南越谷 阿波 踊り 2019。 南越谷阿波踊り2019場所取りや屋台出店の時間は?トイレの場所や混雑も|AyaboのHAPPYログ♪

南越谷阿波踊り

南越谷 阿波 踊り 2019

第35回 南越谷阿波踊り イベント概要 南越谷阿波踊りは、2019年8月23日 金 19:00 〜 21:00に開催される 前夜祭と24日 土 ・25日 日 に開催される 本祭の 3日間で開催されます。 阿波踊りを踊る連は、地元越谷の地元連だけではなく、本場徳島から6つの招待連や近隣の地域からも招待連を招き、総勢77連 延べ約6,500名 の踊り手と約70万人が参加する、阿波踊りイベントです。 開催日時 前夜祭: 8月23日 金 19:00 〜 21:00 本祭: 8月24日 土 ・25日 日 14:00 〜 21:00 各イベントの詳細やタイムスケジュールは、公式ホームページまたはパンフレットを参照してください。 踊り手や、鳴り物衆が手を伸ばせば届く距離に迫ってくる迫力は最高です!自然に身体が踊り出す快感を味わって下さい。 次から次へと近づいてくる各連の鳴り物衆の鉦や太鼓のリズム、軽やかな笛の響き、足さばきの音。 掛け声も艶やかな女踊り、可愛らしい子ども踊り、勇壮な男踊り。 次々と現れては遠のいていく光景は、まさに南越谷ならではの真夏の夜の祭典といえます。 開催場所は• 南越谷中央通り演舞場• 東口南通り演舞場• 西口駅前通り演舞場• 西口南通り演舞場 舞台踊り 2019年8月24日 土 ・25日 日 14:00 ~ 20:45 客席でじっくり観れる舞台踊りそれぞれの連の踊りを、客席でじっくりと堪能できるのが舞台踊りです。 眩いスポットライトと観客の熱い視線を浴びて、踊り手の技と心意気が一段と輝きを増します。 なかでも、有名連の演技や磨きぬかれた技は芸術性も高く、その 美しさ、 ダイナミックさ、 洗練された構成等、 一糸乱れぬ演技に心を奪われてしまいます。 各連の自慢の踊りに熱い拍手を送って下さい。 開催場所• 越谷コミュニティセンター 大ホール 第1部 14:00 ~ 16:30 第2部 17:30 ~ 20:45• 越谷コミュニティセンター 小ホール 17:30 ~ 20:45 組踊り 2019年8月24日 土 ・25日 日 16:20 〜 20:45 間近で、気軽に観れる組踊り舞台踊り同様、 各連独自の個性を表現したフォーメーションや鳴り物で構成され、会場によっては、踊り手を間近で見られたり、横や後ろからも観ることができるため、 躍動感や 艶やかさを堪能できます。 舞台踊りとは一味違った楽しみ方ができるのが、組踊りです。 開催場所• 越谷コミュニティセンター前ショッピング広場 16:20 〜 20:45• にわか連• 東口南通り演舞場 18:30 〜• 南越谷中央通り演舞場 20:00 〜 「こども」阿波踊り教室・にわか連 2019年8月24日 土 ・25日 日 参加すると、ハローキティの手ぬぐいをプレゼント! 開催場所 越谷コミュニティセンター前ショッピング広場 対象者 5 〜 12歳 開催時間 16:20 〜 受付 16:00 〜 にわか連 南越谷中央通り演舞場 17:10 〜 阿波踊りコンテスト 2019年8月25日 日 コンテストの優秀者は、2020年の徳島の阿波踊りにご招待! 地元連として参加するには、条件があります。 開催日時 2019年8月25日 日 19:15 〜 19:45 開催会場 越谷コミュニティセンター前 ショッピング広場 定員 200人 表彰式 20:10からコンテストの結果発表を行います。 越谷市長賞: 1人 賞品• 越谷市観光協会長賞: 1人 賞品• 南越谷阿波踊り実行委員会長賞: 1人 賞品 越谷阿波踊りフィナーレ 2018年開催時 このサイトの作成にあたり、を参考にしました。

次の

南越谷プレ阿波踊り2019

南越谷 阿波 踊り 2019

概要 [ ] 第1回は8月24日に開催されて 来場者は約3万人 [ ]だった。 例年70万人前後 [ ]が訪れる。 近年は地元連が南越谷の大型店舗前で、7月下旬に南越谷プレ阿波踊り、9月中旬に南越谷アンコール阿波踊り、を開催している。 毎年、徳島から4連前後、高円寺から3連前後が招待連として参加 [ ]しているが、 第23回 ・ 第24回 ・(第28回)・(第29回)・(第30回)など東京高円寺阿波おどりと日程が重複する年は除く。 阿波おどりは流し踊りであるが、当地では流し踊りと共に舞台踊りも多く行う。 流し踊りは17:10よりスタートするが、舞台踊りは第一部としていち早く14:00よりスタートする。 歴史 [ ] 四国の徳島で発祥した阿波踊りが、南越谷にやってきたのは1983年。 1985年:第1回南越谷阿波踊り開催• 2011年(第27回):による節電協力のため、前夜祭および舞台踊りの第一部(上記にある14:00-16:30頃の時間帯)は中止• 2014年(第30回):第30回を記念し、優秀な連に対する表彰として「徳島市長賞」を新設。 表彰対象は地元連の中から、事前に審査を希望した連を対象に実施。 第1回の受賞連は、ポラスグループの連の1つである「PO連」であった。 2017年(第33回):8月19日(土)の開催は、開始してすぐに埼玉県内に大雨警報が発表され、大雨と雷雨により続行困難のため中止。 「徳島市長賞」のコンテストも途中打ち切りのため、ノーコンテスト扱いとなった。 会場 [ ]• 流し踊り:南口及び西口・東口周辺道路(例年西口・東口それぞれに2つ、計4つの演舞場が設けられる)• 舞台踊り:越谷市コミュニティセンターサンシティ大ホール、小ホール• 組踊り:南越谷駅前特設舞台、前特設会場 主な参加連 [ ] 南越谷阿波踊り振興協会所属連 [ ] 地元越谷市や、・・・等の東武スカイツリーライン沿線地域を拠点とする連。 または、ポラスグループ従業員・関係者による連で構成される。 下記は2016年現在の所属連を列挙している。 踊りのレベルが高い連も多く、2015年に初開催された「全国阿波おどりコンテスト」において、南越谷からは が優勝、藍響連が3位と上位を独占している。 匠連、工匠会あすなろ連、北辰連、雅連、、踊りを味う連 、若阿友連、、八潮飛潮連、かかし連、連、なんこし連、南越谷商店会勢連、草加小山連、連、、けやき連、東武連、きむら連、千手連、蓮華連、越谷市役所いきいき連、連、コスモス連、、、連、ゆうゆう連、よふき連、、泰斗連、大花連(2010年まで「宏志連」)、りっちゃん連、おきらく連、がまっこ連、阿波おどり金四郎連、、向日葵連、、一丁連、おおぞら「宙」連、、、イハシ連、、かすかべはる銀連、、、木大連、すまいる連、、北辰工務連、越谷連、笑楽連 徳島招待連 [ ] このうち、阿波おどりグループ「虹」は例年サンシティ大ホールの舞台踊りにのみ参加している。 他の連は、流し踊りとサンシティ大ホールの舞台踊りに(一部連はこれに加え組み踊りにも)参加する。 2017年参加連• 水玉連、天水連、扇連、阿波おどりグループ「虹」• かつての参加連• 阿呆連、葉月連、天保連、うずき連、ゑびす連、さゝ連、新ばし連、無双連 等 高円寺招待連 [ ] 前述のとおり、東京高円寺阿波おどりと日程がバッティングする年は不参加となる。 流し踊りとサンシティの舞台踊りに(一部連はこれに加え組み踊りにも)参加する。 ただし、他の祭りとバッティングした場合、土日のうちどちらか1日のみ出演する場合もある。 例年参加の連(そのうち葵新連は、「ふる里阿波踊り」とのバッティングのため1日のみ出演)• 葵新連、飛鳥連、江戸っ子連 招待連 [ ] 地元連や徳島・高円寺招待連と異なり、特に活動拠点を持たない連。 流し踊りとサンシティ大ホールの舞台踊りに参加する。 例年参加の連• 舞踊集団菊の会 近郊連 [ ] 2010年までは「お客様連」と呼称。 南越谷・高円寺以外を拠点にしている関東各地の連(前述の旧庄和町を含む)。 中には高円寺にも毎年参加している連や、他の祭りとバッティングすることがあるため、高円寺招待連同様に土日のうちどちらか1日のみ出演する場合もある。 年により一部変動がある。

次の

南越谷阿波踊り2019の日程と見どころ!鑑賞ポイントは?桟敷席や屋台は?

南越谷 阿波 踊り 2019

予定とお知らせ site's update• 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 12 活動履歴 site's update• 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016.

次の