グーバイク 250。 ヤマハ グランドマジェスティ250の中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス

エリミネーター250に乗ろう。他にない魅力満載の250ccバイク

グーバイク 250

250ccクラスのバイクは定期的な点検をしなくて良いということではありませんが、400ccクラスと違って車検の費用がかからないのは魅力的と言えます。 そのため楽に取り回しができます。 とても便利ですが、タンデムすると若干狭い印象があります。 250ccバイクは比較的パッセンジャーシートも広いのでタンデムも楽です。 ハイグレードな装備の車両だと、400cクラスのバイクと価格的にほとんど変わらない場合もあるのでご注意を。 250ccバイクはメリットが多く、デメリットは少ない 前述したようにメリット・デメリットで考えれば圧倒的にメリットの方が多いのが250ccバイクの特徴です。 普通自動二輪の免許で乗れる最大排気量の400ccクラスは、大型自動二輪免許が教習所で取得できるようになってから人気に陰りが見られ、250ccバイクと比べると車種選択の幅が狭くなっています。 逆に250ccバイクは各メーカーが開発に力を入れているので車種選択の幅が広まっており、この点は250ccバイクを検討する上で大きなメリットと言えるでしょう。 ではおすすめの250ccバイクと注目ポイントをみていきます。 250ccバイクのおすすめ:フルカウルスポーツバイク ここ数年の250ccブームの中心は、フルカウルを纏ったスポーツバイクです。 250ccネクストジェネレーションというコンセプトを掲げてカワサキが2008年に発表した3台のうちの1台、ニンジャ250Rの後継機にあたるのがニンジャ250です(Rがつかなくなった)。 ニンジャ250R発表時、49万8000円 税込み という破格のプライスが話題になりましたが、現行のニンジャ250は55万3500円 税込み と若干割高になっています。 しかし初代と比べると価格に反映された金額以上に確実に進化しており、街乗りからツーリングまで幅広く活躍できる一台です。 2018年には三代目ニンジャにモデルチェンジしました。 圧倒的な走行性能を追い求めたGSX-Rシリーズとは異なり、公道での走りやすさを追求した一台です。 価格は52万7040円 税込み で、並列二気筒エンジンを搭載したフルカウルスポーツとしては破格の値段です。 最大の特徴は価格と言ってもいいでしょう。 250ccバイクのおすすめ:250ccビッグスクーター ブームは終わっても使い勝手が変わるわけではありません。 荷物が沢山積載できて、オートマチックで運転ラクラクなのがビッグスクーターの魅力です。 もともと利便性に優れている点が評価され人気だったビッグスクーターは、シート下の積載量に優れておりフォルツアSiのシート下容量はなんと53L。 ブーム時は各社の開発競争でユーティリティー面の高性能化が進みましたが、フォルツァSiのユーティリティは極めてシンプル。 そのかわりに走りはしっかりと進化しています。 価格もユーティリティ装備過渡期に生み出された先代モデルのフォルツァZが71万2800円 税込み であるのにたいして55万5120円 税込み とお手ごろ価格になっています。 運転もオートマチックなので楽ですし、リアキャリアとリアボックスを装着してしまえば積載量も無双の領域へ。 利便性を求めるならビッグスクーターという選択肢もありでしょう。 250ccバイクのおすすめ:オフロードバイク 道なき道を進むオフロードバイクには軽量性が求められるため、主戦場は250ccクラスです。 ABS付のモデルは上記写真の色だと82万8360円(税込み)と、400ccどころか車種によっては大型バイクよりも高い価格にもびっくり。 いくらなんでも250ccで80万円はやりすぎだろ。 試乗するまではそう思っていましたが、価格も納得の上質な走りにさらに驚かされました。 究極の250ccと言っても過言ではない一台です。 排気ガス規制でカタログ落ちが決まっている車両たち 新しい排気ガス規制が導入され沢山のバイクのカタログ落ちが決定してしまいました。 250ccクラスを代表するネオクラシックバイクといえば1992年から販売されているカワサキの「エストレヤ」です。 車両重量も161kgと決して重くないので女性にもおすすめの一台です。 価格は53万3520円(税込み)。 エストレヤは見た目こそほとんど変わっていませんが、細かい仕様が変わっているので中古車を選ぶ際には注意が必要。 フルモデルチェンジされた2007年式以降のものをおすすめします。 スポーツバイクに単気筒エンジンを搭載するというのは今までにない発想でしたが、蓋をあけてみれば単気筒エンジンとは思えないぐらいに高回転までスムーズに回転します。 名車CBR250Rの名前を受け継ぐ同車ですが、今の時代に合わせてリファインされた同車は新しいCBR250Rの形といえるでしょう。 構造上単気筒エンジンはシンプルなので価格も49万8960円(税込み)と比較的抑えめ。 現行はヘッドライトが二眼タイプになっていますが、初期型は単眼タイプです。 それまでも数々の名車に搭載されてきたホンダ伝統のV型二気筒エンジンを搭載しており、都内ではバイク便が使っている姿も頻繁に目撃します。 軽量で取り回しも軽く、信頼性と耐久性の高いエンジンを搭載していますが、価格は他の車種よりも若干高い61万9920円(税込み)です。 人気の車種なので中古市場でも台数は多いのですが初心者ライダーにおすすめなのは、2009年にモデルチェンジしてインジェクション化された型式JBK-MC33モデルです。 まず驚かされたのが価格。 新車価格45万6840円(税込み)は破格と言えます。 しかもこれはあくまで定価。 スズキは比較的値引きを頑張る傾向があるので、実勢価格は35万円~40万円前後で取引されているようです。 実際に車両を見てみると、コンパクトなスポーツバイクと比べ比較的車体が大きく見えます。 ホイールベースも長くどっしりとした印象で、直進安定性に優れ長距離ツーリングもこなすことが可能です。 車重が軽く足つき性にも優れたグラストラッカーは街乗りで使うには非常に快適です。 価格も43万920円(税込み)とかなり抑えられており中古の流通量も多いので、探せば15万円以下でも程度の良い車両が見つかります。 兄弟車両にはオフロードの走破性を向上させたグラストラッカービッグボーイもラインナップされており、こちらは価格が若干上がって46万3320円(税込み)ですが、こちらも中古の台数が多いので、破格の値段で程度の良い車両を見つけることが可能です。 ほとんどメンテナンスされていない車両で高速走行するのは非常にリスキーです。 3000km~5000kmに一回は必ず、バイク屋さんにオイル交換に持ち込んで車両状態をみてもらう習慣をつけてください。 また、定期的に洗車することでボルトの緩みやオイル滲みなどを早期に発見することができます。 消耗品類も400ccクラスの車両ほど高くはないので、定期的な点検で余計な出費がかからないようにしましょう。

次の

カワサキ Ninja 250 |GLOW UP|新車・中古バイクなら【グーバイク】

グーバイク 250

ランキングは毎週金曜日に更新されます。 年式や仕様等が異なる車両の評価となる場合がございますので、ご注意ください。 2020年はヘッドライト、ウインカー、テールランプに、スタイリングをより引き立てるLEDを採用。 メーター内にギアポジションを表示するインジケーターを追加するとともに、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性が向上。 搭載される水冷パラレルツインエンジンはデュアルスロットルバルブを装備することで全回転域にわたってリニアなレスポンスを手に入れ、低中速回転域ではスムーズかつトルクフル、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性が、ツーリングや日常での扱いやすさとエキサイティングなパワーフィールを実現しています。 力強いトルクの低中速回転域を実現した空冷4ストローク単気筒エンジン 249cm3 と、スリムで軽量な車体の組み合わせにより、軽快で扱い易い特性を持っています。 アクセサリーにはレトロな雰囲気を醸し出すCafe Styleカウルやパニアケース、ウィンドシールド等を用意。 1mmのボア・ストローク、11. カム直押し式バルブ駆動や、低振動に貢献するアルミ鍛造ピストン。 優れた出力・トルク特性を達成し、低中速での扱いやすさ、中高速での高揚感、燃費などをバランスよく実現。 エンジンは低中速の扱いやすさを重視した出力特性とし、車体には低いシート高や専用セッティングを施したサスペンションを 採用することで、良好な足つき性と取り回し性能を実現した。 シリーズ共通イメージのスタイリングを採用し、ヘッドライトを中心にアウトドアギアのタフなイメージのデザインとなっている。 フロントフェイスには、LEDヘッドライトやラインビーム状のLEDポジションランプを採用し、優れた被視認性を追求するとともに、先進感あふれる表情を演出。 メーターには、デジタル時計や平均燃費、燃料計を表示するセンターディスプレイを配置し、少ない視線移動で情報が把握できる見やすさと、高いデザイン性の両立を考慮しました。 フロントパネル左側のグローブボックスには、500mlのペットボトルが収納可能。 2 を2019年7月26日より、黒 パールネブラーブラック を2019年7月30日より発売。 探す バイク選びお買い得コンテンツ• 探す 価格から探す• 探す バイクライフから探す• 通勤通学• 個性重視• アニバーサリーモデル大集合!• 個性派カラーリング!• 渋さ・味わい• 大人の味わい、カフェレーサー• こだわり• 250cc4発マルチネイキッド• 軽さ速さで選ぶ2ストローク• 通勤に最適なバイク• 初心者にも最適• 小柄な人にオススメ• 航続距離が長いバイク• お財布にやさしいバイク• 快適ロングツーリング• セカンドバイクに最適な一台• パワーウエイトレシオランキング• コンパクトランキング• コダワリの2サイクルスポーツ• 80年台、90年台レプリカスポーツ• 空冷エンジンが好き!• 探す 地域から探す• 北海道• 情報 ランキングから探す• 情報 マイページ機能• 情報 バイクサービス•

次の

カワサキ Ninja 250 |GLOW UP|新車・中古バイクなら【グーバイク】

グーバイク 250

250アメリカン川崎エリミネーターの魅力 排気量は小さくても、車体が大きく、パワフルで、スポーティな乗りがいのあるエリミネーター250の魅力を紹介します。 同じ国産250ccアメリカンの中でも、エリミネーターにしかない魅力がたくさんあります。 エリミネーターの種類と特徴 エリミネータは、エンジン、排気量、装備品などの違いでたくさんの種類があります。 同じ250ccのエリミネーターの中でもエンジンや装備品が違うものがあります。 まずはその違いをみていきます。 エリミネーターの種類について カワサキ・エリミネーターは川崎重工業が1985年から2008年まで製造・販売していたオートバイです。 (北米向けには2010年まで製造していました。 )エリミネーターは海外のモデルも含めると、1,000cc、900cc、750cc、600cc、500cc、400cc、250cc、125ccのモデルに分かれています。 ELIMINATOR250LXはスポークホイールとグラブバーを装備したモデルで、ELIMINATOR250SEはビキニカウル、アンダーカバー、グラブバーを装備し、クラッチカバーや細部パーツを黒に塗装してあるモデルです。 ELIMINATOR250HSはELIMINATOR250SEの輸出仕様版です。 これらはELIMINATOR250と同一車種で細かな仕様の違いと言ってよいでしょう。 ELIMINATOR250Vは1997年に発売されたエリミネーターで、従来のシリーズとは全く趣の異なるもでした。 ELIMINATOR250とはエンジンもデザインも違います。 ELIMINATOR250Vは新たに開発されたV型2気筒エンジンを搭載されたモデルです。 エリミネーターはドラッグレーサーコンセプトとして開発されていましたが、Vツインエンジンが採用されたことでクルーザースタイルへと転換されました。 車体デザインもステップの位置などが変更されました。 同じ250ccのエリミネーターでもELIMINATOR250Vはエンジンも異なっているので、排気音や走りのフィーリングも違ってます、ここは好みで分かれるところであるかもしれません。 アメリカンバイクのような形が好みならELIMINATOR250Vの方がそれに近いものです。 bikebros. jp】 ELIMINATOR250(LX、SE、HS)は40馬力、ELIMINATOR250Vは前期型は38馬力ですが、後期型は排ガス規制対応のために35馬力に抑えられています。 ELIMINATOR250の中でも多少の馬力の大小はありますが、いずれにしてもこの数字は同じ250ccのエンジンを持つ国内のクルーザー・ドラッグレーサータイプのバイクの中でも高いです。 とくに、ELIMINATOR250はGPX250Rというスポーツ走行向けのバイクのエンジンを流用しているので、国内の250ccの同タイプのバイクの中で、一番速いといっても過言ではないでしょう。 最高速度は公道では決して出せないような速度も期待できます。 エリミネーターの歴史 エリミネーター250は、1985年から発売されているエリミネーターシリーズの250ccモデルです。 250ccバイクでも、上位機種と同様のデザインで迫力のあるバイクです。 2気筒エンジンでありながら当時の250ccの馬力規制の上限であった40馬力を発揮します。 1997年にエリミネーター250Vが発売されました。 これは従来のエリミネーターとは違い、V型2気筒エンジンを搭載し、ドラッグレーサータイプのバイクからクルーザータイプのバイクへと変貌しました。 これには賛否両論ありましたが、2007年まで発売され、多くのバイク乗りを魅了しました。 エリミネーター250の魅力 エリミネーター250の魅力は、力強さ・スタイリング・走行性能にあります。 250ccアメリカンの中で一番の馬力を誇っている。 (力強さ)• 高排気量車にも劣らいな大きく攻撃的なデザイン。 (スタイリング)• 250ccアメリカンバイクでは唯一の6速ミッションを搭載。 (走行性能) これらは、ほかの250ccのアメリカンバイクにはない魅力です。 実際に乗っておられる方の評判を見ると「速い」、「スポーティー」という感想が多くみられます。 車名のエリミネーターは「排除するもの」という意味です。 デザインだけでなく、名前からも攻撃的なバイクです。 エリミネーター生産終了の理由 エリミネーターは、排ガス規制により生産終了を余儀なくされました。 このときエリミネーターだけでなく数多くのバイクが生産終了になりました。 平成18年排ガス規制とは 排ガス規制とは、バイクや車から排出される温室効果ガスや有害物質の排出量を制限する規制のことです。 CO値、HC値、NOx値という値で測定されます。 平成18年に126cc~250ccの軽二輪自動車にも適応され、各値とも改正前より50%~85%規制値が厳しくなりました。 これにより、エリミネーター250や、その他多くのバイクが生産終了を余儀なくされました。 京都議定書 京都議定書とは、地球温暖化を防ぐために、先進国に対し二酸化炭素などの温室効果ガス排出量削減の数値目標を定めた国際的な取り決めです。 これにより、日本の自動車は排ガス規制が厳しくなりました。 中古エリミネーターの価格 エリミネーター250は生産終了して10年以上経過するバイクですが、入手方法により値段に大きく違いがあります。 中古エリミネーター250の平均価格 エリミネーター250とエリミネーター250Vでは、若干エリミネーター250Vの方が高い傾向にあるようにみえましたが、あまり価格は変わらず平均して30万円~40万円で販売されているようです。 10万円台や20万円台でも販売されているものもありますが、走行距離が多いものがほとんどのようです。 程度のよい個体を入手するには、30万円程度みておくようにするとよいでしょう。 グーバイク グーバイクでエリミネーター250を検索すると、大体140台くらい登録されていて、平均価格は33. 7万円でした。 大体30万円~40万円くらいで販売されていて、状態のよいものは50万円以上で販売されていました。 goobike. html】 バイクブロス バイクブロスでエリミネーター250を検索すると大体80台くらい登録されていて、グーバイクと同様に30万円~40万円程度で販売されていました。 それ以下の値段で販売されているものもありました。 bikebros. バイク屋で購入するよりかなり低い価格で手に入れることができます。 しかし、車体の傷や状態、エンジンのコンディションはその商品の説明文だけでは把握しにくいです。 質問やコメントの機能を使って出品者と連絡を取り、車両の状態をできるだけ把握してから購入することがよいです。 一番ベストなのは実際にそのバイクを見させてもらい、エンジンをかけさせてもらって状態を把握することですが、出品地が遠いと難しいでしょう。 もう一つの注意点は、送料です。 出品地が遠いとそれだけ輸送費がかかります。 安く落札できても、輸送費が高かったため、バイク屋で購入するのとあまり変わらなかったということもあります。 ネットオークションは日本全国の出品物がみられるのは一つの利点ですが、バイクに関しては、ある程度の近場の出品物を探す方がよいでしょう。 バイクを自分で整備できる場合や、取りに行ったり、現車を確認しに行ける近場が出品地域であれば、とてもおすすめの買い方です。 しかし、バイクを自分で整備するのに抵抗のある方は、バイク屋で購入するほうがよい場合もあります。 バイクも「もの」ですから、いつかは壊れます、壊れた時に自分で整備ができないとなると、やはりプロに頼むしかありませんが、その店で買っていないバイクを修理に持ち込むのは、少し気が引けることです。 バイクを店から買うことは、バイクのプロの知り合いができるという利点もあるので、そういったことも考えながら、バイク購入方法を選びましょう。 オークションで落札する ヤフーオークションなどのオークションサイトを利用して、バイクを手に入れる方法もあります。 注意点は先ほどのフリマアプリを利用したものと同じです。 過去に落札されたエリミネーター250を見ると5万円以下という破格で取引されているものもありました。 購入時に上乗せされる費用 車体代金以外で必要な費用ですが、250ccだと基本的には、自賠責保険費用と名義変更にかかる費用のみです。 しかし、バイク屋で購入する場合、名義変更の代行手数料、整備費用等が上乗せされます。 一概に悪いことだとはいえませんが、少しでもバイクの取得費用を抑えたい方は、ネットフリマアプリや、ネットオークションなどを利用して、個人から買うほうがよいかもしれません。 バイク乗りをより楽しむ方法 バイクを手に入れたら、ツーリング、カスタム、整備、バイク用品集め、仲間作りと、さまざまな楽しみ方があります。 バイクの楽しみ方のいくつかをここでは紹介していきます。 ソロツーリングを楽しむ バイクをいざ手に入れたら走り出したくなります。 ソロツーリングはバイクの一つの楽しみ方です。 ソロツーリングは、誰にも邪魔されず自分の思うがままに行動できるのが利点です。 普段はいかない場所や店、たまたま見つけた場所によってみたり、たまには遠出して、適当に宿を見つけて一泊するというのも楽しいです。 一人で寂しくないのかといわれることもあるかもしれませんが、一人だからこそできる発見もあります。 バイクでいろいろな場所へ出かけることで愛車への愛着も湧いてきます。 ツーリング仲間を探す 最近はバイクが趣味という人は減ってきています。 昔ほど、バイクがブームではなくなってしまったのかもしれません。 しかし日本にはまだまだバイク好きはたくさんいます。 SNSで探してみると、バイクで日本一周している人や、バイクをカスタムして乗っている人、いろんなバイク好きがいます。 バイクを手に入れたら、SNSのプロフィール欄に車種名を入れたり、投稿に「#エリミネーター250」と入れてみたり、バイク乗りの方のアカウントをフォローしてみたりするのもよいかもしれません。 SNSは若い方の使うものだという風潮はあるかもしれませんが、Facebookは大人の方でも多く利用しています。 また自動車やバイク専用のSNSもあるのでぜひ利用してみましょう。 バイク好きの集まる喫茶店などが、インターネットで検索すればヒットします。 そういった場所に愛車と出かけるのも、バイク仲間を見つける方法の一つです。 バイクをカスタムする バイクはカスタムすることも、楽しみ方の一つです。 シートやハンドル、マフラーを交換したり、電装品をつけたりいろいろなカスタムがあります。 世界で一台のバイクに仕上げることが可能です。 バイクパーツは新品で買うと結構な値段がしますが、ネットオークションなどを利用することで、安くパーツを入手することも可能です。 部品の取り付けなどをプロに任せるのも一つの手ですが、バイクの部品交換はネットで調べればやっている人が手順を公開していることが多いので、自分で行うのもまた一つの楽しみです。 マフラー等を交換すると排気音が変わるので、ツーリングがとても楽しくなります。 バイクのカスタムやメンテナンスをする工具を集めることも楽しみになります。 しかし、ネットオークションなどで売られているパーツは保安基準、道路交通法等に適応しないものもあるので注意が必要です。 それらをつけて道路を走行し、警察に捕まってしまうと、運転手の責任になってしまうのでくれぐれも気を付けましょう。 バイク自体をカスタムするのも楽しみの一つですが、ライダーとしての自分をカスタムできるのもバイクの魅力の一つです。 これは車にはないバイクの魅力の一つです。 カッコいいライダースジャケットを奮発して買ったり、ヘルメットを変えてみたりすることもバイクの楽しみ方であると同時に、しっかりしたバイク専用の装備は、万が一の事故の時に自分の命を守るものにもなるので、安全性の高いものを選びましょう。 250CCバイクの維持費と税金 250ccバイクの魅力の一つに維持費の安さがあげられます。 実際どれくらいかかるのかをみていきます。 自賠責保険に加入 自賠責保険には必ず加入しなければなりません。 長期で加入するほうが一年あたりの保険料が割安になることが多いです。 加入期間1年、8,650円• 加入期間2年、12,220円• 加入期間3年、15,720円• 加入期間4年、19,140円• 加入期間5年、22,510円 自賠責保険に加入していない車両を運転すると、50万円以下の罰金または1年以下の懲役、違反点数6点・免許停止処分が課されてしまいますので必ず加入しましょう。 自賠責保険の補償内容では、事故を起こしてしまったときに不十分である場合が多いです。 合わせて任意保険にも加入しましょう。 補償内容や年齢にもよりますが年間約12,000円から50,000円程度で加入できます。 安くはありませんが、万が一の事故を起こしてしまったときに、ばく大な賠償額を自費で賄うことを考えれば、加入しているほうがよいです。 軽自動車税 税金は、車ほど高くはありません。 250ccのオートバイは軽自動車税を毎年3600円払う必要があります。 忘れずにしっかりと払うようにしましょう。 メンテナンス費用はオイル交換、タイヤ交換、ブレーキパッド交換などを考えると年間5万円程度をみておけば大丈夫でしょう。 これらを自分で行うと、部品代だけで済むので大幅に費用を抑えることができます。 バイクを休みの日だけ乗るのであれば、年間走行距離はもっと短くなります。 走行距離が短くなれば、ガソリン代、メンテナンス費用も減ります。 どれくらいの頻度、距離を走るのかで維持費は大きく異なるので、各自シミュレーションして維持費を見積もりましょう。 250CCバイクに車検はない バイクの車検は車種や排気量、任せるお店などで費用は大きく変わりますが、大体5万円から10万円の費用が掛かるとされています。 しかし、250ccバイクには車検がありません。 これはメリットともデメリットとも捉えることができますが、維持費用が抑えられる点では大きなメリットです。 けれど、車検がないからといってメンテナンスをせずに乗るのはおすすめしません。 命を乗せて走るものですから、しっかりとメンテナンスをして、バイクライフを楽しみましょう。 メンテナンスを行うこともバイクの楽しみ方の一つです。 生産終了してしまったが、中古で購入できる魅力あるバイク エリミネーターは生産終了してしまいましたが、ほかにない魅力的なバイクです。 250ccでも、大型バイクのようなスタイリングを持ち、長い歴史のあるバイクです。 新たに免許を取られてバイク選びに悩んでる方、バイクを降りてしまったけど、また乗りたいと思っている方におすすめできる一台です。

次の