鳥 もも肉 作り 置き。 【定番・美味しい】プロの鳥もも肉の唐揚げの作り方。

鶏肉の作り置きレシピ12選《鶏もも肉・鶏むね肉》週末に作り置き!

鳥 もも肉 作り 置き

鶏もも肉500g• しょう油大さじ3• 砂糖大さじ2• みりん大さじ1• 酒大さじ3• 酢大さじ1• ごま油大さじ1• 鶏もも肉は、厚みが均一になるように切り目を入れます。 皮が外側になるようにきつく巻き、タコ糸で縛ります。 フライパンにごま油を熱し、鶏もも肉の巻き終わりを下にして焼きます。 皮目に焼き色が付くように全体が焼けたら、再び焼き終わりを下にして、しょう油、砂糖、みりん、酒、酢を入れ、蓋をして弱めの中火で8分加熱する。 鶏肉の上下をひっくり返し、3分加熱します。 粗熱を取って、汁ごと保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 (冷蔵庫での作り置き保存期間4~5日)• 鶏もも肉1枚(350g)• 酒大さじ1• 薄力粉大さじ2• 片栗粉大さじ1• サラダ油大さじ3• 水大さじ2• 砂糖小さじ1• みりん大さじ1• しょう油大さじ1• 青ネギ(小口切り)20g• 白いりごま少量• 鶏もも肉は一口大に切りポリ袋に入れ、酒、塩を加えしっかり揉みこみ、薄力粉、片栗粉を全体にまんべんなく付けます。 フライパンにサラダ油をひき、強火で鶏肉を並べ焼き色が付いたら裏返し、火が通るまで揚げ焼きにします。 鶏肉をフライパンの隅に寄せ、しっかりと油をキッチンペーパーで拭き取り、水、砂糖、みりん、しょう油、片栗粉を加え、中火にかけながらとろみがつき始めたら青ネギを加え全体を絡めます。 白いりごまを散らし、粗熱を取ります。 粗熱が取れたら、保存容器に入れしっかり冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2日)• 鶏もも肉1枚(250~300g前後)• しょう油大さじ1• みりん大さじ1• 酒大さじ1• 砂糖小さじ1• 酢小さじ1• 鶏もも肉を広げ、黄色い脂や白い筋の部分を取り除きます。 鶏肉の皮には、フォークでたくさん穴を開けておきましょう。 しょう油、みりん、酒、砂糖、酢を合わせておきます。 フライパンに鶏肉の皮を下にしておきます。 フライパンに火をつけ、中火で8~9分焼きます。 脂が出てきたら、キッチンペーパーでしっから拭き取ります。 鶏肉の皮がこんがりときつね色になれば、裏返して弱火で焼きます。 フライパンの脂や焦げをさっと拭き取り、 合わせた調味料を加えます。 弱火のまま7~8分加熱します。 合わせ調味料が半量くらいになり、とろみがついてくれば強火にし、焦がさないように合わせ調味料を絡めます。 粗熱が取れたら切り分け、保存容器に入れよく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏もも肉1枚(350g)• にんにく大1粒• 大葉4~5枚• 酒大さじ2• みりん大さじ1• しょう油大さじ1• わさびチューブ適量• にんにく、大場はみじん切りにします。 鶏肉は室温に戻します。 鶏肉の余分な油を取り除き、フォークなどで穴を開けます。 フライパンに少量の油をひき、中火で熱します。 鶏肉の皮目を下に、きつね色になるまでこんがりと焼きます。 裏返して蓋をし、弱火で4分ほど蒸し焼きにします。 蓋を取り、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。 空いたとトロでにんにくを炒め、酒、みりん、しょう油、わさび、大葉を入れ中火で煮詰めます。 ふつふつと煮詰まってきたら、鶏肉の両面に絡めて粗熱を取ります。 保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管してください。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2日)• 鶏もも肉約400g• 塩少々• ブラックペッパー少々• 味付けポン酢大さじ3• 玉ねぎは皮をむき、薄くスライスします。 小ねぎは小口切りにします。 鶏肉は室温に戻しておきます。 余分な油を取り、フォークなどで穴を開け、食べやすい大きさに角切りにし、塩とブラックペッパーをまんべんなくふります。 フライパンに油をひき、中火で玉ねぎ、鶏肉をしっかり炒めます。 玉ねぎと鶏肉をざるにあげ、キッチンペーパーで油を取ります。 保存容器に入れ、味付けポン酢、小ねぎを回しかけ、軽くあえて完全に冷めたら冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏もも肉2枚• 赤唐辛子の小口切り1本• しょう油大さじ4• 黒酢または米酢大さじ3• 砂糖大さじ2• 水大さじ2• はちみつ小さじ1• 片栗粉適量• 揚げ油適量• 余分な油を取り除き、一口大に切ります。 片栗粉をまぶして、5分ほど置いておきます。 長ネギは小口切りにします。 ボウルに、しょう油、黒酢または米酢、砂糖、水、はちみつ、長ネギ、赤唐辛子を混ぜ合わせておきます。 鶏肉を一度取り出し、油を切ります。 揚げ油の火を強め、もう一度鶏肉を戻し(10~15秒ほど)二度揚げし、油を切っておきます。 鶏肉が熱いうちに漬けダレに絡め、保存容器に入れ、よく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• 鶏むね肉1枚• Aマヨネーズ大さじ1• A酒大さじ1• Aしょう油小さじ1• Bしょう油大さじ1強• B生姜チューブ1~2cm• 片栗粉大さじ2• なたね油またはサラダ油大さじ1• 鶏肉は皮を取り、フォークなどで穴を開け、1. 5cm厚さのそぎ切りにします。 Bのしょう油、酒、みりん、砂糖、生姜チューブを合わせておきます。 ポリ袋に、鶏肉、 Aのマヨネーズ、酒、しょう油を入れよくもみこみます。 揉みこんだら10分ほど寝かせます。 ポリ袋に片栗粉を入れ、粉っぽさがなくなるまでよく揉みこみます。 フライパンに油をひき、鶏肉を並べます。 中火で、4分焼き裏返して蓋をして弱火で3分蒸し焼きにします。 鶏肉に火が通れば、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。 合わせたBの調味料を回し入れ、全体に絡めて粗熱が取れたら保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• 鶏むね肉2枚• 片栗粉大さじ2• マヨネーズ大さじ2• Aめんつゆ(3倍濃縮 小さじ4• Aマヨネーズ大さじ1• Aにんにくすりおろし小さじ1• 鶏むね肉の皮を取り、1cm幅のそぎ切りにします。 鶏むね肉に片栗粉を揉みこむようにまぶしつけます。 Aのめんつゆ、マヨネーズ、にんにくすりおろし、粗挽き黒こしょうを合わせておきます。 フライパンにマヨネーズをいれて弱火にかけ、ゆっくり溶かします。 鶏肉を広げて蓋をし、弱火で7~8分焼きます。 表面が白くなれば、全体をかき混ぜ蓋をして5~6分加熱します。 Aの合わせ調味料を加えて絡め、汁気を飛ばします。 粗熱を取り、保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏むね肉約400g• 液体塩こうじ大さじ2• 大葉3枚• しょうが2かけ• みりん大さじ2. しょう油大さじ1. 穀物酢大さじ1. 砂糖小さじ1• ごま油大さじ1• いりごま小さじ1• 鶏肉の皮と脂を取り、観音開きにし、フォークなどで穴を開けます。 ポリ袋に鶏肉と液体塩こうじを入れよく揉みこみ、冷蔵庫で一晩寝かせます。 鶏肉は室温に戻し、生姜と大葉はみじん切りにします。 耐熱皿に鶏肉を置き、ぴったりラップをし、低出力の150Wの電子レンジで10分加熱します。 裏返してさらに5分加熱します。 しょうがとみりん、しょう油、穀物酢、砂糖を耐熱ボウルに入れ、ラップをし、500Wの電子レンジで1分30秒~2分加熱します。 取り出した鶏肉を手で割きます。 大葉と 合わせ調味料とあえて、保存容器に入れよく冷まして、冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏むね肉大1枚• きゅうり2本• 片栗粉小さじ2• 調味酢大さじ2• しょう油大さじ2• 砂糖大さじ2• すりごま大さじ2• ごま油小さじ1• 鶏肉は、皮と余分な脂肪を取り除きます。 観音開きにし、フォークなどで穴を開け砂糖、塩を順番によく揉みこみます。 鍋に湯を沸かし、鶏肉の表面に片栗粉をまんべんなくまぶします。 お湯が沸騰したら火を止め、鶏肉を入れ蓋をし、60分ほど放置します。 きゅうりは板ずりをし、細切りにし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。 大きめのボウルに調味酢、しょう油、砂糖、すりごま、ごま油を入れ混ぜ合わせます。 鶏肉を取り出したら、手で割き、きゅうりと合わせダレとよく和えます。 保存容器に入れ、よく冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間4日)• 鶏むね肉1枚• 砂糖小さじ1• 片栗粉適量• ケチャップ大さじ3• 豆板醤小さじ1• 砂糖大さじ1• 酒大さじ1• サラダ油適量• いりごま適量• 小ねぎ適量• 鶏むね肉はひと口大にそぎ切りにします。 合わせ調味料を作ります。 ケチャップ、豆板醤、砂糖、酒は合わせておきます。 鶏肉に片栗粉を薄くまぶし、フライパンに油を多めに引き、弱めの中火で焼きます。 両面を焼き、火が通れば、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。 合わせ調味料を鶏肉に絡むように混ぜ合わせます。 いりごまと小口切りにした小ねぎを散らします。 保存容器に入れ、よく冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• プレーンヨーグルト大さじ3• カレー粉大さじ1• ケチャップ大さじ1• おろしにんにく小さじ1• おろししょうが小さじ1• こしょう少々• サラダ油適量• 鶏むね肉は、ひと口大のそぎ切りにします。 ポリ袋に鶏むね肉とプレーンヨーグルト、カレー粉、ケチャップ、おろしにんにく、おろししょうが、塩、こしょうを入れ、揉みこみます。 冷蔵庫で半日から一晩漬けこみます。 フライパンにサラダ油をひき、鶏肉を並べて中火で焼きます。 両面焼いて、火が通れば完成です。 保存容器に入れ、よく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日).

次の

鶏ひき肉の離乳食の作り方 中期・後期別レシピ8選(胸肉・もも肉)

鳥 もも肉 作り 置き

柔らかくてジューシーな鶏もも。 こってりしたガリバタソース。 旨いッ! こんにちは。 ヒッサンです。 今回は、「 鶏もも肉のガリバタチキン」のレシピを紹介します! うまいですよね~。 ガリバタ!ニンニクとバターっていう相性抜群なところにジューシーな鶏もも肉を加えて!おいしいに決まってます。 さて、肝心の鶏肉ですが、柔らかく仕上げるコツは しっかりお酒に漬け込むこと!ちょっとお酒をかけて調理するのではなく、お酒につけたら 少し時間を置きましょう。 このひと手間で全然違ってきますよ! さらに、焼くときは、皮目の部分を しっかりと押さえつける!焦げるんじゃないかってくらいしっかりと、 フライ返しなどを使って押さえつけましょう! コレで皮目はパリッとジューシーな仕上がりになります。 ぜひ試してみてください。 それでは、詳しいレシピにいきましょう。 鶏もも肉のガリバタチキン 材料です。 浅い切れ目を何本か入れて、筋を切りましょう。 その後、ひと口大に切り、ボールに移します。 塩コショウひとつまみ、酒大さじ1を入れて、揉みこみ、 15分ほど置いておきましょう。 玉ねぎは繊維と直角の向きに5㎜幅に切っていきます。 繊維を断つことで火が通りやすくなり、辛みが出るので炒め物に向きます。 切ったら、 10分ほど水につけ、アクを抜いておきましょう。 また、タレの調味料はすべて混ぜておきます。 つぶすことで皮が向きやすくなり、香りも出やすくなります。 フライパンにオリーブオイル10ml、バターの半量5g、皮をむいたニンニクを入れ、弱火で熱します。 フライパンを傾けて海を作るようにして、 じっくりと香りを引き出していきましょう。 ニンニクは、取り出しても出さなくてもOKです! 1分ほど炒め、玉ねぎが少しクタッとなってきたら、端に寄せ、鶏肉を皮側から加えます。 鶏肉は皮から!鉄則です! フライ返しなどでしっかりと押さえ、焼き色を付けていきます。 写真のように焼き色がついてきたら、ひっくり返し、身側も焼いていきましょう。 タレを入れたら中火のまま煮詰めていきましょう。 煮詰まって水分が無くなってきたら、火を止め、バターの残り半量を加えて混ぜたら完成! 実食! 柔らかくて濃い味でうまいッ!! 鶏肉を柔らかく仕上げるコツはやはり酒につけてしばらく置いておくこと! タレに酒を混ぜてかけるだけでなく、しっかり漬け込んでおくと柔らかくジュージーな仕上がりになりますよ。

次の

スモークチキンの作り方!鶏もも肉で燻製を作る!

鳥 もも肉 作り 置き

あまりがちなお茶を活用! 最近のマイブームは「お茶」です。 ハーブティー、ジャスミン茶などいろいろ飲んでいます。 ジャスミン茶は、お徳用を買ってしまって、だだ余りしています。 笑 なんか料理に使えないかな〜っと考えまして お茶で煮た 鳥ももお茶ーシューを作りました。 さっぱりして美味しいですよ。 お茶でさっぱり鳥モモチャーシューのレシピ 食材 分量 鳥もも肉 2枚 水 肉がかぶるくらい お茶 ティーバックで2つ つけダレ めんつゆ 三倍濃縮 50cc みりん 50cc 3人分です! 今回は、巻くバージョンと巻かないバージョンを、両方作ってみます! お茶でさっぱり鳥モモチャーシューの作り方• 鳥もも肉の脂肪を、なるべく取り くるくる巻いて、タコ糸などで縛る• 鍋へ鳥もも肉、水、お茶 ティーバック2つを入れて 火をつけ中火にする 沸騰したら、弱火にして1時間煮る• 耐熱の器へ、めんつゆ 50cc、みりん 50ccを入れ、600wのレンジで1分30〜2分温める• ジップロックなど密閉できる袋へ、茹で上がった鳥もも肉と温めたつけダレを入れる• 冷蔵庫で2時間〜一晩冷やして、食べやすい大きさに切って、できあがり お茶の目安 500〜700ccの水に対して、ティーバック1つが目安です。 1〜1. 5リットル用の茶葉でしたら、そのまま使ってください。 今回はジャスミン茶を使いましたが、紅茶、緑茶、ウーロン茶でもできます。 おわりに お茶のおかげで、苦手な鶏皮がさっぱり! 巻かないバージョンも美味しくできました。 チャーシューの見た目で言えば、巻いた方がオススメです! タレに漬けないで、ドレッシングをかけてでも簡単でいいですよ。

次の