三びきのやぎのがらがらどん 教訓。 「三びきのやぎのがらがらどん」の最後で

ヤギの迫力に子供も夢中! 民話読み聞かせの定番絵本

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

JUGEMテーマ: 「三匹のこぶた」もそうですが、昔話に出てくる数字は 3という数字がとても多いです。 3人兄弟、3人姉妹等。 三人の兄弟で動物が主人公で強い物をやっつけるお話し、と言えば、やはり 『三びきのやぎのがらがらどん』が有名でしょう。 ほとんどの幼稚園、保育園に置かれているのではないかと思われます。 娘が幼稚園の時、別のクラスでしたが、お遊戯会でもやっていました。 有名な絵本ですが、実は私は最初に読んだ時は、そんなに面白いとは思えませんでした。 絵が怖い感じで不気味でしたし、やぎが橋を渡って草を食べに行くだけの話じゃないの!みたいに思ってしまったのです。 ところが、子どもたちは(特に息子は)大好きで、何度も読んでいるうちに、だんだんと面白くなってきました。 このお話しはノルウェーの昔話です。 三匹のやぎは、名前がみんな「がらがらどん」。 草を食べに山へ行こうとします。 ところが、途中に川があり橋の下には、恐ろしいトロルが住んでいます。 最初に橋を渡ったのは一番小さいやぎ。 やぎは次にもっと大きなやぎが来るから自分を食べないでくれとトロルに言って、無事に橋を渡ります。 中くらいのやぎも同じことを言い、橋を渡ります。 最後に橋を渡った一番大きなやぎがトロルをやっつけて、三びきは無事に橋を渡り、お腹いっぱいに草を食べるというお話し。 読んでいくうちにまず面白いと思ったのは、やぎが橋を渡る音! 最初は「かた こと」、つぎは「がた ごと」、そして最後は「がたん ごとん」と、音で重量感を表現しているのですね。 それに、「でんがくざし」等、 意味は難しくても響きの良い言葉が使われています。 それに、このお話しもやはり 「生きていく知恵」「子どもの成長」のお話しなのだなぁ〜と、何度も読んでいくうちに納得しました。 マーシャ・ブラウンの絵も何度も見ているうちに素晴らしさがわかってきました。 そして、いつしか昔話絵本の中で最も好きな絵本の中の一冊になりました。 なずなさんへ 『イギリスとアイルランドの昔話』は、黄色い表紙の本でしょうか?おおかみが仔豚の家にやってきて中に入れてくれと言ったときの返事が「そんなの、とんとん、とんでもないよ」と答える本? すみません、本が手元になくて 貸倉庫の奥に段ボール箱に詰まって埋もれているので 間違っていたらごめんなさい。 木の枝はハリエニシダだったかな?文章は読みやすくてとても好きでしたので、こちらの本でも何度か読んでいます。 ただ「とんとん、とんでもないよ」というと、くすっと笑う子もいて、緊張する場面なので疑問もあり、小学校以上の子には絵本版を読む様になりました。 『3びきのやぎのがらがらどん』は、子どもに教えられた絵本の一冊です。 小さいやぎが次のやぎに押し付けて逃げるのはずるいのではないかというお母さんもいましたが、立ち向かっても勝てないやぎが知恵を出して切り抜ける大事な場面なのではと思います。 「しんくんがテクテクあるいていくと・・・・」 あれ…意味がよくわからないけど… そこが子どもには良かったのかな〜??不思議だぁ〜!!.

次の

* 三びきのやぎのがらがらどん *

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

江戸時代に生まれたおとぎ話『はなさかじいさん』。 良いおこないをすれば良い結果が返り、悪いおこないをすれば悪い結果が返ってくるという「勧善懲悪」の構成をした物語です。 ではあらすじを簡単に紹介していきましょう。 あるところに、優しいおじいさんと意地悪なおじいさんが住んでいました。 優しいおじいさんはある日、弱った犬を見つけます。 手当てをして子どものようにかわいがっていると、その犬が畑に向かって「ここ掘れ、わんわん」と鳴き始めました。 不思議に思ったおじいさんが掘ってみると、なんと金貨がたくさん出てきます。 優しいおじいさんは大喜びで、近所の人にもおすそ分けをしていきました。 それを見ていたのが、隣に住んでいた意地悪なおじいさんです。 自分たちも儲けようと犬を無理やり連れ去って、財宝を探させようと乱暴をします。 しかし示された場所から出てきたのがガラクタばかりだったので、意地悪なおじいさんは怒り、犬を殺してしまいました。 かわいがっていた犬が死んでしまったことを悲しんだ、優しいおじいさん。 犬の墓を庭に作り、そばに木を植えました。 その木はあっという間に大きくなります。 しばらくすると夢に犬が出てきて、その木で臼を作ることを指示してくるのです。 おじいさんがその通りに臼を作り、餅をつくと、なんと中から財宝があふれ出てきました。 それを見ていた意地悪なおじいさんは、臼を奪って同じように餅をつきますが、出てくるのは汚物ばかり。 怒った意地悪なおじいさんは、臼を叩き割って燃やしてしまいました。 悲しく思った優しいおじいさんは、燃やした際に出た灰を引き取ります。 するとまた夢に犬が出てきて、桜の枯れ木に灰をまいてほしいとお願いしてきました。 優しいおじいさんがその言葉通りに灰をまくと、なんと枯れ木に次々と花が咲いていきます。 おじいさんは「枯れ木に花を咲かせましょう」と言いながらあたりを満開にし、それを見て感動した大名からたくさんの褒美をもらいました。 その様子を見ていた意地悪なおじいさんも同じように灰をまきますが、花が咲くことはなく、大名の目に灰が入ってしまい、重い罰を受けることとなりました。 禅の言葉に「枯木再生花(こぼくふたたびはなをしょうず)」というものがあります。 「死んだものが再度息を吹き返し、新たな人生を送る」ということ。 さらに『はなさかじいさん』はもともと、千手観音の教えをモデルにしたものだといわれているのです。 枯れてしまった桜の木がおじいさんの手によって満開の花を咲かせることができたように、枯れ木のような状態に陥ってしまった人でも、再び心に花を咲かせることができるという意味が込められているのではないでしょうか。 また『はなさかじいさん』には、冒頭に犬が登場します。 犬を助けて親切に接した優しいおじいさんと、財宝に目がくらんで犬に対して酷い扱いをした意地悪なおじいさん。 その後両者は、同じ行動をしてもまったく異なる結果が出るようになり、本作において犬は2人の命運を分ける重要な役割を果たしています。 途中で意地悪なおじいさんに殺されてしまいますが、犬は死してなお臼となり灰となって、おじいさんたちを試していたのかもしれません。 いもとようこが描くあたたかい『はなさかじいさん』.

次の

関西ウーマン

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

ジブリのアニメーション映画『となりのトトロ』は、老若男女が楽しめる国民的作品になっています。 誰が見ても心がなごむ、素晴らしい作品といえるでしょう。 ・内容があまりにも意味深 そんな『となりのトトロ』のワンシーンに、『三匹のやぎ』という絵本が登場します。 どこに登場するかは、実際に作品を見て確かめてみてください。 しかしこの絵本、内容があまりにも意味深すぎて、「トラウマになった 笑 」や「ひでえ!」という声が出ているのです。 ・ノルウェーの昔話 正式名称は『三びきのやぎのがらがらどん』といい、もともとはノルウェーの昔話として言い伝えられていた作品です。 「がらがらどん」という名のやぎが3匹登場し、身体の大きさが大、中、小と違います。 名前だけ同じです。 ・やぎの前にトロールが現れた! がらがらどんたちは、太るために山の上の草を目指して移動します。 その道中、トロールという巨大なモンスターに出くわし、小と中のやぎは「あとからもっと大きいやぎがくる」と言って見逃してもらいます。 トロール、けっこう優しい! ・トロールがバラバラに砕け散る!! しかし最終的に、大やぎのハリケーンミキサーばりの攻撃により、トロールはバラバラに砕け散って死んでしまいます。 「欲張ると悪いことになるよ」という教訓かもしれませんが、あんまりです。 読者からは「小さいやぎも食ってしまえばよかったのに」という声もありますが……。 ・トトロを見たときに「トトロ!」と言った理由!? 『となりのトトロ』の熱狂的なファンの推測では、めいちゃんがトロールの存在を絵本を読んで知っており、トトロを見たときに「トトロ!」 トロール! と言ったのではないかという説があります。 ・ためしに読んでみては? それにしても、トロールの最後は凄まじいですね……。 『三びきのやぎのがらがらどん』は、いま現在も根強い人気で読まれ続けています。

次の