新潟日報。 新潟日報社

新潟日報LEADERS倶楽部

新潟日報

〒950-2095 新潟市西区流通センター二丁目2番地3• 〒959-1276 燕市小池1548• 〒945-8540 柏崎市駅前1丁目5番45号• 〒950-8660 新潟市中央区鐙2丁目14番13号• 〒950-8572 新潟市中央区八千代2-3-1 (代表)• 〒940-0062 長岡市大手通1丁目5番地5• 〒950-0965 新潟市中央区新光町10番地2• 〒957-8701 新発田市五十公野字山崎5270• 〒950-8512 新潟市中央区東大通1-3-1• 〒956-0017 新潟市秋葉区あおば通2-1-28• 〒949-5212 長岡市小国町桐沢55番地-1• 〒950-0865 新潟市中央区本馬越2丁目8-21 2階• 〒950-8724 新潟市中央区和合町2丁目4番18号• 〒950-8582 新潟市中央区八千代1丁目4番34号• 株式会社第四銀行 〒951-8066 新潟市中央区東堀前通七番町1071番地1 (代表) 株式会社北越銀行 〒940-8650 長岡市大手通2丁目2番地14 (代表)• 〒940-0061 長岡市城内町3-8-26• 〒950-0005 新潟市東区太平3-4-9• 〒942-0032 上越市大字福田20番地• 〒950-0991 新潟市中央区下所島2丁目17番3号• 本社 〒981-3206 仙台市泉区明通三丁目9番 新潟支社 〒950-0871 新潟市東区山木戸七丁目3-19• 東北電力株式会社 新潟支店 〒951-8633 新潟市中央区上大川前通五番町84 東北電力ネットワーク株式会社 新潟支社 〒951-8068 新潟市中央区上大川前通五番町84• 〒940-2127 長岡市新産2丁目6番地4• 〒950-2032 新潟市西区的場流通2丁目4番地5• 〒950-0871 新潟市東区山木戸8-11-29• 〒940-0034 長岡市福住1丁目7番地21号• 〒950-3131 新潟市北区濁川3993番地 (代表)• 〒950-0141 新潟市江南区亀田工業団地2-3-2• 〒951-8680 新潟市中央区白山浦2丁目180番地5• 〒951-8565 新潟市中央区寄居町332番地38• 〒958-0822 新潟県村上市坪根字上坪根341番地1• 〒942-0145 上越市頸城区上吉197番地8 (代表)• 〒950-8535 新潟市中央区万代3丁目1番1号• 〒951-8131 新潟市中央区白山浦2丁目645-1• 〒940-2121 長岡市喜多町字金輪138番1 (代表)• 〒947-0044 新潟県小千谷市大字坪野853• 〒950-0992 新潟市中央区上所上1-8-14• 〒957-0106 北蒲原郡聖籠町大字蓮潟5322-26• 〒950-1417 新潟市南区和泉651-1• 〒950-1237 新潟市南区北田中801番地8• 〒957-0105 聖籠町次第浜5310番地• 〒945-1344 柏崎市両田尻515番地• 〒949-8525 新潟県十日町市馬場丙1530-20• 〒983-8622 仙台市宮城野区榴岡4丁目1番1号• 〒950-0916 新潟市中央区米山4丁目1番28号• 〒949-6680 南魚沼市六日町2250• 〒940-2126 長岡市西津町3806-1• 〒940-2188 長岡市上富岡町1603-1 (代表)• 〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地• 〒940-0828 長岡市御山町 80-8 (代表)• 〒950-2076 新潟市西区上新栄町5-13-7 (フリーダイヤル)• 〒956-8603 新潟市秋葉区東島265-1 (フリーダイヤル)• 〒958-0053 村上市上の山2-16 (入試広報直通)• 〒951-8580 新潟市中央区浜浦町1-8 (入試課)• 〒950-2086 新潟市西区真砂3-16-10• 〒957-0017 新発田市新富町1-7-21 (学務援助課)• 〒369-0293 埼玉県深谷市普済寺1690 (入試専用フリーダイヤル)• 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1 (アドミッションセンター).

次の

インターンシップ|株式会社 新潟日報社 リクルートサイト

新潟日報

新潟日報メディアシップ(新潟市中央区) 種類 日刊紙 サイズ ブランケット判 事業者 新潟日報社 本社 新潟市 代表者 代表取締役社長 創刊 1877年 前身 新潟新聞 言語 日本語 価格 1部 朝刊150円、夕刊70円 月極 4,300円 統合版 3,400円 発行数 (朝刊)420,291部 (夕刊)38,569部 (2019年4月、調べ ) ウェブサイト 株式会社 新潟日報社 本社所在地 〒950-8535 万代三丁目1番1号 事業内容 日刊新聞の製作および発行 設立 1942年11月1日 業種 資本金 1億4,250万円 売上高 166億4,932万円(2017年12月期 従業員数 510人(2018年4月) 主要子会社 株式会社新潟日報事業社 株式会社新潟日報サービスネット 外部リンク 新潟日報(にいがたにっぽう)は、が編集・発行する朝、夕刊の新聞()。 (17年)のによって新潟日日新聞・新潟県中央新聞・を統合し創刊された。 朝刊(統合版)発行部数約44万部、夕刊発行部数約4万部 2017年9月ABC。 新潟日報社 黒埼本社社屋、1982年から2013年まで本社が置かれていた。 1942年 新潟日日新聞・新潟県中央新聞・上越新聞の3紙が合併し、「新潟日報」が誕生。 1955年 のため臨時に長岡支社で発行。 1964年 による報道活動により日本新聞協会賞を受賞。 1970年 通年企画「あすの日本海」が菊池寛賞を受賞。 1982年 本社を新潟市東中通(現在の中央区)から西蒲原郡(現在の新潟市西区、黒埼本社所在地)に移転。 1989年 通年企画「東京都湯沢町」が日本新聞協会賞を受賞。 2001年 などと共同で「メディアステーションbanana」を開設。 2004年 キャンペーン企画「拉致・北朝鮮」が日本新聞協会賞を受賞。 2008年 通年企画「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」が日本新聞協会賞と日本ジャーナリスト会議のJCJ賞を受賞。 2010年 3月8日-2012年春より新潟県内配達の毎日新聞の受託印刷で合意。 2013年 新潟市中央区の新社屋「」が竣工。 本社登記を同地へ移転、旧本社屋を黒埼本社に改称。 2015年 「」が発覚。 構成 [ ] 総合・国際面は提供が中心、県外記事は(北海道)・(宮城)・(東京)・(愛知)・(兵庫)・(広島)・(福岡)との連携が強い。 地域面は、かつては各地域ごとに差し替えられていたが、より全地域一括掲載となった。 平日は月曜日を除いて6面(「(フロントページ)」、「・ワイド」、「・」、「・」、「・」、「地域」)で構成される(月曜日は全県で1面と隣県に関する記事が1面の計2面)。 また、スポーツ面はやなど、新潟のチームの試合の翌発行日朝刊に、他会場の結果よりスペースが取られて試合結果が掲載されることが多い。 問題について通年企画を組んでいる。 読者投稿欄 [ ] 毎日、「窓」と題した投稿欄に読者の投稿記事を掲載しており、その中に若者対象の投稿欄を「キラキラきらり」として日に一名分設けている。 これには県外読者からの投稿もある。 読者の投稿に対し返答がきた場合、「お答えします」の欄で答えとして掲載される。 類似投稿欄として「私も一言」、長文の投稿を掲載する「私の視点」もある。 週一回の読者文芸欄は、・・・の他に全国でも唯一と思われるの投稿欄がある(選者は)。 ただし、のコントではなく本来のの原義であるの意味のコントである。 夕刊の大刷新 [ ] 新潟日報は現行の夕刊を2016年11月1日から大幅に刷新し、「新潟で暮らす大人の可能性を広げ、大人を楽しみ、大人のあしたを考える」ことを最大のテーマとして、「Otona+」(おとなプラス)と題した判夕刊紙として新装刊させる。 なるべく朝刊配達地域でも古くなりにくいテーマを紙面に掲載させ、大人の知的好奇心あふれるテーマを連日カラーで特集するコーナーを含め、「速報性のあるものはコンパクトに、じっくりと読んでもらいたいテーマにはワイド編集で」という紙面体裁を目指す。 夕刊の大刷新に際しては、読者の意見を2016年5月にアンケートとして取りまとめ、約12000人から回答が集まり、さらに読者のモニターリングにより同6月に試験版を発行、それを購読したモニターを対象にした「カンカンガクガク会議」と称した座談会で「コンパクトで手に取りやすい紙面だ」という意見があり、概ね好評だったという。 番組表 [ ] 朝刊掲載分について記載。 最終面 [ ]• フルサイズ• 、NHK新潟、、、、• ハーフサイズ• 、、プライム• ミニサイズ• 衛星放送• 、、、、、、、 中面 [ ]• ハーフサイズ• 、、、、、• ミニサイズ• 、、(ライブ、シネマ)、(1、2、3)、、、、、(1、2、3、4)、、、、、• 極小サイズ• (18時以降)、(18時以降)、(18時以降)、NHK Eテレサブチャンネル• 一週間分の番組表(新潟県内地上波・FM各局、BS各局、県内各局、県内各局)が、毎週水曜日に別刷で入れられている。 なお、夕刊も基本的に朝刊の配列に準じて掲載していたが、2016年11月1日付の紙面刷新による紙面の見直しで中面に移すとともに、BSに特化した内容の番組表を収録する。 これにより県内各放送局の番組欄は朝刊のみの収録となっていた が、2017年1月16日付から、新潟県内の地デジについて、発行日夕方から翌朝の番組表の収録を再開した。 4コママンガ [ ] 朝刊 [ ]• 『トマトさん』(にしみやおさむ):1990年頃〜2000年6月• 『あんずちゃん』()2000年6月〜2007年7月31日• 『』()2007年8月1日〜2011年12月31日• 中日新聞など他の連載紙より1か月遅れの連載開始となったが、連載初日は他紙が7月1日に掲載した初回分を掲載し8月2日から同時掲載となった。 『カリンさん』(しもんまさゆき)2012年1月1日〜 夕刊 [ ]• 『ヒラリ君』(井田良彦):〜2000年6月• 現在は・のみの掲載。 『トマトさん』(にしみやおさむ):2000年6月〜2007年7月31日• 『ねえ、ぴよちゃん』()2017年4月3日〜 (月曜日~金曜日のみ)• この作品から「ちびまる子ちゃん」以来5年2ヶ月ぶりにブロック紙3社連合と同じものを掲載。 脚注 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• 2017 読売新聞グループメディアガイド. 2017年12月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年11月19日閲覧。 新潟日報. 2016年10月26日時点のよりアーカイブ。 2016年10月25日閲覧。 新潟日報. 2016年10月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年10月26日閲覧。 (日本新聞協会)• , 1. 75 関連項目 [ ]• - 題字の揮毫者。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

新潟日報 みらい大学

新潟日報

この節のが望まれています。 1942年に合併によって設立。 日刊新聞「新潟日報」の発行の他、2002年にフリーペーパー「assh」を創刊するなどし現在に至っている。 また、「新潟の若いチカラを応援するサイト」をテーマにした「アメカゴ. net」を運営していた。 、の参加社でもある。 また、この他の主な事業活動として、生涯学習講座「新潟日報カルチャースクール」 や会員向けの講演会を定期的に行う「日報政経懇話会」(1968年開始) を主催するほか、加盟店舗への優待を行う「ハミング倶楽部」 などがある。 拠点 [ ]• 本社:新潟市中央区万代3-1-1• 黒埼本社 : 新潟市772番地2 2012年の創刊70周年記念事業の一環で、中央区万代三丁目地内(旧ミナミプラザ跡地、隣接地)で建設を進めていた新社屋「」が2013年1月末に竣工し、2月4日の竣工式を以って本社登記を同地へ移転した。 メディアシップはの帆をモチーフにした地上20階建・全高104mの複合施設で、同年4月12日には交流施設やテナントフロアなどの一般向けスペースを含めグランドオープン(全面開業)を果たした。 なお旧本社は黒埼本社に改称し、引き続き印刷拠点として機能している。 長岡(千歳1丁目3番43号)• 上越(木田1丁目2番4号)• 東京(2丁目2番1号)• 大阪(梅田1丁目3番1-800号)• 三条(須頃2丁目89)• 支局 新発田()、五泉()、村上()、津川()、佐渡()、六日町()、十日町()、小千谷()、柏崎()、見附()、小出()、糸魚川()、妙高() 事件、不祥事 [ ]• (21年)には、朝鮮人の犯罪を報じたために、朝鮮人に襲撃されるが起きた。 2015年に発生した上越支社報道部長が自身のツイッターで弁護士を「死ね」「うぜーよ!」などと激しく誹謗中傷した事件は、 「」を参照。 関連会社 [ ]• 新潟日報サービスネット• 新潟日報事業社 受託印刷 [ ] を除く日本の主要のうち全県または県内一部地域向けの印刷を、当社の印刷センターが受託している。 主要全国紙については、については2010年9月30日から(主に・地域向け約7. 3万部)、については2011年5月31日から(上越・地域向け約3万部)、については2012年2月29日から(全地域向け約2. 5万部)の受託印刷を開始し、朝日・毎日については共同輸送も実施している。 また、の印刷も受託している。 このほか、団体のより同学会のであるの印刷を受託している ほか、同学会を母体として結成されたの機関紙であるの印刷を受託している。 脚注 [ ]• - 新潟日報社(2012年2月17日閲覧)• - 新潟日報社(2012年2月17日閲覧)• - 新潟日報社(2012年2月17日閲覧)• 「」 2002. 19号、「」2005. 28号、「WiLL」2006. 6月号、「」2007. 14号等• — 新潟市内において新聞用多色刷オフセット輪転機を保有するのは新潟日報社のみ• 株式会社新潟日報社. 2018年8月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - ユニフォームスポンサー• - 前新潟市長(元職員で、論説委員兼編集委員をしていた) 外部リンク [ ]• 1加盟局が運営・出資する(CSチャンネル) 2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。 3旧CBCは2014年に現CBCに放送免許を譲渡。 4OTV大阪テレビ放送は後にABCに吸収。 OTV閉局当時はJNNが未発足であったが便宜的に記述。 5旧RKBは2016年に現RKBに放送免許を譲渡。 6旧MBSは2017年に現MBSに放送免許を譲渡。 7旧RSKは2019年に現RSKに放送免許を譲渡。 8母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 9JNN系列局はないが、友好関係がある新聞社(過去に系列局を置く計画があったが、断念した)。 10などが加盟するラジオネットワーク。 11旧称・TBSカンガルー災害募金。

次の