ドサイドン 技。 ドサイドン

【ポケモン剣盾】ドサイドンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ドサイドン 技

ドサイドン ドリルポケモン ガラルNo. 266 ヨロイ島No. 185 ぜんこくNo. 464 高さ 2. 4m 重さ• 282. 8kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Rhyperior タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 42で『サイホーン』から進化• またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 例えば、本来2倍弱点の場合は1. 5倍のダメージに軽減される。 2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 5倍をその相手に与える。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 [Lv. 40 赤緑青ピ ,サイドン:Lv. 40 赤緑青ピ ,サイホーン:Lv. 19 金銀ク ,サイドン:Lv. 19 金銀ク ,サイホーン:Lv. 15 GBA ,サイドン:Lv. 15 GBA ,サイホーン:Lv. 7 ピカブイ ,サイドン:Lv. 7 ピカブイ ,サイドン:基本 ピカブイ〜赤緑青ピ ,基本 USUM〜DPt ,Lv. [サイホーン:Lv. 50 赤緑青ピ ,サイドン:Lv. 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 [サイホーン:Lv. 19 ピカブイ ,サイドン:Lv. [サイホーン:Lv. 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。

次の

【ポケモン剣盾】ドサイドン育成論 攻撃を受け止め、物理で砕く!

ドサイドン 技

ドサイドンの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 115 140 130 55 55 40 タイプ タイプ1 タイプ2 いわ じめん 特性 ひらいしん 電気技を無効化し、特攻1段階上昇。 電気技の対象が自分になる ハードロック 弱点タイプの技のダメージを4分の3にする すてみ(夢特性) 反動技の威力が1. 2倍になる 長所・短所 まず HP・攻撃・防御の種族値が軒並み110以上という、 並外れた物理性能の高さが目を引くポケモンです。 物理アタッカーとしてはとびきりの逸材であり、特に 攻撃は 伝説を除けばトップクラスの高さを誇ります。 高威力の物理技も多数覚えるので、ドサイドンで 火力に困る事はまずありません。 さらにHPと防御の高さに加えて特性の ハードロックによる弱点ダメージの軽減もあって、 物理方面に関しては無類の強さを誇ります。 ですが、それに反して 特殊方面は壊滅的に低く、 素早さもかなりの鈍足なので基本的に先手は取れないでしょう。 特に特防は大きなネックになっており、ハードロック込みでも 特殊アタッカーをぶつけられたらあっさり倒されかねないという弱点も。 出すべき相手を見極めて使うか、何らかの方法で特殊対策をしっかりとしておくのが重要になります。 ちなみに もろはのずつきを覚えないせいで夢特性が使い物にならない状態ですが、シングルだと基本的にハードロックを使うので問題ありません。 育成論 とつげきチョッキ型 努力値 HP:220(実数値218) 攻撃:100(実数値190) 防御:140(実数値168) 特防:44(実数値81) 技構成 解説 とつげきチョッキで耐久を上げ、戦える相手を増やした型です。 XYの時代から使われている型で、 とつげきチョッキを持たせることで弱点である 特殊耐久の低さをカバーします。 特性が ハードロック前提ではありますが、このおかげで 補正ありで特化された弱点タイプ相手でも不一致だったり4倍弱点じゃなければ一発は耐えられます。 物理なら ドリュウズのじしんや ヒヒダルマのつららおとしにも耐えますし、特殊なら シャンデラのエナジーボールや ルカリオのきあいだまだって耐えきれました。 こうすることで長時間場に残る事ができ、 より多くの相手に高威力の物理技で負担をかけることが可能となります。 また、耐久を重視して努力値を振ったので一見攻撃面が弱く思えるかもしれません。 ですが、それでも 種族値120のポケモンに攻撃特化の努力値振りをしたのと同じだけの攻撃力はあります。 物理アタッカーとしては十分な数値なので、これで問題はありません。 次に技構成ですが、まず タイプ一致の技2つだけでかなりの攻撃範囲になるので、そのうえで安定した性能の じしんと ストーンエッジは確定。 後はこの2つで弱点を突けないタイプ対策のサブウェポンと、カビゴンなどの突破困難な相手への対策として一撃技を入れましょう。 この構成の場合は一撃技が つのドリル、サブウェポンはエスパー・悪対策の メガホーンを採用しています。 実演してみた では、このドサイドンが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこちらの方との対戦を使います。 …え、 サーナイトの時のパーティと同じ?これが今の管理人のメインパーティです。 近いうちにカポエラーとフシギバナのもやるのでお楽しみに。 対戦よろしくお願いします。 GBA時代からどんどん強化されていった結果がこちらです。 お相手の初手はヒートロトム。 この後当然交代されましたが… 交代先として出て来たのは、受け側としての仮想敵のドリュウズ。 解説で書いた通り、 じしんが飛んできても一撃までなら耐えられます。 そして耐えてからこちらもじしんを撃てば ドリュウズは確1。 現環境トップメタの一角であるドリュウズをたやすく返り討ちにできる高性能なポケモンです。 まとめ 極端に高い物理性能で押し潰すポケモン、ドサイドンの育成論でした。 GBA時代にサイドンのまま強くなり、DSで進化して、 世代を重ねるごとにさらに強くなっていったドサイドン。 物理要員としては非常に強力なので、使ってみるのをオススメします。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

ドサイドンの技でおすすめの構成は?どの技が良い?

ドサイドン 技

ドサイドンの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 115 140 130 55 55 40 タイプ タイプ1 タイプ2 いわ じめん 特性 ひらいしん 電気技を無効化し、特攻1段階上昇。 電気技の対象が自分になる ハードロック 弱点タイプの技のダメージを4分の3にする すてみ(夢特性) 反動技の威力が1. 2倍になる 長所・短所 まず HP・攻撃・防御の種族値が軒並み110以上という、 並外れた物理性能の高さが目を引くポケモンです。 物理アタッカーとしてはとびきりの逸材であり、特に 攻撃は 伝説を除けばトップクラスの高さを誇ります。 高威力の物理技も多数覚えるので、ドサイドンで 火力に困る事はまずありません。 さらにHPと防御の高さに加えて特性の ハードロックによる弱点ダメージの軽減もあって、 物理方面に関しては無類の強さを誇ります。 ですが、それに反して 特殊方面は壊滅的に低く、 素早さもかなりの鈍足なので基本的に先手は取れないでしょう。 特に特防は大きなネックになっており、ハードロック込みでも 特殊アタッカーをぶつけられたらあっさり倒されかねないという弱点も。 出すべき相手を見極めて使うか、何らかの方法で特殊対策をしっかりとしておくのが重要になります。 ちなみに もろはのずつきを覚えないせいで夢特性が使い物にならない状態ですが、シングルだと基本的にハードロックを使うので問題ありません。 育成論 とつげきチョッキ型 努力値 HP:220(実数値218) 攻撃:100(実数値190) 防御:140(実数値168) 特防:44(実数値81) 技構成 解説 とつげきチョッキで耐久を上げ、戦える相手を増やした型です。 XYの時代から使われている型で、 とつげきチョッキを持たせることで弱点である 特殊耐久の低さをカバーします。 特性が ハードロック前提ではありますが、このおかげで 補正ありで特化された弱点タイプ相手でも不一致だったり4倍弱点じゃなければ一発は耐えられます。 物理なら ドリュウズのじしんや ヒヒダルマのつららおとしにも耐えますし、特殊なら シャンデラのエナジーボールや ルカリオのきあいだまだって耐えきれました。 こうすることで長時間場に残る事ができ、 より多くの相手に高威力の物理技で負担をかけることが可能となります。 また、耐久を重視して努力値を振ったので一見攻撃面が弱く思えるかもしれません。 ですが、それでも 種族値120のポケモンに攻撃特化の努力値振りをしたのと同じだけの攻撃力はあります。 物理アタッカーとしては十分な数値なので、これで問題はありません。 次に技構成ですが、まず タイプ一致の技2つだけでかなりの攻撃範囲になるので、そのうえで安定した性能の じしんと ストーンエッジは確定。 後はこの2つで弱点を突けないタイプ対策のサブウェポンと、カビゴンなどの突破困難な相手への対策として一撃技を入れましょう。 この構成の場合は一撃技が つのドリル、サブウェポンはエスパー・悪対策の メガホーンを採用しています。 実演してみた では、このドサイドンが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこちらの方との対戦を使います。 …え、 サーナイトの時のパーティと同じ?これが今の管理人のメインパーティです。 近いうちにカポエラーとフシギバナのもやるのでお楽しみに。 対戦よろしくお願いします。 GBA時代からどんどん強化されていった結果がこちらです。 お相手の初手はヒートロトム。 この後当然交代されましたが… 交代先として出て来たのは、受け側としての仮想敵のドリュウズ。 解説で書いた通り、 じしんが飛んできても一撃までなら耐えられます。 そして耐えてからこちらもじしんを撃てば ドリュウズは確1。 現環境トップメタの一角であるドリュウズをたやすく返り討ちにできる高性能なポケモンです。 まとめ 極端に高い物理性能で押し潰すポケモン、ドサイドンの育成論でした。 GBA時代にサイドンのまま強くなり、DSで進化して、 世代を重ねるごとにさらに強くなっていったドサイドン。 物理要員としては非常に強力なので、使ってみるのをオススメします。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の