトを使うときの注意点」というテーマで解説記事を掲載しています。 そちらも参考にしてください。

次の

Nintendo Switch Lite

スイッチ ライト 本体 容量

7月10日、かねてから噂されてきた任天堂の新型ハード 「 」 が正式に発表された。 この 「」 は、従来のとは異なり、コントローラーと画面が一体となった携帯ゲーム機。 テレビなど外部ディスプレイに映像を出力することはできないが、その分コンパクトで軽量、さらに持ちやすくなったモデルになっている。 今回の発表で明らかになった情報を踏まえて、 当記事ではニンテンドースイッチ ライトとニンテンドースイッチの違いについてまとめてみた。 どちらを購入するか迷っている方は参考にしてほしい。 【追記】 任天堂は2019年7月にした。 任天堂の発表によると新型モデルはバッテリー持ちが最大2. 5時間向上したモデルであるとのこと。 当記事は新型モデルの情報を反映させているため、安心してお読みいただきたい。 遊び方の違い 今回新たに発表されたは、画面とコントローラー Joy-Con が一体となったことで、遊び方がニンテンドースイッチと一部異なる。 ニンテンドースイッチは3種類のゲームモード TVモード、テーブルモード、携帯モード が用意されていたが、ニンテンドースイッチ ライトは携帯モードに特化。 PS Vitaのように手に持って遊ぶのが基本となる。 一番重要なのはTVモードに対応していないということ。 例えばニンテンドースイッチの大ヒット作 「」 のような広大な大地を旅するゲームなどはぜひ大画面でプレイしたいところ。 ニンテンドースイッチ ライトは外で手軽に遊べるというメリットはあるが、その感動はやや薄れてしまうかもしれない。 「」 も激しい操作が要求されるため少し厳しそう。 その代わり、ニンテンドースイッチ ライトは携帯モードに特化していることもあり 重量と本体サイズが小さく持ち運びに便利。 今年11月発売の 「」 など、これまで携帯ゲーム機で登場してきたタイトルや、「外出先でちょっと遊ぶ」 ができる 「」 などが相性的には良さそうだ。 画面サイズと本体サイズ、重量 ニンテンドースイッチ ライトは屋外への持ち出しを前提としているため小型で軽量。 従来モデルよりも持ち運びしやすい形状になっているのが特徴だ。 ニンテンドースイッチと比較してみた。 9mm」 なのに対して、「縦91. 9mm」。 厚さは同じだが、縦横が1~3センチ程度小さくなっている。 9mm 縦91. 9mm 重さ 約398g 約275g 画面サイズ 6. 2インチ 5. やはり携帯ゲーム機として使うならニンテンドースイッチ ライトが最適だ。 CopiousKevin ただし画面サイズはニンテンドースイッチの方がやや大きい。 ニンテンドースイッチ ライトは5. 5インチで 「iPhone 8 Plus」 と同じ画面サイズだが、ニンテンドースイッチは6. 2インチと一回り大きい。 遊べるタイトル ニンテンドースイッチ ライトはコントローラーが一体化したことで、遊べるタイトルに一部制限が設けられている。 任天堂の発表によると ニンテンドースイッチ ライトは携帯モードに対応したすべてのNintendo Switchタイトルが遊べるとのこと。 裏を返せば携帯モードに対応していないタイトルは基本的に遊ぶことができない。 Nintendo Switch Nintendo Switch Lite 遊べるソフト 全ソフト 携帯モード対応ソフトのみ とはいえ、この制限の中で特定の条件を満たすタイトルは遊ぶことができるという。 Joy-ConとJoy-Con充電グリップを別途購入することで、「」 「」 「」 「」 「」 は遊べるとのこと。 また注意していただきたいのは、 携帯モードに対応したタイトルであっても、Joy-ConのHD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサーを利用するタイトル やシリーズ については、Joy-Conを別途購入しないと遊び方に制限が加わることがあるという。 そのタイトルがニンテンドースイッチ ライトに対応しているかどうかは、購入前に必ずチェックする必要がありそうだ。 オンライン機能 ニンテンドースイッチ ライトを買ったら、やはり友人とオンライン対戦をしたくなるもの。 オンライン機能がどうなっているのかが気になると思う。 しかし安心してほしい。 ニンテンドースイッチ ライトはWi-Fiネットワークに繋げて通信ができるほか、ローカル通信にも対応しており、ネットワークがなくともニンテンドースイッチ同士を繋げてオンライン対戦ができるようになっている。 使い方はニンテンドースイッチと同じ。 ここについてはニンテンドースイッチとニンテンドースイッチ ライトに違いはないようだ。 バッテリー持ち 携帯機となると、やはり気になるのがバッテリー持ち。 任天堂によるとニンテンドースイッチは2. 5~6. 5時間のバッテリー駆動が可能だが、ニンテンドースイッチ ライトは3~7時間のバッテリー駆動が可能だという。 ただしこれは旧型モデルの話。 2019年7月18日に、している。 新型ニンテンドースイッチはバッテリー持ちが4. 5〜9時間とアナウンスされているため、 ニンテンドースイッチライトよりも新型ニンテンドースイッチの方がバッテリー持ちが優れていることになる。 任天堂は参考例として、両スイッチで 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」 を携帯モードでプレイするテスト結果を公表している。 ニンテンドースイッチ ライトでは約4時間プレイすることができ、旧型ニンテンドースイッチは約3時間プレイできたとのこと。 新型ニンテンドースイッチの動作時間については約5. 5時間だったという。 自宅外で長くプレイするなら、新型ニンテンドースイッチが一番優れているようだ。 旧型Nintendo Switch 新型Nintendo Switch Nintendo Switch Lite 発売日 2017年3月3日 2019年8月 2019年9月20日 バッテリー容量 4310mAh 4310mAh 3570mAh バッテリー持続時間 約2. 5〜6. 5時間 約4. 5〜9. 0時間 約3. 0〜7. 0時間 充電端子 USB Type-C USB Type-C USB Type-C ちなみに ニンテンドースイッチ ライトはUSB-PD Power Delivery に対応しているため、USB-PDに対応したモバイルバッテリーやUSB充電器があれば外出先で充電しながらプレイすることが可能だ。 バッテリーが足りなくなってきたらモバイルバッテリーから給電できるため、そこまでバッテリー持ちを気にする必要はないかもしれない。 対応しているモバイルバッテリーや充電器は以下がオススメだ。 関連記事 ・ ストレージ容量とSDカード対応 ニンテンドースイッチ ライトの内蔵ストレージ容量はニンテンドースイッチと同じく32GB。 外部ストレージもmicroSDに対応している。 現時点では認識できるmicroSDの最大容量は明らかになっていないが、おそらくニンテンドースイッチと同じ最大2TBに対応しているのではないかと予想している。 Nintendo Switch Nintendo Switch Lite ストレージ容量 32GB 32GB 外部ストレージ microSDカード対応 最大2TBまで microSDカード対応 最大2TBまで? ちなみにニンテンドースイッチ ライトの上部にゲームカードスロットが用意されているため、ダウンロード版タイトルだけでなくパッケージ版タイトルも遊ぶことが可能だ。 ただ、屋外に持ち出すのであればやはりゲームカードの入れ替えが必要のないダウンロード版の購入が便利になりそうだ。 カラーラインナップ 本体カラーのラインナップはニンテンドースイッチとニンテンドースイッチ ライト、それぞれ異なる。 ニンテンドースイッチのカラーラインナップは基本2色、「ネオンブルー・ネオンレッド」 と 「グレー」。 ただしで購入すればネオンピンクやネオングリーンなど好きなJoy-Conのカラーを選ぶことができる。 組み合わせは1,000通り以上あるのだとか。 Nintendo Switch Nintendo Switch Lite カラーラインナップ ネオンブルー・ネオンレッド グレー イエロー ターコイズ グレー 対するニンテンドースイッチ ライトはイエロー、ターコイズ、グレーの3色。 ニンテンドースイッチのようなカスタマイズはできないようだ。 早速、ポケモンソード・シールドのデザインを採用した特別モデル 「」 が発表されているが、限定仕様のニンテンドースイッチ ライトが今後続々と発売する可能性もありそう。 イエロー、ターコイズ、グレーのカラーが好きじゃない人は、そういった限定カラーモデルの登場を待つのもひとつ手かもしれない。 ちなみに、「」 の予約受付は 「」 の予約開始と同じ2019年7月12日に開始される予定。 発売日は2019年11月1日だ。 価格 最後は価格について。 はマルチロール機、は携帯ゲーム。 両製品は商品性が完全に分かれているが、ニンテンドースイッチ ライトは携帯モードでしかプレイできないこともあり、少し価格は抑えめに設定されている。 ニンテンドースイッチの価格は29,980円 税別。 対するニンテンドースイッチ ライトは19,980円 税別 で、差額はピッタリ1万円。 Nintendo Switch Nintendo Switch Lite 価格 税別 29,980円 19,980円 この差をどう考えるかはユーザー次第。 筆者は外出先でプレイするよりもテレビの大画面でプレイしたい派なので、どちらかといえばニンテンドースイッチを購入したいと考えるが すでに購入済み 、中にはポケモンなど出勤や登校時間などちょっとした空き時間を使ってプレイすることを目的に購入したいと考えている人もいるだろう。 そんな方には1万円安く、持ち運びに優れたニンテンドースイッチ ライトはお手頃でピッタリのハードなのかもしれない。 ニンテンドースイッチ ライトの発売は2019年9月20日 ニンテンドースイッチ ライトは2019年9月20日 金 に発売予定。 価格は前述のとおり19,980円 税別 で、予約受付は8月30日 金 に開始される。 マイニンテンドーストアのほか、Amazonや楽天ブックス、Yahoo! ショッピングを始めとしたECサイト、各家電量販店で発売する予定となっている。 予約開始まであと1ヶ月以上あるが、ニンテンドースイッチ ライトを購入しようと考えている方は予約の準備を。 9mm 縦91. 9mm 重さ 約398g 約275g 画面サイズ 6. 2インチ 5. 5〜6. 5時間 約3. 0〜7. 0時間 カラーラインナップ ネオンブルー・ネオンレッド グレー イエロー ターコイズ グレー 発売日 2017年3月3日 2019年9月20日 予約開始日 2017年1月21日 2019年8月30日 価格 税別 29,980円 19,980円.

次の

【毎日更新!抽選情報】ニンテンドースイッチ 予約入荷速報!定価で買える場所・店頭販売ナビ

スイッチ ライト 本体 容量

Nintendo Switch 本体の内蔵容量はわずか 32GB しかありません。 また一部はシステム領域で利用されているため、利用できるのは実質 30GB 弱ほどになります。 2019年8月30日から販売された新型モデルも容量は同じです。 パッケージ版として販売されているカートリッジは、最大容量が 16GB です。 昨今はゲーム内で高画質な映像が多く用いられるため、必然的に容量は拡大傾向にあります。 容量の大きいゲームをいくつかピックアップすると次の通りです。 タイトル 容量 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 15. 7GB ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD 13. 4GB ポケットモンスター ソード 10. 2GB ポケットモンスター シールド 10. 2GB つまり本体容量が 32GB しかないので、実質ダウンロードできるゲームは たった2本です。 もちろん容量の小さいゲームもあるので、一概に2本とは言い切れませんが、それでもダウンロードをメインで考える場合は容量が足りないのは確かです。 容量が少ないのは価格の都合? 昔と違って、昨今のゲーム機本体は価格が3万円前後するのが当たり前です。 少しでも安く提供するには、コスト削減は必須です。 例えば内蔵メモリにはアクセスの速いフラッシュドライブを採用していますが、これが大容量になると一気に価格が高騰する原因になります。 もし 256GB や 512GB の容量を採用していたら、本体価格は5万円を超える高額なものになる可能性もあります。 ただ、大半の利用者は価格を釣り上げてまで大容量を求めていないのが事実です。 よって、本体容量は 32GB で十分だろうというのが、ニンテンドーの出した答えなのでしょう。 コストカットは他にもある Nintendo Switch はオンラインサービスがあるにも関わらず、本体には LAN ポートすら付いていません。 ゲームをやる人ならよく分かると思いますが、Wi-Fi の無線で接続するよりも、LAN ケーブルの有線接続の方がネットワーク回線の安定性が高いので好まれる傾向にあります。 本体のコネクタに汎用的な USB Type-C を採用したのは評価できますが、満を持して発表した最新ハードが要所でコストカットした一面が見えてしまうのが残念です。 LAN コネクターはニンテンドーのライセンス商品ではなくても利用できます。 パソコンで使われる USB タイプの LAN コネクターであれば、スイッチに流用することが可能です。 Nintendo は高性能を求めていない PlayStation や Xbox はプレイヤーの年齢層が高いこともあり、処理能力がある程度必要になるような FPS 系のゲームが多いですが、Nintendo はそもそも最高レベルのゲーム機で技術を集約したゲームを提供するよりも、年齢問わず楽しめるゲームを提供することに重きを置いています。 そのため、ハードウェアの性能も他と比べると見劣りしてしまいます。 それでも魅力あふれるコンテンツでカバーできるのが、Nintendo の持ち味ではないかと思っています。 Nintendo Switch の容量はマイクロSDカードで追加 によると、本体の背面に microSD カードスロットが搭載されています。 Android ユーザーには馴染みのある SD カードです。 どれくらいの容量まで対応している? インターネットにつないで、本体のファームウェアアップデートを実施しないと 上限は 32GB までとなります。 本体の更新により、容量の大きな microSD カードが使えるようになります。 容量の上限については特に記載されていませんが、対応している SD カードの種類が microSDXC までとなるため、 理論上は 2TB が上限になります。 ただし、こんなに大容量のマイクロ SD カードは販売されていないので、現実的には 128GB もしくは 256GB のマイクロ SD カードを利用することになります。 Nintendo Switch のソフトはパッケージ版を買うべきか? カートリッジのサイズは 3DS と比べても、ほとんど同じ大きさです。 Wii や Wii U のようなディスクでないため、複数本持ち歩くのも苦にはなりません。 カートリッジを取り替えるのが手間でなければ、SD カードを使わなくても何も問題ないでしょう。 本体容量の少なさは、ダウンロードプレイをメインで考えていた人にとっては残念な仕様です。 しかし必要な人は SD カードを追加してパワーアップできるので、伸び代がある作りなのは評価できるポイントです。 マイクロ SD カードは必要か? 必要性は、どんなゲームをプレイするかによります。 僕の場合は、当初 Switch 版のマインクラフトをプレイするためにマイクロ SD カードを利用していましたが、今はパッケージ版も販売されています。 今でも主な用途は、パッケージ版が無いソフトのダウンロード用として活用しています。 microSD カードが無いと、すぐに容量がいっぱいになってしまい、プレイしないソフトの削除をしなければなりません。 僕の microSD カードの用途• 無料体験版のダウンロード• パッケージ版がない無料ソフト(フォートナイト、他)• パッケージ版がない有料ソフト(オーバークック、他)• 発売日すぐにプレイしたいソフト• 頻繁に遊ぶソフト ちなみに、スマブラ発売に伴いダウンロード版の利便性を改めて感じています。 我が家ではテレビに接続してプロコンでプレイしているので、カートリッジ式だと交換にも手間が掛かります。 ダウンロード版であれば、コントローラーの操作のみでゲームを切り替えられます。 遊ぶ頻度の高いゲームほど、SD カードにダウンロード版を入れていくと快適になるのは事実です。 スプラトゥーン2をプレイして、スマブラをやったかと思ったら、フレンドがオンラインになり改めてスプラトゥーン2に戻したりと、カートリッジ交換だと何度も入れ替えるのが本当に面倒なのです。 UHS-I について詳しい情報を知りたい方は、次のページを参考にしてください。 SD カードは Switch へ挿しっぱなしになるので、ある程度値段が張っても安心できる製品を選ぶことが重要です。 ただ昨今は日本のメーカー/海外メーカー問わず品質が高いので、僕は性能重視かつコストパフォーマンスが高いことを基準に購入しても大丈夫です。 容量はどれくらい必要か? マイクロ SD カードで市場に出回っている大容量タイプは 256GByte と 512GByte です。 少し前までは数万円する程でしたが、今はかなり手頃な価格まで落ちています。 半年前なら 128GByte 推しでしたが、そんなに毎日ゲームをしない僕でさえも 128GByte 1枚では足りなくなってしまいました。 これから買うなら 256GByte を選んだほうが遊べるゲームの幅も増えて、安心感もあるのではないかと思っています。 1枚で不足した最大の要因は フォートナイトのような無料のダウンロード専用コンテンツが増えたことです。 無料ならダウンロードしてしてみようから始まり、いつの間にか 128GB の容量いっぱいとなったのが僕です。 (苦笑) 転送速度は高速が良い? 転送速度が速い SD カードは、それだけ金額も高くなります。 SD カードの性能が良すぎても、Switch では活かしきれません。 僕が実際に利用している microSD カードで、実際にスイッチで利用しても全く問題なかったものを厳選しています。 コスパが最強の万能 SD カード• スピードクラス …… Class 10• UHS-I• UHS クラス … 3• 保証期間 ………… 10年 Nintendo Switch に利用するには十分すぎる能力を持っています。 値段・性能に対する価格のバランスが良く、デジカメや GoPro などにも使える万能 microSD カードです。 かなり性能が高く、 コストパフォーマンスは最強 と銘打っておすすめできる良い製品です。 普段は Android とデジカメ用に使っています。 品質面や信頼度が高いのも評価できるポイントです。 今回紹介する microSD カードの中で、公式のマイニンテンドーストアでも販売している唯一の製品です!ニンテンドー公式のストアだと販売価格が高いので、買うなら Amazon のようなネットショップで買うのがおすすめです。 価格重視なら Transcend• スピードクラス …… Class 10• UHS-I• UHS クラス … 1• 保証期間 ………… 5年 僕自身は Transcend のカードをこれまで8枚ほど購入していますが、初期不良もなく長いものだと5年以上使っているので、満足度としては高いです。 Amazon レビューを見ると初期不良に関するレビューを見かけますが、これはどのメーカーの製品を買ってもあり得る話です。 Transcend は性能に対して価格が安いのが特徴ですが、Samsung 製のほうが使い勝手が良いため、Amazon の売れ筋ランキングを見ても Samsung 人気が高いのが伺えます。 UHS スピードクラス 3• UHS-I 対応• 保証期間 ………… 5年 ここ数年で一気に名前が表に出るようになった台湾のメーカーで、価格の安さが売りです。 2019年モデルになって性能が一気に向上し、Samsung や Transcend と拮抗するほどになりました。 仕様上 3D NAND を採用して品質・信頼性は上がったものの、マイナスなレビューも散見されます。 まだ microSD 界では王道と言えない程度ゆえ、購入するならそれを理解した上で検討してください。 なお Switch 用としての性能は、こちらも十分なくらいの能力を持っています。 人気の SanDisk をおすすめしない理由 大容量で値段も安く、以前から人気がある商品です。 しかし、ネットで購入できる並行輸入品や海外パッケージ版は、 日本国内の代理店のサポートが受けられないので注意が必要です。 この影響もあってか、いつの間にか Samsung の EVO シリーズが microSD の人気商品として、ランキング上位に君臨するようになりました。 SD カードはいくら信頼の高いメーカーの製品を購入しても、数ヶ月で故障してしまう製品がまれに含まれています。 初期不良による交換期限が切れた場合は、通常サポートによる保証で交換してもらうことになるので、海外用に作られたものを購入するのはおすすめできません。 なお代理店から販売されている製品は、しっかりと保証が付きサポートが受けられます。 しかしその一方で、microSD カード自体の価格が一気に上がってしまいますので、購入の際は気をつけてください。 サポートなんてどうでもいい!安くて品質がある程度定評があれば並行輸入品でもいい!と考えているなら、SanDisk の 256GB の microSD カードが最もコスパの高い製品です。 イチオシは出来ませんが、性能面だけなら十分におすすめできるレベルです。 マイクロ SD カード選びは意外と難しい 普段から SD カードを利用しているユーザーであれば、自身のお気に入りのメーカーから選ぶのが良いですが、スマホを iPhone にしてから SD カードと無縁になってしまった人も増え、どの SD カードを選ぶべきか悩んでしまうのが正直なところだと思います。 僕はメインが Android であり、他にもデジカメやウェアラブル端末等でお世話になっているので、それなりに SD カードは使い込んでいるほうだと思っています。 上記に紹介した製品は、僕がこれまで利用してきたものから選ばせていただきました。 Nintendo Switch は SD カードにそこまで強靭な性能を求めていないので、上記のいずれかを選んでおけば間違いありません。 判断基準は人それぞれですが、Amazon や楽天の売れ筋ランキングも参考になると思うので、参考にしてみてください。

次の