ブルーオース 軽巡。 【蒼藍の誓い ブルーオース】 攻略と序盤のまとめ

遠距離砲撃訓練8、駆逐艦大作戦8、巡洋艦訓練8の攻略について: 今宵もMP切れ

ブルーオース 軽巡

物語と海域を重点的に攻略 ブルーオースはゲーム内の手引きがしっかりしている ので、まずはそれにしたがってゲームを進めましょう。 最初に遊ぶ「 物語 」は、 ストーリー中心の構成 となっており、約7:3で物語:戦闘といった内容になっています。 もちろん、 キャラとなる戦姫のやり取りを見て楽しむ目的 もありますが、報酬的な利点も同時にあります。 物語ではいわゆる「 装備ガチャ 」を引くことができるブルーチップ(青い手紙のようなアイテム)を入手できます。 (初回にかぎる) 難易度もそこまで厳しい内容ではないため(少なくとも序盤は)、 解放されたら積極的に物語は進めておいて良い と思います。 なお物語は、 一定の指揮官レベルになることで次の章を解放 できます。 (指揮官レベルはメイン画面の左下から確認可能 です) そして 物語以上に多く回ることになる のが「 海域 」です。 物語はあくまでストーリーを楽しんでもらうようなつくりになっているので、戦闘回数は控えめです。 たいして海域は、1A-地区、1B-地区等、 全ステージが戦闘になっております。 ステージごと に、親切にも 推奨戦力や火力、船速が設けられている のでそれを目安に艦隊を編成・または強化 していきましょう。 ただ 舵を切らずスピード調節のみというステージ (まっすぐ進む)では、 火力不足でギリギリになることがありました ので、やはり推奨程度の火力や戦力は用意しておいた方が安心 かと思われます。 しかし、海域は一個進んだとたんに推奨戦力がガッと上がる場合も少なくありません。 そこで必要になってくるのが、 強キャラの入手とキャラの強化 です。 キャラの入手方法と編成 ブルーオースでは、 強キャラの入手方法が大きく分けて二つ あります。 一つはガチャとなる「 探索 」で、これは 推薦状という黄色い手紙を消費して引く ものです。 もしリセマラをしてSSRなどを引きたい場合 は、 探索 を用いるようにしましょう。 もう一つがこの手のゲームでは良くある 建造方式 で、 資源(ゲーム内一般通貨)・鋼材・アルミ をMin30~Max999それぞれ割り振り、一定時間後に入手できるタイプ のものです。 資金は任務などからたくさん手に入ります が、 鋼材 や アルミ は キャラを除隊 ( 事実上の売却 ) させないと手に入りません ので気をつけましょう。 このメインとなる入手方法以外にも、 海域などで直接手に入る など、さまざまな方法で戦姫は獲得可能です。 もちろん 可能ならばSSRが欲しいところ ですが、序盤はSRやRだけでも勝つこと自体は可能 ですので(課金額にもよると思いますが) 徐々にSSRへと切り替えていくと良い でしょう。 なお、後に出てくる「 毎日 」という 報酬獲得系のプレイモード があるのですが、そこでは「 戦艦1隻以上を編成する必要がある 」等の縛りがあります。 もちろん最終的にはSSRをそろえていけたら良いですが、 交代したSRやRもそういった別の場所で活用可能 なので、除隊させずに使ってみても良いと思います。 編成のコツは戦術と装填速度と艦種 編成にもいくつかポイントがあるのですが、 大きく分けて3つにポイントを絞って説明させていただきます。 まず一つ目が 1F以降に解放される「 戦術」です。 ただし、 全ての艦種がその効力を受け取れるわけではありません。 例えば、(極端な例ですが)効果を受け取れるのが 駆逐艦・巡洋艦・巡洋戦艦・戦艦なのに、 空母ばかりで編成していては、 意味がないのは分かりますよね。 要は、 戦術のバフをしっかり受け取れるような編成が望ましいということです。 戦術には「 戦術内容」と「 戦術補正」というものがあり、戦術内容は具体的にどんなバフがもらえるのかという内容。 戦術補正はある一定条件(戦姫3体以上出撃でダメージ20%上昇~戦姫6体以上出撃でダメージ50%上昇)のように、 より高い条件をクリアすると高バフが受け取れる内容のようです。 基本的には 戦術内容(前者)のバフと、 編成のメンツが マッチングしているかを考えながら編成しましょう。 ただ、戦術を意識しすぎて 空母だけ、戦艦だけなどに固めるのはあまりよろしくありません。 巡洋艦は 砲に魚雷とそつなくこなせるので統一的な編成を組むのもありですが、 駆逐艦だけだと火力不足(魚雷は強いが数が少ない) 戦艦は火力は強いですが 争点速度が長い。 空母もまた 装填速度(艦載機の生き返りの時間)が長いので、敵を仕留めきれない場合が多いです。 3つ目が、 軽巡洋艦等で装填速度を統一することができれば、主砲一斉命中の補正があるほか『 何度も攻撃シーンをみなくていい』ので 周回の際などは楽です。 メインは2~3種類で、比較的弱い場所の周回は 巡洋艦などで統一してサクサク回してみるといいかもしれません。 まとめますと「 戦術のバフをしっかり受け取る」「 駆逐・戦艦・空母など 長所もあるが短所もある艦で 統一しすぎない」「 巡洋艦などは統一して、 主砲発射のタイミングをある程度合わせる」のが、編成においては重要な3ポイントです。

次の

初・中級者向け推奨戦姫

ブルーオース 軽巡

物語と海域を重点的に攻略 ブルーオースはゲーム内の手引きがしっかりしている ので、まずはそれにしたがってゲームを進めましょう。 最初に遊ぶ「 物語 」は、 ストーリー中心の構成 となっており、約7:3で物語:戦闘といった内容になっています。 もちろん、 キャラとなる戦姫のやり取りを見て楽しむ目的 もありますが、報酬的な利点も同時にあります。 物語ではいわゆる「 装備ガチャ 」を引くことができるブルーチップ(青い手紙のようなアイテム)を入手できます。 (初回にかぎる) 難易度もそこまで厳しい内容ではないため(少なくとも序盤は)、 解放されたら積極的に物語は進めておいて良い と思います。 なお物語は、 一定の指揮官レベルになることで次の章を解放 できます。 (指揮官レベルはメイン画面の左下から確認可能 です) そして 物語以上に多く回ることになる のが「 海域 」です。 物語はあくまでストーリーを楽しんでもらうようなつくりになっているので、戦闘回数は控えめです。 たいして海域は、1A-地区、1B-地区等、 全ステージが戦闘になっております。 ステージごと に、親切にも 推奨戦力や火力、船速が設けられている のでそれを目安に艦隊を編成・または強化 していきましょう。 ただ 舵を切らずスピード調節のみというステージ (まっすぐ進む)では、 火力不足でギリギリになることがありました ので、やはり推奨程度の火力や戦力は用意しておいた方が安心 かと思われます。 しかし、海域は一個進んだとたんに推奨戦力がガッと上がる場合も少なくありません。 そこで必要になってくるのが、 強キャラの入手とキャラの強化 です。 キャラの入手方法と編成 ブルーオースでは、 強キャラの入手方法が大きく分けて二つ あります。 一つはガチャとなる「 探索 」で、これは 推薦状という黄色い手紙を消費して引く ものです。 もしリセマラをしてSSRなどを引きたい場合 は、 探索 を用いるようにしましょう。 もう一つがこの手のゲームでは良くある 建造方式 で、 資源(ゲーム内一般通貨)・鋼材・アルミ をMin30~Max999それぞれ割り振り、一定時間後に入手できるタイプ のものです。 資金は任務などからたくさん手に入ります が、 鋼材 や アルミ は キャラを除隊 ( 事実上の売却 ) させないと手に入りません ので気をつけましょう。 このメインとなる入手方法以外にも、 海域などで直接手に入る など、さまざまな方法で戦姫は獲得可能です。 もちろん 可能ならばSSRが欲しいところ ですが、序盤はSRやRだけでも勝つこと自体は可能 ですので(課金額にもよると思いますが) 徐々にSSRへと切り替えていくと良い でしょう。 なお、後に出てくる「 毎日 」という 報酬獲得系のプレイモード があるのですが、そこでは「 戦艦1隻以上を編成する必要がある 」等の縛りがあります。 もちろん最終的にはSSRをそろえていけたら良いですが、 交代したSRやRもそういった別の場所で活用可能 なので、除隊させずに使ってみても良いと思います。 編成のコツは戦術と装填速度と艦種 編成にもいくつかポイントがあるのですが、 大きく分けて3つにポイントを絞って説明させていただきます。 まず一つ目が 1F以降に解放される「 戦術」です。 ただし、 全ての艦種がその効力を受け取れるわけではありません。 例えば、(極端な例ですが)効果を受け取れるのが 駆逐艦・巡洋艦・巡洋戦艦・戦艦なのに、 空母ばかりで編成していては、 意味がないのは分かりますよね。 要は、 戦術のバフをしっかり受け取れるような編成が望ましいということです。 戦術には「 戦術内容」と「 戦術補正」というものがあり、戦術内容は具体的にどんなバフがもらえるのかという内容。 戦術補正はある一定条件(戦姫3体以上出撃でダメージ20%上昇~戦姫6体以上出撃でダメージ50%上昇)のように、 より高い条件をクリアすると高バフが受け取れる内容のようです。 基本的には 戦術内容(前者)のバフと、 編成のメンツが マッチングしているかを考えながら編成しましょう。 ただ、戦術を意識しすぎて 空母だけ、戦艦だけなどに固めるのはあまりよろしくありません。 巡洋艦は 砲に魚雷とそつなくこなせるので統一的な編成を組むのもありですが、 駆逐艦だけだと火力不足(魚雷は強いが数が少ない) 戦艦は火力は強いですが 争点速度が長い。 空母もまた 装填速度(艦載機の生き返りの時間)が長いので、敵を仕留めきれない場合が多いです。 3つ目が、 軽巡洋艦等で装填速度を統一することができれば、主砲一斉命中の補正があるほか『 何度も攻撃シーンをみなくていい』ので 周回の際などは楽です。 メインは2~3種類で、比較的弱い場所の周回は 巡洋艦などで統一してサクサク回してみるといいかもしれません。 まとめますと「 戦術のバフをしっかり受け取る」「 駆逐・戦艦・空母など 長所もあるが短所もある艦で 統一しすぎない」「 巡洋艦などは統一して、 主砲発射のタイミングをある程度合わせる」のが、編成においては重要な3ポイントです。

次の

【蒼藍の誓い ブルーオース】 攻略と序盤のまとめ

ブルーオース 軽巡

先日3つの訓練の最下層をクリアしたので、攻略を書いていきます。 だから今回はまだ航空はないので悪しからず・・・。 また終わったら記事書きます。 安全策がないなら苦行と言っていい。 編成は、 ウォースパイト70 フッド72 ノースカロライナ66 アリゾナ72 ウエストバージニア65 ニューメキシコ72 ですが、 これで試行回数20回以上、残り時間1秒というレベルです。 作戦は、まず開始直後海域を下向きのL字に進むように操舵し、雑魚を無視してボスまで行きます。 雑魚がそもそも硬すぎるのでこれがベストです。 なのでまず操舵の練習から始まります。 訓練で練習しようね。 ちなみに実はスタミナ的な要素があるので、無限に全速前進はできません。 2Wの雑魚をスルーし、ボスに近づいてきたあたりで第一速に切り替えるスタミナ管理も重要です。 スタミナ切れるとボス戦で 普通の砲撃に被弾しておじゃんです。 ボス戦に入ったら基本的にT字有利を維持します。 とりあえず開幕は直角に曲がれ。 曲がればまずはT字有利からパなせる。 (そもそも曲がりやすい角度で会敵する調整も操舵でできればする事) ボス戦は必中技が飛んでくる時と飛んで来ない時があり、後者をお祈りするゲームです。 飛んできても平気な兵力を用意できるならそもそもこんな記事読まなくていいです(笑) ただ一応飛んできた時のためにノースカロライナの援護能力を使ってます。 エリザベスがあればエリザベスでも。 (余談ですが私はエリザベスガチャをドブり、イベントガチャもドブり、その箱から引いたノースカロライナを使ってます。 また操舵によるスタミナ管理がしっかりできるなら、戦術は遠距離攻撃がおススメです。 まあ訓練名にもついてるしね、そういうことでしょう。 ノースカロライナの援護はウエストバージニアの身代わりとは少し本質が異なるようで範囲まで吸収できず範囲技は後ろまで貫通します。 ただ軽減率にムラがあり、大破したり無傷だったりするんですけどね・・・仕様がよくわからん。 まあSSRという時点でステが高いので持ってる人はウエストバージニアと併せて組み込みをおススメします。 装備も副砲よりは徹甲弾がおススメです。 主砲でのダメージソースが大事って書いてあるからね。 どれくらいかと言うと金色の15レベ副砲を3つ外してすべて紫の徹甲弾に変えたらクリアできたっていうくらい。 編成は、 グリッドレイ71 グローウォーム70 夕立43 サミュエル45 モーリー33 初春46 です。 必須パーツはサミュエル。 できればモーリーも。 なければクレイヴンとかがいいらしい。 私はサミュエルがあるので育てませんでした。 こちらも操舵技術がちょっと求められます。 1W終了後は左、右、左の順番で少し舵を取って航空奇襲を避けてください。 2Wからはどう足掻いても当たるのでまた祈るか装甲を育ててください。 でもその装甲を育てるための駆逐艦大作戦なので、 祈る方がアホ臭くならないと思うの。 どう足掻いても当たると書きましたが開始位置の横軸(つまり真ん中)にできるだけ沿うように操舵すると稀に一回だけの奇襲でボスまでいけます。 あとは温泉で対空耐性やら回避率積めばワンチャン。 ボスの必中攻撃はかわせませんが、航空攻撃は何故か確率でかわせます。 ボス戦はひたすらモーリーの加速でさっさと近距離に接近し、敵の初撃をサミュエルでいなして、魚雷を全て撃ち込んでください。 ちなみに火力に関しては雑魚に手こずるレベルではお話になりません。 初撃5万くらいは欲しい。 そのために初撃の火力を上げるグリッドレイを採用しています。 この駆逐艦訓練で解放されるのでぜひ交換して育てましょう。 シンプルな能力なので海域調査でも便利ですよ。 可愛いし。 ちなみに駆逐艦の完凸必殺技は開幕魚雷投げですが、完凸した駆逐艦が2体以上居ても投げる数は変わりませんので・・・ 完凸が1人居たら、後の凸は平均的でも可。 二機あればなおよし。 何故かというと魚雷が撃てる軽巡の完凸必殺技は魚雷を発射して命中するまでに自身の砲撃を当てると実質魚雷2発分のダメージを叩き出すというもので、なおかつ巡洋艦訓練の敵は魚雷をブチ込むゲームだからです。 軽巡が華で重巡は身代わりです。 悲しいなぁ。 うちはオークランドが完凸しており、オークランドが被弾しない事を祈るゲームをしました。 もう少し説明するとサンファンはバッファーで、サンフランシスコはダメ押しです。 サンファンは魚雷こそ撃てないものの、初撃魚雷ダメージを上げるという矛盾した能力を持っているので入れてます。 巡洋艦訓練クリアで交換が解放できるので、もうこれを使えって事なんだろうなと解釈してる。 凸数は要らないのでなんならレベル1でもいいですが、一応敵に刺さる駆逐艦キラースキルもあるので一応生き残った時用に45までは上げてます。 重巡のアルジェリアとプリンツ・オイゲンは初期から居る事もあり凸もレベルもあるので入れてます。 大破したらダメですが、そもそも被弾しても中破程度で収まる装甲があるので。 具体的な操作はボス戦まで来たら敵まで直行。 中距離に入った途端に敵の必中攻撃が確定で飛んで来るので、メイン火力の軽巡に当たらない事を祈りつつ、 それに当たるより前に魚雷と初撃の主砲を浴びせます。 これで敵の身代わり艦を割るのが大前提。 そのままメイン火力の軽巡の完凸必殺技を浴びせ、残った艦の魚雷を近距離で全て発射(短い時間で全て発射する必要があるため魚雷を撃ち切るまでは接近戦を続ける) 残る場合はサンフランシスコや中破で済んでいる重巡でトドメを刺すという流れです。 後続の主砲を撃つ前提なので、敵の身代わり艦は一回までの復活を前提としています。 装備に関してはつえ~魚雷がある事が大前提ですが、相変わらずその魚雷を掘るためにここをクリアしたいというモンハン的な本末転倒を起こすのでない場合は駆逐艦大作戦を6まで進めて交換が解放される魚雷を一つ持って来る事をおススメします。

次の