アシタバ 収穫。 明日葉/アシタバ/あしたば:旬の野菜百科

アシタバ

アシタバ 収穫

明日葉(アシタバ)の栽培 アシタバ栽培の様子 竹薮 2000年、三宅島火山噴火災害で全島避難し、2005年帰島まで4年半人手の入らなかった畑は竹薮に変わっていました。 当園のパイプハウスも朽ち果て農園は通り歩くことも困難なほど竹が繁茂していました。 農地復旧 帰島後1年、国の災害復旧事業で、被災したハウスも撤去され、雑木、竹も除去され荒廃した農地は、畑として復旧されました。 種まき 噴火前は施設による花卉栽培が本業でしたが、噴火後は路地の明日葉栽培に切り替え、新規一転アシタバの種まきからスタートです。 発芽 アシタバは通常、秋に種を蒔きます。 半月から1ヶ月で発芽し、春まではゆっくりと成長し、翌春、暖かくなると旺盛に成長を始めます。 生食用に出荷する場合は、大きくなり過ぎてもいけないので、比較的l密植気味に栽培します。 苗の植え付 乾燥粉末加工用にアシタバを栽培する場合は、大きく育てなければならいので、疎植にします。 苗を別に作っておき、ある程度大きくなったところで、畑に植え付けることもあります。 草取り 土壌消毒剤、除草剤など、農薬を使わずにアシタバを育てるにあたって、最も大変な作業が草取りです。 アシタバが小さい間は、とにかく雑草の方が生長旺盛なので、常に除草をしなければなりません。 この作業をスタッフの女性がすべて手作業でされます。 本当にありがとうございます。 強風 除草のほかに、肥料やりなど、手間ひまかけて育てますが、自然現象にはかないません。 苦労して育てたあしたばが、強風で一夜にしてだめになってしまうこともあります。 でも、根までは枯れないので、一ヶ月もすると、新芽が復活し、成長を再開します。 収穫開始 概ね、種まき後2年目から収穫が始まります。 柔らかい新芽は残して、充実した茎と葉っぱを一本づつ収穫します。 アシタバは結構肥料を必要とします。 有機肥料で育てたいところですが、有機肥料だけでの栽培はなかなか大変なので化成肥料も使います。 農薬については、使用しないで栽培しています。 収穫終了 収穫と共にあしたばも成長してゆき、3年目になるとトウ立ち(花が咲き種をつける)しますので、収穫も終了、伐採してまた新たに種まきまたは苗の植え付けをします。

次の

庭でアシタバを育てる

アシタバ 収穫

1.種を一晩水に浸します 発芽を促すためです。 2.ポットに種をまきます。 指先で軽く窪みをつけたところへ、まいてください 大きな育苗箱で育てるときは、葉が重ならないように4、5cmほど、間隔を空けてください。 3.まいた種のうえに、軽く土を被せます 光があたらないと芽が出ないためです。 4.土の表面に、わら・もみがらなどを敷きます 乾燥を防ぐためです。 5.種をまいてから20日前後で芽を出します。 6.本葉が隣の葉を重なるまで生長したら、間引きをしましょう。 間引いた株も育てられます。 たくさん育てたい方は、別のポットに移してあげてください。 育苗箱で育てた場合は、葉が重なるときに、1株ずつポットに移してください。

次の

栄養豊富なアシタバの育て方!種まき~収穫までおいしく育てるコツとは?

アシタバ 収穫

関連記事 アシタバ 明日葉 の土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り 水はけと水もちのバランスがよい中性~弱アルカリ性の土を好みます。 鉢やプランターなら、赤玉土(小粒)7:腐葉土1:川砂2の割合で混ぜたものか、市販の花と野菜用培養土がおすすめです。 地植えは、植え付ける2週間前に、深さ30cmほど土を耕して苦土石灰を混ぜておきます。 そして、植え付け1週間前に水はけが悪いようなら2割ほど川砂を混ぜ、痩せているようなら1割ほど腐葉土を混ぜ込んでおきます。 水やり 水を与えすぎると根腐れを起こしてしまいます。 鉢植えやプランターは、土が乾いていることを確認してから、底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをしてください。 地植えは、特に水やりの必要はありません。 肥料の与え方 明日葉は化学肥料に弱いので、植え付けから1~2ヶ月に1回、鶏糞や油粕などの有機肥料を少量施すようにします。 肥料の与えすぎは根腐れの原因となるので、控えめでかまいません。 アシタバ 明日葉 の収穫の時期と方法は? 植え付けてから2年目以降に収穫して楽しめるようになります。 草丈30cmほどに生長したら、古い茎葉を2~3本残して、若い葉っぱを茎ごとどんどん摘みます。 また、株を長生きさせるために、花が咲いたら摘み取っていきましょう。 アシタバ 明日葉 の増やし方!株分けの時期と方法は? 明日葉は種まきと株分けで数を増やすことができます。 種まきの適期や手順は、植え付け時と同じです。 花が咲いたら種を採取し、翌春まで保存しておきます。 株分けは、勢いよく生長する前の3~4月が適期です。 スコップで株の周囲を大きく掘り、根を傷つけないよう掘り上げる 2. 芽が均等に分かれるよう、根をナイフなどで切り分ける 3. 株同士の間隔を40~50cmほど空けて植穴を掘る 4. 堆肥と油粕を少量植え穴に入れる 5. 切り分けた株を植え付ける 6. 通常どおり管理する.

次の