キー ノート windows。 WindowsのプロダクトID・プロダクトキーの確認方法メモ

使いこなしてスキルアップ! [Windows]キーを使ったショートカットのまとめ

キー ノート windows

すぐにエディションやスペックの確認をしたい時などに便利なショートカットキーです。 — マイクロソフトサポート MSHelpsJP ツイートの内容を見ていただくと、とても便利なショートカットの説明が書かれています。 実際にこれまでは使ったことがなかったので、意識していなかったのですね。 やはりフルサイズではないノートPCはキーの数が限られているので、仕方ありませんね。 「Pause」キーの押し方 「Pause」キーの場合は、 「Fn」+「P」 の組み合わせとなります。 カンタンですよね。 「P」も「Pause」の頭文字のため、直感的に覚えることができそうです。 「Break」キーの押し方 そうです。 お察しの通り、「Break」キーの場合は、 「Fn」+「B」 の組み合わせとなります。 こちらも同様に頭文字ですね。 それでは、早速ツイートにあったシステムのプロパティを出してみましょう。 「Windows」+「Fn」+「P」のショートカットキー 問題なくシステムのプロパティ画面が表示されました。 一発で確認が出来るので、本当に便利なショートカットです! 「Windows」+「Fn」+「B」のショートカットキー 反応しません。 「Break」の場合は何も起こりませんでした。 どうやら「Break」はショートカットキーとしての設定がされていないようです。 「Pause」の方で使うようにしましょう。 今回は、ノートPCであるLenovoのX270の機種にて検証しましたが、 各社のノートPCによって配列や割当が異なっている可能性はありますので、違う環境の場合はご注意ください。

次の

Windowsでキーマッピング(キーボード割り当て)を変更する方法

キー ノート windows

一般のパソコン利用者はあまり使う機会はないとは思いますが、 パソコンのキーボードに「 breakキー」と呼ばれるものがあります。 プログラマーやパソコンの講師などの方だと、ショートカットキーに精通していれば利用頻度が高いかもしれません。 デスクトップパソコンならキーボードにBreakキーがあるのは当たり前なんですが、 ノートパソコンだとこのBreakキーがない場合が多いです。 特にキー数が少ないノートパソコンだと、一般利用者向けに、 使う頻度の少ないキーが省略されてしまうことがあります。 私もいろんなノートパソコンを使いますが、Breakキーがなくて戸惑ったことが何度もありましたね。 諦めるしかないのかと思っていましたが、せっかくなのでBreakキーがないときの対処法をまとめておきたいと思います。 一応Break代用のキーとして使えるショートカットキーですが、 絶対にBreakキーとして認識するとは限りません。 はっきり言ってしまうと、メーカーPCの仕様によってまちまちなので、そればかりは何とも言えません。 代用キーが用意されていない場合は諦めるしかないでしょう・・・。 本当に稀だとは思いますが、メーカー製PCの場合は、 BIOSに特殊なオプションが含まれているケースがあるので、確かめてみるのも一つの手だと思います。 まとめ 思いつく方法を3つ挙げてみましたが、 よくよく考えてみれば、「キー割り当て」ができるフリーソフトを使えば解決できるんじゃないかと思いました。 できる限りWindowsの標準で対処できる方法にこだわっていましたが、 普通に考えてフリーソフトに頼ってもいいのかもしれませんね。 今回はフリーソフトの方は敢えて紹介しませんので、上記の方法を試してうまくいかなかった方は探してみて下さい。

次の

ファンクションキー(F1~F12)の使い方!切り替えも [Windowsの使い方] All About

キー ノート windows

すぐにエディションやスペックの確認をしたい時などに便利なショートカットキーです。 — マイクロソフトサポート MSHelpsJP ツイートの内容を見ていただくと、とても便利なショートカットの説明が書かれています。 実際にこれまでは使ったことがなかったので、意識していなかったのですね。 やはりフルサイズではないノートPCはキーの数が限られているので、仕方ありませんね。 「Pause」キーの押し方 「Pause」キーの場合は、 「Fn」+「P」 の組み合わせとなります。 カンタンですよね。 「P」も「Pause」の頭文字のため、直感的に覚えることができそうです。 「Break」キーの押し方 そうです。 お察しの通り、「Break」キーの場合は、 「Fn」+「B」 の組み合わせとなります。 こちらも同様に頭文字ですね。 それでは、早速ツイートにあったシステムのプロパティを出してみましょう。 「Windows」+「Fn」+「P」のショートカットキー 問題なくシステムのプロパティ画面が表示されました。 一発で確認が出来るので、本当に便利なショートカットです! 「Windows」+「Fn」+「B」のショートカットキー 反応しません。 「Break」の場合は何も起こりませんでした。 どうやら「Break」はショートカットキーとしての設定がされていないようです。 「Pause」の方で使うようにしましょう。 今回は、ノートPCであるLenovoのX270の機種にて検証しましたが、 各社のノートPCによって配列や割当が異なっている可能性はありますので、違う環境の場合はご注意ください。

次の