福島 銀行 sbi。 SBIが福島銀に出資、「第4のメガバンク構想」が異例の速さで進む理由

福島銀行×SBI証券と業務提携

福島 銀行 sbi

2019年11月11日 株式会社SBI証券 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)の子会社で、証券・保険・住宅ローン・銀行預金などの多種多様な金融商品と専門的なアドバイスをワンストップで提供するSBIマネープラザ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:太田智彦、以下「SBIマネープラザ」)は、本日、株式会社福島銀行(本店:福島県福島市、代表取締役社長:加藤容啓、以下「福島銀行」)と、福島県郡山市にて共同店舗の運営を開始することを検討する旨の基本合意をいたしました。 今後、取引に関する最終的な合意内容を定めた契約書等の締結を経て、2020年1月を目途として共同店舗の運営を開始する予定となりましたのでお知らせいたします。 当社と福島銀行は、2018年5月より、金融商品仲介業サービスでの提携を開始しており、同行のお客さまは同行WEBサイトを通じて当社証券総合口座を開設し、当社の取り扱うさまざまな金融商品・サービスをご利用いただくことが可能となっております。 このたびのSBIマネープラザと福島銀行の共同店舗におきましては、この取組みをさらに進めて、SBIマネープラザの有する株式などのリスク性商品を含む営業活動のノウハウと、福島銀行が培ってきた地域の産業と生活に密着した営業活動の融合を図ってまいります。 これにより、お客さまは対面コンサルティング営業による質の高いアドバイスとともに、さまざまな金融商品・サービスをご利用いただけるようになります。 このたびの共同店舗の運営により、これまで以上に多くの新しい投資家の皆さまの資本市場への参加を促し、当社の顧客基盤のさらなる拡大を実現できるものと期待しております。 <金融商品取引法に係る表示> 商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第44号 加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人第二種金融商品取引業協会 <手数料等及びリスク情報について> SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。 SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。 また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。 各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。 印刷時には、PDFデータをご利用ください。 195. 3 KB• 2020年6月9日 [SBI証券] 2020年6月8日 [SBIホールディングス] 2020年6月5日 [SBIホールディングス] 2020年6月3日 [SBIホールディングス] 2020年5月29日 [SBIホールディングス].

次の

福島銀行、SBIと業務提携でストップ高、次の提携先地銀はどこに?

福島 銀行 sbi

2019年11月11日 SBIホールディングス株式会社 当社はこのたび、株式会社福島銀行(本社:福島県福島市、取締役社長:加藤容啓、以下「福島銀行」)との間で、資本業務提携を行うこととなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。 記 1. 資本業務提携の目的 当社グループは、地域金融機関の活性化を通じて地方創生に貢献するべく、グループを挙げて様々な取り組みを進めております。 当該プロジェクトの一環として、当社グループ企業や当社グループの投資先企業が有する商品・サービス・ノウハウなどを最大限に活用することで、地域金融機関の収益力強化とそれに伴う企業価値向上を図る取り組みを進めているほか、当社または当社子会社から直接出資することで、地域金融機関の事業運営をより積極的に支援する取り組みも推進することとしております。 さらに、地域金融機関との連携を通じて、地域のお客さまの資産形成や地元企業の生産性の向上を図る取り組みを支援するなど、地域金融機関だけでなく地域経済の活性化を実現させ、地方創生に貢献することを目指しております。 当該事業方針に基づき、本年9月に株式会社島根銀行と資本業務提携を締結したことに続き、このたび福島銀行と資本業務提携を行い、中長期的な観点より同行の収益力強化とそれに伴う企業価値向上に取り組むことと致しました。 日程 (1)資本業務提携契約締結日 2019年11月11日 (2)払込期日 2019年11月30日~2020年1月31日(予定) 6. 今後の見通し 本件出資後においても、福島銀行は当社の持分法適用関連会社にあたらないことを含め、本件による当社連結業績への影響は軽微であると考えております。 以上 印刷時には、PDFデータをご利用ください。 206. 2 KB• 2020年6月9日 [SBI証券] 2020年6月8日 [SBIホールディングス] 2020年6月5日 [SBIホールディングス] 2020年6月3日 [SBIホールディングス] 2020年5月29日 [SBIホールディングス].

次の

株式会社福島銀行によるSBI損保の自動車保険取扱い開始のお知らせ:時事ドットコム

福島 銀行 sbi

は、 と金融商品仲介業に関する業務委託契約を締結し、 2018年5月14日(月)[予定]より、 福島銀行の顧客向けに国内株式をはじめとする金融商品・サービスの提供を開始すると発表した。 福島銀行は、 創業96年を迎える歴史ある金融機関で、 福島県内を中心に57の店舗を有している。 「真面目にがんばっている人を真面目に応援する真面目な銀行」を目指しており、 一般的な創業支援の取組みだけでなく、 倒産等の経験者の再チャレンジに特化した投資ファンド「福活(ふっかつ)ファンド」を設立するなど、 地域の活性化に資するさまざまな取組みを行っている。 また、 東北の地方銀行3行と提携し、 提携銀行のATMからの引出しを無料で行えるサービス「東北おむすび隊」を提供するなど、 顧客満足度の向上を図っている。 SBI証券の親会社であるSBIホールディングス株式会社は、 企業の先駆けとして培ってきたオンライン金融事業を中心とする知見を活かして地域金融機関との連携を推進している。 SBI証券も2017年3月から地域金融機関と提携を開始し、 SBIグループとして「地方創生」に積極的に取り組んでいる。 SBI証券は今回の提携について次のように述べている。 このたび開始いたします金融商品仲介業サービスでは、 福島銀行は、 同行のWEBサイトを介して当社証券総合口座開設の勧誘を行います。 これにより、 福島銀行のお客さまは、 当該WEBサイトを通じて証券総合口座を開設し、 当社の取扱うさまざまな金融商品・サービスを利用してご自身の投資プランに合わせた資産運用を行うことが可能となります。 このたびの福島銀行との提携により、 これまで以上に多くの新しい個人投資家の皆さまの資本市場への参加を促し、 ひいては当社の顧客基盤のさらなる拡大を実現できるものと期待しております。 0 人がこの記事を評価しています この記事は役に立ちましたか? この記事は役に立ちましたか? 0 人がこの記事を評価しています• Post navigation• 合わせて読みたい記事• SBI証券は、 2017年1月31日(火)より、 ウェルスナビ株式会社の提供するロボアドバイザー「WealthNavi」を同社の顧客向けにカスタマイズした「We• SBI証券は、 2018年1月15日(月)より、 ウェルスナビ株式会社及びSBIマネープラザ株式会社の3社間で業務提携し、 対面サービスを行うSBIマネープラザ• SBI証券は、 2018年3月1日(木)より、 ウェルスナビ株式会社及び株式会社Fanと業務提携し、 「WealthNavi for SBI証券」の対面サービス.

次の