次期 wrx sti。 スバル次期WRX STIはEJ20型エンジン廃止、開発中のFA20型DIT高出力版を搭載

WRX STI

次期 wrx sti

次期WRXの情報要約• 次期WRXのコンセプトカーと見られるのが「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」• 次期モデルのデザインはコンセプトに近いデザインになる可能性が高い• 次世代アイサイト搭載が有力• スバル新世代• 次期S4には新型エンジンとなるFA型1. 8L水平対向ターボエンジン搭載が有力• 次期STIはEJ20エンジン廃止でFA20型DITエンジンの可能性• トランスミッションはCVTではない可能性 スバル新型WRX S4と新型WRX STI発売時期(発売日)は2020年頃が有力 スバル新型WRX S4と新型WRX STI発売時期は、2020年実施が有力。 現時点では、新型WRX S4と新型WRX STIのフルモデルチェンジは、 スバル先代WRXコンセプト どうせ今回も新型インプレッサG4を若干スポーティにしたデザインになるんだろうと思っていましたが、今度こそは、コンセプト詐欺と言われない市販モデルが期待できます。 スバル次期WRX S4、次期WRX STIのフルモデルチェンジ変更点を予想! ここからは、 スバル次期WRX S4、次期WRX STIのフルモデルチェンジによる変更点を予想します。 新型WRX S4 フルモデルチェンジ後の外観(エクステリア)デザイン予想 スバル新型WRX S4の外観(エクステリア)デザインについては、先程お伝えしたように「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」の外観が再現される可能性が高いです。 新型WRX STI フルモデルチェンジ後の外観(エクステリア)デザイン予想 スバル新型WRX STI 外観(エクステリア)デザインに関しては、「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」のデザインに近い内容になると考えられます。 【SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT】 STI専用パーツとして、• フロントバンパー• サイドシルスポイラー• トランクスポイラー が活用されており、STIならではの、フロントグリル下部や各バンパー部分に炎を感じさせる赤の装飾が施されています。 スバル新型WRX S4と新型WRX STIボディサイズ予想 新型WRXの予想ボディサイズ全長4,650㎜ 全幅1,820㎜ 全高1,430㎜ これは近年発売された新型インプレッサ等のコンセプトカーと市販モデルのサイズ比較を参考にした上で、予想しています。 ボディサイズ比較 現行WRX S4 次期WRX(予想) ヴィジヴパフォーマンスコンセプト 全長 4,595mm 4,650㎜ 4,630㎜ 全幅 1,795mm 1,820mm 1,950mm 全高 1,475mm 1,430mm 1,430mm 新型WRX S4,STI フルモデルチェンジ後の内装(インテリア)デザイン予想 スバル新型WRX S4と新型WRX STIの内装(インテリア)デザインに関しては、近年発売されたアセント、新型インプレッサに近いデザインになると予想。 画像は新型インプレッサの内装 新型インプレッサの内装をより高級感をもたせて、かつ、赤のスティッチなどを入れた仕様になると予想します。 スバル新型WRX S4,STIのプラットフォームに「Subaru Global Platform SGP 」 スバル新型WRX S4,新型WRX STIのプラットフォームには、Subaru Global Platform SGP を採用。 2016年に発売した5代目インプレッサから活用されているこの新世代プラットフォームが、いよいよWRXにも採用されることとなります。 高剛性で軽量&低重心化に大きく貢献するSGPを活用することで、走行性能の向上はもちろん、安定した操縦性や安全性能強化につながります。 SGPを採用した新型WRXは、現行モデルを凌駕する高レベルな走りを楽しむことが期待できます。 新型WRX S4と新型WRX STI フルモデルチェンジでパワートレインに新型ターボエンジン搭載の可能性 スバル新型WRX S4と新型WRX STIのパワートレインに採用されるエンジンは、これまでのエンジンと刷新される見通しです。 新型WRX S4にFA型1. 8L 水平対向ターボエンジン 新型WRX S4には、水平対向4気筒で1. 8リッターの新型ダウンサイジングターボエンジン搭載が有力。 スバルは、1800ccとなる排気量の新世代過給器付きダウンサイジングエンジンを2019年度から導入する予定となっています。 この新型エンジン FA18型 が現在の2. 0リッターターボエンジン【FA20型】に代わって、次期WRX S4に搭載される見通しとなっています。 新型WRX STIにFA20型DITエンジン!EJ20エンジン廃止か 新型WRX STIの搭載エンジンには、FA20型DITターボエンジンが採用される見通しです。 従来の水平対向4気筒 DOHC 2. 0LツインスクロールターボのEJ20エンジンが廃止され、スポーツ仕様により改善されたFA20型DITターボエンジンが活用されると見られます。 トランスミッションCVTから多段AT トランスミッションに関しては、新型WRX STIには6速MT、新型WRX S4には多段ATが採用される可能性が有力です。 ポイントとしては、CVTではなく多段ATになる可能性があるという所になります。 スバル新型WRX S4の先進安全装備 アイサイトver4搭載か スバル新型WRX S4の先進安全装備に欠かせないのがアイサイトの存在。 フルモデルチェンジの目玉の一つとなりそうなのが、次期アイサイトver4の搭載です。 アイサイトver4は、• 高速道路にて自動で車線変更ができるようになる• ステレオカメラに加えて、ミリ波レーダーとデジタルマップGPSを活用して広範囲の安全確保を目指す といった機能が加わる予定となっています。 関連記事 スバル新型WRX STIにもアイサイト搭載の可能性 MT車ということでこれまでアイサイト搭載が見送られてきたWRX STIですが、次期モデルでは、ついにアイサイト搭載の可能性が取りざたされている状況です。 スバル新型WRX S4と新型WRX STIの価格、値段予想 スバル新型WRX S4と新型WRX STIの販売価格については、装備拡充などを踏まえて、現行モデルよりも若干の値上がりを予想します。 フルモデルチェンジ後の値段については、• 新型WRX S4が350万円前後• 新型WRX STIが400万円前後 の金額の価格設定となると予想。

次の

WRX STIのフルモデルチェンジ情報と予想内容|2020年代前半にFA20型DITターボエンジン搭載の次期型登場か

次期 wrx sti

2019年 WRX STI EJ20型ファイナルエディション発売で次期モデルにつなぐ 現行WRX STIに搭載されていて、1989年から活用されてきたEJ20型水平対向エンジンも、いよいよ役割を終える時が来ました。 2019年12月WRX STI販売終了 WRX STIの受注終了は、2019年12月末にされました。 そして最後の集大成モデルとして、「WRX STI EJ20ファイナルエディション」を台数555台で限定抽選販売し、WRX STIは一旦表舞台から姿を消すこととなります。 けれどもWRX STI自体が廃止されるわけではなく、しばらくしてから次期モデル登場の見通しです。 新型WRX STI フルモデルチェンジの情報一覧 新型WRXに関する最新情報は次の通りです。 新型WRX STI コンセプトのSUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT 新型WRX STIのコンセプトはすでに2018年の東京オートサロンにて公開されています。 その名は「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」。 スバルは、これをWRX STIのコンセプトとは言っていないものの、名称からみて次期WRX STIを意識しているのは明白。 その外観デザインがこちらです。 の記事でも紹介した次期S4のコンセプト「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」と同テイストのエクステリアデザインとなっています。 ただし、 STIの専用パーツとして「トランクスポイラー」「フロントバンパー」「サイドシルスポイラー」を採用したことで、よりスポーティなイメージが強調されています。 新型WRX STI スバルグローバルプラットフォーム採用で走行性能の大幅向上が期待できる 高剛性で軽量、低重心化に貢献し、操縦性安定性や安全性能強化にも定評のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用。 新型WRX STIのプラットフォームにSGPが活用されることで、史上最高レベルの走行性能が期待できます。 新型WRX STIに新型ターボエンジン搭載へ!予想できるFA20型DITターボエンジン 新型WRX STIの最も注目ポイントとなるのが搭載エンジン。 これまでのEJ20型エンジンに変わってどんなエンジンが搭載されるのかというと現時点では、 FA20型DITターボエンジンの搭載が有力視されています。 FA20直噴ターボ DIT と言えば、かつてのレガシィツーリングワゴンや現行レヴォーグ、WRX S4に搭載されているターボエンジン。 このFA20直噴ターボ DIT を次期WRX STI向けにスポーツ仕様へと改善したものが搭載されると予想。

次の

次期「WRX STI」にはFA20型水平対向ターボ搭載か?!EJ20エンジンとFA20エンジンの違いは?

次期 wrx sti

スバルの次期WRX S4に関する最新情報をお伝えします。 フルモデルチェンジ後の次期WRX S4と次期WRX STIは、SGPへプラットフォーム刷新するとともに次期アイサイト搭載が有力。 また変更点として注目なのが 新型ターボエンジンの搭載も挙げられます。 発売時期やデザインの予想を含め、次期WRX S4の最新情報を公開します。 次期WRX S4の最新情報!フルモデルチェンジで新世代スポーツセダン誕生へ スバル次期WRXに関してはコンセプトカーと見られるモデルが公開されるなど最新情報が出始めています。 スバル次期WRXのコンセプト(ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト)が2017年、2018年と続いて発表 次期WRX S4と次期WRX STIのコンセプトと見られる車を紹介します。 次期WRX S4のコンセプト「VIZIV PERFORMANCE」 東京モーターショー2017にて世界初公開された「VIZIV PERFORMANCE」。 次世代のスバルを担うスポーツセダンのコンセプトとされており、次期WRX S4のコンセプトになる可能性が高いです。 次期WRX STIのコンセプト「VIZIV PERFORMANCE STI」 東京オートサロン2018にて初公開された「VIZIV PERFORMANCE STI」。 先程の「VIZIV PERFORMANCE」をベースとしてハイパフォーマンス仕様のSTIコンプリートモデルとなっています。 次期WRX STIのコンセプトになる可能性が高いです。 次期WRX S4の変更点を予想!どう変わる? スバル次期WRXの変更点を、ここからは最新情報を基に予想していきます。 次期S4 外観(エクステリア)デザイン予想 次期WRX S4の外観(エクステリア)デザインについては、プレビューモデルとも言えるVIZIV PERFORMANCE(ヴィジヴパフォーマンス)コンセプトを再現したデザインになる可能性が有力です。 その理由としては、海外サイトのAUTOCARにて スバルのデザイン部長の方が、ヴィジヴパフォーマンスコンセプトからほとんど変わらない自信があると語っているとする記事が掲載されていたからです。 つまり次期WRX S4の外観は次のようなデザインになる可能性が高いということです。 外観デザインのポイントとしては、次の通りとなります。 ボディサイズ• エアインテーク採用• 全長4630㎜• 全幅1950㎜• 全高1430㎜• ホイールベース2730㎜• 乗車定員:5名 市販モデルの次期WRX S4のボディサイズは、もう少しコンパクトになる見通し。 全幅に関しては、1800㎜前後まで抑えられると予想。 次期WRX S4 内装(インテリア)デザイン予想 次期WRX S4の内装(インテリア)デザインは、アセント風の内装になると予想します。 大型モニターディスプレイを中央に配置するデザインを採用。 質感高く、高品質なスポーツセダンを彷彿させる室内空間になると予想します。 次期WRX S4のプラットフォームにSubaru Global Platform SGP 次期WRX S4のプラットフォームには、スバルの次世代プラットフォームのSubaru Global Platform SGP が採用されます。 高い車体剛性や最適化されたサスペンションによって、安全性能向上はもちろん、安定した高い走行性能が実現されることに。 SGP採用によって、WRXの名に恥じぬ、これまでにないスバル最高クラスの走りが期待できます。 次期WRX S4のパワートレインに新型ターボエンジン 次期WRXのパワートレインとトランスミッションについては、以下の内容が有力です。 次期WRX S4の水平対向エンジンにFA18型,FA15型の新型ターボエンジン 次期WRX S4の搭載エンジンには、FA18型と見られる1. 8リッターの新型ダウンサイジングターボエンジン搭載が有力。 このFA18型エンジンは、2019年以降から市場導入予定と見られていますが、2020年には1. 5リッタータイプのFA15型も導入されると見られています。 次期WRX S4には、従来の2LターボのFA20型に変わって1. 8LターボのFA18型エンジンを搭載と予想します。 その内容は、• 5Lボクサーターボエンジンは将来的に姿を消す• 変わってプラグインハイブリッドになる といったものです。 また、「自動車線変更」「連続レーンキープ」「カーブ減速」を実現する為に、ステレオカメラ、デジタルマップ、レーダーを活用する機能を2020年に投入予定と2016年3月に開催されたSGP発表会でも発表されています。 また現在搭載されているアイサイトツーリングアシストも、より機能強化がされると予想できます。 次期WRX S4の発売時期(発売日)はいつ?予想する時期は2020年 次期WRX S4の発売時期に関しては、2020年頃が現在有力です。 スバル車に関しては、5年で全面改良するケースが多く、現行WRX S4が2014年発売ということから次期モデルは2019年に発売するのではと見られていました。 しかしながら、2019年にはレガシィが全面改良される見通しです。 これに続いて2020年、もしくは2021年頃に次期WRX S4デビューが現時点では有力となっています。 smartcreater.

次の