清水 翔太 416 意味。 清水翔太「416」MVの意味は?結末が悲し過ぎ|りり|note

清水翔太

清水 翔太 416 意味

スポンサーリンク 416とは? 歌詞には出てこない416という数字。 この数字に対して、清水翔太がどんな思いを込めたのかを知りたい人は多いですよね。 実際には清水翔太が東京に来て、3回目に住んだ家の部屋番号が614だった。 そしてその時が一番楽しかったと、本人が語っています。 たくさん良い出来事があり、印象深いということもあり自分の中に残っているとのことです。 でもなぜ「416」というタイトルにしたかというと、時間に対しての拘りが関係しているのです。 4時16分だと、朝でも夕方でも起きて行動していてもおかしくはない時間。 そして4時16分というのがすごく良い長さで、歌詞の中に出てくるようにデートの時間としてもちょうどいいというのが、清水翔太の考え方でもあるのです。 歌詞の意味について 曲の中の主人公には、好きな女性がいます。 出会えた時に、止まっていた時間が動き出したように感じたのです。 話すたびに、隠しきれずにこぼれてしまう自分の想い。 この気持ちに気づいているのに、駆け引きを女性に対してしてほしくない、そう思う男性の心理があるのです。 一緒に好きなものを見る時間。 これを望んでいても、なかなか手に入らないもどかしさも恋愛にはありますよね。 愛情はたった1つのものなのに、いつも手に入らないと感じるのです。 他の愛ではなく、心にあるその女性でなければ心を満たすことはできないのでしょう。 好きな女性を守るナイトになりたい。 それが今自分がしたいことだと気が付いたのです。 これが自分の愛し方だと分かった時、少しホッとする瞬間がありますよね。 自分の想いについて、とても素直に綴っている歌詞なのです。 でもこの恋は、まだきっと片想い。 もしくは愛情の深さの違いを感じているのかもしれません。 お互いにかけがえのない存在だと思えるような、そんな関係になりたいと願っているのです。 でもこれができるのか分からない、ただ今過ごせる時をとにかく大切にしたいと思っているのでしょう。 とてもピュアな恋心が歌詞の中に溢れていて、聴いていて切なくなりながらも「恋愛って素敵だな…」と思う人は多いかもしれません。 清水翔太が表現したかったものとは? この曲の中で清水翔太は、何を表現したかったのでしょうか。 それはMVとは少し違うものなのです。 MVでは、遊び慣れている女の子と真面目な男の子というストーリー。 でも清水翔太としては、女の子も主人公の男の子と同じような感じで、世界観についても近いものをイメージしていたそうです。 MVのストーリーについては、416のまた別の捉え方というようにも考えられるでしょう。

次の

清水翔太 『416』 Music Video

清水 翔太 416 意味

ストーリー悲しい… 【あくまで私が感じた今回のMVの流れ】(引っ張られるのが嫌な方はスルー推奨です。 よろしくお願いします。。 塾に通うだけの大人しそうな男の子。 ある日帰り道に中学の同窓生?。 友達がいっぱいいそうな、明るい女の子と久しぶりに再会する。 すごく久しぶりに会ったのに、女の子は昔と変わらずに屈託無く僕を遊びに誘ってくれた。 めっちゃ優しいやん...。 めっちゃ笑うやん...。 めっちゃいい子やん... !めっちゃボディタッチしてくるやん誤解するやん...。 誤解したやん。 あー勉強なんか全然手に付かない。 あの子のことしか考えられない。 もう一度会いたい!! どうする?デートに誘う?どうする? 誘う??誘っちゃう... ?? (でもここで誘ったら「友だち」には戻られへんのやで うー... ヨッシャー!!OKもらえたーー!! わー!まず服買わなきゃ! あの子に喜んでもらえそうなサイコーのスケジュール組めた!完璧! あれ?あんまり楽しんでもらえてない?あれ? おかしいな... スケジュールは喜んでもらえそうなの組んだのに... ?温度差ある... ?あれ... ? え?ダメかー... 私最後ほっぺたに鳥肌立ちましたよ…これ、かわいそうで(私の場合) 初めて見た時「うそやん。 」しか出なかった。 また勝手に勘違いされたわー... 」な表情じゃないですか。 「あれで勘違いっていうならなんであんなに楽しそうにするんや? あんなにボディタッチする意味とは??」 と男の子は思うかもですが そんなの知らんやんね。 その場の雰囲気が楽しくてキャッキャウフフしてただけやんね。 まぁ実際それで何回か誤解されてはきたけども。 めんどくさ。 2人っきりじゃなくて! まぁ1回なら会うけど….. MVの監督さんはなんか「陽キャの女の子」に辛い過去があるんでしょうか... 「あ!しまった!私、またやっちゃった... ? あーどうしよう!勘違いさせちゃったかな... 困ったな... 傷つけたくないな... すごくイイコだもん... でも今は彼氏とか欲しくないんだけどな... わーん!どうしよう... だる」って表情しかしてない彼女が... ちょっとショックだった。 あんまりや。。。 あの女の子のことそんなに悪者にする?? という意味で「ものすごく悲しく」なりました。 男の子にも女の子にも胸が締め付けられた。 ストーリーを歌詞に寄せると 女の子の方は実は中学の頃からずっとこの男の子が好きで、突然の再会に胸踊って そしたらやっと男の子が連絡くれて! でもデートしても男の子がいつまでも「i love you」言ってくれないから 「あ、やっぱり私 嫌われてるのかな... 」 とか誤解してすれ違って... 結局上手くいかないって方のBAD END路線でいってほしかったです。 すごく嬉しかった。 そのまま「LINE MUSIC」キャンペーンエンドレスリピート企画突入 怒涛すぎ。 そこ!? MVが公開されて、めっちゃ翔太さんを探したけどいない... と思ったら翔太さんのインスタ で... 意味深にupされたのを見たらここだった は? いやいやいやインスタに載せてくれな絶対わからんレベル🙏🙏 — りり🌝👼 100perlily いやいやいや難易度高すぎるて... てことで言いたいことは以上になりまーす!わースッキリしたー!笑 ひきこもりSSWバンザイ ところで今回の作品「作詞作曲編曲プロデュース『清水翔太』」てことでー!! これってすごいですよね... 究極のSSW完成形。 清水翔太さんは単体で、今のこの状況でもおうちから新しい作品を生み出し続けることが可能なわけです! テレワークすら不要。 S FAMILY 」での翔太さんの限定リリースコメントで 「こういうご時世に新曲もどうなのかとは思いましたが... ラッキー えー!新曲もっともっと出してー!の気持ちです 圧 あと翔太さんのイメージとか 今回「ピュアな清水翔太」が帰ってきましたね! ホントは「清水翔太はピュアキャラ」だってことがもう一度ちゃんと広まってほしい…ですね! あの、ちょっとこれ… 国内外における新型コロナウイルス感染拡大を受け、公演振替・中止など対応してまいりましたが、現状のままでは年内にツアーを開催することが困難だと判断し全公演延期とし、2021年春頃へ振替実施することで決定させていただきました。 以下より詳細のご確認お願いします。

次の

清水翔太の416の歌詞の意味を考察!恋が苦手な男性の模様を描いたPOPな曲!

清水 翔太 416 意味

前半はこちら 自分の夢を叶えることができて、自分の「HOME」ができた清水翔太は、 この続きをどのような形にして歌詞にしたのでしょうか。 続きを分析しながら紹介したいと思います。 HOME 作詞・作曲 清水翔太 寝る時間になって布団に入っても、なかなか眠ることができなくて、 眠れたとしても、どうしてか同じ夢ばかりを見てしまうぼくがいるんだ。 あの頃に、自分自身をちゃんと受け入れてくれた場所があって、そこが全ての始まりだった。 今まで犠牲にしてきた代償の大きさに関係なく、せめて愛情だけでも敏感に感じていたいな。 決して痛いって思わせたくはないし、途中でリタイヤさせることなんて絶対にしないから。 色んなことを試行錯誤していくうちに、生きるための方法を見つけてきたんだ。 時には常識外れなこともしてきたし、偏った見方もしてきたかもしれない。 ちょっと突っつけば、すぐに壊れてしまいそうなぐらいとってももろくて、 でもそんな中でも絶対に笑顔を絶やすことはなかったし、そんな風に感じて思えたのは生まれて初めてかもしれない。 そんな自分を惨めに思うこともあるんだけど、でも普段何気なく見ている空が、 とっても綺麗に見えたり、輝いて見えたりするんだ。 そんな姿を見ると、泣けてきちゃう自分もいたりするんだ。 これまでの人生を振り返ってみると、自分自身で流した涙とか笑顔が浮かぶように思い出すんだ。 どうしてこんなに震えるように鮮明に覚えているかはわからないけど、映し出されるように思い出すんだ。 でもそれが、自分自身のこれからの人生へ繋っていくんだと信じてるから。 ぼくだけのHOMEがこれからもあり続けるんだと、信じてるから。 清水翔太自身が作詞・作曲した「HOME」は、歌詞が原作となって2015年に舞台化もされました。 歌詞の分析をしていくうちに、 きっと清水翔太は、 地元の家族や友人、さらには恋人を失ってでも、 歌手という夢を叶えたい気持ちが強かったんだということがわかったような気がします。 そして、挫折して地元に帰りたくなることがあっても、 自分だけの居場所を見つけて、 絶対に戻ることをしなかった清水翔太。 地元の友人や当時恋人だった彼女も、きちんと自分の夢を叶えた彼のことをきっと応援してくれていると思います。 出典 清水翔太 プロフィール 1989年2月27日、大阪府八尾市生まれ。 おばあちゃんの影響もあり、小さな頃から歌うことが大好きで、2歳くらいからいろいろな歌を歌っていたそうです。 中学時代に吹奏楽を経験し、その中でもパーカッションが一番得意だった清水翔太は、一般の高校に進学するのではなく、音楽の専門学校への進学を決めました。 その音楽学校で、自分自身で作詞したり、様々なジャンルの音楽を学びながら、ダンスやボーカルのオーディションを受けるなどして、2008年に「HOME」でメジャーデビューを果たしました。 デビューしてからは、加藤ミリヤとコラボレーションを組んで、「Love Forever」や「Forever Love」をリリース。 特に2010年に発売された「Forever Love」は、着うたダウンロード数150万回(100人に1人がダウンロードしてることになります)という大ヒットを成し遂げました。 デビューから8年が過ぎようとしてますが、他のアーティストと比べると、シングル曲はそこまで数多く出しているわけではありません。 2008年のデビュー曲「HOME」は「レコ直新人杯」と「MTV STUDENT VOICE AWARDS リリック賞」をそれぞれ受賞して、 さらに清水翔太というアーティストとして「LIFE MUSIC AWARD BEST VOICE OF LIFE」と「LIFE MUSIC AWARD BEST NEW ARTIST OF LIFE」にノミネートされました。 さらに翌年2009年には、「SPACE SHOWER Music Video Awards 最優秀新人ビデオ賞」を受賞し、 加藤ミリヤとコラボレーションした「Love Forever」で「LIFE MUSIC AWARD BEST MELODY OF LIFE」にノミネートされました。 デビューしてから2016年4月現在まで、21枚のシングル曲と6枚のアルバム曲を発表しており、今後のさらなる活躍に期待したいです。

次の