オリックス 銀行。 定期預金は今すぐ圧倒的No.1の「オリックス銀行」を選びなさい

eダイレクト預金

オリックス 銀行

主力商品は、インターネット専用「eダイレクト預金」、、投資用不動産ローン。 概要 [ ] もとはの信託子会社であったが、の自主廃業によりに譲渡された。 1998年に 入りして以来、既存の銀行のあり方にとらわれずに事業を展開。 預金業務ではインターネットや電話などを通じた取り引きを中心とすることで、運営費を抑え、高水準の預金金利を提供。 また、特定分野に強みを発揮する銀行として、投資用不動産ローンやカードローン、信託商品や投資信託など、人生における「ためる」「ふやす」「そなえる」「かりる」それぞれのシーンで、利用可能な商品やサービスを提供。 店舗はないが、出張所にあたるローンプラザがある。 2018年4月に初のコンサル型有人店舗「ORIX BANK GINZA PLAZA」を開設。 11期連続で増益を達成し、7期連続で過去最高益を更新した。 沿革 [ ]• - 山一信託銀行株式会社として開業。 1997年 - 親会社の山一證券が自主廃業する。 - オリックスに譲渡。 オリックス信託銀行株式会社に改称。 ダイレクト預金の取り扱い開始、住宅ローン事業開始。 に加入。 - 会員向けのバンキングサービス(セゾンカードバンキングサービス)開始。 - インターネット取引専用定期預金「eダイレクト預金」の取り扱い開始。 - の準社員として加入。 - セゾンカードバンキングサービスの新規取引を停止。 - 借りかえ専用ローン「バンクプレミア」の取り扱い開始。 「法人eダイレクト定期預金」の取り扱い開始。 本店をから港区芝へ移転。 - 総資産1兆円を突破。 預金残高1兆円を突破。 - オリックス信託銀行株式会社から オリックス銀行株式会社へ名称を変更。 - 「オリックス銀行カードローン」の取り扱い開始。 - 「eダイレクト金銭信託」の取り扱い開始。 2014年 - 「eダイレクト2週間定期預金」の取り扱い開始。 2015年• 個人向け預金残高および個人向け不動産融資残高1兆円を突破。 「かんたん相続信託」の取り扱い開始。 2016年 - 「オリックス銀行カードローン」の融資残高1,000億円を突破。 2017年 - 「しんくみ相続信託」の取り扱い開始。 2018年• をオープン。 個人向け「投資信託」の取り扱い開始。 の取り扱い開始。 の取り扱い開始。 2019年• の取り扱い開始。 商品 [ ] 預金 [ ] eダイレクト預金 [ ] キャッシュカードや通帳・証書を発行しないインターネット取引専用預金である。 eダイレクト定期預金 [ ] 版の。 事前に同時開設される自分名義のに資金を振り込み、そこからインターネットバンキングを利用して振替操作を行うことで、定期預金を預け入れる。 6ヵ月、1年、2年、3年、5年の預入期間を選択可能。 (預入金額は100万円以上。 ) eダイレクト2週間定期預金 [ ] インターネットバンキング版の定期預金。 事前に同時開設される自分名義のeダイレクト普通預金に資金を振り込み、そこからインターネットバンキングを利用して振替操作を行うことで、定期預金を預け入れる。 2週間で満期が到来する。 (預入金額は50万円以上。 ) eダイレクト普通預金 [ ] 本店に開設される口座。 本来は、定期預金であるeダイレクト預金を振り替るためのプール口座であるが、一般の銀行ののように毎月利息が入る点が特徴。 ダイレクト預金 [ ] 郵送手続きにより作成するであり、預金証書が発行される。 取引経路をダイレクトバンキング()に限定した預金であるため、「通販型定期預金」と謳っている。 信託 [ ] eダイレクト金銭信託 [ ] インターネット取引に特化した貸付金運用型金銭信託。 投資家から集めた資金を企業への貸付金として運用する。 資金の貸付先は1回の募集毎に1社に限られ、貸付先の会社名を商品に明記しているのが最大の特徴である。 2018年時点で貸付先は、の2社。 かんたん相続信託 [ ] 委託者から預かった資金を管理・運用し、相続が発生した際にあらかじめ指定した受取人に一括して支払う商品。 相続が発生するまでは年1回収益金が支払われる。 「通販型遺言代用信託」と謳っている。 2019年4月、へのを目的とした「遺贈寄附特約」の取り扱いを開始。 投資信託 [ ] 委託会社が設定する各種投資信託を販売している。 投資用不動産ローン [ ] 東京・名古屋・大阪・福岡の4ヵ所に対面拠点の「住宅ローンプラザ」がある。 不動産投資ローン [ ] 購入する投資用不動産を担保として、賃貸を目的とした投資用不動産の購入・借りかえなどに利用できるローン。 不動産担保ローン [ ] 所有する不動産を担保として、海外不動産や別荘、太陽光パネルの購入資金などに利用できるローン。 カードローン [ ] 利用限度額以内であれば、必要なときに必要な金額を何度でも借りられる、使いみち自由なローン。 借り入れや返済は、全国の提携ATMで利用可能。 脚注 [ ] []• オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2015年8月5日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 オリックス銀行. 2019年4月6日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

オリックス銀行は生活口座ではなく貯蓄口座に特化したユニークな銀行

オリックス 銀行

この記事に書いてあること• オリックス銀行のメリット オリックス銀行が人気の理由は、• 定期預金金利• 使い勝手のよいカードローン この2つです。 定期預金金利:0. 3%(5年) 現在、いまだかつてないほどの低金利が続いています。 普通預金金利が0. 001%(年利)の銀行がほとんどです。 そんな中、少しでも増えて欲しい!と定期預金に預けても、長期間預けるほうが金利が低くなる銀行も増えています。 円定期預金年金利比較表 1年未満 1年 3年 5年 あおぞら銀行インターネット支店 0. 15% 0. 25% 0. 15% じぶん銀行 0. 04% 0. 05% 0. 03% 楽天銀行 0. 12% 0. 03% 0. 04% GMOあおぞらネット銀行 0. 03% 0. 05% 0. 02% オリックス銀行 0. 15% 0. 20% 0. 25% 0. 15 そんな中、オリックス銀行は長期間預けるほど金利が高く、しかもその他有名ネット銀行よりもダントツ高い金利を誇っています。 CMでも人気のカードローン 実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡 1. しかし、オリックス銀行のカードローンは、数ある銀行カードローンの中でも人気が高く、利用者が多いことで知られています。 オリックス銀行のデメリット オリックス銀行のデメリットは、 「キャッシュカードがない」ということです。 オリックス銀行にも普通預金口座はありますが、メインであるサービスは、• 定期預金• カードローン• 投資信託 この3種類のため、一般的な普通預金口座もあるものの、生活口座としての利用を前提としていません。 そのため、ATMもありませんし、通帳・キャッシュカードもないのです。 ダイレクト預金(通販型)• eダイレクト預金(インターネット型) の2種類あります。 ダイレクト預金の特徴 ダイレクト預金は、インターネットではなく郵送で手続きをする定期預金です。 インターネットでの取引を望まない人• 預金証書が手元に欲しい人• 満期がきたらハガキで案内が欲しい人 にオススメです。 ただし、キャッシュカードがないので、気軽に預入れができません。 預入にはオリックス銀行宛て(自分の口座宛てではない)へ振込みが必要で、振込み手数料は自己負担です。 また、 eダイレクト預金(インターネット型)のほうが金利が高いです。 ダイレクト預金(通販型)とeダイレクト預金(ネット型)の比較 預入期間 口座の種類 スーパー定期 (100万円以上) スーパー定期300 (300万円以上) 大口定期 (1,000万円以上) 6カ月 通販型 0. 1 2. eダイレクト預金の特徴 eダイレクト預金には、• eダイレクト普通預金• eダイレクト定期預金• eダイレクト2週間定期預金 があります。 これらの特徴は、• インターネット取引専用預金• ネット定期預金の利率がダイレクト預金(通販型)よりもよい• 他銀行宛ての振込みが月に2回まで無料(3回目以降:1回432円) などがあります。 こちらもキャッシュカードがないので自分の口座に入金する場合は、自分の口座宛てに振込みをしないといけません。 もちろん振込手数料は自己負担です。 通常のその他のネット銀行であれば、他行への振り込みが月に数回無料のところも多いので、そららを利用して振込むのがオススメです。 キャッシュカードがないので、少々めんどくさいですが、まとまった使わないお金があるのであれば、オリックス銀行の定期預金を使わない手はないと思いますよ。 eダイレクト2週間定期預金 「まとまったお金はあるけど、いつ必要になるのかわからない」ということでしたら、eダイレクト2週間定期預金もあります。 eダイレクト2週間定期預金は、2019年4月1日現在の金利が 年率0. 10%です。 口座開設の流れ ダイレクト口座(通販型)の口座開設方法• 電話、もしくはネットから申込書を請求する• 届いた申込み書に記入し、本人確認書類のコピーを郵送する• 定期預金証書が郵送される eダイレクト口座(インターネット型)の口座開設方法 インターネット専用口座なので、ネット上で申込みが完了するのかと思ったら…ネットで申込書類に記入し、申込書類と封筒を 印刷して郵送しないといけません。 プリンターを持っていない方は、ネット上で申込み書類郵送依頼をします。 その後の流れは、• 申込み書をプリントアウト(もしくは記載)し、署名・捺印をし、本人確認書類のコピーを添えて郵送• この際の振込手数料は無料です。

次の

オリックス銀行は退職金を預けるのに適した銀行か?

オリックス 銀行

nijisoraさん(女性・37歳・福岡・パート) 利用目的• 定期預金での貯金 利用期間 7年10ヶ月(2009年5月〜現在)*2017年3月現在 ネット銀行選びで重視した点• 知名度・銀行の信用性• 定期預金の金利 現在利用している銀行名とその目的• 新生銀行 *振込用、普段出し入れする用、定期預金用• 最新の情報は公式サイトにてご確認ください。 2009年からオリックス銀行を開設しましたが、その頃からずっと定期預金の金利が金利の高いネット銀行の中でも1、2位を争うくらいとてもよいです。 金利が高いのがオリックス銀行の1番の魅力であると思います。 現在の金利が低い時でも2週間の短期間の定期預金でさえ、0. 1%もつくので、銀行の普通預金よりも数十倍〜100倍近くも高い金利になります。 一度定期に入れると急にお金が必要になったとき困ることがあるかもと定期預金に入れるのを迷うことがあります。 でもそんな時には50万から2週間定期ができるので、普通預金に入れるよりははるかに利子がつくからと何個かに分けて、2週間定期に入れています。 何個かに分けることで急に解約したいと思っても満期の2週間を待たなくていいように、例えば1週間ごとに満期がくるようにして急な出費に対応できるようにしています。 そのおかげで普通預金では1年に2円くらいしか利子がつかないのにそれに比べるとわずかですが、貯まっているところです。 また、他銀行への振り込みも2回まで無料なため、ネット注文等で振り込みが必要な時も無料でできるので、とても大活躍しているところです。 その他の振り込みについては、予約振り込みもでき、30日後まで日を指定できるのも便利です。 不満な点としてはATM、店舗がないため、入金が他銀行からの振り込みのみしか入金のできないところ。 私の場合は振り込み手数料がかからない新生銀行と併用しているため、そこからの振り込みで無料対応できているので、不満は少ないですがが、そこが唯一の不満点。 よく利用する手数料のパターン ネット振込• 利用頻度:数ヶ月に一度振込する• 手数料:0円• 条件:無条件で毎月2回までは他行宛て無料、3回目以降432円。 ただし、楽天銀行宛てのみ無料対象外 ATMからの引き出し込• 利用頻度:ATMからの引き出しはほとんどしない• 手数料:0円• 条件:オリックス銀行のATMはないため、振り込みで他銀行に振り込んだ後、他銀行のATMからの出金になる。 無条件で振り込み手数料は月2回まで無料。 最新の情報は公式サイトにてご確認ください。 無条件で振り込み手数料が2回まで無料なので、月2回を超えなければ無料でできるので、とてもよい。 引き出しに関しては、提携のATMがないために不便である。 しかし、月2回までの振り込み無料を使って他銀行へ振り込み後引き出すようにしていて、コンビニと無料提携している新生銀行や地元の銀行を併用して使っているため、少々面倒だが、大きな問題点にはなっていない。 セキュリティ機能• 口座番号、パスワードの他に確認番号があり、手続きの際必要となる。 バーチャルキーボードでの入力ができる。 振り込み、定期預金等手続きがあったときにはメールでの通知サービスがある。 ログインして30分以上操作がないと強制的にログアウトする。 最新の情報は公式サイトにてご確認ください。 セキュリティに関してはバーチャルキーボードでの入力ができたり、する手続きによってはパスワード以外の確認番号の入力が求められたり、振り込みや定期預金などの手続きをした時にはメールで通知があったりといろいろ対策ができている面が多い。 しかし、ログインに関しては口座番号とパスワードのみなので、他銀行に比べて簡単にログインできるように思えるところが唯一の不満点。 サポート 5. 0 ATMがないが、定期預金の金利がいいオリックス銀行には普段使いにはあまり適さないので、ほぼ定期預金のみにしています。 また、コンビニやイオンなどのATMからの出金がほぼ365日24時間無料、預けている金額によって振り込み手数料がかからない新生銀行は普段使いにとても便利なので、振り込み手数料無料のために一定額預けてはいますが、ほぼ普段使いとして使用しています。 また、オリックス銀行はATMがないので、入金出金は他銀行経由になるので、新生銀行と併用して使うことでよりお得になるようにしています。 東京スター銀行は新規の時だけでなく、時々金利が高い時があるので、時々様子を見ながらオリックス銀行より金利が高いときには移し替えたり、新しく定期預金を始めるときに使ったりしています。

次の