両毛 線 路線 図。 JR両毛線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

JR両毛線の路線図

両毛 線 路線 図

停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線.

次の

ファイル:鉄道路線図 JR両毛線.svg

両毛 線 路線 図

概要 [ ] と呼ばれる南西部から南東部に至る平野部の諸都市を結ぶ路線である。 もともとこの地域で盛んに生産されていたや、に代表されるの輸送のために建設された路線であり、現在では地元の通勤通学客の利用が中心となっている。 対東京輸送は沿線にネットワークを持つが各都市から東京都心のに直通する「」を走らせているのに対し、両毛線はやの範囲に含まれ、前橋市の対東京主要交通機関の一つとなっている(高崎 - )新前橋 - 前橋間を除けば地域内輸送が中心で、現在ではほとんどの列車がとなっている。 両毛線は沿線の主要な都市に立ち寄るように建設されたため、平野部を走る路線でありながら路線は大きく蛇行している。 なお、 - 間で、 - 間にはといった路線が(伊勢崎駅以外は同一の駅ではないが)両毛線よりも短い距離で並行している。 また、・やその本流であるなど、大きな河川を横切ることが多い路線である。 全線がの定めるの「東京近郊区間」 、および「」の首都圏エリアに含まれている。 路線データ [ ]• 路線距離():84. 管轄:東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)• :1,067• 駅数:19(起終点駅含む)• 両毛線所属駅に限定する場合、東北本線所属の小山駅、上越線所属の新前橋駅 が除外され、17駅となる。 複線区間:岩舟駅 - 佐野駅間、駒形駅 - 前橋駅間• 電化区間:全線(1,500)• :自動閉塞式• 保安装置:• 最高速度:95• :高崎総合指令室()• 運転取扱駅(駅が信号を制御):小山駅• 準運転取扱駅(入換時は駅が信号を制御):新前橋駅・桐生駅・岩宿駅• :(新前橋駅)• :全線(東京近郊区間)• 対応区間:全線(の首都圏エリア)• :イエロー 小山駅が、思川駅 - 新前橋駅間がの管轄であり、小山駅 - 思川駅間(思川に架かる橋梁の手前)にがある。 歴史 [ ] 両毛線は歴史的に、のや、をはじめとするの輸送を目的として 両毛鉄道(りょうもうてつどう)が建設した小山 - 前橋間と、 が現在のの延長として建設した前橋 - 新前橋間に分かれる。 1884年に開業した前橋駅(内藤分停車場 )は現在位置とは異なる利根川の右岸におかれ、1889年11月に両毛鉄道の前橋駅が左岸側に開業すると日本鉄道も利根川を渡って両毛鉄道の前橋駅に乗入れ、両鉄道が接続した。 現在も新前橋 - 前橋間が高崎線とほぼ一体の運転系統を形成しているのも、この経緯によるものである。 1897年には、日本鉄道は両毛鉄道を合併したが、1906年には施行により日本鉄道が国有化された。 1909年の線路名称設定時に両区間は統合され、小山 - 高崎間が 両毛線とされた。 1931年に上越線が全通すると、新前橋 - 高崎間が上越線にも属する重複区間となったが、1957年に同区間が両毛線から分離され、重複は解消した。 1951年からは気動車による運転が開始され、新駅が数多く設置されたが、1968年の全線電化に前後して休止(後に廃止)されている。 現在でもかつて駅が設置されていた区間では駅間が長いことが実感できる。 日本鉄道 [ ]• (17年): 日本鉄道 高崎駅 - 前橋駅(旧)間延伸開業。 1889年(明治22年):前橋駅(旧) - 前橋駅(両毛鉄道)間を延伸。 前橋(旧)駅廃止。 (明治21年)• : 両毛鉄道 小山駅 - 足利駅間開業。 栃木駅・佐野駅・足利駅が開業。 :足利駅 - 桐生駅間延伸開業。 桐生駅開業。 (明治22年)• :岩船駅、小俣駅が開業。 :桐生駅 - 前橋駅間が開通し全通。 大間々駅(初代)、国定駅、伊勢崎駅、駒形駅が開業。 (明治26年):富田駅開業。 (明治28年):富山駅開業。 (明治30年)• :両毛鉄道区間を 日本鉄道に譲渡。 :山前駅開業• (明治35年):岩船駅を岩舟駅に改称。 国有化後 [ ]• (明治39年)11月1日:(上野駅 - )高崎駅 - 前橋駅間、小山駅 - 前橋駅間が国有化。 (明治42年):制定により、小山駅 - 高崎駅間が 両毛線となる。 (明治44年)• :下新田連絡所新設。 :思川駅新設。 :足尾鉄道(後の足尾線)開業。 桐生駅 - 下新田連絡所を共用。 :大間々駅(初代)を岩宿駅に改称。 (明治45年):日高信号所開業。 (7年):富山駅を大平下駅に改称。 (大正10年)7月1日:上越南線新前橋駅 - 渋川駅間開業 に伴い、新前橋駅開業。 高崎駅 - 新前橋駅間に上越南線用の線路を単線並列で敷設。 日高信号所廃止。 (大正11年)4月1日:下新田連絡所が下新田信号所となる。 (6年) 上越線全通に伴い、新前橋 - 高崎間が上越線と重複になる。 1934年(昭和9年)7月10日:桐生 - 高崎間で気動車運転開始。 (昭和12年)4月15日:日高駅・浜尻駅開業。 (昭和15年)11月1日:日高駅・浜尻駅廃止。 (昭和19年): 高崎駅 - 新前橋駅間に井野信号場開業(上越線側のみに交換設備設置)。 (昭和22年):高崎駅 - 新前橋駅( - 水上駅)間が電化。 (昭和23年):井野信号場の両毛線側にホームを設け、旅客の取り扱いを開始。 (昭和26年)9月1日:東足利駅・葉鹿駅・下増田駅開業。 (昭和27年):小野寺駅・犬伏駅・東桐生駅開業。 (昭和29年)• :三重駅・東伊勢崎駅開業。 :西足利駅開業。 (昭和30年)• :間野谷駅開業。 :東前橋駅開業。 (昭和32年)• :前橋駅 - 新前橋駅間電化。 :両毛線の終点を高崎駅から新前橋駅に変更(-7. 3km)。 上越線との重複区間解消。 なお、このとき高崎駅 - 新前橋駅間は単線並列から複線に変更され、同時に井野信号場が井野駅に変更され上越・両毛両線の旅客を取り扱うようになる。 (昭和37年)10月1日:上野 - 高崎間に小山経由で準急「」運転開始(1966年に急行へ格上げ)• (昭和41年)12月20日:小野寺駅・犬伏駅・東伊勢崎駅休止。 (昭和42年)9月1日:東前橋駅休止。 (昭和43年)• :岩舟駅 - 佐野駅間複線化。 :駒形駅 - 前橋駅間複線化。 9月1日:小山駅 - 前橋駅間が電化され、全線電化達成。 10月1日:東足利駅・西足利駅・三重駅・葉鹿駅・東桐生駅・間野谷駅・下増田駅休止。 (昭和59年):三重駅廃止。 (昭和60年)3月14日:急行「わたらせ」廃止• 廃止時停車駅(時期により停車駅は異なる)• - - - - - - - - - - - -• 1985年(昭和60年)10月16日:桐生駅付近を高架化。 (昭和61年)10月6日:前橋駅付近を高架化 民営化後 [ ]• (昭和62年)4月1日:に伴い、東日本旅客鉄道に全線を第一種鉄道事業者として承継。 日本貨物鉄道が全線の第二種鉄道事業者となる。 小野寺駅・犬伏駅・東足利駅・西足利駅・葉鹿駅・東桐生駅・間野谷駅・東伊勢崎駅・下増田駅・東前橋駅廃止。 (元年) 足尾線廃止。 わたらせ渓谷鐵道に転換。 (平成8年):天皇・皇后およびベルギー国王の栃木訪問に伴い、編成によるを小山 - 足利間に運転。 61牽引。 平成元号になって1号御料車編成によるお召し列車が運転されたのはこれが初めてで、1号御料車編成に外国の国賓が乗車されたのもこれが初めて。 (平成11年):前橋大島駅開業。 (平成13年):全線でICカード供用開始。 (平成15年)• :栃木駅付近を高架化。 12月1日:思川駅・大平下駅・岩舟駅・小俣駅を無人化。 (平成16年)4月1日:全線で貨物列車の運行が廃止され、日本貨物鉄道の第二種鉄道事業廃止。 (平成21年):全線でATS-P化完了。 (平成22年):伊勢崎駅付近を高架化。 (平成23年)• :に起きたの影響による発電所停止に伴いが実施したの第1から第5グループすべてにまたがるため、小山駅 - 伊勢崎駅間を運休。 3月31日に全線復旧した。 ただし、計画停電が実施されなかった日でも運転は再開されなかった。 6月:策として全列車が全駅で通年半自動扱いを開始。 以降継続。 (平成30年):あしかがフラワーパーク駅開業。 1月29日:両毛線の前身の両毛鉄道敷設に尽力したの顕彰板が小俣駅前に設置され、お披露目会が開かれる。 地元の「木村半兵衛顕彰会」が功績を広報するために設置した。 :前日通過した(台風19号)の影響で、栃木駅 - 大平駅間の永野川橋りょうにおける橋台背面流出などの被災が確認され、桐生駅 - 小山駅間で長期間運休となる。 :令和元年東日本台風の影響による長期間運休区間が足利駅 - 小山駅間に短縮。 10月16日:栃木駅 - 小山駅間が運転再開。 令和元年東日本台風の影響による長期間運休区間が足利駅 - 栃木駅間に短縮。 10月20日:足利駅 - 岩舟駅が運転再開。 令和元年東日本台風の影響による長期間運休区間が岩舟駅 - 栃木駅間に短縮。 また、佐野駅 - 栃木駅間で代行輸送(バス)を開始。 11月11日:岩舟駅 - 栃木駅が運転再開。 これにより全線の復旧が完了し、代行輸送は前日を以て終了。 同駅間は当面の間徐行運転を行う。 運行形態 [ ] 線路名称上はが起点(のという扱い)であるが、小山駅に向かう列車が下りとして扱われる。 また、以西を走る全列車がからまでに乗り入れており、上越線内でも両毛線として案内される。 以前は冬季(11月15日 - 3月31日)には前橋大島駅 - 思川駅間で車内保温のため一部時間帯をのぞき、ドアは半自動扱い(ドアを開放後に手でドアを開ける)となっていたが 、2011年6月からは()に伴うなどの各発電所の停止によるを受け、対策として全列車が全駅で通年半自動扱いになっている。 小山駅 - 桐生駅間 [ ] 1時間に朝の通勤・通学時間帯は2本、その他の時間帯は1本の運行で、全線の中で最も運転本数が少ない区間である。 多くが高崎駅までの直通列車だが、早朝・夜間を中心に小山駅 - 桐生駅間の区間列車も設定されている。 また、1往復が小山駅で進行方向を変えて(東北本線)へ乗り入れ、まで運転されていたが、2017年3月4日のダイヤ改正でまでの運転に変更され、2019年3月16日のダイヤ改正で宇都宮線(東北本線)への乗り入れが廃止された。 桐生駅 - 高崎駅間 [ ] 全列車が、新前橋駅からに乗り入れ発着となっている。 小山駅からの直通列車のほか、桐生駅・・ - 高崎方面間の区間列車も設定されている。 1時間に通勤・通学時間帯は4本、日中は2本の列車が設定され、約半数は伊勢崎駅で高崎駅への折り返し運転を行う。 2017年のダイヤ改正で、伊勢崎駅 - 高崎駅間では、10 - 16時台は原則的に1時間2本で化されている。 一部の列車は新前橋駅で増結・切り離しが行われる。 高崎発前橋行き区間列車で土曜・休日9時台の1本のみ、後述の高崎線直通列車の間合い運用として、グリーン車連結の・の10両編成が使用される。 私立高校入学試験・で行われるの開会式の日の混雑時間帯には臨時列車が運行される。 なお、新前橋駅 - 前橋駅間の利根川鉄橋は強風の影響を受けやすく、風速によっては徐行運転や運転見合わせとなる。 この区間は単線区間であり、両毛線の中では運転本数・利用者とも最も多いため、遅れの影響力が大きい。 JRは利用者数の増加が見込めないとして、多大な設備投資を要する橋の複線化には消極的であるが、群馬県は東京有事の際に両毛線が代替輸送手段となり得るとして、複線化を訴えている。 上越線の一部に起点の高崎駅まで運転されず新前橋駅で折り返す列車があり、新前橋駅でこの上越線列車と接続している。 高崎線直通列車 [ ] 「」および「」も参照 歴史的経緯(後述)から、東京方面から来る(・)の列車が、高崎線の延長のような運行系統で上越線を経由し、まで乗り入れている。 以前は桐生駅・伊勢崎駅 - 上野駅間を直通する列車もあったが、2004年10月16日のダイヤ改正で消滅した。 線内で唯一の定期優等列車である「」は、・と前橋駅との間を結んでいる。 普通・快速列車としては、上野駅発着のほか、高崎線から・新宿駅・などを経由しての・・までの長距離列車(湘南新宿ライン)も早朝に上り2本(土休日は3本)が、高崎線から上野駅・・横浜駅などを経由して東海道線のまでの長距離列車(上野東京ライン) も設定されている。 かつては平日夜間にも下り1本が設定されていたが、2014年3月15日のダイヤ改正をもって廃止された。 また、高崎線上野発の下り初電前の朝5時台(高崎発は6時台)に籠原発前橋行きの列車が1往復設定されている。 2015年3月14日までは22時台に前橋発籠原行き(高崎駅で時間調整:23時過ぎ発)があったが、翌14日の改正で高崎行きに見直された。 臨時列車 [ ] 毎年沿線の(最寄り)で大型連休時に開催される大藤祭り、冬季に開催されるイルミネーションの時期に、・・発の臨時快速列車が桐生駅まで乗り入れたり、発小山行きの臨時普通列車が運行される。 このほか、8月のや開催時には臨時普通列車が運行される。 また、沿線私立高校の入学試験が行われる日の混雑時間帯に、受験生向け臨時列車が運行されることもある。 なお、この列車は時刻表には掲載されないことが多い。 過去の列車 [ ] 1996年ごろに一時期、定期列車として快速が設定されていた。 主に栃木県南の都市からを利用する通勤通学客の利便を考慮しての運行であった。 利用率が芳しくなかったのか、数か月で廃止された。 1998年ごろまでは、の方面より経由で小山駅から両毛線に乗り入れ桐生駅まで直通する列車があった。 この列車は水戸線と常磐線がであることから所属のが使用された。 下り水戸方面行きは高校生の帰宅時間帯に走っていた。 上野方面から直通の急行列車が運転されていたこともある。 上野駅から高崎駅経由で、前橋駅・桐生駅・小山駅まで運転したが、上野駅から小山駅経由で桐生駅・高崎駅まで運転した「」があった。 詳細は各列車記事を参照。 使用車両 [ ] 以下に示す車両はすべてである。 普通列車(小山 - 新前橋 - 高崎間)• - 高崎車両センター所属• 快速アーバン・通勤快速・普通列車・快速(前橋 - 新前橋 - 高崎間)• - ・所属• - 小山車両センター・国府津車両センター所属• 特急「」・「スワローあかぎ」• - 所属。 E231系、E233系、651系は前橋 - 新前橋 - 高崎間のみ。 ただし定期回送列車として駒形まで乗り入れる。 基本的に高崎以南に直通しているが、E231系・E233系は一部、前橋 - 高崎間の運転もある。 この節のが望まれています。 1985年ごろは115系・が多数使用され、本来は湘南色のエリアであるが、でから転入してきたの115系が一部混在したこともある。 (1978年3月9日まで。 ) - 新前橋電車区所属• (からの改造車を含む)(1978年3月9日まで。 )- 新前橋電車区所属• (2018年3月16日まで ) - 高崎車両センター所属• (2017年9月30日まで。 同年10月7日に団体専用列車運行 ) - 高崎車両センター所属• (2016年3月25日まで) - 特急「あかぎ」などで使用。 2004年10月のダイヤ改正までは、高崎 - 桐生間に限って185系を使用していた普通列車が存在した。 その後すぐにが右手に離れて分岐し、反対の左手側には北部があり、また周辺の倉庫、工場へのが引かれているのがわかる。 の陸橋をくぐった直後の右手にはがあったが、今はショッピングモールと「」となっている。 高台にある市街地を過ぎるとを渡る。 思川を渡るとあたりは一気に田園地帯となり、その中を行くとに至る。 思川駅を過ぎ、を過ぎたあたりからに入る。 さらに田園地帯が続き、住宅地が見えると区間に入り、をくぐる。 高架化以前の両毛線は栃木レザー工場の北側を走っていたが、栃木駅周辺の高架化に伴い、東武日光線に沿うように南側へ経路が大きく変更され、旧線跡地の一部はとなっている。 を越え、を過ぎると、「」と呼ばれる栃木市の中心駅・に到着する。 栃木駅では上り桐生方面行列車は2番線に停車、下り小山行列車は同じホームの向かい側に停車する。 左手に東武日光線・のホームが見える。 づくりの建物が立ち並ぶ中心部は、駅から北へ1kmほど離れている。 栃木駅を出ると、右手に栃木学園教育センターが見える。 間もなく高架は地平に戻り、右手にを望みながら進む。 栃木駅 - 大平下駅間は、()、東武日光線とやや離れたところを併走する。 の陸橋をくぐり、永野川を渡ると大平地区に入り、左手にが見えるとに着く。 駅の右手にはが広がっている。 大平下駅を出て、大平西小学校を過ぎ、田園地帯を進む。 切通しを過ぎたあたりで岩舟地区に入る。 右手にが近づき「岩舟石の資料館」を過ぎるとに着く。 右手の駅入口西側にはに至る参道があり、左手は一面の水田が広がっている。 岩舟駅を出て、左手にを望みながら進む。 岩舟駅からまでは複線となっており、両毛線内で最も駅間距離が長い区間である。 の新里踏切を過ぎたあたりが旧の跡地である。 旧小野寺駅を過ぎるとに入る。 ここからしばらくと併走する。 と交差し、住宅地を進む。 の陸橋をくぐった先の第二鎧塚踏切付近が旧があった地点である。 をくぐると、のとして発展した佐野市の中心駅・佐野駅に着く。 佐野駅では桐生方面行列車は1番線に停車、対向列車は同じホームの向かい側に停車する。 左手に噴水のある駅前広場や佐野市役所、右手に東武佐野線のホームや城山公園が見える。 1番線南側の小山駅寄りに、橋上駅化する以前の旧1番線ホームの一部が残存している。 佐野駅を出ると、東武佐野線を右手に分岐し、殿町通り、昭和通り、の参道を横切る。 を渡り、を越える。 佐野市街地を抜けると田園地帯が続く。 才川を渡ると旗川地区に、を渡ると富田地区に入る。 出流川を渡り大小山が近づくと富田駅に着く。 富田駅 - 間は概ねの縁に沿って走っている。 富田駅を出て、をくぐると、北にを、南にを望める。 (平成30年)4月1日に開業したはフラワーパーク西門に近接している。 フラワーパークを過ぎると、左手は一面の田園地帯となる。 尾名川を渡る手前の大久保町付近が両毛線の最南端にあたる地点である。 尾名川を渡ると毛野地区に入る。 大坊山が近づき住宅地に入ると、神社前踏切の左手前に旧の跡地が見える。 袋川を渡ってしばらく進むと、「」と呼ばれる足利市の中心駅・に至る。 足利駅では桐生方面行列車は2番線に停車、対向列車は右手の駅舎側ホーム1番線に停車する。 足利駅を出ると、の陸橋をくぐる。 右手にが近づくとの宝来社街道踏切に至る。 踏切通過時にに架かるとのを望むことができる。 渡良瀬川に沿って東西に長く連なる足利市街地を通過する。 織姫山の中腹に鎮座するを右手に望みながら進む。 織姫橋の先にある栄町児童公園は旧前広場の跡地を整備したものである。 緑町跨線橋をくぐりを過ぎると三重地区に入る。 今福新道踏切の右手奥にあった旧を過ぎると、の跡地に建つが見えてくる。 をくぐると山前地区に入り、間もなくに着く。 山前駅から(旧称・足利工業大学)付近まで、と併走する。 を渡ると坂西地区に入る。 の葉鹿跨線橋をくぐった直後にある三和村踏切の左側手前が旧の跡地である。 葉鹿町と小俣町にまたがる坂西団地を過ぎ、小俣川を渡るとに着く。 小俣駅を過ぎ、を渡ると境野地区に入る。 境野から桐生市街地にかけて鋸屋根の織物工場が点在している。 しばらく住宅地が続き、第一諏訪踏切左手奥に旧の跡地が見える。 再び桐生川と接すると高架区間に入り、足尾山地と広沢丘陵に囲まれた桐生市街地を一望できる。 大煙突を備えた染色工場群を過ぎ、桐生市の目抜き通りであるを越えると、「」と呼ばれる桐生市の中心駅・に到着する。 桐生駅では、上り高崎方面行列車は3番線に停車する。 同ホーム左手向かい側の4番線には桐生駅 - 高崎駅間の区間便が停車。 右手ホーム2番線に下り小山行列車が、1番線にの列車が停車する。 駅北口広場には、を模したや人形のがある。 北に300m離れたとの間には建物が密集しており、桐生駅のホームから西桐生駅舎は見えないが、中腹にあるや、の観覧車を望むことができる。 南口広場にはとがあり、やのが見える。 桐生 - 新前橋 [ ] からは、北にを望みながらを走る。 桐生駅を出ると、高架からに変わる。 のふもとにある水道橋をくぐったあたりが、両毛線の最北端である。 ここから南西方向に進路を取って岩宿方面に向かう。 を渡り、を右手に分岐し、を通過。 右手に、左手に下新田車両基地が見え、さらにをくぐる。 桐生市街地を抜け、左手に、桐生地方卸売市場が近づくと間もなくに着く。 岩宿駅を出るとをくぐり、右手に桐生大学アリーナ、左手に笠懸野文化ホールが見える。 田園風景が広がる中、第二大間々踏切付近にあった旧を過ぎ、早川を渡るとに着く。 駅の東にある養寿寺にの墓がある。 国定駅を出て、・をくぐる。 と併走するあたりに旧があった。 殖蓮小学校、を過ぎ、をくぐると市街地が近づき、粕川を渡る手前で高架区間に入る。 左手から近づいてきたと合流すると、の産地として知られるの中心駅・に至る。 伊勢崎駅では、上り高崎方面行列車は1番線に停車する。 上下共用の中線は主に伊勢崎駅 - 高崎駅間の区間便が停車。 4番線に下り桐生方面行列車が停車する。 左手には東武伊勢崎線のホームがある。 南口は、駅の高架化に際して再開発が行われており、駅前広場に面してが出店した。 中心街は駅から南に500mほど離れている。 伊勢崎駅を出ると北西に進路をとる。 線路は高架から地平に戻り田園地帯を進む。 荒砥川を渡るとに入る。 旧を通過し、をくぐり、桃ノ木川を渡るとに至る。 駒形町の中心部は駒形駅から南西に1kmほど離れている。 駒形駅を出ると、をくぐり、駒形バイパスとやや離れたところを併走する。 駒形駅からまでは区間となっている。 旧の跡地を過ぎると間もなくに着く。 前橋大島駅は東前橋工業団地に隣接しており、北口近くに前橋家具会館、南口に面して大島公園がある。 前橋大島駅を出て、前橋市街地が近づき高架区間に入ると、群馬県のである前橋市の中心駅・に到着する。 前橋駅では、上り高崎行列車は左手ホーム3番線に停車する。 右手ホームの2番線には、とが停車。 右手ホームの1番線には下り桐生方面行列車が停車する。 前橋駅は高架駅で、右手北口側にや前橋市中心部の業務ビル群などを望むことができる。 前橋市の中心街は前橋駅から北に1km離れたの近くにある。 前橋駅を出てを渡る際には、夜にライトアップされるや、を見ることができる。 高架区間を過ぎると、右側からとの線路がカーブして寄り添ってくる。 その後へ到着し、上越線に直通する。 シングルアーム2パンタで運用する211系電車 駅一覧 [ ] 便宜上、新前橋側の全列車が乗り入れる上越線新前橋駅 - 高崎駅間も合わせて記載する。 普通列車は全駅に停車する。 特急「」については列車記事を参照• 前橋駅 - 高崎駅間ではの列車が一部乗り入れている(同区間は全駅に停車)• 4 5. 4 10. 4 15. 2 | 4. 1 19. 3 26. 5 31. 9 32. 0 | 6. 2 38. 5 42. 6 47. 6 52. 0 56. 4 63. 8 69. 8 74. 2 78. 8 81. 5 84. 3 87. 2 88. 8 91. 東武宇都宮線の路線の起点は日光線だが、列車は栃木駅に乗り入れている。 吾妻線の路線の起点は上越線だが、運転系統上、全列車が上越線高崎駅 - 渋川駅間に乗り入れている。 八高線の路線の終点は高崎線だが、運転系統上、全列車は高崎駅に乗り入れている。 なお井野駅は1944年から1957年まで井野信号場として開設されていた。 廃駅 [ ] 内は小山駅からのキロ程• : 1966年12月20日休止、1987年4月1日廃止、岩舟駅 - 佐野駅間 21. 2km• : 1966年12月20日休止、1987年4月1日廃止、岩舟駅 - 佐野駅間 24. 4km• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、富田駅 - 足利駅間 36. 0km• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、足利駅 - 山前駅間 39. 9km• : 1968年10月1日休止、1984年3月1日廃止、足利駅 - 山前駅間 40. 7km• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、山前駅 - 小俣駅間 45. 5km• (駅名不詳) : 1890年11月廃止、小俣駅 - 桐生駅間• (仮)小俣方面駅 : 1902年10月8日廃止、小俣駅 - 桐生駅間• (仮)桐生方面駅 : 1902年10月8日廃止、小俣駅 - 桐生駅間• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、小俣駅 - 桐生駅間 49. 8km• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、岩宿駅 - 国定駅間 60. 6km• : 1966年12月20日休止、1987年4月1日廃止、国定駅 - 伊勢崎駅間 66. 7km• : 1968年10月1日休止、1987年4月1日廃止、伊勢崎駅 - 駒形駅間 72. 6km• : 1967年9月1日休止、1987年4月1日廃止、現在の前橋大島駅とほぼ同じ位置 77. 6km• (仮) : 1889年12月26日廃止、前橋駅 - 新前橋駅間 83. 4km• 日高信号所 : 1921年7月1日廃止、新前橋駅 - 井野駅間 86. 6km• : 1940年11月1日廃止、新前橋駅 - 井野駅間 86. 6km• : 1940年11月1日廃止、井野駅 - 高崎問屋町駅間 88. 9km 過去の接続路線 [ ]• 栃木駅:• 岩舟駅:• 富田駅:• 前橋駅: 駅別乗車人員 [ ]• 沿線の観光名所 [ ] 草雲美術館の横を走る両毛線• :跡()、址(史跡)、(駅前から路線バスあり)• :(駅前から山麓まで路線バスあり)、、、、跡• :、映画の舞台、岩舟石の資料館• :駅前より路線バスあり、(駅前より路線バスあり)、• :、、、、• :、、、、• :の墓• :、 新駅設置計画 [ ] 伊勢崎駅 - 駒形駅間の付近(旧下増田駅付近)に(が主に練習場として使用)ができたことから、オートレース場と下増田運動場の中間に新駅設置を望む声がでており、2015年から群馬県・前橋市・伊勢崎市が調査に乗り出したが 、具体化していない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』、1959年9月17日、22頁。 - 東日本旅客鉄道株式会社• 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年• 『群馬の鉄道』(あかぎ出版、2006年)によれば、当時、住民には内藤分停車場と呼ばれていた。 「」『官報』第7891号、印刷局、1909年10月12日、 :。 「」『官報』第2672号、印刷局、1921年6月28日、 :。 電気車研究会 No. 934: pp. 49-67. 「」『官報』第2672号、印刷局、1921年6月28日、 :。 「」『官報』第1396号、内閣印刷局、1931年8月24日、 :。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 電気車研究会 No. 934: pp. 49-67. 『』第20巻第13号、鉄道ジャーナル社、1986年12月、 117頁。 「」『下野新聞』2011年4月1日付朝刊• PDF プレスリリース , JR東日本高崎支社, 2017年12月7日 , 2017年12月7日閲覧。 産経ニュース 産経新聞. 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 JR東日本運行情報公式ツイッター 2019年10月13日. 2019年10月14日閲覧。 東日本旅客鉄道 2019年10月13日. 2019年10月13日閲覧。 国土交通省 災害情報 2019年10月17日14:30. 2019年10月18日閲覧。 JR東日本運行情報公式ツイッター 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 JR東日本運行情報公式ツイッター 2019年10月16日. 2019年10月17日閲覧。 JR東日本運行情報公式ツイッター 2019年10月19日. 2019年10月27日閲覧。 下野新聞SOON 2019年10月16日. 2019年10月26日閲覧。 JR東日本運行情報公式ツイッター 2019年11月11日. 2019年11月11日閲覧。 下野新聞SOON 2019年11月7日. 2019年11月11日閲覧。 半自動ドアスイッチが設置されていない115系と107系100番台は手動開閉となる。 - JR東日本高崎支社、2018年12月14日• 高谷秀男「」朝日ぐんま2012年10月12日号、2015年4月4日閲覧。 『JTB時刻表』1997年3月号では当該列車なし。 『JTB時刻表』1998年7月号には当該列車あり、1999年6月号には当該列車なし。 - 鉄道ファン・railf. jp 鉄道ニュース、2018年3月17日• - 鉄道ファン・railf. jp 鉄道ニュース、2017年10月1日• - 47NEWS、2015年9月10日• - 前橋市 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 明治を代表する歴史・経済学者で両毛鉄道の社長を務めた。 外部リンク [ ]•

次の

【JR東日本】両毛線の時刻表と路線図、停車駅を攻略しよう!

両毛 線 路線 図

停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線.

次の