ふき の 保存 法。 【ふき】の保存方法を解説。気になる調理前の下処理や解凍方法もチェック!

ふきの大量消費レシピ!下処理方法、保存方法もあるよ!

ふき の 保存 法

材料 フキ 250g 塩 65g 差し水用 水 60cc 差し水用 塩 20g 【関連リンク】 ・ ・ フキの塩漬けの作り方 フキをアク抜きします。 フキは適当な大きさに切り、アク抜き用の塩をまぶして、まな板の上でゴロゴロと板ずりをします。 力を入れすぎると、フキが潰れてしまうので、軽く転がすように板ずりをします。 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら板ずりをしたフキを塩と付けたまま、鍋に入れ3~5分くらい茹でます。 柔らかくなり過ぎないように、途中で指で固さをチェックしてください。 茹でたフキはすぐに冷水に晒します。 フキが冷めたらフキの皮を剥き、1時間くらい水に晒しておきます。 アク抜きの完成です。 漬け物容器に塩を少ししきます。 塩の上にフキを並べ残りの塩をふります。 多く漬ける時は、塩とフキを交互に重ね、一番上が塩で終わるようにします。 重石をして冷暗所で保存します。 重石はフキと同量、または2倍程度の重石を乗せます。 1週間後の状態です。 茶色い小さい丸は容器の穴の形で付いたものです。 フキの上下を逆にして天地変えをして、冷暗所で1ヶ月漬けます。 1ヶ月後、漬け汁を捨て、最初に漬けた分量で再度漬け直しすると長期保存が可能になります。 完成 フキの塩漬けの完成です。 これは漬けてから1ヶ月後の物です。 塩抜きしたフキは、舞茸と油揚げを加え味噌汁にしていただきました。

次の

ふきの保存、塩漬けや冷凍方法は?早めの処理が必要なふきは保存レシピで!

ふき の 保存 法

上記のようにしても、一番望ましいのは買ってきたその日に、冷蔵庫から出して下茹でをしておくこと。 特に料理のメインになる茎は、以下の方法で下処理をしておこう。 ふきを茹でる鍋の直径に合わせた長さに切る。 まな板の上に並べ、上から塩をたっぷり振り、手のひらで転がしながら塩をまぶしてゆく。 これは板ずりという作業で、塩をすり込むことで硬いふきの皮が柔らかくなり、皮が剥きやすくなるのと、茹で上がりの色がきれいになる効果があると考えられる。 ふきの表面の筋が少し取れてきたら、塩がついたまま熱湯に入れ、3〜4分程茹でる。 ふきを冷水に取って冷ます。 茎の端から爪で筋を引っ掛けるようにして、筋と皮を剥いていく。 茎の両端からやるときれいに剥ける。 皮が残っていると、口の中に硬い部分が残り、食感が悪くなるので、丁寧に取り除こう。 水を入れた保存容器か保存袋に入れて、冷蔵庫に入れて保存。 【保存期間】毎日水を換えながら、4〜5日程度。 ふきは、固めに茹でで、皮を剥いてから水分を拭き取り、冷凍保存することもできる。 ただし、冷凍するとふき本来の味わいの一つであるシャキシャキした歯ごたえはなくなってしまうので、あまりオススメできない。 それでも、たくさん買ってしまい余った場合は、固めに茹でて皮を剥いたら、みじん切りにして冷凍しておこう。 水分をよく拭き取ってから、金属バッドに平らに並べ、冷凍庫へ。 熱伝導率の高い金属の効果でふきが急激に凍るので、ふきの周りに霜が付きにくくなる。 凍ったところで、保存袋に移し、空気を抜いて密封し、冷凍庫に入れればOKだ。 凍らせたふきのみじん切りは、凍ったまま味噌汁に入れればOK。 ほんのり春の香りを楽しむことができる。 【保存期間】約1カ月程度。 ふきは、茎のところだけがクローズアップされがちだが、実は茎が地上に出てくる前の花の蕾、つまりふきのとうと、茎の先端に付いている大きな葉の部分も美味しい。 ふきのとうは、春先に他の山菜に先駆けて土から顔を出す、春の到来を告げる使者。 天ぷらにするのが一般的だが、ぜひトライして欲しいのが、ふき味噌だ。 ふきのとうを買っても、天ぷらで食べられる数には限りがあるので、残った分は刻んでふき味噌にして保存しよう。 また、バッサリ捨ててしまいがちな葉は、茹でてアクを取ってから絞って刻み、醤油とじゃこを加えて炒り煮に。 最後に白ごま入れてひと混ぜしたら、ふきの葉の佃煮の出来上がり。 ふりかけとして弁当に入れたり、酒のつまみにも重宝する。 以下にふき味噌の作り方を紹介しておこう。 【ふき味噌の作り方】.

次の

ふきの保存・冷凍でも塩漬けでも!簡単保存レシピもご紹介!

ふき の 保存 法

実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほうが美味しいと思います。 このまま塩水につけてビン詰めして冷蔵庫に入れるか、ゆでたものを数本ずつラップに包んで冷凍すると保存できます。 お料理としては、 【煮物】 下処理したふきを、出汁・醤油・みりん 酒 ・砂糖で煮て味付けします。 揚げと一緒に煮ると一層美味しいです。 他に【きんぴら】【そぼろあんかけ】なども母はよく作っていましたが、私はこれは手伝ったことがないので、作り方が分かりません。 検索したら次のページをみつけました。 色々レシピが載っているようです。 その後は薄い塩水に完全に浸して冷蔵庫で保存して、塩水は毎日変えて下さい。 調理方法はたくさんありますが、新鮮な状態から順に ・薄味で炊いて香りを楽しむ。 ・蕗ご飯にする。 ・魚の煮付けなどと一緒に炊いてあしらい 付け合せ の感覚で食べる。 ・佃煮の様に炊いて、保存食に加工する・・・ などの順に処理すればよいかと思います。 お好みが分からずに大まかな検索にしましたが、 時間がある時にでもご覧下さいませ。 参考URL: A ベストアンサー 土地柄、私もこの季節、たけのこをたくさん頂きます。 まとめて下ゆでしたら、丸ごと、水と一緒に保存容器に入れて、 冷蔵庫で保存しています。 毎日、水を替えれば、2~3週間ぐらい持ちます。 それでも食べきれない場合は、冷凍保存しています。 細かく刻んだにんじんや干ししいたけと共に甘く煮て、 冷凍しておけば、混ぜ寿司やいなり寿司を作るときに重宝します。 ポイントは、あまり大きく切らないこと、ぐらいかな? 冷凍すると、どうしても食感が落ちますが、 小さく切ってやると、あまり気になりません。 レシピというほどのものではありませんが、参考になれば。 混ぜ寿司のタネ 1. にんじんとたけのこ、戻した干ししいたけをなるべく細かいみじん切りにする。 鍋に昆布だしと干ししいたけの戻し汁を沸かして、1を投入。 砂糖、塩、しょう油少々で調味、汁気がなくなるまで煮詰める。 バットなどに広げて冷まし、ラップに1回分ずつ包んで冷凍。 レンジでチンすると、風味が壊れるので、自然解凍の方がおすすめ。 使う少し前に外に出しておくだけでOK。 それほど解凍に時間はかかりません。 たけのこ入り肉団子 1. たけのこはさいの目切りにする。 (寿司タネより心持、大きめ) 2. ボウルに合い挽きミンチ、1のたけのこ、卵、片栗粉を入れ、よく混ぜる。 塩・こしょう、しょう油少々で調味し、熱した油で揚げる。 バットなどに広げて冷まし、ラップに数個ずつ包んで冷凍。 使うときは、あらかじめ解凍(こちらは電子レンジでもOK)。 甘辛いだしで煮たり、フライパンでたまねぎと一緒に炒めてケチャップで 味付けすれば、子供にも喜ばれます。 お弁当のおかずにもよいです。 土地柄、私もこの季節、たけのこをたくさん頂きます。 まとめて下ゆでしたら、丸ごと、水と一緒に保存容器に入れて、 冷蔵庫で保存しています。 毎日、水を替えれば、2~3週間ぐらい持ちます。 それでも食べきれない場合は、冷凍保存しています。 細かく刻んだにんじんや干ししいたけと共に甘く煮て、 冷凍しておけば、混ぜ寿司やいなり寿司を作るときに重宝します。 ポイントは、あまり大きく切らないこと、ぐらいかな? 冷凍すると、どうしても食感が落ちますが、 小さく切ってやると、あまり気にな... A ベストアンサー >いまひとつ美味しい蕗の見分け方が分かりません。 中フキと外フキの見分け方で、参考になるページがありました。 web. infoseek. htm 記載されているとおり、食感も違います。 (真ん中の一番立派に成長しているのが、中フキで目的は外フキを採る) また、山ときれいな木影の水辺に生えているものも、当然違います。 (大きくなるほど、堅さと味に差が出ます。 ) 採った時に、切り口の中から水が出るような、木影のやさしく成長した、みずみずしいものが理想です。 (水辺でなければ、この条件を満たさない) なお、大きくなったら虫もついてきますので、持ち帰る前に確認して下さい。 (葉っぱが、虫に食べられた跡があったら注意) Q 無農薬家庭菜園でいろいろ野菜を栽培しています。 殆どの野菜はバランスよく収穫できているのですが、きゅうりは調子にのって植えすぎてしまい、知り合いや家族だけでは消費しきれない量が取れて困っています。 サラダや酢の物、キムチ漬け等にして食べていましたが、最盛期には日に100本以上取れそうなので、何か日持ちする料理にしないときゅうりが駄目になりそうです。 近所のおばさんが、味噌漬けにすれば1年持つよと教えてくださいましたので、味噌付けの方法を大雑把に調べてみました。 1.8%の塩で下漬けする。 2.10日以上経過したら水荒らしして半日陰干しする。 3.白味噌に砂糖と味醂を混ぜて、その中に漬け込む。 こんな感じでなのですが、長期間日持ちする味噌漬けの具体的な方法がわかりません。 (見つかりませんでした) 保存場所は、漬物樽を日の当たらない常温のところに置いておけばいいのでしょうか? お手数ですが、宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 1と2と3でよいですが、白味噌だけより 赤味噌とブレンドしたほうが、おいしいですよ。 砂糖はいれないほうが。 味噌を伸ばすのであれば酒とみりんです。 ただ、土地土地によって味付けが違いますので、なんともいえませんが。 大樽でつけないとね。 で、漬けたらもちろん承知でしょうが ビニールで密封をしてくださいね。 その上からふたです。 保存場所ですが、どういう家かはわかりませんが 冷暗所です。 昔は台所に下に開封できる、ふたがあり、その下に 保存するところがありましたね。 一年もちます。 ありますか? 味噌漬けだけではなく、胡瓜の塩漬けも良いのでは。 塩をたくさんかけ、もちろん下にこぶなどを敷きますが 水が出てきても、かまわず2週間ぐらい置いてその後、胡瓜も軽く洗い一回樽の中もキレイに洗い 胡瓜を段々に、交互にしてからまたかなりの塩をまぶすのです。 多目でかまいません。 二度漬けですね。 一年ぐらい保存できますが。 そこまで待たなくてもピクルスのようになっておいしいですよ。 1と2と3でよいですが、白味噌だけより 赤味噌とブレンドしたほうが、おいしいですよ。 砂糖はいれないほうが。 味噌を伸ばすのであれば酒とみりんです。 ただ、土地土地によって味付けが違いますので、なんともいえませんが。 大樽でつけないとね。 で、漬けたらもちろん承知でしょうが ビニールで密封をしてくださいね。 その上からふたです。 保存場所ですが、どういう家かはわかりませんが 冷暗所です。 昔は台所に下に開封できる、ふたがあり、その下に 保存するところが... A ベストアンサー 家庭菜園にて肥料として使っています。 キャベツの場合 ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。 過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。 あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。 仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。 ほかにも同様のやり方で育つものとして、 トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。 土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。 もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。 A ベストアンサー ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。 ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。 私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。 やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。 質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。 密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。 30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。 この時肥料はやりません。 あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。 この辺はNO1様の回答を参考にしてください。 Q 先日ご近所の方(畑をもっていらっしゃいます)が「たくさん出来過ぎてしまったので」と言ってじゃがいもを大量に下さいました。 パッと見て随分多いなとは思ったのですが、折角のご好意に「結構です」とは言えないし、保存方法を考えれば何とかなるか…と思って頂いてしまいました。 しかし私は、普段食材は定期的に宅配のものを注文して取っており、野菜類をスーパーで買う事はほとんどないのです。 つまり頂いたものを毎日の食事にあてがう事は出来ません。 その方はうち以外にも近所のみなさんに配ったようで、お隣におすそ分けというわけにもいきません。 さらに、私はここに越して来たばかりで近くに知人や友達もいませんし、他にあげる先も思い浮かびません。 ただで頂いたものを送料を掛けてまで県外の実家に送るとかまではしたくありませんし。 かと言って腐らせて捨てるのも…という感じです。 今の私に考えられるのは、週末にカレーを作るとか(毎週日曜だけは食材の配達が無いのです)、茹でてバターを付けたものをおやつ代わりに食べるとか、そんな事くらいしか思いつきませんが、一度にそんなにたくさん食べられるわけではないので、やはりどうしても何かしら手を加えて、一度下ごしらえしたものを冷凍しておくというのが一番良いように思いますが、どんなものが考えられますか? スティック状かクシ型に切っておき、フライドポテトなどにする場合は一度揚げてから冷凍するのでしょうか?それとも切った状態で冷凍ですか?揚げてから冷凍の場合は、食べる時は再度揚げるのですか? 保存の為の下処理にあまり手を掛けたくないのです。 簡単で「こうすると便利よ」というお知恵があったらアドバイス下さい。 宜しくお願いします。 先日ご近所の方(畑をもっていらっしゃいます)が「たくさん出来過ぎてしまったので」と言ってじゃがいもを大量に下さいました。 パッと見て随分多いなとは思ったのですが、折角のご好意に「結構です」とは言えないし、保存方法を考えれば何とかなるか…と思って頂いてしまいました。 しかし私は、普段食材は定期的に宅配のものを注文して取っており、野菜類をスーパーで買う事はほとんどないのです。 つまり頂いたものを毎日の食事にあてがう事は出来ません。 その方はうち以外にも近所のみなさんに配ったようで、...

次の