排水口 臭い 取り方。 キッチンの排水口のにおいの取り方、教えて!

洗面台が臭いのはイヤ!「排水口」「洗面台下の収納」を今すぐチェック

排水口 臭い 取り方

キッチンは、いい匂いがたくさんする場所だと紹介しました。 そんないい匂いのするキッチンですが、キッチンでは料理をするため美味しい匂いだけでなく、嫌な臭いが発生しやすい場所の1つになります。 その臭いの原因は、料理で飛び跳ねてしまった油にあります。 その油は、換気扇やガスコンロなどについてしまいます。 そんな換気扇やガスコンロに飛び散った油は、空気に触れることで酸化することで嫌な臭いの原因になります。 そのため油系の臭いは、飛び散ってしまった油をこまめに拭き取り酸化を防ぎましょう。 そして年に1回は、大掃除をして付着している油を落とすことが、油系の臭いを蔓延させない方法になります。 換気扇やガスコンロは、油汚れがつきやすいと紹介しましたがそんな換気扇にはフィルターやカバーをつけて油汚れを防止できます。 そんなカバーやフィルターは、100均などでも購入することができます。 そんなカバーやフィルターの関連記事を下記に付属しているので、購入するときの参考にしてください。 台所の臭いの取り方で大切なことは、菌が発生する栄養素を残さないことになります。 しかし、それ以外には調理に使用する油が飛びはねます。 そしてその飛んだ油と、空気が触れ合い酸化をおこすことで油臭いの原因になります。 この油が酸化した臭いが、発生しやすい場所は換気扇とコンロになります。 そのため換気扇や、コンロを外して掃除するのは当たりまえです。 しかし飛び跳ねた油は、ガスコンロに油はねガードにも大量に付いています。 そのため、油はねガードもこまめに取り替えることをおすすめします。 また魚焼きグリルも、焼いた魚の臭いが原因になりやすいため、魚焼きグリルを使った場合は念入りに洗いましょう。 そんな飛び跳ねた油は換気扇につきやすいと紹介しましたが、換気扇の油を落とすにはコツが必要です。 その換気扇についた油汚れの落とすコツを紹介している記事を下記で紹介します。 ぜひ換気扇を掃除するときの参考にして、換気扇の油汚れを綺麗にしてください。 台所の匂いを予防する方法で大切なことは、「掃除」です。 台所だけではなく、臭いを出さないためには臭いの元である汚れを落とすことが重要です。 そのため掃除が一番大切になり、掃除場所はシンクやコンロはもちろんですが、三角コーナーや排水口のゴミ取りカゴなども全てです。 その掃除場所の中でも特に、三角コーナーと排水口のゴミ取りカゴは、生ゴミが入るため菌のエサになりやすいが豊富にあります。 そのため、他の場所よりもどうしても臭いが出てしまう場所なため、こまめで丁寧に掃除する必要があります。 このこまめな掃除が、台所の臭いを抑える大事な方法になります。 台所の臭い予防法|いい匂いを保つにはドリップ後のコーヒーカスを使おう! 台所の嫌な臭いを防ぐためには、掃除が1番大切だと紹介しましたが、そんな臭いを防ぐための掃除をするには、どんなアイテムがおすすめなのでしょうか。 台所の嫌な臭いを防ぐためには、頑固についてしまった汚れを綺麗に落とす必要があります。 そんな、頑固な汚れを落とすときにおすすめなのがキッチンハイターです。 キッチンハイターは、漂白剤であるためしつこい汚れも落せるアイテムです。 そんなキッチンハイターは、臭いが強く肌荒れをおこす程強い薬剤なため苦手な人が多いです。 そんなキッチンハイター特有の強い臭いが少なく、泡が出てくるスプレータイプもあるためキッチンハイターが苦手な方におすすめです。 そんな、キッチンハイターを使って汚れを落とす流し台は、水垢などカルキが溜まってしまう場所になります。 そんなカルキの掃除方法を、詳しく紹介している記事を下記に付属しているため、ぜひ流し台を掃除するときの参考にして、掃除をしてみてください。 台所の臭い対策でおすすめしたいアイテム2つめは、排水口のパイプを洗浄する「パイプ洗浄剤」です。 台所で臭いが発生しやすいのが、三角コーナーと排水口のゴミ入れだと紹介しましたが、排水口の先の排水管もゴミ入れから落ちた生ゴミや、ヌメリが発生するためそのことが細菌を増幅させて臭いを発生させる原因になります。 そのためヌメリなどを、洗い落とすためにも「パイプ洗浄剤」が必要になります。 このパイプ洗浄剤には、液体や錠剤など複数のタイプが存在するため、状況にあったタイプのパイプ洗浄剤を使いましょう。 また定期的に、洗浄剤を流すことで排水管の臭いを抑えるだけではなく、排水管の詰まりも予防できるためおすすめします。 台所の臭い対策におすすめアイテム|重曹は小さな子どもがいる家庭使える! 台所の臭いを予防できる大切な掃除アイテムで、おすすめしたいのが「重曹」です。 この重曹は、便利な洗剤として定着しつつあるアイテムです。 そんな重曹は、油汚れやシンク磨きに力を発揮してくれるアイテムになります。 そんな重曹は、スプレーに水に溶かして使ったり、それでも落ちない汚れには泥状にして使いましょう。 また汚れが強い場合には、重曹を泥状にして直接つけてからしばらく放置しましょう。 この重曹で浸け置きする方法は、強い汚れも綺麗に落とすことができます。 また重曹は、他の洗剤と違い無添加になるため、小さな子どもがいるお家でも安心して使うことができます。 そんな小さな子どもにも使うことができる重曹は、100均でも購入することができます。 そんな100均で購入できる重曹を紹介している記事を下記で付属しているため、ぜひ重曹を購入するときの参考にしてください。 台所の臭い対策のおすすめアイテムは、生ゴミ用の袋になります。 先ほど、バイオスプレーを使うことで、嫌な臭いを減らすことができると紹介しましたが、その臭いを抑えるアイテムとしてもう1つおすすめなのが「生ゴミ用の臭い袋」です。 この袋を三角コーナーなどにつけて生ゴミを入れることで臭いを減らすことができます。 臭いを減らせる理由は、袋の入り口は袋の口を結ぶとキュッと結ぶことができるからです。 そのため嫌な臭いが、袋の外に漏れにくい構造になっています。 そのため生ゴミが出た場合には、この袋に入れて口を結ぶことで、外に逃げてしまう嫌な臭いを閉じ込めておくことが可能になっています。 台所の臭い対策におすすめアイテム|シンク真空シリコン蓋で臭いを抑えよう 台所の嫌な臭い対策におすすめしたいアイテムはシンク用の「真空シリコン蓋」になります。 どうしても、嫌な臭いが出てきてしまう排水口の入り口を閉じるためのシリコン製の蓋になります。 また紹介している商品は、排水口の上に被せるだけで、自動的に密封してくれるため嫌な臭いが外に漏れることがありません。 そのため、できればしっかり密封してくれるタイプの排水口の蓋を見つけることが大切です。 もし、紹介している密閉タイプの蓋を見つけられない場合には、他のものでも排水口の入り口を塞ぐことで臭いを少しは漏らすことを防げるため、ぜひ使ってみることをおすすめします。 台所の嫌な臭いはこまめな掃除やアイデア商品を使って防ごう! 台所の臭いの原因は、三角コーナーや排水口のゴミ入れなどにある生ゴミや、排水管などに付いたヌメリや詰まりなどに、細菌などが繁殖することで臭ったり、料理をすることで飛んだ油が酸化することで嫌な臭いを放ってしまいます。 そんな台所の嫌な臭いが消える方法は、その臭いの元を綺麗に取り除くことになります。 嫌な臭いを発生させないためにも、こまめな掃除が大切になります。 しかし忙しい毎日の中で、台所をこまめに掃除することは不可能に近いです。 毎日こまめに掃除することは難しいですが、生ゴミ用のバイオスプレーや排水管の真空できる蓋など、臭いを出さないためのアイデア商品を使うことで臭いを抑えることができます。 ぜひ台所の嫌な臭いを、押えることのできるアイデア商品などを使いながら、細菌が繁殖して増殖しないようにしましょう。 そして綺麗に保つことで、いい匂いのするキッチンを手に入れてください。

次の

お風呂・浴室の排水溝が臭い!悪臭の原因と直し方

排水口 臭い 取り方

家事アドバイザー・節約アドバイザーとしてテレビ・講演・コラム連載などで活動。 頭を使って賢くスマートに、時間とお金をバランスよく使う暮らし方を提唱。 著書に「シンプルライフの節約リスト」(講談社)などがある。 キッチン、洗面所、浴室などの排水溝から臭いがする原因は排水溝奥の汚れやぬめり。 一度汚れやぬめりが着くようになってしまうと完全に落とすことが難しいので、次から次へと汚れが溜まるクセがつき、いつまで経っても臭いがするようになってしまいます。 現時点で既に臭いがする場合は市販のパイプクリーナーを利用して一気に汚れを落としてしまいましょう。 その後は毎日の使用後に真水を30秒から1分ほど流し、排水溝の汚れも流して綺麗な水が溜まっているようにします。 そのようにすることでバクテリアなどの繁殖も防げてぬめりの防止をすることができます。 キッチンの排水溝の臭いの原因 キッチンの排水溝の構造は、基本的にどの家庭でも同じです。 排水トラップからの臭い 排水溝の一部である排水トラップや排水ホースは、下水管からの臭いや害虫、ネズミなどの侵入を防ぐ働きがあります。 排水溝からの臭いは排水トラップの劣化や破損、設置ミスなどが原因で、汚れが詰詰まって雑菌の繁殖で臭いが発生している可能性があります。 排水トラップってなに? 排水トラップは排水溝の下、排水バスケット下付近に取り付けられている装置で、常に水を溜めておくことで、下水からの臭いや害虫、ネズミなどの侵入を防いでいます。 水が溜まっていると聞くと、その水が腐っているため、それが臭いの原因かと考えてしまいますが、キッチンを使うたびに古い水は押し流され、その溜まった水は入れ替わります。 つまり、常に新鮮な水が溜まるようにできていますので、基本的にはそこにある水が腐るという事はありません。 これを「水封(すいふう)の水」と言います。 しかし、下水からの臭いをブロックしていても、排水トラップが汚れていたり、破損している場合などは臭いの原因になってしまいますので注意しましょう。 排水ホースからの臭い シンクの汚れた水は、排水トラップから排水ホースとつながり、さらに排水管へとつながっています。 排水管と排水ホースの間に隙間がある場合、そこから下水の臭いが上がって来ることもあるので注意が必要です。 排水バスケット(ゴミ受け)からの臭い キッチンの排水溝の臭いの一番の原因がシンクの排水バスケットです。 排水バスケットの役割は、シンクから流れる大きな食べカスやゴミなどを受け止める事です。 種類は浅型、深型、細型の3つがあり、ここでゴミを受け止めきれなかった場合、排水溝全体の詰まりや、臭いの原因になります。 スーパーや100円ショップ、ホームセンターのキッチン用雑貨のコーナーなどで、排水バスケット用の使い捨てネットを購入し、さらにごみを逃さないようにキャッチする工夫をすると良いでしょう。 家事アドバイザー:矢野きくの お風呂の排水溝の臭いの原因 お風呂の排水溝には、髪の毛、垢、油、石鹸かすなど、臭いの元になる雑菌の栄養素がたくさん流れます。 また、髪の毛や垢はたんぱく質ですので、時間が経つと腐って臭いを放ちます。 しかし、排水溝付近は掃除しているという人が殆どかと思われますが、排水溝は、いくつかのパーツに分かれています。 多くの方は、最上部のヘアキャッチャーと呼ばれる部分しか掃除をしていなかった…ということですが、ヘアキャッチャー以外のパーツからも臭いが発生しています。 パーツごとに排水溝の臭いの原因をご紹介します。 ヘアキャッチャーからの臭い ヘアキャッチャーはバスルームからの流れる汚れや髪の毛などを受け止めています。 ヘアキャッチャーは目に見える分かりやすい箇所なので、掃除をしている人が多いかと思います。 ヘアキャッチャーにはよく髪の毛などが絡まりますが、そのままにしていると、石鹸カスや体の油が髪の毛に付着し、ヌメリが出て、臭いが発生します。 排水トラップからの臭い ヘアキャッチャーの下には排水トラップと呼ばれる部品がついています。 排水トラップは筒状で、水を溜めておくことで、排水管の奥の臭いが上がってこないようになっています。 実は、この排水トラップ自体に石鹸カスや油脂成分が固まり、ゲル状の汚れになっていることがあります。 築年数が経過していたり、排水トラップの掃除をしたことがなく、臭いがする場合は、排水トラップに汚れが溜まっていることが原因の可能性があります。 配水管からの臭い ヘアキャッチャーも排水トラップも掃除しているにもかかわらず、臭いがする場合、排水管に蓄積されたヌメリや汚れが原因かもしれません。 排水溝の使用年数が長いと、排水トラップをきちんと掃除していても、排水管にヌメリや汚れがこびりついてしまいがちです。 また、家庭全体の排水の合流地点である排水枡から、浴室まで臭いが上がってくることがあります。 例をあげると、キッチンでうっかり、食材から出た生ごみや、使用済みや、食べ残しの油等を流してしまっていると、排水枡で腐敗し、特に梅雨や夏の時期に臭いが発生することがあるため、注意が必要です。 換気からの臭い マンションやアパートなど賃貸物件に多くみられるタイプですが、浴室に窓がなく、換気扇も小さく、空気の循環が上手くいかない場合、カビが発生し、カビが原因の臭いが発生することがあります。 浴室全体からの臭い 浴槽、壁、床など、排水溝以外の浴室の各箇所を掃除していないと、臭いが発生することがあります。 洗面所の排水溝の臭いの原因 洗面所から気になる臭いがした場合、考えられる原因について、考えていきます。 意外にいろいろな種類の成分を洗面台から流れているため、それらが原因となって臭いがあがってくることがあるようです。 シンクからの臭い 洗面台のシンクの排水溝には髪の毛や歯磨き粉や洗い流した化粧品類などたくさんの成分が溜まっていきます。 そこに雑菌が発生し、臭いの原因になると考えられます。 S字トラップからの臭い 排水溝をきちんと掃除したのに臭いが取れない場合、シンク下に原因があることが多いようです。 洗面台で流した排水は、排水溝から下水管へと流れていきます。 洗面台の下を見てみるとパS字型のパイプがつながっており、下水臭が上がってこないようになっています。 パイプが真っ直ぐだと全ての水が流れて空気の通り道になり臭いも運ばれてしまいます。 S字にすることで、水をパイプ内に残し、臭いが上がってこないようになっているのです。 もし、臭いがする場合、そのとどまっているべきS字部分の水が蒸発してしまい、パイプ内に水が溜まっていない状態になっていることが考えられます。 これは、長い間洗面所を使っていない場合に起こる現象です。 長期間家を空けた場合や、マンションやアパートに引っ越した時に洗面所が臭う場合は、このことが原因と考えらえそうです。 排水パイプと排水キャップからの臭い 排水管と排水パイプのつなぎ目を確認してみて、塩ビ管(床から出ている管)と、排水パイプの間に隙間があると、そこで臭いが充満します。 おおよその臭いの原因はここにあると考えてよいかもしれません。 また、塩ビ管と排水パイプの間には、防臭キャップと呼ばれる下水の臭いを防止するパーツがあります。 この防臭キャップが緩んでいたり、劣化している場際に、下から上がってくる下水の臭いを防ぐことが出来なくなります。 排水溝の臭いを消す場所別掃除方法 家庭のそれぞれの場所の排水溝の臭いの原因についてお話しましたが、それらの場所別のお掃除方法についてご説明します。 排水溝のゴミ受けの臭いをとる方法 キッチンハイターに漬け置きするのも有効ですが、今回の洗浄液は重曹と酢、キッチン用の中性洗剤で作ります。 用意するもの• キッチン用中性洗剤• ゴム手袋• 使い古した歯ブラシまたは、台所用のスポンジ• 重曹…1カップ(200cc) 家庭にあるもので簡単に作れる洗浄剤を使って綺麗にお掃除ができます。 排水溝の臭いを取る手順• 窓を開け、換気扇を回すなどで換気している状態にしておく。 排水溝のカバーや排水バスケット、排水トラップはシンクに出しておく• 排水バスケットに溜まったゴミをあらかじめ捨てておく• キッチン用中性洗剤を歯ブラシかスポンジにつけ、取り出した各パーツをこすり洗いする• 排水溝に重曹をたっぷり振りかける• ふりかけた重曹の上に、酢を回しかける• 泡が発生してたら、30分~1時間程度そのまま置く• 排水溝の臭いのお掃除で苦労しないために、最低でも1週間に1回、梅雨の時期や夏場などは2~3日に1回は、ヘアキャッチャーのゴミを取り除きましょう。 ただし、排水溝の種類によっては、ヘアキャッチャーがない場合があります。 ヘアキャッチャーがついていない場合、排水管に大量の髪の毛が流れ出て詰まり、排水溝から臭いが発生しやすくなります。 ヘアキャッチャーがない場合は、ホームセンターや100円ショップ、オンラインショップなどで、排水溝にあったサイズのヘアキャッチャーを購入することをお勧めします。 排水トラップについては、お掃除はほとんどしたことのない方もいるかと思います。 築年数がかなり経過している場合は、汚れがこびりついている場合がありますので、お掃除中の水はねで、口に汚水が入ることを避けるために、マスクをつけて作業しましょう。 用意するもの• マスク• ゴム手袋• スポンジ• 使い古した歯ブラシなど 排水溝の臭いを取る手順• 排水溝カバーを取り外す ゴム手袋とマスクを装着し、排水溝カバーを取り外す。 (だいたいがシャワーを流した後に水が流れていく場所にあるふた)• ヘアキャッチャーを取り外す 排水溝カバーを取り外したところある、ヘアキャッチャー(穴の空いた金属もしくはプラスチックのパーツ)を取り外す。 (排水溝のタイプによっては、ヘアキャッチャーがないタイプもある。 排水トラップを外す ヘアキャッチャーを取り外した後、排水トラップと呼ばれる筒を上に引き抜いて取り外す。 (円筒状と楕円形タイプあり)• スポンジやブラシを使って掃除 カバー、ヘアキャッチャー、排水トラップを取り外した後は、スポンジやブラシを使ってお掃除。 排水トラップには、油や石鹸カスなどが固まってできたぬめりがあるので、そのぬめりをきれいに拭き取る。 水で洗い流す お掃除が終わった後は、部品を取り付け直して水を流して完了。 排水トラップ、排水溝の手前に近い部分で汚れが詰まっている場合はこの方法でOK。 一度お試しください。 お風呂の排水管掃除 今回の方法は薬剤を流すだけですので、ご自身でお試しいただけます。 特殊な技術などは必要ありません。 用意するもの• 液体パイプクリーナー• ゴム手袋 液体パイプクリーナーを使う際は、しっかりと換気をしましょう。 また、酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生しますので、十分に注意しましょう。 液体パイプクリーナーを使用する際は、必ず液体パイプクリーナーの注意書きを呼んでから使用してください。 排水溝の臭いを取る手順• 排水溝カバーを取る 排水溝のカバーを取り外す。 ヘアキャッチャーにゴミがついている場合は、先に取り除いておく。 液体パイプクリーナーを流す 液体パイプクリーナーを排水溝に流す。 流す量は、必ず使用方法を読み、適量を流し込む。 所定時間待ち、水を流す 液体パイプクリーナーの使用方法に書いてある所定の時間まで待った後、水で薬剤をしっかりと洗い流して完了。 お風呂場の場合は、パーツによってお掃除方法を分けることで、臭いの原因を断つお掃除ができます。 ぜひお試しください。 洗面所の排水溝の臭いをとる方法 洗面台の排水溝には時間をかけてさまざまな汚れが溜まっていきます。 表面上はスポンジでこすり洗いすればすぐに綺麗になりますが、こまめに掃除するのが詰まりや臭いを防ぐポイントなので、できれば週に1回はお掃除をしましょう。 用意するもの• カビキラーなどの塩素系漂白剤• ティッシュ• スポンジ• 使い古した歯ブラシ 排水溝の臭いを取る手順• 排水溝のフタを取って大きなゴミを取る 排水溝のフタを外し、ゴミ受けについた髪の毛などをティッシュで取り除く。 シンク全体と排水溝の周辺にある髪の毛等もティッシュで取り除く。 汚れがあれば洗い落とす。 塩素系漂白剤を吹きつける 排水溝にたまるヘドロのような汚れは塩素系漂白剤で一除菌も兼ねてお掃除。 ふた全体と、排水溝の中までしっかりまんべんなく吹きつける。 20~30分程度置いてから、水を流す 20~30分程度置いた後、水できれいに洗い流す。 最後に洗ったふたを元に戻して完了。 水を流しただけでは汚れが残っている場合もあるので、スポンジで軽くこすり落としましょう。 排水溝のなかは使い古しの歯ブラシを使うと楽にお掃除ができます。 こまめなお掃除で臭いの元を断ちましょう。 まとめ 排水溝の臭いを断つためのお掃除、いかがでしたか?臭いの原因を断つお掃除で重要なポイントは以下の通りです。 目で見える表面のお掃除だけでなく、ふたの奥のお掃除で臭いの原因は断てる• 排水溝のパーツごとに合った掃除用具や方法で掃除する• こまめなお掃除が臭いを防ぐ。 排水溝の上部のゴミはこまめに取り除く 汚れやゴミをため込む前のこまめなチェックで臭いを防いできれいな水回りを保っていきましょう。

次の

洗濯機の臭いの原因はカビ・洗剤・下水の3つ!対処法をそれぞれ紹介|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

排水口 臭い 取り方

お風呂の排水口悪臭の原因 お風呂の排水口には、髪の毛などの体毛、垢、油、石鹸カスなど、臭いの元になる雑菌の栄養分がたくさん流れています。 また、髪の毛や体毛、垢などはたんぱく質ですので、時間が経つと腐って嫌な臭いを発するようになります。 これらの汚れが、排水口に留まることで悪臭が発生してしまうことがあります。 しかし、「排水口と呼ばれる部分は一応掃除しているけど・・・」という人もいらっしゃるかと思います。 実は、排水口はいくつかの部品に分かれており、多くの人は一番上にあるヘアキャッチャーと呼ばれる部分しか掃除ができていないことがあります。 そこで、まずは悪臭の原因となる場所についてご紹介したいと思います。 関連記事: 悪臭原因1. ヘアキャッチャーにゴミが溜まっている 排水口のカバーをあけると、髪の毛などを受け止めるヘアキャッチャーと呼ばれる部品があります。 このヘアキャッチャーは目に見える部分なので掃除をしている人が多いかと思いますが、初めて一人暮らしをする人などは見落としていることもあります。 ヘアキャッチャーにはよく髪の毛や体毛などが絡まります。 そのまま放置していると、石鹸カスや体の油が毛に付着してヌメリが発生し、最終的に悪臭が発生します。 人によって抜ける毛の量などは違ってきますが、1週間に1回はヘアキャッチャーのゴミを取り除いた方がいいでしょう。 ヘアキャッチャーがない場合もある お風呂の種類によっては、ヘアキャッチャーが着いていない場合もあります。 ヘアキャッチャーがついていないと、排水管などに大量の毛が流れてひどい詰まりが発生してしまうことがあります。 気になる場合は、ホームセンターやネットショップなどで、自分のお風呂の排水口にあったサイズのヘアキャッチャーを購入するといいでしょう。 悪臭原因2. 排水トラップのヌメリ・汚れ 先ほどのヘアキャッチャーは、排水口のカバーを外すと一番上に見えるため掃除をしている人が多いのですが、実はヘアキャッチャーの下には排水トラップと呼ばれる部品がついていることがあります。 排水トラップは筒状になっており、水溜まりを作ることで排水管の奥の臭いなどが上に上がってこないようにしています。 この排水トラップなのですが、石鹸カスや油などが固まっり、ゲル状の汚れになっていることがあります。 築年数が経過していて、悪臭が発生し、排水トラップの掃除をした記憶がない場合は、排水トラップに汚れが溜まっているのが原因かもしれません。 排水トラップの掃除方法などについては、後述の「ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除」をご参照ください。 悪臭原因3. 排水管にこびりついたヌメリ・汚れ ヘアキャッチャーも排水トラップも掃除しているのに、悪臭がするという場合は、排水管に蓄積されたヌメリ・汚れが原因の可能性があります。 使用年数が長いと、排水トラップなどをきちんと掃除していても、排水管にヌメリ・汚れがこびりついてしまうことがあります。 また、状況によっては排水管の合流地点である排水枡から悪臭が風呂場まで上がってくることもあります。 台所などで、油や食材カスなどを意識せずに流していると排水枡で腐敗して夏場などに悪臭が発生することもあるため注意しましょう。 排水枡の洗浄などは業者に依頼することになりますが、排水管のヌメリ・汚れについては自分で対策できることもあります。 対策方法については、後述の「お風呂の排水管掃除で悪臭対策」をご参照ください。 お風呂の排水口以外の悪臭原因 先ほど、排水口の悪臭原因についてご説明いたしましたが、それ以外にもお風呂が臭くなってしまう原因はあります。 よくある原因について、2つご紹介したいと思います。 悪臭原因1. 浴槽や壁・床の汚れ 浴槽や壁・床などの掃除をしていないと、悪臭が発生することがあります。 浴槽などは掃除しているけれど、壁や床は掃除していないという場合は定期的に掃除をするようにしましょう。 特に、床などは知らない内に汚れがこびりついて、元の色とは違った色になっていることもあります。 一部分だけ茶色くなっていたり、黄色くなっている場合などは、その部分に塩素系洗剤を使って汚れが取れないか試してみるといいかもしれません。 悪臭原因2. カビの発生 マンションなどで窓がなく、換気扇も小さいもので空気の循環が上手くできないような場合。 カビが大量発生して、カビ臭が発生することもあります。 カビが発生してしまった場合は、カビキラーなどを使ってカビ掃除をするようにしましょう。 また、換気が悪くてすぐにカビが発生する場合は入浴後に水気を取ったり、防カビ対策をしておくといいでしょう。 お風呂の排水口の悪臭対策 お風呂の排水口の悪臭は、自分で掃除などをすることによって解消・予防できることがあります。 先ほど紹介した、排水トラップや排水管の汚れ・ヌメリの解消方法などについても、これから紹介いたしますので参考にしてください。 排水口の高圧洗浄は最終手段 今から紹介する悪臭解消方法を使っても、悪臭が完全に取れない・全く取れないといったことがあります。 排水管の奥の方に悪臭の原因がある場合や、排水枡の悪臭が上がってくる場合、排水管などにびっしりと油汚れが取り付いている場合などです。 そういった場合は、最終手段として高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。 高圧洗浄は、専用の機械がないとできないため、業者に依頼することになりますが、その際は複数の業者で見積りを取ってから依頼するようにしましょう。 お風呂の排水口掃除で悪臭対策 お風呂の排水口の悪臭の原因を自分で掃除をすることによって、解消する方法をご紹介したいと思います。 掃除方法については、ヘアキャッチャーと排水トラップなどの排水口の入り口部分と排水管などの奥の部分で方法が変わってきます。 それぞれ、ご紹介いたします。 ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除 ヘアキャッチャーと排水トラップは、一般の人でも簡単に取り外して掃除をすることができます。 排水トラップについては、ずっと存在を知らなかったという人もいるかと思います。 築年数がかなり経過している場合は、ひどく汚れがこびりついている場合もあり、水はねして口にゴミが入ると大変ですので、マスクをつけて作業しましょう。 注意点 お風呂のタイプによっては、ヘアキャッチャーや排水トラップが着いていないこともあります。 また、基本的にはどちらも上に持ち上げるだけで取れるものが多いですが、違った構造のものもあるため、取り外しができない場合は作業を中止してください。 また、排水トラップを取り外す際は、スポンジやブラシなどを落として排水管に詰まらせないように注意して掃除をしましょう。 必要な道具 ゴム手袋、マスク、ハンガー、スポンジ、ブラシなど。 手順 1. 排水口カバーを取り外す ゴム手袋とマスクを装着して、排水口カバーを取り外します。 使っているお風呂の種類によって違いますが、シャワーを流した後に水が流れていく場所にあるフタです。 ヘアキャッチャーを取り外す 排水口カバーを取り外すとヘアキャッチャーと呼ばれる、穴の空いた金属もしくはプラスチックの部品がでてきますので取り外します。 (排水口のタイプによっては、ヘアキャッチャーがないタイプもあります。 ) 3. 円筒状のものもあれば、楕円形の形のものもありますが、上に引き抜くと取れます。 スポンジやブラシを使って掃除 カバー、ヘアキャッチャー、排水トラップを取り外すことができたら、スポンジやブラシを使って掃除をします。 排水トラップなどには、油や石鹸カスなどが固まってできたヌメリがついていることがありますが、そのヌメリが詰まりの原因になるのできれいに拭き取るようにします。 水を流して完了 掃除が終わった後は、部品を取り付け直して水を流して完了です。 排水トラップなどや、排水口の手前に近い部分で汚れが詰まっている場合は、この方法で詰まりを解消することができますので、試してみてください。 お風呂の排水管掃除で悪臭対策 お風呂の排水口のヘアキャッチャーや排水トラップを綺麗に掃除しても臭いが取れない場合、排水管で悪臭が発生している可能性があります。 排水管で悪臭が発生している場合は、スポンジなどを使って掃除することができません。 ワイヤーブラシなどの先端にブラシがついたワイヤーを使うこともできますが、何mも長い排水管をブラシでゴシゴシ洗うのは、重労働です。 そこで、もっとも簡単で誰でもできる排水管掃除の方法をご紹介したいと思います。 排水管掃除って自分でできるの? 排水管掃除といっても、今回紹介する方法は薬剤を流すだけですので、一般の方でも可能です。 特殊な技術などは必要ありませんので、ご安心ください。 関連記事: 必要な道具 液体パイプクリーナー、ゴム手袋。 注意点 液体パイプクリーナーを使う際は、しっかりと換気をするようにしましょう。 また、酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生してしまいますので注意しましょう。 液体パイプクリーナーを使用する際は、必ず使用する液体パイプクリーナーの注意書きを呼んでから使用しましょう。 関連記事: 手順 1. 排水口カバーを取る 排水口のカバーを取りましょう。 ヘアキャッチャーにゴミがついている場合は、先に取り除いておきましょう。 液体パイプクリーナーを流す 液体パイプクリーナーを排水口に流しましょう。 流す量は、液体パイプクリーナーの種類によって異なるため、使用方法を呼んで適量を流します。 所定時間待ってから水を流す 液体パイプクリーナーの使用方法などに書いてある所定の時間待った後で、水で薬剤を洗い流して完了です。 ピーピースルーは慎重に ピーピースルーなどの業務用洗浄剤の一部は、実はネットショップなどで売られていることがあります。 業務用洗剤は一般の人でも使用できるようなものがありますが、中には登録書などがないと購入できないようなものがあります。 薬剤によっては発熱して、排水管にダメージを与えるものもあるため、業務用洗浄剤を使う際は、よく調べてから使用するようにしましょう。 お風呂の排水口以外の悪臭対策 お風呂の排水口や排水管の悪臭対策についてご紹介いたしましたが、今度は、浴槽や壁・床に着いた皮脂汚れが原因で発生する悪臭対策についてご紹介したいと思います。 この悪臭は原因となる、皮脂汚れを取ればいいのですが、長年汚れが蓄積されて普通の洗剤では取れなくなっていることもあります。 浴槽や壁・床の皮脂汚れは取りにくい ある一部分だけ、他の部分と色が違っていて茶色だったり、黄色だったりしている場合は、皮脂汚れが固まっている可能性があります。 そういった場合は、塩素系洗剤を使ってもいいのですが、素材によっては変色してしまう可能性などがあります。 また、できれば塩素系洗剤を使いたくないという人もいるかと思いますので、今回は重曹と片栗粉とお湯を使った皮脂汚れ対策をご紹介いたします。 重曹と片栗粉とお湯で皮脂汚れ対策 頑固な皮脂汚れには、重曹を使ったお掃除方法が有効です。 重曹を気になる箇所にかけてスポンジでこするだけでもいいですが、もっと効果を高める方法があります。 重曹と片栗粉とお湯を混ぜてペースト状にして、気になるところに塗って少し待ってからスポンジでこするとより汚れが落ちやすくなります。 片栗粉が多すぎると、トロミが強すぎて詰まりの原因になってしまうため、排水口がつまらない程度になるべく水に近い状態にしておくといいでしょう。 塩素系洗剤は強力だが注意が必要 壁や床が黄色くなるほど、皮脂汚れがこびりついている場合は、塩素系洗剤を使って掃除をすると皮脂が溶けて簡単に洗い流すことができます。 ただし、塩素系洗剤は酸性の洗剤と混ざると有毒なガスを発生させてしまうため使用前に水でお風呂場全体をしっかりと流し、お風呂場に置いてある洗剤などを全て脱衣所などに出し、換気を万全にした状態で使用するようにしましょう。 また、お風呂場の壁や床に使われている素材によっては、塩素系洗剤を使うことで変色する場合もあるため、目立たないところで確認してから使用するようにしましょう。 他にも洗剤によって使用上の注意点が多数あるため、使用する際は注意しましょう。 カビ対策は掃除と予防策が重要 皮脂汚れ以外にも、カビが発生してカビ臭が出ることもありましたよね。 カビは普通の洗剤で掃除して表面だけ汚れを掃除しても、パッキンの隙間などにカビの菌が残っている場合があります。 そのため、塩素系洗剤を使って根元から殺菌するのが効果的です。 また、天井などにカビが発生してしまう場合は、毎回上を見ながら掃除するのは大変かと思います。 そういった場合は、お風呂場専用のくん煙タイプの防カビ剤などがドラッグストアに売られていますので、それを使ってみるといいでしょう。 お風呂の排水口の高圧洗浄を業者に依頼した場合 お風呂の排水口の悪臭対策をやったけど、全く悪臭が取れない・解消されないという場合は、高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。 高圧洗浄は、排水管の長さや状況によって料金が変わってきます。 また、業者ごとによって料金が変わってくるため事前に見積りを取って比較してみるといいでしょう。 排水口の高圧洗浄の費用はいくら位かかるのか 排水口の高圧洗浄の費用は、排水管の長さや高圧洗浄を行う場所、状況などによって異なってきます。 また、業者によっても様々です。 とはいえ、どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。 そこで、このサイトの運営者である「生活救急車」に実際あった依頼の実費をご紹介したいと思います。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 関連記事: 生活救急車の見積りは基本無料 生活救急車の場合、お電話では正確な見積り金額を出すのが難しいため、現地にて無料でお見積りをお出しさせていただいております。 「基本的に無料」としているのは、「高速道路などの有料道路を通る必要がある」場所への出張や、「見積りをするのに、便器の取り外し作業が必要」といった見積り時に作業が発生する場合に実費がかかるためです。 見積りが有料になってしまう場合でも、その前に費用がいくらかかるのかを必ずお客様にご説明して、了承が得られたら見積もりを行うようにしておりますので、急に作業や見積りを進めて後から金額を請求することはありません。 他社と比較されたい場合も、現地で見積りをお出しした後に断っていただいても費用が発生することはありませんので、お気軽にご利用ください。 まとめ 今回は、お風呂の浴槽や排水口からの悪臭の原因と、その解消方法などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。 排水トラップや排水管の掃除は、初めての人でも簡単にできるので、定期的に掃除をして悪臭が発生しないようにしましょう。 また、高圧洗浄を水のトラブル業者に依頼される場合は、見積りを確認してから依頼されることをおすすめいたします。 「お風呂のシャワーの蛇口の水漏れの症状があるのですが、そういったことは見て頂けるのでしょうか?」とはきはきとした口調ですが、少し不安そうな様子でお問い合わせを頂きました。 詳しくお聞きすると、大阪狭山市池之原のご自宅で、蛇口を締めても浴室の水が止まらないので直したいといったご依頼でした。 本日の予約状況ですと約60分後に到着ができそうですとお伝えして「そうですか、お願いします。 」とご安心頂けましたので作業員を手配いたしました。 見積もりまでは無料であることを確認されると「分かりました。 」とホッとされた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月20日 9時30分頃 受付担当 満田 「お風呂の蛇口から水が出たまま止まらない状態なんです。 そんなにひどくないのですが。 」と重い口調で、不安でいらした様子でお電話を頂きました。 現場は大阪市北区同心のご自宅です。 お客様のご都合と予約状況を確認して14時頃のお伺いで作業員を手配いたしました。 お客様は料金がいくらになるのか心配されていましたが、見積もりの流れなどをお聞きになるとご安心頂けました。 受付日時 2020年5月20日 11時30分頃 受付担当 山田 担当より一言 急なトラブルでご不安な気持ちの中、お電話をくださったお客様に対して少しでも安心していただけるよう丁寧な対応を心がけています。 お客様からのお電話お待ちしております。

次の