千と千尋の神隠し都市伝説。 【ジブリ都市伝説】千と千尋の神隠しは日本人に対する警告だった

千と千尋の神隠しには幻のエンディングがある?違うところと引越し業者について解説

千と千尋の神隠し都市伝説

ここがポイント!• ハクはその後、八つ裂きにされたのか? 千と千尋の神隠しで一番気になる内容と言えば、 ハクは最後どうなったかということ。 ネットでも都市伝説として未だに話題に挙がっている。 湯婆婆に逆らって千を助けたが…それは同時に 八つ裂きにされる事を意味する。 この世界には掟があり、それは絶対なのだ。 口答えするのはタブーである。 彼女の言いつけを守らなければ、 魔法で動物に変えられてしまう事も… しかし、千尋のおかげでハクは自分の名を取り戻す。 名前が分かれば、この不思議な世界から抜け出す事が出来るとも話している。 だが、同時に掟を破った彼は八つ裂きにされたと言われている。 ただその一方、都市伝説では元々 帰る場所が無かったという説もある。 更に言うと、ハクの魂は元の世界と不思議な世界の狭間で彷徨っていた。 と言うのも、昔千尋を助けた「 ハクが宿る川」はコンクリートの埋め立てによって現在は住む場所がないという理由から。 都市伝説上の解釈ではあるが、何とも悲しい話である。 ハクは千と坊に救われていた? もう一つの説として、ハクは 元の世界に無事帰ったという話も。 これは千尋と別れた後、湯婆婆との契約を無事に解消出来たという都市伝説だ。 千と千尋の神隠しでは契約すると名前を失う。 だが千は銭婆婆の家から湯屋に帰りつき、豚の中から両親を助ける問題に見事正解した。 これで契約が強制的に破棄されるのである。 Sponsored Link となればハクも話をつけて、 何らかの条件をクリアすれば破棄は可能という予測が立つ。 また湯婆婆が可愛がっていた坊が、「 千を泣かしたら許さない」と言っている。 大好きな坊の言うことは絶対…となると千尋が悲しむ結末は考えなくても分かることだ。 湯婆婆は最終的に、少し心を入れ替えたような雰囲気もある。 だから良い方向に事が運び解放してもらったとも考えられる。 湯婆婆にも都市伝説が…実はただの寂しがりや? 千と千尋の神隠しでは 本当の名を持つ者はいない。 千尋は両親を救うために湯屋で働くことになり、湯婆婆と契約をして名を取られる。 ハクはどうだったのだろう。 リンの話によれば、ハクは 弟子入りしたいと突然現れたと言っていた。 もしかすると、元々この世界の人間ではなかったという解釈もある。 千尋たちが住んでいた近所の川の神様だった話も出てくるので、可能性は高い。 都市伝説ではそのように言われ。 その川は現在マンションになっている… 住む場所をなくし、その後 不思議な世界に迷い込んだのでは?と言われている。 湯婆婆は魔法使いなので、人の記憶を消すことだって容易いはず。 つまり、湯屋で働く仲間の中にも 元々住処があった者もいたかもしれない。 また、湯婆婆は部下を従えて大勢の人に囲まれていないと寂しいという話も。 それは坊にかなり依存しているからだ。 だとすれば、 皆が自分から離れないように掟を利用していたのではないか? 湯屋の仲間もハクも、現実とあの世の狭間に拘束されていたのだ。 一言メモ このように都市伝説の噂はたくさんある。 ちなみに双子の姉・銭婆婆はかなり穏やかな性格… 湯婆婆は単なる寂しがりやで、 本来は優しい心の持ち主にも見える。 千と出会ったことで気持ちに変化があれば、湯屋で働く仲間も自由になる日が近いかもしれない。

次の

千と千尋の神隠しにまつわる都市伝説や謎!

千と千尋の神隠し都市伝説

え!なにそれ! もっと詳しく聞かせてよ!!! 皆さんは千と千尋の神隠しにまつわる都市伝説で 『 エンディング後にとあるシーンが流れた』 というものを聞いたことありますか? 多くの人がこれを映画館で観たといっております。 ちなみにこの話は数多くの人が触れておりますが その真実は 未だ謎に包まれている状態です。 皆さんが知りたいのは 「 じゃあどんな映像が流れたの?」ということですよね。 ではそれをゆっくりご紹介していきます。 みなさんがご存知のラストシーンは トンネルを3人 父、母、千尋 で抜けた後 車に乗って、 もらった髪飾りがキラリと光り トンネルを背に去っていくシーンですよね。 このシーンを最後にエンドロールが流れて終了。 という感じですよね。 これが 一般的に認知されている千と千尋の神隠しのエンディングです。 では ここからが都市伝説とされる幻のエンディングについてです。 その概要を順序立てて説明していきます。 千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 何故かは覚えていない• 新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る• 新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される• 千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く• 橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になり、この川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる といったものになります。 この2ちゃんねる掲示板の書き込みを皮切りに 「 私もこれと同じようなものを観た。 」という意見や 「 こんなもの知らない。 見たことない。 」といった意見が飛び交うようになりました。 実際のところ、スタジオジブリは 「 ファンの解釈にかかわってくるものもあるため、 基本的に内容について発表することはしていない」 と回答しており、内容には言及しない姿勢をとっています。 実にあいまいですね。 ちなみにですがスタジオジブリは 『となりのトトロ都市伝説』は真っ向から否定しています。 しかしながら、多くの人に『観た』と共感されているため 筆者なりの結論 この都市伝説について私なりの結論を申し上げます。 デマ情報ではないだろうか ということだ。 その結論に至った経緯としまして、 書き込みがあった日は 「千と千尋の神隠し」がテレビ放送されたのと同日であり、 ネットで拡散するには絶好のタイミングでした。 我々は常にSNSを生活の一部としているため ネットの情報を安易に鵜吞みにしてしまったり 解釈を間違えてその情報を拡散してしまうこともあります。 そしてその情報に対し一部の人間が 「 一部の劇場限定公開で幻のシーンはあった」 とそれっぽい条件付けをするだけで 情報の取捨選択が難しい人にとっては いっきに 現実へと成り上がってしまうのです。 こういったことの積み重ねで大きな都市伝説になり 広まったのではないでしょうか?• 千と千尋の神隠しには幻のラストシーンが存在した• 出所は2ちゃんねる掲示板の書き込み• スタジオジブリは曖昧な回答• SNSによる情報操作の可能性もあり• このシーンを観たという人も多数 「 千と千尋の神隠しには幻のラストシーンが存在した」 とお聞きになって今はどう思いますか? 幻のシーンは一種の サブリミナル効果によって 刷り込まれたという見方もありますが 私の考えるように 情報が誤って伝わってしまった。 という考えあれば 本当に幻のシーンは存在した。 という考えもあります。 はたまた マンデラエフェクトという考えもあります。 こういった 「曖昧さ」も面白さの1つですよね。 皆さんに覚えておいてほしいのは こういった映画関連の都市伝説に限らず SNSによる情報拡散によって操作されることも少なからずあります。 そのため、それらを自らが取捨選択していく必要があります。 受け身でいるだけ、流れてきたもの鵜吞みにしていては 今後 来るべき瞬間が来た際に出遅れます。 「 点」を投げかけられるだけでなく 自分で「 点」を集めにいき「 線」にする。 これを忘れないでください。 信じるか信じないかはあなた次第です。

次の

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し都市伝説

」 これは、既に視聴された人にとっては朝飯前の内容でしょう。 となると、湯婆婆のもとで千尋が名前を取られて「千」として働いていたこと。 これはすなわち「千」という 源氏名で 千尋が遊女として在籍していたという捉え方もできて、一応筋は通るようにも思えます。 「油屋」に通っている客も心なしか、男性が多い感じですしね。 ちなみに「千と千尋の神隠し」の監督を務めた宮崎駿は本作品に対し、次の衝撃的なコメントを放っています。 つまりは、本作品で登場する「油屋」が「 夜の店ではないか」という都市伝説の信憑性が日増しに高まっていてもおかしくないと言えるでしょう。 とは言え、実際に遊女としての働きをするような場面もそれを匂わせるような描写もなく あったら問題な気もしますが… 、真偽の程は映像からでは判断できかねるところ。 よって、この都市伝説の真偽は明らかにはなっていません。 ですが信憑性自体はかなり高そうで、この話しは胸の内にそっと閉まっておいた方が賢明かもしれません… 不気味な存在「カオナシ」にはモデルがいたという都市伝説 「千と千尋の神隠し」では全体的に一癖ありつつ濃いキャラが多い印象ですよね。 そんな中、ひと際視聴者に衝撃的なインパクトを残したのは「 カオナシ」ではないでしょうか? あの変な鳴き声のような「 あ、あっ…」というセリフは作品を観終わった後も耳に残り続けました。 さらに、千尋から好かれるためにカオナシが凶暴化した場面もかなり印象的で、作品の予告シーンに選ばれたのも納得です。 最後、銭婆のもとで新しい居場所を見つけて嬉しそうなカオナシの姿は個人的に好きなシーンの1つ。 そんなカオナシですが…なんと「 実在する人物をモデルにしていた」という信じがたい都市伝説が存在するのです。 Sponsored Link その人物とは宮崎駿監督と同じく、スタジオジブリの「 米林宏昌」監督。 平成22年に公開された「借りぐらしのアリエッティ」の監督としても、だんだん知名度が上がってきた彼。 そもそもこの都市伝説、スタジオジブリの製作者・鈴木敏夫氏がコメントしたものになります。 実際に 米林監督とカオナシを比べてみると… 確かにどことなく雰囲気は似ているような気がします。 ちなみにこの「カオナシ」。 監督である宮崎駿氏の談によると当初は 脇役として設定されていたようですが、途中から主要なキャラクターに路線変更したとのこと。 確かにあのキャラクターは脇役としてはあまりにもインパクトが強すぎるかと思います。 「千と千尋の神隠し」のラスト。 千尋はなぜ湯婆婆の試練をクリアできたのか? 「千と千尋の神隠し」のラストシーンで、千尋は湯婆婆から「 最後の試練」を与えられます。 その試練とは、目の前に並ぶ 瓜2つの豚たちの中から両親を当てるというもの。 しかし千尋は彼らの中に両親が含まれていないことを湯婆婆に伝えます。 それがすなわち正解。 千尋は無事にもとの世界へと帰っていくことができたのですが、なぜ千尋にそのことが分かったのでしょう? フィーリングと言ってしまえばそれまでですが、彼女はどこでこのような感覚を身につけたのか? これはあくまで想像ですが、千尋は迷い込んだ世界の中で様々な人と触れ合い、経験をし… さらにハクと出会ったことで 豊かな感受性を身に付けたのではないかと推測されます。 その成長によって見事、湯婆婆の試練を成功に導いたのでしょう。 千尋が湯婆婆のテストを無事突破したとき、油屋のスタッフ全員が彼女のことを祝福していました。 また、千尋が既に皆から受け入れられる存在になっていたことも彼女の成長を表していたように感じます。 まとめ ジブリアニメの代表作「千と千尋の神隠し」の都市伝説と謎、いかがでしたか? 筆者的には「 カオナシと米田監督」の説が何より気になった次第です。 そんな視点で作品を眺めてみたり、「千と千尋の神隠し」に伝わる都市伝説や真意を味わいながら視聴してみるのもオススメです。

次の