デレステ 特技 重複。 デレステのレゾナンス理想編成とファン爆増のやり方を解説!【保存版】

デレステ ユニット編成の組み方のコツとサポートメンバーと最強編成方法まとめ

デレステ 特技 重複

Contents• 「オーバーロード」とは? 「オーバーロード」とはデレステのアイドルに設定された特技の一つです。 その効果は 「ライフを減少させる代わりにスコアボーナスとコンボサポートを同時にかける」というものです。 デメリットのある特技ですが、その効果は強力であり、通常のスコアボーナスより高いボーナス倍率をかけつつ、Nice判定やBad判定でもコンボが途切れることはありません(判定自体は覆りませんが) ライフの消費は発動時のみで、オーバーロードが発動することによってライフが0以下になってしまう場合はオーバーロード自体が発動しません。 ライフ消費量は発動周期によって変わり、9秒毎発動のものは15ライフ、7秒毎発動のものは11ライフ、6秒毎発動のものは9ライフを消費します。 この消費量はSRアイドルでもSSRアイドルでも変わりません。 ただし、スコアボーナス倍率はSRアイドルが+16%アップ、SSRアイドルが+18%アップで、SSRアイドルの方が倍率が良くなっています。 以下、使い方や所持しているアイドルなどの詳しい解説です。 スポンサーリンク オーバーロードの使い方 オーバーロードは通常スコアボーナスより高いボーナス倍率をかけつつ、コンボサポートでコンボを途切れないようにしてくれるといった便利な効果を持っていますが、その代償として発動時にライフを消費します。 ライフ消費量は前述した通り、発動周期によって変動しますが、9秒毎発動のものはMasterレベルでのタップBad判定、フリックMiss判定一回分に相当する数値を持って行かれます。 ハッキリ言って、痛いと言わざるを得ません。 オーバーロード持ちのアイドルを多数ユニットに編成していては、ライフが見る見る減っていきます。 特にMasterレベルでは一回のミスが大きくライフに響きます。 筆者もオーバーロード持ちを何も考えず二人も編成してライブに挑んでしまい、オーバーロードでゴリゴリライフを減らされて、普通ならクリア出来るライブを落としたことがあるくらいです。 そのため、オーバーロードを適当に編成し、普通にレベルを上げて使うのはやや活用が難しいでしょう。 心配ならオーバーロード持ちのアイドルを編成しない方が良いのですが、オーバーロードの効果は高く、スコアに直結しないコンボサポートを別枠で編成せずにスコアアップを狙うなら是非編成したいという気持ちもわかります。 なので以下よりオーバーロードと組み合わせると相性が良い特技を提案させて頂きます。 ライフガード ライフガードは発動するとライフに一切のダメージを受けなくなります。 それはオーバーロードのデメリットも例外ではありません。 ライフガードの発動中に発動したオーバーロードは実質デメリット無しになります。 オーバーロード持ちのアイドルを多数編成する場合、一人入れておくとかなり安定します。 オールラウンド オールラウンドは発動するとコンボボーナスとライフ回復が同時にかかります。 オーバーロードで受けたダメージを回復しつつ、オーバーロードのコンボサポートで多少の失敗をカバーしてオールラウンドのコンボボーナスを高い倍率で保つことが出来ます。 オーバーロード持ちが一人程度ならばオールラウンドで事足りるでしょう。 ただし、オーバーロードを多数編入する場合は、オールラウンドのライフ回復だけでは手が足りなくなってしまいます。 オーバーロード持ちを多数編入したいときはライフガードアイドルを一人編入するか、オールラウンドかライフ回復持ちを多数編入してライフ回復の機会を増やしましょう。 ライフ回復 オーバーロードで受けたライフダメージをカバー出来ます。 オールラウンドより多くライフを回復可能ですが、オールラウンドと違ってスコアをアップする効果はありません。 オールラウンドとどちらが良いかはお好みで選んでください。 ここではアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)における「ライフ」について記述させて頂きます。 ライフの減り方やライフ回復が可能なSSRキャラなどについてご紹... スキルブースト オーバーロードの効果を高めてくれます。 ライフ消費量は据え置きで、コンボサポートの範囲をMiss判定まで広げ、更に強いスコアボーナスをかけてくれるようになります。 ライフ消費は据え置きですが、軽くもならないし、無くならないので、サポートは必須です。 基本的にライフを回復する、ダメージを無効化するなど、オーバーロードのデメリットをカバーするスキルとの相性が良いと言えます。 逆に、ライフが多ければ多い程高いコンボボーナスをかける「ライフスパークル」や、発動順次第では無駄にオーバーロードを重ね掛けしかねない博打特技の「アンコール」は相性が悪いと言えるでしょう。 ここではアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)におけるアイドルの特技、「スキルブースト」の効果や編成、スキルブーストを持つアイドルの一覧についてまとめます。 オーバーロード持ちアイドル一覧 オーバーロードを持ったアイドルを恒常中心に一覧させて頂きます。 スカウトチケットを使用する際など参考にしていただければ幸いです。 SSRアイドル 恒常SSRアイドルにはオーバーロード持ちアイドルは存在しません。 全員期間限定排出となっています。 獲得したい場合は復刻を待ちましょう。 使いこなすにはユニット内でのケアをする必要があったり、リズムゲームでミスをしないようにするなどのプロデューサーの手腕が問われます。 敬遠してしまいがちなデメリット持ちの特技ですが、この記事を参考にしつつユニットを組んで、是非一度メリットを体験してみてください。

次の

【デレステ】新特技効果「コーディネイト」について

デレステ 特技 重複

デレステのセンタースキル【レゾナンス】と特技【モチーフ】の効果解説! まず実装当初に一番驚いたのが、ガチャ演出のアニメーション実装でしたね。 まだ大きな動きはありませんでしたが、 髪の動きや瞬きなど、明らかにシャイニーカラーズを意識した感じの改良がくわえられています。 さて、それではフェス限アイドルスキルについて効果のおさらいをしていきましょう。 まずはセンタースキルのレゾナンスからですね。 フェス限の新センタースキル「レゾナンス」 このセンタースキルは3属性別にあるようで、 「レゾナンス・ステップ」「レゾナンス・ボイス」「レゾナンス・メイク」に分かれると予想しています。 その中で北条加蓮さんに付いていたスキルをピックアップして解説していきます。 スキル内容 5種類の特技編成時、ダンスアピール値のみ適用し、すべての特技効果が重複時に加算 ……? まさに「日本語でOK」な効果内容ですが、 詳しく解説していきます。 センタースキルの効果の概要を以下にまとめました。 なので、トリコロール・シナジー編成は使えないという事ですね。 条件達成していないと、 このセンタースキルは発動しないので、編成時に注意して組むようにしましょう。 ただ、ゲストの特技も含むようなので、1つの特技のダブりはOKだそうです。 〇〇〇アピール値は〇〇%アップ! このようなBOOTH効果の時に効果を発揮するセンタースキルになります。 このBOOTHでのスコアが爆上がりするセンタースキルになっています。 いままでは上書きでしたが、このセンタースキルの場合、すべての効果が重複します。 これだけ聞くと 神スキルじゃん! と思う人もいますが、忘れてはいけません。 すべての特技効果が重複時に加算 はい、すべての特技が重複していないと加算されません。 残念なスキルになっています。 なので、今後開催されるLive Carnivalで活躍が出来るセンタースキルとなっています。 フェス限の新特技「モチーフ」 このスキルも例によって3属性別にあります。 新センタースキルが残念な効果だったので、特技も残念な効果かと思っていたら全然違いました。 結構使えそうな特技だったので、具体的に解説していきます。 こちらは喜多日菜子さんの特技をピックアップして書いていきます。 スキル内容 7秒毎、高確率でわずかな間、ユニットのボーカルアピール値が多いほどPERFECTのスコアアップ これは効果内容を見ただけで意味が分かる素敵な効果ですね。 解説するまでもないですが、どれぐらいのアピール値で何%スコアアップするのか調べてみました。 「モチーフ」効果発動時のスコアアップ比率 引用:デレステ攻略まとめwiki なので、編成画面でボーカルの数値を見て倍率を判断できるようになります。 これはトリコロールシナジー2、モチーフ1編成なので、ボーカルアピール値は47267になります。 この状態だと25%スコアアップすることが分かります。 更にスキブ発動時は30%まで上がるので、結構いい効果になっています。 だがしかし! 効果内容を振り返ってみましょう。 1だと3秒、Lv. 10だと4. 44秒 特技Lv. 10でも2秒弱で、結構長いクールダウン時間がある事がわかります。 1だと5秒、Lv. 10だと7. 43秒 特技Lv. 10だとクールタイムが0. 5秒ぐらいです。 これと比較するとモチーフスキルのクール時間の長さが分かると思います。 また、で、 レゾナンスを有効活用する方法を解説しています。 フェス限に選ばれた北条加蓮さんと喜多日菜子さん 最近二人のアイドルがフェス限に登場する傾向にありますが、今回はこのお二人が選ばれました。 北条加蓮さんの人気はもちろん、喜多日菜子さんに至っては最近ボイスが実装された人気上昇中のアイドルです。 それでは、それぞれどんなアイドルか解説していきたいと思います。 病弱だった過去を持つ北条加蓮さん もうこのワードだけでいろいろ想像できますが、 北条加蓮さんは 幼少期から高校生になるまでは病院で過ごしていた過去があります。 よくそんな状態からアイドルになれたと思いますが、 通院時代にテレビの向こう側のアイドルに憧れていたそうです。 ですが、自分の虚弱体質から それはもう、いろいろ諦めていた状態だったそうです。 何もかも諦めていた時にプロデューサーに出会う 高校生になって体調は良くなったものの、 またすぐに通院生活に戻るんじゃないかという不安から、 何事にも期待しない性格になっていた北条加蓮さん。 そんな時に、プロデューサーに出会います。 プロデューサーの根気に負けてアイドルに 始めはそっけない態度を見せる彼女でしたが、 彼女が持つ魅力に気づいたプロデューサーは 何度も何度もアイドルのオファーを北条加蓮さんにする事で、 なんとかアイドルになる事を承諾してくれたようです。 アイドルを始めて輝きだす北条加蓮さん 幼少期の頃に憧れていたアイドルに 自分もなれるんだという期待から、 いままで諦めていた事を全てやり始める事にした北条加蓮さん。 それをバックアップするようにプロデューサーも協力し、 自由奔放に自分を表現するアイドルに変わっていきました。 そんな北条加蓮さんが私は大好きです。 続いて、喜多日菜子さんの魅力について書いていきます。 妄想癖のある喜多日菜子さんはニヘラ顔のプロ ニヘラ顔っていうのは、高角が上がった顔でこんな顔です。 常にこんなニヤーとした顔をしている彼女は、時間があれば妄想をしているようです。 口癖は「むふ」 喜多日菜子さんは、 いつも白馬の王子様が現れるのを妄想し、 「むふふ」と怪しい笑いをもらしている女の子です。 本人曰く 「日菜子は、ぜーったい普通の子ですよぉ。 ただちょっと夢見るのが好きなだけで…」 と言っていますが、 完全に妄想癖のあるアイドルです。 真顔日菜子さん いつも笑顔(ニヘラ顔)な彼女ですが、 ある時突然真顔で返答してくる様を イラストにして投稿する人が多く、ネタとして人気です。 シンデレラガールズ劇場というアニメでも 真顔日菜子さんを再現してくれたようです。 見てみたい方は、 ネット上でアニメを見れるサイトを以前記事にまとめたので、 そちらから確認してみてください。

次の

【デレステ】特技の発動時間別SSRアイドル一覧

デレステ 特技 重複

この記事は、スコア・PRPに伸び悩んでる中級者向けとなります。 PRP1000を超えている方なら知っていると思いますし、SSRが揃っていない初心者の方にはまだ早いと思います。 理論値計算サイトを使えばよくないか?となりますが、「特技だけの強さを見比べる際の一つの考え方」と捉えてくださると嬉しいです。 キャラクターの素の強さ、アピール値を含めて考えると差が出てきます。 ゲーム内で更新があったり間違いがあったら更新する予定です。 以上のことを踏まえたうえでご一読ください。 【特技を見る際に、何を重視すべきか】 本題です。 皆さんは、 特技のなにを見てユニットに入れているでしょうか。 まあスコアを上げることに関する特技、スコアアップとコンボボーナスを入れると思うんですけど、それ以外で。 いくつかこちらで例を挙げます。 正確にはその二つからわかる 「特技が発動しない時間」= 『クールタイム』を最重要視しています。 では例を上げてみていきます。 この「かなりの間」というのは特技レベルを10にすることで約9秒間特技が発動します。 ゲーム内の説明には「かなりの間」と書いていて、どれくらい発動するのかわかりづらいですが つまり 「13秒毎に9秒間発動する特技なのです」 特技が終了してから次の特技発動まで4秒間の もったいない時間があります。 では別のキャラクターの特技を見てみます。 この「少しの間」というのは特技レベルを10にすることで約6秒間特技が発動します。 つまり 「7秒毎に6秒間発動する特技なのです」 もうお気づきでしょうか? 特技が終了してから次の特技発動までの もったいない時間。 あんずが4秒だったのに対し、 アナスタシアはもったいない時間が1秒と凄く短いです。 私がSSRアナスタシアを推している理由はこの 『クールタイムの短さ』です 凄く当然のことを書きますが 「特技の発動していない時間が短い」ということは、「特技が発動している時間が長い」ということです。 ちなみに限定の 智絵理SSRも「7秒中確率少しの間」でアナスタシアと同じ。 超強いです。 おそらく2度と手に入りませんがね^^; ここで一応押さえてほしいことがあります。 曲によって流れてくるノーツの数、タイミング、密度などは違いますよね。 多少クールタイムが長くてもその曲と相性が良く、たくさんのノーツが流れてくるタイミングで発動してくれる特技ならスコアは出ます。 簡単に言うと 「曲ごとにスコアが出やすいキャラクター(特技)って違うから、いろいろ計算したりして試してみてね」 ってことです。 まあ一番最初に書きましたが特技だけで見比べるならクールタイムなどを見ればいいです 以下は、特技レベル10の場合における特技の発動時間です。 参考してください。 時間はおおよそです。 といっても0. 0何秒程度の誤差ですが。 参考までに。 特技の発動確率について 特技の発動確率は重要じゃないの?って話です。 当然重要なのですが、 高確率で発動する特技というのは基本的にクールタイムが長いものが多いです。 ゲームバランス保ってるんでしょうね。 ただし、ひとつだけ例外が。 4秒毎高確率一瞬 の特技です。 鬼だな。 4秒毎に3秒間発動してクールタイムが1秒なら。 それだけ高頻度で発動してクールタイムが入るなら、結局最終的にクールタイム長くなりそうだなと思った方もいらっしゃるかもしれません。 まあ間違ってはいないですけど、 中確率と同レベルか少し劣る程度の発動時間はありますし、同じ高確率の特技と比べるとかなり発動時間が長いです。 それを高確率で発動させる。 完全にOPです。 以下は特技の発動確率です。 キャラの属性と曲の属性が一致すると発動確率が高くなります。 全属性曲の場合は、どの属性のキャラクターも発動確率が上がります。 これは有名だと思いますが 「クールタイムが短い特技がいいのか」と7秒中確率少しのキャラをたくさん使ったユニットを組んだとします。 (これだけ強い特技はそんなにいませんがね) このように秒数をかぶせるのはできるだけやめましょう。 まあそれしかSSRのキャラがいないなら仕方ないですが。 スコアアップ、コンボボーナス、判定強化、回復で特技をグループ分けした際に同じグループで『7秒ごとに~』、この秒数がかぶっていると片方しか特技が発動しません。 両方同時に発動するということはありません。 「7秒ごとに~スコアアップ」と「7秒ごとに~コンボボーナス」はOKです 以上で特技の強さについての説明は終了です。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 なにかおかしな点がございましたらコメントにてご指摘お願いします。 特技だけで見比べる際の指標 として書かせていただきましたが キャラクター全体の強さを知りたいのなら、有名なこちらのサイト使ってください。 配信内での質問も答えられる範囲でお答えしますのでお気軽にどうぞ。 【特技自体が】「完全な上位互換」とは言い切れません 凛の特技は「7秒高確率【わずか】」なのでクールタイム2. アナスタシアは書かれているとおり「7秒中確率【少し】」クールタイム1秒。 ただし18%と15%なのでどちらがスコアが出るかまた別の話です。 全体で見たとき凛のほうが強いです アナスタシアは強いですが、はっきり言って限定ニュージェネは それをねじ伏せます。 オーバーパワーというやつです。 ほぼ誤差の範囲ですがね。 ただし凛は確定で入れたいです。 それほど強いです。 限定ニュージェネに関する記載が記事になかったため混乱させてしまったのは 申し訳ございませんでした。

次の