だるまミニー コツ。 【ツムツム】だるまミニー スキル4 1200万【りんちゃんねる】

折り紙の折り方!ミニーマウスを簡単に!⦅わかりやすく説明します⦆

だるまミニー コツ

スポンサードリンク シンプルネイル+隠れミッキー シンプルかつミッキーのかわいい部分が表現できるのが、配色とドットです。 シンプルなデザインの中に隠れるようなミッキーは「キャラクターネイル」といった感じがしないことと、簡単なので初心者の方でも失敗しにくいのが特徴です。 ドットの中に隠れたミッキーを探すのも楽しいですね。 まずはベースコートを塗り、黒を2度塗りで太めのフレンチネイルを作ります。 色塗らの出やすい黒は2度塗り必須できれいに仕上げましょう。 フレンチの中に白でドットを打ちます。 ドットペンをお持ちの方は、ドットペンの太い方で打ってください。 お持ちでない方は爪楊枝の裏を代用するとちょうどいい大きさのドットができます。 ドットが均等に打てたら、2. 3箇所に小さな方のドットペンを使ってミッキーの耳を意識してドットを打っていきます。 あまり多すぎないのがコツですね。 爪楊枝を代用している方は、先に多めにマニキュアを取って小さなドットを作るようにしましょう。 隠れミッキーなのですが、ストーンやホログラムを使ってフレンチとは違う場所にミッキーをデザインすると、デザインの中のアクセントにもなってかわいいです。 ストーンの大きさは、ミッキーの顔より一回り小さなものを耳に使うのがベストです。 また、ミニーのイメージも少し入れて、赤と黒でデザインをしてみました。 黒のラインストーンでリボンを作ると、少しミニーも隠れているようなデザインになって可愛くなります。 黒だけではなく、赤と白を入れるだけでもかなりミッキー感が出るのがポイントです。 黒・赤・白でミッキーネイル ミッキーのトレードカラーでもあるのが、「黒」「赤」「白」の3色です。 デザインなどでもこの3色は使われることが多いですね。 ミッキーを描かない場合でも、この3色が揃えば、ミッキーネイルらしさが出ます。 ここでは、ポイントを置いてミッキーネイルを作ってみましょう。 まずはベースコートを塗って、赤を2度塗りします。 3分の2程度下を黒で平行に塗りつぶします。 塗る際のポイントは、ラメやラインテープなどを使わないので綺麗に線を引くことですね。 以前紹介した、サージカルテープを使ってマスキングも有効です。 マスキングをする時には、必ず赤のマニキュアが乾いた状態で行なってくださいね。 セロテープなどの粘着性の強いものは避けましょう。 次に黄色でミッキーの足を抽象的に表現します。 小判形を2つ描きます。 大きさの調整は指によって変えると失敗しないです。 今回は親指にポイントのアートをしたので、少し大きめの小判形を2つ描きました。 他の指は、同じように黒の平行フレンチと、少しだけミニーの要素を入れた、小さな白のホログラムのドット、黒のリボンを使いました。 リボンは1100円ショップの「セリア」で購入できます。 貼るだけなのでかなり簡単かつかわいい仕上りになります。 配色と少しのポイントカラーも参考にしていただければと思います。 モノクロミッキーネイル モノクロのミッキーネイルは配色のバランスとラメ入りの黒のホログラムでアクセントを付けたデザインにしました。 ちょっとレトロな雰囲気も醸し出すネイルになっています。 ミッキー&ミニーの転写シールを使用しているので、貼り方のコツなども紹介したいと思います。 まずはベースコート、白を2度塗りしてかた気持ち白を多めにする感じで黒を塗ります。 半分黒のイメージなのですが、後々の配色が黒が増えてくるので、前もって少し白を多めに黒と分けて塗るようにします。 今回使ったネイル用の転写シールです。 細かな転写シールの使い方を紹介しておきます。 このときウッドスティックなどでシールが付きやすいように擦ってください。 上述の貼り方で転写シールを貼っていきます。 貼り方は好みのままでいいですが、シールが重なると剥がれやすくなることがあります。 また、マニキュアによっては貼れない場合もありますので、ピンセット等で貼る方法もあります。 今回は、ミッキーミニーを真ん中にという感じで貼ってみました。 境目にパールの入ったホログラムを使っていきます。 また、黒のラインストーンを使ってモノトーンの良さを崩さない程度に飾っていきます。 5本の指の全てを白、黒と反対にしてデザインしています。 シールや好みによって、色の配分を変えるともっとモノトーン感が出たり、レトロな雰囲気も出ると思います。 転写シールはかなり使えるアイテムですので、試して楽しんでみてくださいね。 シルエットミッキー ミッキーのかわいいシルエットをデザインに入れました。 初心者の方でも簡単にできます。 また、ジェルネイルでも簡単にできるのでおすすめです。 今回は黒と白のみで作りましたが、カラフルなカラーを使っても応用できるシルエットデザインです。 まずはベースコート、黒を2度塗りします。 次に、隅っこから「ひょこッ」と顔を出しているようなイメージでミッキーのシルエットを描いていきます。 薬指のように真ん中に描く時はバランスが難しいかもしれないので、初心者の方は端っこからミッキーが覗き込んでいるようなデザインにすると失敗が少ないのでおすすめです。 シルエットを強調するために、ストーンなどは使いませんでしたが、パールやストーンを置いてもかわいいデザインネイルになります。 ミニーネイル ミニーはミッキーに続く、人気のキャラクターですよね。 ミニーの象徴ドットとリボンでミニーネイルを作ってみました。 ミッキーとは違った女の子らしさが出るデザインになります。 また、難しい技術も使っていないので初心者の方でも簡単にできます。 是非、参考にしてみてくださいね。 ドット模様でミニーをイメージ ミニーと言えば、赤に白のドットがトレードマークですよね。 そんなミニーのドットを変形ドットにして、まるでリボンがそのままネイルになったようなデザインにしてみました。 小さなドットの中にいるミッキーもかわいく、簡単にセルフネイルができるので是非挑戦してみてくださいね。 分かりやすいように白ベースで紹介します。 まずはベースコート、白の2度塗りをします。 次に変形ドット(大小のドットが混ざったデザイン)を赤で作ります。 丸は描くのが難しいポイントでもあります。 簡単に変形ドットを作るには、大きなドットはネイルからはみ出すように描き、小さなドットをネイルの中央に持ってくると簡単でかわいいデザインになります。 次にドットペンや爪楊枝の裏などで小さなドットを打ちます。 小さなドットはランダムに出来れば少なめにすると、全体のバランスがよくなります。 その中の一つに隠れるようにミッキーに見えるドットを作ります。 普通に大小のドットを組み合わせるだけでもかわいいデザインですが、よりディズニー感が出るようにミッキーを入れてみました。 初心者の方でもとても簡単に作れます! リボンを使ってミニーネイル ミニーのリボンをモチーフにしたデザインネイルです。 赤白ばかりでは単調になるので、今回はピンクをベースにミニーのリボンネイルを作りました。 女の子らしいカラーとモチーフでデートにも最適です。 使うカラーは3色です。 白、淡いピンク、ビビットなピンクです。 写真のカラーは淡いピンクを使っています。 大きなリボンをピンクパールとラインストーンで作りました。 大きなリボンをストーンで作る時のポイントは真ん中の大きなストーンから置いていくことです。 左右のバランスが取れることと、リボンの大きさを作りながら調整できるので簡単に作ることができます。 薬指に使ったミニーの転写シールです。 こちらは前の記事(モノクロミッキーネイル)でも転写シールの貼り方などを紹介しています。 使い方などはそちらを参照してください。 ミニーのシールを真ん中に貼り、周りにリボンで使ったストーンで円を描くように置いていきます。 トップコートはシールが剥がれにくいようにするために、少し厚めに塗ると長持ちします。 シールを使う時、ベースカラーは基本的にシールのカラーが被らないように白や淡いカラーを使いましょう。 せっかくかわいいミニーを使うのなら目立たせたいですよね。 他のネイルにはホログラムでドット、リボンなどもデザインしました。 アクセントになるように、あえて黒とパール系のホログラムでリボンを作りました。 リボンの作り方はストーンのリボンと同じです。 ミッキー&ミニー ハロウィンネイル ネイルで気合を入れたいイベントの中に欠かせないのがハロウィンですよね。 ミッキーやミニーをデザインネイルに入れたかわいいハロウィンネイルでイベントを楽しんじゃいましょう。 ミッキーハロウィンネイル ミッキーのモチーフを入れたハロウィンネイルを作ってみましょう。 ハロウィンで使いたいカラーのオレンジ、パープル、黒は入れるようにしてなおかつ、ミッキーの可愛らしさもプラスすることで、さらにかわいいハロウィンネイルにしちゃいましょう。 こちらは100円ショップセリアで購入したハロウィンのネイルシールです。 使い方は簡単、ピンセットで剥がして好きなことろに貼るだけです。 ミニーネイルの方でも活躍してくれました。 ベースのカラーに負けない発色なので、本当に自分で描いているように自然になります。 100円ショップのネイルシールの中でもセリアがラインナップも豊富でコスパがいいのでおすすめです。 まずは、ベースコートを塗り、逆フレンチをオレンジを2度塗りします。 次に主役のミッキーを黒のラインストーンを使って一番初めに置いていきましょう。 主役がミッキーということで、ミッキーをどこに置くのかで他のシールやストーンの配置を考えるといいですね。 シールは、オレンジに負けないカラーのものを選びます。 貼る場所は、一度決めたら剥がして付け直さないようにしましょう。 マニキュアが剥がれてしまう原因にもなります。 意外と強力な粘着性があります。 ミッキーとシールのすき間が寂しくならないように、大小のラインストーンを置いていきます。 ポイントとして、詰めすぎないことと開けすぎないことですね。 ミッキーをポイントにしたいのであれば、主役を引き立てるイメージで配置するのがおすすめです。 最後にフレンチラインに黒のホログラムを置いていきます。 一つの指に、オレンジ、パープル、黒が入るイメージですね。 一つの指を見ただけでもハロウィンのネイルだとイメージしてもらえるようにしました。 5本指全体を使ってもいいですよね。 今回はベースカラーをオレンジとパープルにしましたが、どちらかの単色でミッキーをパープルで描いたりしてもかわいいですね。 ミニーハロウィンネイル ミニーのハロウィンネイルはオレンジ、パープル、黒、白の4色で作ってみました。 単色を使い、ミッキーのハロウィンシールと転写シールを使いミニーのハロウィンデザインネイルにしました。 オレンジと紫のドットもハロウィンのポップ感を出して全体的なイメージはパーティーのように作りました。 シールがデザインの多くを占めているので、初心者の方でも簡単にできます。 まずはベースコート、それぞれのカラーを2度塗りします。 シールでフレンチラインのように貼っていきます。 また、転写シールのミニーをできるだけ真ん中に貼りました。 オレンジがベースなので、黒のシールでミニーを挟みます。 ハート型の黒のラインストーンと、クリアのラインストーンを使ってミニーをよりキュートにしました。 他の指はドットなどで単色使いでもカラフルに仕上げ、親指から「HALLOWEEN」と繋がるように並べました。 アルファベットが入るだけで、かなりポップな印象になります。 ドットとアルファベットでより、楽しいネイルに仕上ります。 ミッキーとミニーのハロウィンネイルでは、主にシールを使っているので、ジェルネイルでも単色使いやドットなど簡単なアートとの組み合わせでも、かわいいハロウィンネイルが完成します。 是非、試してみてくださいね。 ミッキー&ミニー クリスマスネイル 冬のイベントで欠かせないのがクリスマスですよね。 思い切ったオシャレを楽しみたい時でもあります。 特にミッキーやミニーが大好きな方なら、簡単でかわいいミッキーとミニーのデザインネイルを知りたいところでもありますよね。 ここでは、そんなミッキーとミニーをクリスマスデザインに入れたネイルを紹介しましょう。 ミッキー&ミニーのクリスマスネイル ミッキーとミニーをクリスマスカラーと合わせてデザインネイルにしてみました。 使うアイテムもどこでも手に入るものばかりで、初心者の方でも挑戦できるデザインネイルです。 転写シールを使用していますが、他のネイルシールでもかわいいデザインになっています。 後は色使いで、クリスマスの赤、緑、白の配分を変えて楽しむのもいいですね。 まずは、ベースコートを塗り、白を2度塗りします。 次に赤で斜めフレンチを描くイメージで2度塗りします。 緑を入れる際には少しコツがあるのですが、慣れていない方は、描きたい部分をまず細筆でライン取りします。 その中を緑のマニキュアで塗りつぶすように塗りましょう。 また、今回はクリスマスのデザインで華やかにしたかったので、ゴールドのラインテープを使用しましたが、ラメやホログラムなどで真っ直ぐに引けなかった線をデザインでカバーすることもできます。 全ての指をこのようにしてしまうと、少ししつこいかもしれないので、単色のデザインをアクセントに入れるといいでしょう。 次にミッキーの転写シールを貼っていきます。 今回使用したのは、こちらの転写シールでオールドミッキーのものを使用しました。 カラフルな色調だったので、クリスマスネイルに映えるのがいいですよね。 ネイルシールでも色々あります。 クリスマスネイルなど華やかなデザインにしたい場合には、色彩の高いものを使ったり、ゴールドやシルバーを少し多く使うことで普段のネイルでも、一回り二回りと華やかさが出ます。 ラインストーンを使う時に、ゴールドの丸カンの中に入れてしまう、ラインストーンをブリオンで囲むなど少しの工夫で、ネイル自体のイメージも変わります。 他の指のデザインでは、ホログラム(ゴールド、シルバー、白)を使ったリースとツリーを作りました。 ホログラムを単色にしたり、赤や緑を使うなど、クリスマスらしいリースのカラーを作るのもいいですよね。 ミニーのクリスマスチェックネイル ミニーと赤ベースのチェックを組み合わせたクリスマスのデザインネイルを紹介します。 タータンチェックは冬の人気デザインの一つです。 ミニーを少しデザインにプラスすることで、女の子らしい指先を演出していきましょう。 クリスマスパーティやデートなど、さりげないミニーが指先を華やかにします。 まずはベースコート、赤の逆フレンチを2度塗りで作ります。 次に、紺(濃いブルーも可)で太い線と細い線を描いていきます。 ポイントは太い線を描く時に、力を抜いて筆を通すことで線の交わる部分が綺麗に描けます。 細い線は細筆の毛の部分が長い筆など、100円ショップでもありますので、そういったものを使って簡単に綺麗な線が描けます。 初心者の方は長めの細筆を使ってみてくださいね。 次に白の細い線を描いていきます。 チェックとして少し線が少なめにすることで、ミニーが引き立ちます。 逆フレンチのラインにゴールドラメを使います。 白のマニキュアでミニーを描きます。 端から顔を覗かせているように描くのがポイントですね。 顔の大きさと耳の大きさのバランスに注意してください。 ミニーの特徴でもある赤と白のドットリボンのシールを使います。 100円ショップセリアで購入できます。 ちょうど真ん中にリボンが来るように貼ります。 ポイントはしっかり乾いてから貼ることですね。 結構粘着力があるので、一発勝負で貼ることをおすすめします。 シールは基本的にトップコートを塗るとシールを貼っている感じが無くなるので、全部手書きではなくても自然な仕上りになります。 アクセントの薬指は、大小のパールでミニーを作ってゴールドのアクセサリーのリボンでミニーをイメージさせました。 カラーは赤の上から赤ラメのカラーを重ね塗りすることで、クリスマスのイルミネーションのような華やかさを出しました。 全ての指に使うと少し派手になるカラーでもあるので、1本だけならしつこくならないですね。 全体をチェックにするのもかわいいですが、一色だけアクセントの指を置くことでデザインとしても、ミニーを他のパターンで一本欲しい時にもいいですね。 クリスマスデートなどにおすすめですね。 ミッキー&ミニー ウェディング ネイル 一生に一度しかないウェディングのネイルに、大好きなミッキーやミニーを入れたデザインネイルで演出するのもとても素晴らしいですよね。 結婚式や披露宴の席だけではなく、二次会やガーデンウェディングなどのカジュアルな場所でのミッキー&ミニーのウェディングネイルはおすすめです。 是非、晴れやかな席でもミッキー&ミニーのネイルでテンションを上げましょう。 ハートとミッキーのウェディングネイル ミッキーとハートをデザインしたフラットアートネイルです。 モノトーンの色使いに、アクセントとしてピンクのハートでよりウェディングのテンションを上げるようなデザインにしました。 カジュアルウェディングなどにもおすすめです。 まずは、ベースコートに白を2度塗りします。 次に、フラットアートでミッキーとハートを描いていきます。 ポイントは、ミッキーとハートをパズルのように組み合わせることでハートの中にミッキーが隠れているような感じにすることです。 マニキュアで描いてのもOKですが、筆の滑りがいいアクリル絵の具を使うことで、フラットアートが簡単に描けます。 白と黒の色の配分は、ウェディングなので、白が多めの方がいいですね。 次にハートの一つをピンクで塗りつぶしていきます。 ピンクのマニキュアを使用しても、アクリル絵の具を使ってもどちらでもOKです。 ピンクが出過ぎないように、1本には一箇所だけピンクを使うとバランスがいいですね。 仕上げにトップコートを塗って完成です。 ウェディングドレスなどは、ラインストーンが引っかかるのでフラットアートの方がよかったりします。 普通のウェディングネイルでは物足りない、ミッキーネイルを楽しみたい方におすすめのデザインネイルです。 ミッキー&ミニーウェディングネイル ウェディングでは、かわいいミッキー&ミニーをネイルのデザインに入れたものもよくあります。 ウェディングで人気のベビーピンクの逆フレンチネイルに、ミッキー&ミニーデザインに入れたネイルを作ってみました。 転写シールを使いますので、セルフネイルでも簡単に作ることができるのでおすすめです。 初めにトップコート、ベビーピンクの逆フレンチを作っておきます。 次に、中指と薬指でハートになるように、白でハートを描いていきます。 ハートが描けたら完全に乾くのを待って転写シールを貼っていきます。 モノクロミッキーネイルを参考にして転写シールを貼ってください。 今回はウェディングということもあって、かわいいキスのシールを使ってみましたが、ミッキー&ミニーのネイルシールは豊富なので、他のものでもハートの中に入れるとかわいくなります。 転写シールが貼れたら、ハートの周りをシルバーのホログラムで縁に飾っていきます。 ホログラムの大きさは、ハートの大きさに合わせて決めるとバランスよくなります。 他の指にはウェディングらしく、スワロフスキーでアクセサリーのようにデザインしていきました。 大小のストーンを使う時、ブリオンを入れることで繊細なデザインになります。 最後に逆フレンチにシルバーラメでラインを引いて、トップコートを塗って完成です。 ミッキー&ミニーが一緒に描いてあるネイル ミッキー&ミニーを一緒にデザインネイルに入れたものを紹介します。 他のネイルでもデザインに入っていますが、ここではより仲のいいミッキー&ミニーを表現したデザインネイルを作っていきましょう。 初心者の方には少し難しいかもしれませんが、サロンなどでオーダーすることも可能ですね。 また、フラットアートは何回でもやり直しができますので、挑戦してみるのもいいでしょう。 ミッキーとミニーのキスネイル ミッキー&ミニーのキスネイルです。 小さなキャンバスに大胆にミッキー&ミニーのキスをモチーフにしてデザインしました。 思わず、キュンと来てしまうネイルですね。 カジュアルな装いにもおすすめのデザインネイルです。 まずはトップコートを塗って、今回はサーモンピンクをベースカラーにしてみました。 2度塗りしておきます。 次に顔の輪郭を描いていきます。 マニキュアでもアクリル絵の具でもOKです。 今回アクリル絵の具を使いましたが、絵の具が緩すぎると、綺麗な線が描きにくいので注意しましょう。 大きく描くことで、キスをより強調することができます。 アクリル絵の具のメリットは、何度でも書き直せるところです。 デメリットは、絵の具と水の分量が難しいところですね。 あまり絵の具が多すぎてもひび割れを起こしてしまいます。 マニキュアのメリットは、絵が描きやすい、細い線も滲んだりする心配がないところです。 デメリットは、書き直しが利かないところですね。 間違うとベースコートからやり直しになってしまいます。 ミッキーの顔の部分を白で塗っていきます。 次に目元を描いていきます。 目元は顔の印象を大きく変えるポイントになります。 今回はキス顔ということで目を閉じたミッキーを描きました。 ミッキーを描いた少し上にハートでラブラブ感を出します。 今回は赤のマニキュアを使いましたが、アクリル絵の具でもOKです。 シールを使っても簡単にできますね。 ミニーも同じように描きます。 ミニーとミッキーの描き方の違いは、耳元と目元です。 ミッキーは耳を大きく描きます。 また目元はまつ毛を足さないようにすることで男の子の印象ができますね。 ミニーは耳ではなくトレードマークの赤と白のリボンを描きます。 目元にはまつ毛を足して、より女の子らしくするのがポイントです。 他の指には、二人のラブラブ度がより高く見えるように、ハートを描きました。 ミッキーとミニーのキスがデザインのメインになるので、他の指は少し控えめなデザインにするといいでしょう。 ミッキー&ミニーの雪だるまネイル ミッキー&ミニーの雪だるまネイルは、これからの冬のデザインネイルにはとてもおすすめです。 普通の雪だるまよりもかわいい印象を与えるミッキー&ミニーの雪だるまは初心者の方には少し難しいかもしれませんが、コツさえ掴んでしまえば簡単にできます。 慣れるとフラットアートよりも描きやすいので、是非チャレンジしてみてくださいね。 まずは雪だるま以外のネイルの作り方を紹介します。 ベースコートの上から、パール系の水色とシルバーラメで柔らかなグラデーションを作ります。 「雪だるま」ということで真冬をイメージして、水色のラインストーンとホワイトパールで降ってくる雪をイメージしました。 雪の結晶はフラットアートでもOKですし、100円ショップなどで雪の結晶のネイルシールはよく売られているので、簡単に作ることもできます。 ポイントとして、ラインストーンやシールは、下は大きく上は小さくすることで雪が積もっている感じを表現できます。 では雪だるまの作り方を紹介していきましょう。 まずは、大きな円が下、一回り小さな円を上に3Dで作ります。 コツは一回で思っきりミクスチャーを取ってしまうことですね。 何回も継ぎ足すと凸凹になってしまいます。 また、極力平たく平らにしましょう。 顔を描いたりする時に凸凹になっていると印象が変わります。 このままでは普通の雪だるまなので、耳を作っていきます。 少しミッキーらしさが出ましたね。 次に赤とグリーンのミクスチャーを使って、ニット帽とマフラーを作っていきます。 ミクスチャーを作る筆を細筆に変えると作りやすくなります。 ニット帽は、まず丸のミクスチャーを置き、爪の上で三角に形作っていきます。 マフラーは小さなミクスチャーをつなぎ合わせるように作ると失敗しません。 ミッキーの顔を描いていきます。 キスネイルでも紹介しましたが、アクリル絵の具の方が何回も書き直せるので初心者の方にはおすすめです。 今回はアクリル絵の具でミッキーの顔を描きました。 特徴的な目と鼻がポイントになります。 最後に雪の結晶とパールで飾って出来上がりです。 ミニーの方も同じように作っていきました。 ミニーは耳ではなくリボンにして、フワフワのフードをかぶっているようなデザインにしました。 仲のいいミッキー&ミニーの雪だるまネイルになりました。 冬のイベントなどでも使えるデザインネイルです。 いかがでしたか?今回は初心者の方でもできるミッキー&ミニーのネイルを紹介してきました。 少しドットに隠れさせるミッキーから、シールを使ったネイル、本格的なフラットアートや3Dアートまでと様々なミッキー&ミニーネイルで、セルフネイルの幅を広げてみるのもいいのではないでしょうか。 今年の冬のイベントやおでかけに是非、ミッキー&ミニーネイルを取り入れて楽しみましょう。

次の

【ツムツム】だるまミニーの評価とスキルの使い方│ツムツム速報

だるまミニー コツ

スポンサーリンク だるまミニーの評価 だるまミニー スキル内容 少しの間つながりやすくなって得点が上がるよ コイン稼ぎ 3. 0 スコア稼ぎ 3. 0 ミッション適性 コ ン ボ フィーバー チェーン スキル回数 ボム適性 ツムスコア 【初期ツムスコア】400 【最大ツムスコア】890 スキル必要数 16個 使いやすさ 普通 総合 6. また、スキル効果中は全ツムがつなげやすくなるので、Timeボムを狙いスコアを伸ばせます。 スキルMAXまで上げるとそこそこスコアもコインも稼げます。 イベント期間中にスキルマ可能ですので、ぜひスキルマまで育ててみましょう。 だるまミニーのスキル情報 スキルの内容 スキルの内容 少しの間2種類だけになるよ! スキルレベル 効果 スキル発動 1 時間:4. スキルを発動するとだるまミニーが登場します。 そしてお正月っぽい演出があります。 で、中央に特大だるまミニーが登場し、スキル効果時間中はどのツムもつながりやすさがアップします。 スキル効果時間ですが、SLV1で4秒ですが、スキルMAXで7秒までアップします。 スキル効果中は、だるまミニーだけでなく、他のツムもつなげやすくなっているので、Timeボムを狙ったり、いろいろな使い方が可能です。 また、だるまミニーの特大ツム(10個分)も出るので、ロングチェーンミッションでも活躍してくれそうです。 スキルレベルごとのスコア・コイン 稼ぎ能力(アイテムなし) スキルレベル別スコア稼ぎ能力 SLV スコア稼ぎ 目安 評価 1~2 3~4 5~6 スキルレベル別コイン稼ぎ能力 SLV コイン稼ぎ 目安 評価 1~2 3~4 5~6 だるまミニーの使い方のポイント スキル効果中に、特大ツムを絡めたロングチェーンを作る スキル発動後は、まず特大ツムを巻き込んでロングチェーンを狙いましょう。 スキル効果中はツムがつながりやすくなっており、特大ツムは1個で10個扱いなので、簡単に15~20チェーン作れます。 ロングチェーン後は、Timeボム狙い+ボムキャンセル スキル効果中はつながりやすさ、スコア効率がアップします。 特大ミニーを消したあとは、通常のツムもつながりやすくなっているので、9〜11チェーンあたりで消してTimeボムを出しましょう。 スキル効果中は、10チェーン付近をひたすらに狙うことでTimeボムを多く出せます。

次の

【ツムツム】だるまミニー スキル4 1200万【りんちゃんねる】

だるまミニー コツ

ミニーマウス 頭 1. 点線どおりに折りすじをつける 2. 折りすじまで折る 3. 矢印のように折る 4. 折りすじの角に合わせて折る 頭できあがり 顔 1. 矢印のように折る 2. 折りすじをつける 3. 折りすじをつける 4. 折りすじに合わせて段折りする 5. 点線のところで折る 6. 写真のような形にし矢印のように折る 顔できあがり 顔・頭組み合わせ方 1. 顔を頭に差し込み点線で折る 2. 少し黒が見えるところまで折り上げる 3. 矢印のように折る 4. 矢印のように折る 5. 矢印のように折る 顔・頭できあがり 耳(4分の1の大きさの紙) 1. 矢印のように折る 2. 中央にあわせて折る 3. 中央の線に合わせて折る 4. 矢印のように折る 耳できあがり 体 1. 矢印のように折る 2. 矢印のように折る 3. 内側の角を左右に引き出しながら折りたたむ 4. 矢印のように折る 5. 折りすじをつける 6. 矢印のように折る 7. 矢印のように動かし、写真のようにする 8. 手足をかぶせ折りにし白い部分を出す 9. 手の部分を写真のように折る 10. 矢印のように折る 11. 矢印のように折る 体 できあがり スカート(4分の1の大きさの紙) 1. 点線で折って真ん中まで折る 2. からだに合わせてうしろへおりこむ リボン(4分の1の大きさの紙) 1. 折りすじをつける 2. 折りすじをつける 3. 矢印のように折る 4. 矢印のように折る 5. 矢印のように折 6. 半分に折る 7. 矢印のように折る 8. オレンジ矢印から開いて三角につぶす 9. 反対側も同じようにする 10. 矢印方向に開く 11. 両面とも矢印方向に折る 12. 両面とも写真のように折る 13. 開きながら真ん中の部分を四角くつぶす リボンできあがり すべて組み合わせると!!! 出来上がり!! [ad co-2] まとめ どうでしたか? うまくできましたか? 手順が簡単なのでコツをおぼえたら早いとかと思います。 ほかにも、キャラクターシリーズなどたくさん作っていきたいと思っています。 まずは、目指せ100記事! [ad co-1] 人気の折り紙!よく利用されていますよ!.

次の