しゃぶ 葉 タピオカ。 しゃぶ葉で、無限大アレンジが楽しめるタピオカ食べ放題開催中!”飲む”タピオカに”食べる”タピオカも。

しゃぶしゃぶ食べ放題の「しゃぶ葉」をレポート!

しゃぶ 葉 タピオカ

タピオカの中にまで黒糖が染み込んでいる感じはなく、弾力もちょっとチープな感じはあります。 わりと硬めでちょっと芯がある印象を受けました。 このあたりは値段相応ですが、349円でタピオカミルクティー飲み放題はかなり安いですしお得感あります。 そして、しゃぶ葉のタピオカミルクティーはアイスクリームを使って作るので濃厚なコクが印象的です。 タピオカミルクティーの作り方 まずコップにアイスクリームを好きなだけ入れます。 アイスクリームも食べ放題で、タピオカ食べ放題料金(349円)に含まれます。 今回は初回ですし、食前なのでアイスクリームもタピオカも控えめにしておきました。 しゃぶ葉には玄米入り緑茶やアールグレイティー、烏龍茶などありますが、今回は風味豊かな「アールグレイティー」でタピオカドリンクを作ります。 仕上げにタピオカ用のストローでかき混ぜれば、しゃぶ葉オリジナルの「タピオカミルクティー」の完成です。 タピオカの黒糖味とベルガモットの風味香るアールグレイティーがマッチして「華やかな味わい」が感じられます。 専門店のようなタピオカミルクティーじゃないかもですが、個人的にはアリな一杯です。 アイスクリームを使っているところも良くて、牛乳よりも濃厚なコクがあってドリンク自体がおいしく感じられます。 タピオカライチジュースも意外においしい アールグレイティーの横にある「ライチドリンク」にタピオカとアイスを入れてみました。 すると「ライチヨーグルト」みたいな味わいで、口がすっきりさっぱりとリセットされる一杯になりました。 ライチの酸味と黒糖タピオカの甘み、まろやかなアイスがマッチしていて、グイグイと飲んでしまいます。 ちょっと甘いかも知れませんが、食後の一杯に飲んでみて欲しいタピオカジュースです。 ちなみに、しゃぶしゃぶも安くて美味い しゃぶ葉はランチタイムに行くと下記の値段で食べられます。 はっきり言ってコスパ良すぎです。 お肉の味もダシも普通においしいですし、野菜や根菜などの種類も豊富なので栄養もたっぷり採れます。

次の

しゃぶ葉の【タピオカ】の食べ放題メニューはここが凄い!

しゃぶ 葉 タピオカ

タピオカブームが大幅に失速する可能性もあるだけに、集客力の向上がどれだけ見込めるか、また従業員のオペレーションに支障を来さないか、価格設定はどの程度が適切かなどを分析し、満を持して全国的に踏み切ったと言えるでしょう。 その際には、グループであるニラックスの実績、ライバルのしゃぶしゃぶ温野菜の状況も分析し、タピオカニーズもまだまだ続くと踏んだ上で、今回の展開を決めたと考えられます。 すかいらーくグループであるニラックスのビュッフェレストランでの調達網も活用できると思われ、スケールメリットを生かした展開ができます。 さらには、しゃぶしゃぶ温野菜のタピオカ食べ放題企画は夏限定としています。 ライバルが終わったあとに、「受け皿」としての需要を狙ったとも考えられます。 すかいらーくの「ストロー廃止」はどこへ 一方で、筆者はしゃぶ葉はタピオカ食べ放題をやりづらいのではないかと考えていました。 理由は、会社として強烈に打ち出した「ストロー廃止」です。 G20サミットでも海洋プラスチックごみ汚染が重要な議題となりました。 そして、企業への環境配慮の姿勢が投資判断の重要な指標になりつつあるなかで、すかいらーくはいち早くストロー廃止を打ち出しました。 すかいらーくグループは、2018年12月より、全国のガスト1367全店で、ドリンクバーに常備しているプラスチック製ストローを廃止しました。 プラスチックごみの不適切な廃棄が世界的に深刻な環境となる中、日本最大のレストランチェーンとしてその削減に取り組むことが社会における重要なステップになると考え、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、全業態の使い捨てプラスチック製ストローの使用を順次廃止することを検討しています。 これはガストだけではなく、わざわざ「全業態」とうたってあります。 しかし… 一方で、タピオカ食べ放題の案内を見てみましょう。 宣材写真には見事にストロー これは宣材写真だけかもしれませんが、脱プラを標榜している会社がストローを使ったタピオカドリンクの写真を案内していると、違和感を覚える人が出てくるかもしれません。 一方で、しゃぶしゃぶ温野菜の展開を踏まえると、商機があるうちに利益率が高いとみられるタピオカドリンクに参入し、話題作りをするのも重要な戦略だと思われます。 こう考えると、脱プラスチックを打ち出したスターバックスやくら寿司、餃子の王将でも、タピオカドリンクを始めてくるかもしれません。 タピオカファンとしては、食べ放題の選択肢が広がるのはうれしく思いますが、すかいらーくは果たして、しゃぶ葉でのタピオカ食べ放題企画とストロー廃止の整合性をどう説明するのでしょうか。 店舗にはストローは置いてないのでスプーンで食べてください… バイオマスストローを提供します… タピオカ食べ放題は期間限定ですから… といった説明をするのかもしれません。 ストロー廃止とタピオカドリンクの関係性は悩ましいです。

次の

しゃぶ葉の【香味野菜】で日頃の野菜不足を一気に解消!!

しゃぶ 葉 タピオカ

土曜日ランチ、13時半頃に訪問。 さすがにピークは過ぎてやや空いています。 夜は何度も来ていますが、ランチは初。 調子に乗って、一番良いコースにしてみました。 今のフェアは琉香豚&イベリコ豚、さらに国産牛まで追加します。 そしてタピオカ食べ放題もやっていたのでそちらも注文。 この店にしてはなかなかの豪遊です。 ちなみにタピオカはドリンクバーのオプション扱い。 通常のドリンクバーにプラス100円でタピオカがつきます。 だしは基本の白だしと、もうひとつは参鶏湯にしました。 参鶏湯、しょうがの香りとコクのあるスープでなんだか体に染み渡る味で良かったです。 まずはひととおりのお肉が運ばれてきます。 お肉の種類が多いコースなのに説明がなかったので、味の違いはわかってもどれが何の種類か見極められませんでした。 (さすがに牛はわかるけど) そこで次に頼んだときに店員さんに説明してもらったので食べ比べられました。 琉香豚は明るいピンク色で脂身少なめ、でもちゃんとサシが入ってる。 イベリコ豚は赤みが強くて脂身多め。 琉香豚は歯ごたえがあって、やや牛肉に近い味わい。 イベリコ豚は脂がとろけて柔らかい。 国産牛は臭みは少なめ。 しっかりしたコクのあるお肉でした。 私はイベリコ豚が好みでした。 (それだったら国産牛オプションつけなければお安く済んだのに…!?) そして肝心の(?)タピオカ食べ放題。 注文すると太いストローがテーブルに置かれます。 タピオカはドリンクバーコーナーに甘いシロップに浸かった状態で置いてあり、オタマですくってドリンクにします。 まずはタピオカ烏龍茶。 うん、ほどよい甘さでおいしい。 ちょっとタピオカが柔らかすぎるような気もするけどお値段考えたら許容範囲内かな。 続いて、山ぶどうジュースに紅茶を混ぜて、タピオカグレープティー。 こういうのタピオカ専門店でありそう!って味になりました。 デザートでソフトクリームパフェを作ったときも、タピオカをトッピング。 なんとも贅沢な気分。 なかなかタピオカがお腹に溜まるので、お肉の食べ放題に影響はしますが、楽しい!! もはやごはんも麺も食べず、炭水化物はタピオカで摂取しました。 まさかしゃぶ葉でタピオカをいただく日が来るなんて。 そして、まさかしゃぶ葉のランチで3000円以上使う日が来るなんて。 良い体験をした1日でした。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 しゃぶ葉 南与野店 関連ランキング:しゃぶしゃぶ 南与野駅.

次の