インスタ 投稿できない。 インスタとFacebookの連携やシェアができない原因と解決方法!

インスタとFacebookの連携やシェアができない原因と解決方法!

インスタ 投稿できない

princetonreview. 最近のスマホカメラは性能がよいので、一枚の写真でも容量も大きくなってる場合があります。 一度投稿する写真の容量を確認してみましょう。 写真加工アプリなどで簡単に容量を小さくすることができますので、小さく加工して再度投稿してみましょう。 写真を複数枚投稿する場合も、容量が大きすぎる可能性があります。 写真の容量を小さく加工するか、写真の枚数を減らして投稿してみましょう。 また動画は写真に比べて一つの容量がとても大きいので、動画再生時間が長めの動画だったり動画を複数枚同時に投稿しようとすると、投稿できないことがあります。 また動画と写真を複数投稿する場合も、同じように投稿できない可能性が高くなります。 ひとつの動画で60秒程度のものを2、3枚投稿するにも容量が大きくなってしまいます。 動画の投稿ができない場合は、再生時間を短く加工してみましょう。 複数の動画を投稿していた場合は、投稿動画を減らして再度チャレンジしてみましょう。 まずは電波状況を確認してみましょう。 電波状態が悪い場合は電波をうまく受信できる場所に移動して、再度投稿してみましょう。 電波以外に通信速度の制限がかかっている場合もうまく投稿できないことがあります。 スマホの契約には通信速度制限があり、1ヶ月で一定の通信を行うと月末まで速度制限がかかり、動画はもちろんネット環境で使用するアプリなどはほとんど使えない状態になってしまいます。 そのような場合は、投稿に失敗することが多い為、速度制限が解除されてから再登録を行うか、wi-fi環境で登録を行ってみましょう。 gojo-partners. もしも、 動画につけていた音楽が著作権違反として扱われた場合、投稿できない場合があります。 特にアーティストの音楽が入っている場合、該当することが多いのです。 インスタグラムは著作権には厳しく管理を行っていて、音楽に対しても同様です。 音楽付きの動画は、インスタに投稿する際に機械的にチェックがされているのでチェックに引っかかると投稿できない状態になったりします。 もし音楽をつけた動画が投稿できない場合は、試しに音楽を削除した動画を投稿したり別の動画を投稿してみましょう。 別の動画が普通に投稿する事ができれば、音楽が著作権違反として扱われている可能性が高くなります。 著作権については、音楽以外にもインターネットの写真をコピーしたり、有名人の写真などを投稿する場合にも問題になることがありますので、十分注意してくださいね。 電波状況や通信速度制限もなく、容量の大きくない動画などで投稿ができない場合はインスタアプリが最新版になっているか確認してみましょう。 最新版になっていない場合は、アップデートを行って最新版にしてから再度投稿してみましょう。 まれにアプリの不具合や障害などで投稿できないケースがあるようです。 その場合は個人で対応することはできませんので、インスタ側の修正を待つしかありません。 analyticdesign. インスタへ投稿する時に送信できないとき、「ハッシュタグの付けすぎ」が原因であげられます。 インスタグラムでは、システム上ハッシュタグを30個以上つけて投稿すると、エラーが発生し投稿することができないのです。 プロフィールを非公開にしている利用者が投稿にタグ付けしても、投稿はハッシュタグページに公開されません。 ハッシュタグでは数字を使用できます。 タグを付けることができるのは自分の投稿のみです。 他の人の写真や動画にはタグ付けできません。 1つの投稿に最大30個のタグを使用できます。 1つの写真や動画に31個以上のタグを含めると、コメントを投稿できなくなります。 Apple iOSの旧バージョンではハッシュタグのタップがサポートされていません。 もしハッシュタグをつけて投稿しているのに、何度も投稿できない場合にはハッシュタグが 30個以上ついていないか確認してみてみましょう。 投稿した時に、キャプションの内容が真っ白になり消えてしまう場合もハッシュタグのつけすぎが原因とされています。 投稿したらキャプションが消えていたら、せっかく書いたのにショックですよね。 もしこのような場合はハッシュタグをつけすぎてなかったか一度振り返ってみましょう。 「送信しています」の表示がでたまま動かない場合、うまくアップロードできていません。 投稿が送信中でとまってしまう場合、まずは写真や動画の容量を確認してみましょう。 写真サイズが大きすぎるため、アップロードに時間がかかっていることがあります。 写真加工アプリなどを使って写真サイズを小さくして、写真自体の容量を減らしてみましょう。 動画も同様に容量が大きいと投稿に失敗することがあります。 動画の再生時間が長いとうまくアップロードできない場合がありますので、再生時間を短くしてみましょう。 また動画の再生時間を短くしても投稿が送信中でとまってしまうこともあります。 動画や写真を同時に複数枚投稿しようとした場合、時間がかかってしまい「送信しています」の表示がでて止まってしまうこともあります。 その他の原因としては、電波状況が悪い場合が考えられます。 投稿しているときに「送信しています」の途中で何度も切断されてしまったときはそのまま「送信しています」の表示が終わらないようになります。 その場合は、一旦インスタアプリを落とし、スマホの通信回線も一旦切断し、再接続してみましょう。 通信回線の切断は、「機内モード」を起動して解除すれば簡単にできます。 いかがでしたか。 インスタで投稿できない時はいろいろな原因が考えられます。 原因を解決して、投稿がスムーズにできるようになるといいですね。

次の

インスタとFacebookの連携やシェアができない原因と解決方法!

インスタ 投稿できない

Instagram ってパソコンから写真を投稿するための純正アプリが未だにありません。 非純正のサードパーティ製アプリなら写真投稿できるものがあるのですが、ハッシュタグ予測ができなかったりなど使い勝手に問題があります。 インスタ投稿するだけのために Android エミュレーターを入れるというのも、PC に負担がかかるし、メモリバカ食いだし、あまり上策ではありません。 パソコンから Instagram への写真投稿を純正アプリ機能でやりたいですよねっ! 安心して下さい! ブラウザ「Chrome」があれば、もうそれだけで純正にてパソコンからInstagram 投稿ができちゃいます!! 目次• 用意するもの パソコンから Instagram を純正機能のまま簡単に投稿するのに必要なものは… Chrome だけです! 特に拡張機能などもまったく必要ありません。 Chrome ユーザーであれば何も用意する必要がないというわけです。 Windows も Mac も Chromebook もみんな同じ。 Chromeだけ用意してくださいね。 Chrome から Instagram 純正機能で写真投稿する方法 説明添付のサンプル画像はクリックすると大きくなります。 画像が小さくてわかりにくい方はおっきくして確認してくださいね。 まず Chrome で Instagram サイトを開いて、ログインをしてください。 ツールバー右にある「︙」アイコンをクリックするとメニューが出てきます。 ショートカットキーでデベロッパーツールを起動したい場合は「3」へ。 Chrome で普通に Instagram を開いたら投稿ができない閲覧だけの PC版が表示されます。 ここで 「F12」キーを押してください。 「3」または「4」の手順を行うとデベロッパーツールが起動します(画面右端にプログラムみたいなものが表示されているフレームのこと)。 デベロッパーツール上部にある「モバイルアイコン」をクリックすると Instagram ページが細くなり、表示がモバイル用の見た目にシフトチェンジします。 その状態で 「F5」キーかまたは左上の 「再読み込み」アイコンを押してページを再読込します。 これとっても大事な動作です。 さあ Instagram へ写真を投稿しましょう!! もしもデベロッパーツールが画面下に出てしまっている場合は、見づらいので右側または左側に表示させましょう。 デベロッパーツール右上の「︙」を押すと Dock side という項目から表示位置を変更できます。 実際にパソコンからインスタ投稿ができるかやってみます• Instagram へ投稿したい写真を選択して「開く」を押します。 新しい写真投稿ページに移動します。 フィルターばっちり設定できますよ。 ハッシュタグ予測機能もバッチリ使えます。 これ大事な機能ですよね。 位置情報追加もちゃんとできます。 場所の予測機能もありますので、フォームに場所のキーワードを入れれば予測した場所をリストアップしてくれます。 情報がすべて入力し終わったら、右上の「シェア」を押せば投稿されます。 Instagram に写真が無事投稿されました! 注意点 この方法の唯一のネックは、 複数写真投稿と動画投稿ができないことです。 そこだけ気に留めてお使いくだされ。 お役に立ったらぜひSNSでシェアをお願いします ぼくが思うに、 現状ではパソコン保存の写真を直接 Instagram へ投稿する方法としてはこれが一番お手軽簡単 じゃないでしょうか。 この方法ならスマホを持っていないユーザーも気軽に Instagram に参戦できます。 また、いちいちクラウドや端末に写真を移動してスマホからチクチク投稿するなんてわずらわしいことからもサヨナラできますっ! この記事がアナタの助けになりましたら、今度はアナタがこの記事をSNSでシェアしてぼくを助けてください! よろしくお願いします。

次の

インスタグラムで「送信しています」のまま投稿できない原因と対処法

インスタ 投稿できない

もし原因が分からなければ簡単にできそうな対処法から試してみましょう。 画像のデータサイズが大きすぎる 動画や画像をまとめて投稿しようとするときや、あまりにも動画や画像の データサイズが大きすぎるときは、投稿時にエラー表示され投稿できないことがあります。 ファイルはご利用の回線を通じてインスタのサーバーへ送られた後アップロードされますが、データサイズが大きすぎることで送りきれず、またアップロードもされません。 動画や画像を大量にアップロードしたいときは 複数回に分けて送り、また1つの動画や画像のサイズが大きすぎる場合は サイズを小さくしてから送信するようにしましょう。 動画や画像編集アプリを使うことで簡単にデータを小さくすることができるので、試してみてください。 カテゴリ: 仕事効率化 現在の価格: 無料 アプリのバージョンが最新ではない アプリの バージョンが最新でないと適切にアプリが動作しない場合があります。 iPhoneの場合App Storeでインスタを開くと、もしアプリが最新バージョンでなければ通常開くと書かれているところがアップデートと書かれています。 アップデートをタップすると、自動的にアプリが最新のバージョンに更新されます。 Wi-Fi・モバイル環境が最適ではない Wi-Fiやモバイル回線の電波は最適な形でスマホに向けて届いているでしょうか。 電波の強さはWi-Fiならば波紋の数で、モバイル回線ならばアンテナの立っている数で確認することができますが、一見十分電波が届いているように見えても実際はまるで 電波が届いていないこともあります。 もし電波をきちんと拾っていないのかな、と思ったら一度 機器の電源を落とし、再起動してみましょう。 自宅でWI-Fiを利用しているならばルーターの電源も再起動してみましょう。 それでも電波そのものがきちんと拾えていないことがあります。 自分のいる環境が元々電波を拾いづらい場所であるというケースです。 たとえ都会の真ん中でも、地下に入ったりするとどうしても障害物があるために電波が弱くなってしまいます。 自宅にいても場所によっては電波が届きにくくなっているため、何をどうやっても電波が弱いと感じたら 場所を移動してみましょう。 動画が60秒以上ある インスタは動画が 60秒以上ある場合、投稿が60秒できれるようになっています。 元々動画はデータ量が大きく、長い動画はアップロードしづらいです。 インスタでの動画投稿は短めのものが適しているので、 長い動画はカットした上で投稿しましょう。 長い動画はYouTubeなどの動画サイトにアップロードした方が見てもらえやすいです。 データ軽減モードがオンになっている インスタには モバイルデータの使用量を軽減する機能があります。 変更するにはまず右下のマークをタップします。 右下のマークをタップすると、今度は右上にメニューボタンが表示されますのでタップ。 すると右のメニューが開き、設定マークが確認できるのでタップします。 設定をタップするとアカウントと太字で書かれているところを順番に下へ見ていくとモバイルデータの使用と書かれているのが発見できます。 モバイルデータの使用をタップし、データ使用量を軽減と書かれているところの右側をタップするとオンオフを設定できます。 モバイルだと月に使えるデータ量の上限が決まっているため、データ使用量を軽減を選択している人も多いかと思われますが、それによって写真や動画の読み込み時間が長くなり、エラーが出てしまうこともあるのです。 動画や画像をアップロードするとき、不安であれば データ使用量を軽減をオフにしておきましょう。 モバイルのデータ通信制限がかかっている モバイルだと月々の上限データ量が定められていて、定められたデータ量を超えると 通信制限がかかってしまいます。 通信制限がかかるとデータの送受信がとても遅くなり、インスタに投稿しようと思ってもいつまでも投稿が完了しないということがあります。 通信制限がかかっていると通知が来るのでたいていの場合は気付きますが、まれに気付かない人もいます。 通信制限がかかっていないかどうか確認し、もしかかっていたら Wi-Fiを利用するなどしてください。 インスタのサーバーが落ちている 滅多にあることではありませんが、インスタの サーバーが落ちていることがあります。 サーバーが落ちていると投稿もできません。 もしサーバーが落ちているのならば、ツイッターなどSNSを確認すると誰かがサーバーについて呟いているはずですので、チェックしてみてください。 サーバーが落ちていれば、 復旧を待つしかありません。 ネット上で見かける?な対処法 ネット上でインスタが投稿できないときの対処法はたくさん投稿されています。 しかし対処法が古いものや疑問に感じるものもあります。 今回はネット上で見かけた 納得できない原因と対処法について考えてみます。 ハッシュタグをつけすぎている ハッシュタグをつけすぎていると動画や画像がアップロードできないという意見がいくつか見られます。 しかし実際のところ、ハッシュタグをたくさんつけて投稿しても投稿は可能です。 ただ投稿してもハッシュタグが反映されておらず、真っ白になってしまいハッシュタグをつける意味がなくなってしまいます。 なのでいずれにせよ、投稿時の ハッシュタグはある程度の数までに抑えておくことをおすすめします。 動画や音楽の著作権に違反すると投稿できない 動画や音楽の 著作権に違反すると投稿できないという意見も見られました。 しかしどれが著作権のある動画や音楽なのか、というのを投稿時に判別することはできません。 投稿者本人すら分からないこともあるでしょう。 印刷会社からからしますと、役所とか半官半民なんてそんなもんですよ。 イラストなんて埋め草や飾りと思ってる。 だからきちんと価格提示して提案しても基本的に「無料のものを…」となる。 多数の自治体がフリー画像と思って使用したら著作権のあるもので、後にお金を支払ったというニュースもありました。 後々のトラブルを考え、 著作権に違反しそうなものは最初からアップロードしないようにしましょう。 そんなときは一旦 アプリを削除し、再インストールしましょう。 再インストールするとパスワードなど再入力が必要になるため面倒ですが、上記原因に対する対処法を一通り試してもダメな場合は、アプリを入れ直すくらいしかできることがありませんが、最終手段として試してみて下さい。

次の