ワン サイド ゲーム。 ノーサイドゲームの最終回でラストワンプレーの際に浜畑が倒れ...

ドミニオンの戦略

ワン サイド ゲーム

拷問人ロックとは? ロックと言っていますが「相手を何もできない状態にする」ではなく「相手の選択肢を削る」くらいの戦略です。 具体的にはを1ターンに複数回うつことで、相手に「選びたくない二択」を迫りつつ、自分はドローで加速した手札でを買って逃げ切ります。 と同様に、あまり初心者にはやらない方が良い立ち回りになります。 単体でも強いけど は単体で+アタックの強力なカードです。 アタックの内容は「手札2枚を捨札にする」か「呪い1枚を手札に加える」。 相手に選択権を与えるとはいえ、どちらも受けたくないアタックになっています。 特に「手札2枚を捨札にする」が強力で「手札を3枚にする」等と異なり、相手の手札が0枚になるまで重ねがけが有効です。 可能であれば複数回打ちましょう。 スポンサードリンク 構築のコツ 最初に山札を見てがあるときはアクション+2のカード有無を確認します。 アクション+2のカードがあれば「拷問人ロック」を絡めて引き切りデッキよりの山札が作れないか検討します。 引き切りデッキについてはこちらを参照 また、相手も同じことを考えている場合、先にを打ち出した方が有利です。 なるべく急いでを確保しましょう。 ロックの弱点 弱点と言うほどでもないですが、呪いが全て配られた場では攻撃が無力化されることには注意してください。 また、のように呪い獲得が怖くないカードやのように手札枚数を回復できるカードがあるときもプレッシャーは半減します。 スポンサードリンク おわりに はコンボに組み込むと非常に強力ですし、単体で打っても強いイカしたカードです。 ほとんどの場で最優先で取って良いカードだと思っとります。 実践ログ <あなた のターン: 1巡目> 銀貨 を購入しました。 <あなた のターン: 2巡目> 執事 を購入しました。 <あなた のターン: 3巡目> 鉱山の村 を購入しました。 <あなた のターン: 4巡目> 執事 をプレイしました。 拷問人 を購入しました。 <あなた のターン: 5巡目> 鉱山の村 をプレイしました。 拷問人 をプレイしました。 ・CPU1 は、呪い を獲得し手札に加えました。 拷問人 を購入しました。 <あなた のターン: 6巡目> 鉱山の村 を購入しました。 <あなた のターン: 7巡目> 拷問人 をプレイしました。 ・CPU1 は、屋敷 銅貨 を捨てました。 鉱山の村 を購入しました。 <あなた のターン: 8巡目> 鉱山の村 をプレイしました。 拷問人 を購入しました。 <あなた のターン: 9巡目> 鉱山の村 をプレイしました。 拷問人 をプレイしました。 ・CPU1 は、屋敷 呪い を捨てました。 鉱山の村 をプレイしました。 拷問人 をプレイしました。 ・CPU1 は、銅貨 銅貨 を捨てました。 鉱山の村 をプレイしました。 拷問人 をプレイしました。 ・CPU1 は、呪い を獲得し手札に加えました。 執事 をプレイしました。 ・屋敷 を廃棄しました。 ・屋敷 を廃棄しました。 属州 を購入しました。 (中略) 23巡目で終了。 あなた:42 ポイント (属州7 ) CPU1:14 ポイント (呪い10 屋敷4 公領2 属州1 公爵[2]1 ) スポンサードリンク.

次の

98年7月18日高校野球青森大会・東奥義塾戦 深浦0-122歴史的大敗“史上最大のワンサイドゲーム”の真実

ワン サイド ゲーム

甲子園でコールドになる条件は? 10日の試合では敦賀気比(福井)が木更津総合(東千葉)に1-10、折尾愛真(北福岡)が日大三(西東京)に3-16、11日も白山(三重)が愛工大名電(西愛知)に0-10という大差で敗れました。 野球では、大差が付くと9回までやらずに試合を終了する 「コールドゲーム」のルールがあるはずですが、甲子園ではないのでしょうか。 条件を調べてみました。 プロ野球のコールド条件 日本国内で行われる野球の公式試合は、プロ・アマとも「公認野球規則」という統一ルールに則って行われます。 この規則を基準とし、各競技団体で独自のルールを付加しています。 ちなみに 「コールドゲーム」とは英語の「called game」で、「審判による宣告試合」という意味です。 基本的には規則通り、 5回終了時点で中止が宣告されると試合成立となり、それ以前ではノーゲームとなります。 高校野球のコールド条件 高校野球では、上記の「公認野球規則」のほかに「高校野球特別規則」という補則も適用されます。 これは高野連主催の各地方、甲子園全国大会や国体で使われるルールです。 甲子園のコールド条件 同じ高校野球でも甲子園でのコールド条件は若干異なります。 上記の「高校野球特別規則」の「得点差コールド」の項には 「ただし選抜高校野球ならびに全国高校野球選手権大会では適用しない」とあるのです。 つまり 甲子園では、雨天コールドだけ宣告され、得点差がいくら開いてもコールドにはなりません。 このため最近の3つの大差ゲームもコールドになりませんでした。 その理由は明示されていませんが、甲子園は各地方の代表戦という格式があることや、実力差がさほどなく、応援団など大勢の関係者が遠征していることなどもあり、必ず9回まで行うようです。 このため過去にはものすごいワンサイドゲームがありました。 春の選抜甲子園での最多得点差試合は、戦前、旧制中学時代の 1937年大会で行われた滝川中(兵庫)対浦和中(埼玉)の27-0。 夏の甲子園でも戦前の 1936年大会であった、静岡商対長野商の27-4です。 ちなみに夏の甲子園での、両校合計の史上最多得点試合は、 清原和博・桑田真澄両氏のKKコンビが活躍した85年のPL学園(大阪)対東海大山形(山形)で、スコアは29-7でした。 また地方大会まで広げると、 1998年夏の青森県大会の東奥義塾対深浦で、「122-0」というおよそ野球とは思えないとてつもない試合がありました。 この時青森大会では「7回7点差」のコールド条件を採用していたため、東奥義塾の猛攻が長引き、このような大量点になってしまったそうです。 コールドないの!?ネットの反応 降雨コールドというルールはあるんだから、猛暑コールドってルールも追加すればいいんだよ! 出典:twitter まとめ 世界にスポーツが数ある中、野球はちょっと変わっているなと感じることがあります。 それは「国際統一ルール」がない、ということです。 多くのスポーツは国際連盟などでルールを決めていますが、野球は違います。 先進国の日本でさえ、基本的には米国のルールを翻訳して使っているのが実情です。 米国にはメジャーリーグという規模・資金・影響力とも絶大な存在があるため、どの国も追随せざるを得ない面があります。 五輪やWBCといった国際大会でも、メジャーのルールを基本に大会独自の規則をその都度設定しています。 よく国際試合で「ボールが違う」「ストライクゾーンが広い」といった話を聞きますが、コールドの条件がバラバラなこと然り、他の競技から見れば随分奇妙なことかもしれません。 「野っ原でやる球技」が語源だけに、多少のアバウトさも面白さのうちということなのでしょうか。

次の

甲子園でコールドの条件はないの?ワンサイドゲームは見てつらいの声

ワン サイド ゲーム

甲子園でコールドになる条件は? 10日の試合では敦賀気比(福井)が木更津総合(東千葉)に1-10、折尾愛真(北福岡)が日大三(西東京)に3-16、11日も白山(三重)が愛工大名電(西愛知)に0-10という大差で敗れました。 野球では、大差が付くと9回までやらずに試合を終了する 「コールドゲーム」のルールがあるはずですが、甲子園ではないのでしょうか。 条件を調べてみました。 プロ野球のコールド条件 日本国内で行われる野球の公式試合は、プロ・アマとも「公認野球規則」という統一ルールに則って行われます。 この規則を基準とし、各競技団体で独自のルールを付加しています。 ちなみに 「コールドゲーム」とは英語の「called game」で、「審判による宣告試合」という意味です。 基本的には規則通り、 5回終了時点で中止が宣告されると試合成立となり、それ以前ではノーゲームとなります。 高校野球のコールド条件 高校野球では、上記の「公認野球規則」のほかに「高校野球特別規則」という補則も適用されます。 これは高野連主催の各地方、甲子園全国大会や国体で使われるルールです。 甲子園のコールド条件 同じ高校野球でも甲子園でのコールド条件は若干異なります。 上記の「高校野球特別規則」の「得点差コールド」の項には 「ただし選抜高校野球ならびに全国高校野球選手権大会では適用しない」とあるのです。 つまり 甲子園では、雨天コールドだけ宣告され、得点差がいくら開いてもコールドにはなりません。 このため最近の3つの大差ゲームもコールドになりませんでした。 その理由は明示されていませんが、甲子園は各地方の代表戦という格式があることや、実力差がさほどなく、応援団など大勢の関係者が遠征していることなどもあり、必ず9回まで行うようです。 このため過去にはものすごいワンサイドゲームがありました。 春の選抜甲子園での最多得点差試合は、戦前、旧制中学時代の 1937年大会で行われた滝川中(兵庫)対浦和中(埼玉)の27-0。 夏の甲子園でも戦前の 1936年大会であった、静岡商対長野商の27-4です。 ちなみに夏の甲子園での、両校合計の史上最多得点試合は、 清原和博・桑田真澄両氏のKKコンビが活躍した85年のPL学園(大阪)対東海大山形(山形)で、スコアは29-7でした。 また地方大会まで広げると、 1998年夏の青森県大会の東奥義塾対深浦で、「122-0」というおよそ野球とは思えないとてつもない試合がありました。 この時青森大会では「7回7点差」のコールド条件を採用していたため、東奥義塾の猛攻が長引き、このような大量点になってしまったそうです。 コールドないの!?ネットの反応 降雨コールドというルールはあるんだから、猛暑コールドってルールも追加すればいいんだよ! 出典:twitter まとめ 世界にスポーツが数ある中、野球はちょっと変わっているなと感じることがあります。 それは「国際統一ルール」がない、ということです。 多くのスポーツは国際連盟などでルールを決めていますが、野球は違います。 先進国の日本でさえ、基本的には米国のルールを翻訳して使っているのが実情です。 米国にはメジャーリーグという規模・資金・影響力とも絶大な存在があるため、どの国も追随せざるを得ない面があります。 五輪やWBCといった国際大会でも、メジャーのルールを基本に大会独自の規則をその都度設定しています。 よく国際試合で「ボールが違う」「ストライクゾーンが広い」といった話を聞きますが、コールドの条件がバラバラなこと然り、他の競技から見れば随分奇妙なことかもしれません。 「野っ原でやる球技」が語源だけに、多少のアバウトさも面白さのうちということなのでしょうか。

次の