マイナン ポイント。 【マイナポイント】2020年7月から申込開始 「最大25%還元」「マイナンバーカード提示不要」に注目

マイナンバーカード活用のポイント還元、'20年9月開始。デジタル政府推進

マイナン ポイント

1.マイナンバーカードによるマイナポイント還元とは? マイナポイントとは、マイナンバーカードを所有している人が、キャッシュレス決済で買い物をした際に、もらえるポイントです。 還元率とポイント付与上限 マイナポイントの還元率は25%で、ポイント上限は、 1人当たり最大5,000円の予定です。 つまり、最大で、20,000円を支払えば、25,000円分の買い物をすることができます。 ポイント還元の方法は、次の2パターンのどちらかです。 チャージするときに、ポイントを付与• 買い物するときに、ポイントを付与 ポイントが付与されるのは、決済から2ヶ月以内です。 また、ポイント有効期限は付与されてから最低3ヶ月です。 期間 現状、 2020年9月~2021年3月末の予定です。 当初は2020年10月開始の予定でしたが、9月に前倒しされます。 付与されたポイントの有効期限はキャッシュレスによって異なりますが、たいていの場合、無期限のようです。 対象となる人 次の条件を満たす人が対象です。 所得制限や年齢制限はありません。 マイナンバーカードを取得している• マイナポイントを予約している ポイントの付与に年齢の条件はありませんので、子供や赤ちゃんも対象です。 お子様がいらっしゃる方は、子供のマイナンバーカードを取得して手続きをすれば、その子供の分までマイナポイント取得が可能です。 2.キャッシュレス別、ポイント還元方法 主要なキャッシュレスについて、ポイント還元方法を整理します。 (6月10日時点の情報であり、今後、変更される可能性はあります。 クレジットカード サービス名 還元方法 付与タイミング 楽天カード 購入 翌々月で想定 dカード 購入 売上情報の確定ができたタイミング 三井住友カード 購入 累積2万円 2万円に満たない場合、期間終了後 オリコカード 購入 毎月締翌々月に付与 エポスカード 購入 月間1回対象期間の利用分に 対してまとめて付与 その他 サービス名 還元方法 付与タイミング Kyash チャージ 決済が確定したタイミング SMBCデビット 購入 累積2万円で翌月末までに付与。 2万円未満は、制度終了時 3.マイナポイント還元を受ける方法 マイナポイントでの還元を受けるためには、以下の3つの手続きが必要です。 マイナンバーカードの取得(今すぐ可能)• マイナポイントの予約(マイキーIDの取得)(今すぐ可能)• マイナポイントの申し込み(7月から可能) これが意外に面倒な手順となりますので、手順を説明します。 (1)マイナンバーカードを取得する マイナポイントの還元を受けるためには、マイナンバーカードを取得する必要があります。 「マイナンバー(個人番号)」自体は、すでに国民全員に付与されていますが、 「マイナンバーカード」は自分で手続きをしないと取得できません。 マイナンバー(個人番号)制度が開始されたのは、2016年(平成28年)1月からです。 このとき、全員に「通知カード」(下記、見本)が郵送されており、このカードにマイナンバーも記載されています。 ただ、これはマイナンバーカードとは別のものです。 マイナンバーカードを取得するには、郵便による申請、パソコン・スマホによる申請などによって手続きする必要があります。 たとえば、郵便による申請では、通知カードと一体になっている「個人番号カード交付申請書」を使います。 必要事項を記入して顔写真を貼り、お住まいの自治体に郵送すると約1カ月後に交付通知書が届きます。 その交付通知書を市区町村役場などに持ち込むと、顔写真が貼られたマイナンバーカードが交付されます。 マイナンバーカード発行手順の詳細については、下記をご覧ください。 この記事では、マイナンバーカードを最短5分で申請する方法を図解で丁寧にお伝えします。 マイナポイントを予約すると、マイキーIDが発行されます。 マイナポイントを予約するには、次の方法があります。 全国各地に設置されている支援端末を利用する このうち、 一番、手軽なのが、スマートフォンを利用する方法で、意外と簡単です。 「」で、スマホ画面を利用しながら解説しています。 パソコンを利用する場合には、注意点として、 OS:Windows7, 8, 10、ブラウザ:IE11のみが対応です。 公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタも必要になります。 「」で、画面を使用しながら解説しています。 パソコンもスマートフォンもない人や、あっても操作方法に不安がある人は、支援端末を利用すると良いでしょう。 マイナポイントポータルサイトの「」から探せます。 たいていは、市区町村の役所にあるようです。 (3)マイナポイントを申し込む マイナポイントを利用できるのは、どれか一つのキャッシュレスですので、どれを利用するか申し込みます。 ポイントをもらう方法は次の2パターンがありますが、それぞれのキャッシュレスによって、どちらになるかは異なります。 チャージするときに、ポイントも合わせて付与される。 買い物をするときに、利用金額に応じてポイントが付与される。 マイナポイントサイトの「」で、どちらのパターンになるのか確認することができます。 4.マイナポイントの注意点 今回のマイナポイント制度には、いくつかの注意点があります。 (1)家族一人ずつマイナンバーカードが必要 マイナポイントは、1人当たり最大5000円分、家族4人なら最大20,000円分還元されます。 ただし、 家族4人分のポイントをもらうためには、その家族全員分のマイナンバーカードが必要であり、また、 それぞれ、マイナポイントの予約をする必要があります。 先日の特別定額給付金の申請では、世帯主が家族全員分をまとめて給付金をもらいましたので、オンライン申請では、世帯主1人のマイナンバーカードがあればOKでした。 しかし、マイナポイントでは、家族一人ずつのマイナンバーカードを作る必要があります。 (2)1つのキャッシュレスにひも付けられるマイキーIDは1つだけ マイナポイントを予約するとマイキーIDが発行されますが、このマイキーIDにキャッシュレスを1つひも付けます。 ただし、 1つのキャッシュレスにひも付けられるマイキーIDは1つだけです。 たとえば、夫婦2人子供2人の家庭で、妻が所有するSuicaに、家族4人全員分のマイキーIDをひも付けることはできません。 次のような形で、キャッシュレスが複数必要です。 夫が所有するSuica-夫のマイキーID• 妻が所有するSuica-妻のマイキーID• 妻のPayPay-長男のマイキーID• 妻のLine Pay-長女のマイキーID (3)予算があり、早いもの勝ちの可能性あり 政府は2020年の予算案として、この制度に2,458億円を計上しました。 内訳は、ポイント還元の原資が2,000億円、システム改修を含む事務経費が458億円です。 ここで、ちょっと疑問ですが、仮に1人当たり5,000円分だとすると、4,000万人分しかありません。 マイナポイントを予約した時点で、最大5,000円分のポイントは保証されますが、 4,000万人が予約すると募集を締め切る可能性があります。 2020年5月27日時点で、マイナンバーカードを作成した人は約2,000万人、つまり6人に1人だけです。 全員がマイナンバーカード作るとは限りませんので、作った人がみんなマイナポイントを予約するとは限りませんので、そこまであせる必要はないかもしれません。 とはいえ、マイナンバーカード作成には少なくとも1ヶ月以上かかりますので、ポイントをゲットしたい人は、早めに作成して、マイナポイントを予約したほうが良いでしょう。 (4)マイナポイントにデメリットはある? マイナポイント自体にデメリットはありません。 付与されるポイントは、通常のキャッシュレスのポイントと同様の感覚で利用できます。 高齢者の多くや、IT技術に疎い人にとっては、利用するまでのハードルが非常に高いといえます。

次の

【マイナンバーカード】ポイント還元?ざっくり調べてみた。

マイナン ポイント

鳴り物入りで始まったものの普及が進んでいないマイナンバーカード。 その普及を一気に進めるための方策が始まりそうです。 マイナンバーカードをポイントカード化する仕組みを新聞各社が一気に報じています。 還元率も高く注目ですね。 ただし、このマイナンバーカードをポイントカード化する方法、かなりの懸念材料も考えられます。 今回はマイナンバーカードをポイントカード化する話について見ていきましょう。 私もマイナンバーカードを作っていますが、住民票を出すときなどには便利なカードではあります。 ただし、がありましたので注意が必要です。 (笑) 本制度の詳細が判明しましたので記事にしました。 合わせて御覧ください。 マイナンバーカードの普及率が低い マイナンバー普及率 出典:総務省「マイナンバーカード普及率 令和元年7月1日現在」 今回の話はマイナンバーカードの普及率を増やしたいことが最大の目的ですね。 令和元年7月1日現在で 普及率は13. 個人的には意外に普及してるんだな・・・って感じましたが。 また、内閣府が行った世論調査によると、53・0%が「マイナンバーカードを取得する予定がない」と回答しています。 つまり、このままでは人口の半分も普及が進まない状況なわけです。 マイナンバーカードには有効期限もあり さらにマイナンバーには有効期限があります。 発行日から5回目の誕生日に電子証明書の有効期限となりますので、そこで 更新しない人が増える可能性も危惧されているのです。 ちなみにマイナンバーカード自体の有効期限は10年ですが、電子証明がなければただの身分証明書です・・・ 普及がこのまま進まないとなるとマイナンバーカードありきで進めてきた様々な仕組みの実施が困難になります。 マイナンバーカードにはかなりの予算がすでに使われてしまっていますしね。 それもあり、 マイナンバーカードに意味をもたせたいんでしょうね。 マイナンバーカードを健康保険の保険証にするという話も目的は同じですね。 個人的にはに囚われず辞めてしまえばいいのに、と思ってしまいますが・・・ マイナンバーカードのポイントカード化 マイナンバーカードをポイントカード化について新聞各社が報じている内容のポイントをまとめるとこんな感じです。 一つずつ見ていきましょう。 現実的に考えて毎回25%の還元はないと思われますが・・・ ですから おそらくこれは1回のみの話でしょう。 ただし、後述するように ポイントの使いみち次第によっては毎回の可能性もあります。 過去にはe-Tax 電子申告)で所得税還元も 過去にもe-Tax 電子申告)を普及されようとポイントではありませんが、税金の還元が実施されたことがあります。 電子申告をしたら初回のみ1万円 たしか・・)を税金から控除してくれたのです。 (控除の金額は年々下がっていきました) 当時、e-Tax 電子申告)に必要なICカードリーダーが9,000円くらいしましたので、その代金に充ててくれって話でした。 これと同じようなイメージかな。 私もそれで電子申告を始めましたね。 ただし、MACを使ってるとe-Tax 電子申告)はトラブルだらけでしたので少し後悔しましたけどね(笑) 民間のスマートフォン決済会社の連携とはどの程度? また、民間のスマートフォン決済会社との連携がどの程度なのかも気になります。 そのスマートフォン決済会社の仕組みに載せてもらうってだけの話なのか、それともポイントを共通化するのかという点などですね。 利用方法も含めて気になるところです。 特にポイントが共通化されると嬉しいところなんですが・・・後述のとおりかなりポイントが使える内容がしょぼいんですよ・・・ ポイントは何に使えるのか? 提供されるポイント「 マイナポイント」というポイントになります。 今のところ出ている案としては一部自治体が独自発行する「 自治体ポイント」を全国共通化するという話です。 自治体ポイントはすでに一部の自治体では実施されているようですが、ボランティアすると200pt、イベント参加すると100pt、健康ウォークラリーに参加すると500ptが付くなど地域の行事に参加することで集めることができます。 ANAやJALなどのマイレージやJCBなど各種クレジットカード会社のポイントを自治体ポイントに交換することもできます。 問題はこのポイントが何に使えるのかということです。 今の所、「自治体ポイント」はその地域の 美術館、 博物館、 商店街、 バス等の公共交通機関、観光振興(アンテナショップなど)等で使えるほか、 地域の特産物をオンラインサイトから購入、クラウドファンディングする際に利用できます。 自治体ポイントを他のポイントに交換することは今のところできないようです。 つまり、 使いみちはかなり限定されてしまうんですよね。 この状態なら毎回25%の還元が実施されても不思議ではないかもしれません。 ただし、 このポイントを欲しさにマイナンバーカードを作って、さらにチャージするかというと疑問が残ります。 やなど汎用性が高いポイントに交換できるようになれば話は違うんでしょうけどね・・・ あとは所得税、住民税、消費税、自動車税などの税金や健康保険がポイントで払えるようにしてほしいところです。 これが実現すればかなり魅力的なんですけどね・・・ 追記:マイナポイントの使いみちが判明しました。 既存のキャッシュレス決済サービスを利用できるとのことです。 具体的には下記記事を御覧ください。 >> セキュリティー面の懸念 また、マイナンバーカードを作っていない方の多くが懸念されているセキュリティー面にも不安が残ります。 実際に内閣府の世論調査でマイナンバーカードを取得するつもりがないと答えた53%の方のうち、26・9%が取得しない理由を「個人情報の漏えいが心配」と答えているんでですよ。 保険証や図書館カードとして使えるなどいろいろな場面でマイナンバーカードが使えるようになればそれだけ流出の可能性が高まります。 今、現在はマイナンバーカードの使いみちがかなり限定されていますので悪用されても何に使えるんだ?ってレベルです。 しかし、ポイントカードとして使えるようになれば話は別ですよね。 悪用される範囲が広がってしまうんですよね。 セキュリティーの部分の懸念はどうしても残りますね。 7Payの流出事件でさらにイメージが悪く ただでさえ7payのやらかしでキャッシュレス決済にセキュリティーの面から抵抗がある方もお見えですから。 ちなみにあのセブンイレブンが失敗したからとか心配ってのはあまり気にしなくても良いんですけどね。 マイナンバーカードも国の事業ですからね。 さすがに悪用できないような仕組みを構築してくれると信じたいものですが・・・ マイナンバーカードのポイントカード化まとめ 今回は「マイナンバーカードが25%還元のポイントカードに。 しかし、ポイントの使い道が。。。 」と題してマイナンバーカードがポイントカード化するという話しをみてきました。 今後は、ポイントの使いみちの拡充、セキュリティ面の懸念の払拭などに力をいれていただきたいところですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の

2020年9月から開始予定のマイナンバーカード所有者に25%ポイントが還元される制度「マイナポイント」とは?|@DIME アットダイム

マイナン ポイント

マイナポイント 2015年、住民票を持つすべての人に通知され、2016年より運用が開始されたマイナンバー制度。 最近では、マイナンバーカードを持参すれば、住民票の写しをはじめとする各種証明書を、コンビニでも受け取れるようになるなど、用途は着実に広がっている。 そんなマイナンバーを使った消費活性化策が、2020年から実施予定の「マイナポイント」制度だ。 現在、利用が拡大している民間のキャッシュレス決済サービスに一定額を前払いすると、国が「マイナポイント」を付与する仕組み。 貯まったポイントの利用環境や有効期限などの詳細は現在検討中とのこと。 気になる還元率だが、25%相当にする案が有力視されている。 もし、それが実現すれば、2万円のチャージに対し、5000円分のポイントを得られる計算だ。 10月から始まった「キャッシュレス・消費者還元事業」の還元率は2~5%相当なので、かなりお得だといえるだろう。 キャッシュレス決済の普及をさらに加速させる制度として、期待は大きい。 なお、同制度の利用に欠かせないマイナンバーカードの保有率は、現在約20%。 お得な「マイナポイント」制度は、そんなマイナンバーカードの普及を後押しする手段としても、注目を集めている。 マイナンバー制度はカード交付時の面倒な手続きなどが原因で、まだまだ受け入れられていないのが現状。 どれだけ利用しやすくするかが「マイナポイント」の普及のカギを握る。 「マイナポイント」は前払いした金額に対して「プレミアム分」の扱いで付与される予定。 スマホによるQR決済などでの利用が想定されている。 「マイナポイント」を利用するには専用ID(マイキーID)が必要。 登録には、すでに配信が始まっているスマホアプリで暗証番号を取得する。 取材・文/編集部 出典/総務省「マイナポイント」を活用した消費活性化策.

次の