コロナ 感染源。 【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

www.videocon.com : 新型コロナウイルス、ヘビが感染源の可能性 武漢の市場で販売

コロナ 感染源

新型コロナウイルス最初の患者は誰?発生源はどこ? 新型コロナウイルスに最初に感染した患者は、中国人の 陳氏という男性だと言われています。 回復したあとに退院しているとのこと。 また、新型コロナウイルスが大量に出たのは 中国・武漢市内の海鮮市場。 しかし、陳氏は海鮮市場に行っていないと語っているんですよね。 海鮮市場といっても魚介だけではなく、生で売られている鶏や他の動物(コウモリ、ヘビなど)が疑われています。 武漢では、2月27日(木)の時点で 4万7,000人以上が感染し、 2,000人以上が亡くなっています。 正確な発生源は特定に至っていないが、おそらくは 単一の感染動物と考えられています。 新型コロナウイルスはいつ発生? 武漢市によれば、陳氏が最初に発症したのは 2019年12月8日。 中国政府関連の研究チームは、同じ12月8日に広く拡散されたとしています。 中国国家衛生健康委員会(NHC)によれば、広東省で最初にヒトからヒトへ感染が確認されたと。 2020年1月20日に発表。 しかし、 11月下旬にはヒトからヒトへ感染していた可能性もあるとのこと。 新型コロナウイルスの存在は12月31日になって初めて世界保健機関(WHO)に報告されています。 1月30日に、WHOにより「 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に指定。 当初は、季節とともに自然に終息すると考えられていましたが、議論は尽きていない模様。 世界では2月26日の時点で81,006件の患者が確認され、2,764人が亡くなっています。 新型コロナウイルスの正式な名前 新型コロナウイルスは、2020年2月11日に国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって「 SARS-CoV-2」と正式に名付けられています。 WHOは暫定的に「2019 Novel Coronavirus」を略し「 2019-nCoV」を推奨。 ウイルスの名称は、時に悪影響をもたらす可能性があり慎重をきたす必要があります。 例えば、2009年に流行した「H1N1亜型新型インフルエンザ」は「 豚インフルエンザ」と呼んでいたために豚の処分を強いられるなど業界に被害をもたらしています。 今回の新型コロナウイルスも、発生源の「武漢」を名前に入れる可能性がありました。 風評被害の影響を考え、結局は外しています。 過去には「スペインかぜ」「中東呼吸器症候群(MERS)」などにも批判する意見も。 2015年に決められたWHOの「名称決定についてのガイドライン」では、 人名や 地名、 食品名や 動物名、 特定の文化や 産業に関する名前を含まないようにしている。

次の

新型コロナウイルスの特徴と感染源を断つための対策方法まとめ

コロナ 感染源

感染拡大の理由が判明!ヒトからヒトへ、ではなかった! 日本政府、そして都や県知事など行政トップが非常事態宣言を通じて感染拡大を防ごうと努力しています。 だがしかし、これだけ不要不急の外出制限をしているにも関わらず、感染者発生は増えるばかり。 どうして、対策の効果が現れないのでしょうか? これについて、米国の医師、日本の医師の間で、ある仮説が信憑性をもって語られています。 こういうと、デマにあたると指摘されそうですね。 日本の「武田邦彦さん」がブログ投稿して、この説を証明しようとしています。 その節とは ヒトからモノへ、ウイルスは移り、そしてモノからヒトへ感染する。 職場や自宅での生活で、 感染者から距離を置くことが重要になっていましたが、実際に ヒトからヒトに移るケースは10パーセントほどだったので す。 つまり、感染者が触ったものに触れると、コロナは感染したのです。 コロナウイルスに最も感染しやすい場所はどこなのか? それは、ズバリ、 トイレなのです! 職場や家庭で今すぐやるべき対策について、まとめました。 ところが、 糞便を介した感染拡大について 新たな見解が出てきました。 カリフォルニア大学リバーサイド校の生物工学者であるJiayu 准教授の 指摘です 出典ニュースリリース訳by牧ノ瀬雅明氏)。 感染者のせきによる飛沫感染や、汚染された表面に触った手で目、鼻、口を触ることが新型コロナウイルスの主な感染経路であることは疑いようありません。 それに加えて、トイレの使用について日本国内でも医師が警鐘を鳴らし始めました。 では具体的な対策を見ていきましょう。 一番必要なことは、勤め先や自宅、さらに外出先でのトイレの使用の際に「ウォシュレット」の使用を一時的にやめることです。 2003年、香港のアモイガーデンという集合住宅では、下痢の症状を呈したSARS患者がトイレを使ったことで、下水管を通じてが報告されています。 香港の場合はウォシュレットの設置のない集合住宅でしたが、日本国内で一般化した「ウォシュレット」は新型コロナウイルスを糞口経路によって感染させる可能性があります。 まずは、感染拡大の危険性が収束するまで、職場、家庭、そして外出先での 「ウォシュレット」の使用をストップしましょう。 なぜなら、最も感染源となるものが残されているからです。 それは、ズバリ、 タオルなのです。 トイレに限らず、職場や家庭での手拭きタオルの共同使用を中止しましょう。 「使いまわしのタオルは使わないように」との周知を身の回りで起こすことも大切です。 使用後に水を流す際、その水しぶきは2メートル周囲にまで飛び散ることもあアリます。 特に大人より身長の低い子供の場合、水しぶきによって飛沫感染してしまう恐れがあります。 必ずフタを閉めてから流すように心がけてください。 その場合、次亜塩素酸水 で手洗いをするようにしましょう。 「次亜塩素酸水」は厚生労働省の食品添加物として認められる電気分解方式で調製された微酸性次亜塩素酸水で、家庭向けに販売されている商品にも同じものが多くあります。 「次亜塩素酸」系のもので、家庭であるものも使えます。 具体的には、漂白剤として用いられる消毒殺菌剤です。 商品名でいうとほ乳瓶洗浄用の「ミルトン」や「チュチュベビー」をはじめ、漂白剤でおなじみの「ハイター」「ピューラックス」「ブリーチ」などが該当します。 ただし、除菌シートなどは手のしわの間には届かないため、手洗いをしたほうが効果的とのことです。 食器類は食器用洗剤で充分除菌可能ですが、できれば食洗機も使うことをお勧めします。 本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

次の

新型コロナウイルスの感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋

コロナ 感染源

中国では新型コロナウイルスの感染者も減り、年に1度の重要会議である全国人民代表大会(全人代=国会に相当)が2カ月半遅れで開催されるなど、ようやく感染も下火になってきたと思われていた。 ところが、遼寧省や吉林省、黒竜江省などの東北部で、劇的に感染者が増えて、いまや東北3省で数万人以上の市民が隔離観察中だ。 その感染源は、吉林、遼寧の両省と国境を接していながら、「感染者ゼロ」と発表している北朝鮮である可能性が高いことが明らかになった。 習近平指導部は北京で全人代を開催していたこともあり、クラスターを警戒し、東北3省の市民約1億人以上の移動禁止措置を決めていた。 中国メディアによると、中国東北部も他の都市同様、4月下旬には厳戒態勢が解かれて、通常の生活に戻っていた。 しかし、5月上旬に吉林省北部の舒蘭(じょらん)市の病院でクラスターが発生した。 市政府の対応が悪く瞬く間に感染が拡大し、人口60万人の同市は都市封鎖を余儀なくされた。 市トップは感染拡大の責任を問われ解任された。 さらに、感染の「第2波」は遼寧省の省都で、東北部最大の都市である瀋陽市にも波及した。 発端は瀋陽市の中心病院「463病院」(北部戦区空軍病院)の看護師が舒蘭市に出張していた知人男性から感染し、病院内でクラスターが起き、5月中旬に完全封鎖されたという。 このため、7500人の市民が隔離された。

次の