黒 猫 の ウィズ トラベラーズ 3。 精霊集めトラベラーズ

ネコ好き必見!黒ウィズのニヤニヤするほどかわいい新テレビCMは3/5から放送開始

黒 猫 の ウィズ トラベラーズ 3

スポンサードリンク 「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」には多数の精霊がいますが、中には複数 2体以上 持っておくと便利な精霊・艦隊を組むと強い精霊等もいます。 ここではその一例としていくつか紹介します。 なつさんより要望をいただきました。 複数いると便利な精霊 一体で十分な精霊・複数いると便利な精霊がいますが、黒猫のウィズが始まった頃と2015年4月現在ではだいぶ状況が変わっています。 開始当初 2013~2014年前半 はAS回復が2体以上・変換も2体以上という人が多い印象でした。 その為ピノやリースといった、回復+変換の組み合わせが重宝していました。 その後、イベントの難易度向上や精霊のインフレ等により、アタッカーの精霊1体で敵に与えるダメージがかなり上がりました。 一時期は属性特攻で5000~8000位のダメージを与える事ができれば、十分に強いとされていましたが2015年4月現在では一体で1万超えが多数出ている時代ですw 時代の流れにより、回復+変換を2体入れる人は少なくなり、その代わりに火力重視になってきました。 このような背景がある為、「複数いると便利」の基準は時間が経つと変化する可能性があります。 また、管理人の独断と偏見が含まれている可能性もあります。 予めご了承下さい。 回復+変換の組み合わせ AS:回復 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、、等。 主にイベント用途において使用されます。 2015年以降の傾向としては、火力主体になってきている為1体いれば十分な事が多いです。 潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば最高。 攻撃+変換の組み合わせ AS:ダメージアップ、属性特攻等 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、等。 イベントでもトーナメントでも使える汎用性の高い組み合わせ。 一体でも十分ですが、攻撃と変換を兼ねる事ができる為、2体以上いても便利です。 こちらも潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば、鬼に金棒状態。 非分散全体攻撃 ASが「敵の数に関わらず全体にダメージアップ」のような非分散全体攻撃持ち。 一例:、等 主にトーナメント攻略用途に用いられる事が多いですが、2~3体で運用している人が多い傾向にあります。 クラヴィルのようにSSが短縮系の場合は、1~2体位が良いかもしれません。 仲間の数だけダメージアップ AS:「術士の仲間の数だけダメージアップ」「戦士の仲間の数だけ」「天使と戦士の仲間の数だけ」等の表記のAS持ち。 一例:、等 単純に同じ種族の仲間の数だけ倍率がアップする為、多ければ多い程良いという事になります。 SSが変換で潜在能力に「バトル終了後にHP回復」持ちの精霊が出てきた場合、同じ精霊が5体いれば火力もパネル事故防止も回復も兼ねてしまうという驚異的な艦隊デッキが完成しますw エヴァガチャ限定のペンペンはSSが「5ターンの間味方全体を除々に回復」だった為、フル覚艦隊で攻撃と回復を両方兼ねる事ができました。 その他の特例としては、過去に「インゴルト艦隊」というものがありました。 AS:戦闘不能の仲間の数だけダメージアップ SS:自分を犠牲に味方全員をHP75%で蘇生 これは味方が沈む度にダメージが上がり、最後の一体になると自爆でまた味方を蘇らせる事ができるという不死鳥艦隊として一時期話題になりました。 味方の攻撃力アップ+攻撃系SS AS:同属性 同種族 の味方の攻撃力をアップ SS:全体攻撃 or 単体攻撃 一例:、等 味方の火力を一定の倍率上げてくれるというスキル持ちの精霊。 複数いればその分倍率が上がるので、多ければ多い程強くなります。 レジェンド猫ウィズの場合は潜在能力に「バトル後HP回復」がある為、フル覚醒艦隊を作ると攻撃と回復の両方を兼ねる事ができる為イベント攻略に重宝します。 スポンサードリンク 一体でも十分な精霊 これは自分が挑むクエストやイベント等の攻略状況にもよりますが、一体でも十分かなと思う精霊は以下の通り。 ・AS:回復 ・SS;回復or回復+異常解除 ・潜在能力:バトル終了後にHP回復持ち。 全てにおいて回復特化型の精霊。 一例:等。 デッキに高火力精霊が多く、火力でゴリ押しできる場合は回復が一体で済む場合もあります。 ・7問連続~12問連続正解等、チェイン数が長い精霊 一例;等。 ASが発動するまでに、非常に時間を要する精霊の場合、複数入れると逆に扱い辛くなる時があります。 常駐+SSPでいえばセレサは2体運用いいですね。 私も現状デモブレではセレサ2体運用です。 ただ,ファム,フレイ,リヴェータ(私は勝手に特攻遅延御三家と呼んでます)は,いずれもASが特攻+リーダー属性であるというマイナス面を持っており,しかし攻撃力自体が高いため特攻でも十分な戦力にはなるという点で2体運用は悩ましいで気もします。 >イザヴェリのようなAS攻撃力アップ系+ダメージのスキルを持つ精霊も2体いてもいいと思います。 トナメではかなり有用な組み合わせですよね。 ただ,通常クエなどでイザヴェリのような自傷系SSを複数枚デッキに入れた場合は,同時にSS発動するといっきにピンチになってしまうため発動タイミングをずらす工夫は必要かもしれませんね。 2015年4月21日 8:01 PM 自分の使っているカードでお話します。 基本、自分は単色デッキで臨みます。 ピンチ時の回復役に、アリスがあればもちろんいいのですが、トウマを入れて術士の攻撃力アップを図ってもOK。 術士で合わせるなら、シンジ&カヲルをドゥーガに入れ替えても良し。 イベントリヴェータもAS火属性攻撃アップ+戦士更にアップなので、絶大な攻撃アップが望めるかと思います。 すべて術士のデッキ。 AS回復はベルナデッタとチヒロの2枚。 回復役はハルカ 5ターン全体を徐々に回復。 攻撃力を考えると、サーシャが上かなと思いますが、レジェンド猫ウィズも充分候補になると思います。 猫ウィズの方はパネルブーストが3枚あるので…。 複数枚運用の点は,ユペール,カマラ,アスモはやすい気がしますが,コフィは2体作る気になりませんでしたね。 初期にゲットした1枚目はフルフルにしましたが,最近きた2枚目3枚目はマナとしての役割を果たしてもらいました。 戦士デッキなどで高倍率エンハと組めば強いのかもしれませんが,このクラスだと新アスカ,キワム,ラトなど他に優先順位の高い精霊も多いためやはりデッキに入れるには少し愛が必要かもしれませんね(まぁ,私は新アスカ,キワムは持ってませんがww) 2015年4月21日 9:00 PM 加筆。 最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部であるようですね。 上の記事にもあるように最近は火力主体となっている観点からの評価なのでしょう。 しかし,回復+変換という両方サポートに徹している点で役割がはっきりしていて汎用性はあっていいですよね(ただ,汎用性ゆえに必須性?に欠けて評価が低いってこともあるみたいですが…)。 回復+変換は,自分もしばしば使っています。 ただ,変換役が他にもいる場合に回復+変換を2体デッキに入れとさすがにだぼつく感じがします。 そのため,最近では回復2体必要な場合は,回復+変換と回復+回復(異常回復含む)が安定すると思っています。 自分の上の傾向からしても,やはり最近の火力主体の波に流されているってことなんでしょうね… インフレって怖いw 2015年4月21日 9:23 PM セラヴィーさま >回復+変換について、最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部である うーむ、そうなんですか…。 自分としては、それは感じていないのですが…。 トーナメント攻略においては、それが言えるかもしれませんが、クエスト攻略ではAS回復必須 可能な限り2体 、SS変換はあればベスト、と考えています。 あと、複属性のカードも出てきたので、今後、複数属性 2 or ALL 変換スキルはかなり重宝するかと予想されます。 回復+変換の評価が下がりつつあるというのは,私はすべての場合にそうだとは思っていません。 評価が下がりつつあると感じるケースとして,例えば最近の超火力の火属性デッキなどだと,トナメ以外でも1戦に1~2ターンあれば十分なため初期のパネルだけで足りるという場合が考えられます。 しかも最近はパネブ持ちも多いようなので初期で3色以外が1~2枚あるということも少なくないですしね。 ちなみに,(やはり最近の火力重視の影響を受けているのか)AS回復については1体にして後のASは攻撃系で固め,回復は1体のAS回復と終了後回復,ある程度削られてからのSS回復でも比較的安定するのかなぁと思い始めています(変換は他の精霊とのバランスで1体入れたり全く入れなかったり)。 攻撃と回復(それと変換)のよりよい組み合わせは難しいですね。

次の

【黒猫のウィズ】『精霊集めトラベラーズ』 「エリア3」攻略

黒 猫 の ウィズ トラベラーズ 3

スポンサードリンク 「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」には多数の精霊がいますが、中には複数 2体以上 持っておくと便利な精霊・艦隊を組むと強い精霊等もいます。 ここではその一例としていくつか紹介します。 なつさんより要望をいただきました。 複数いると便利な精霊 一体で十分な精霊・複数いると便利な精霊がいますが、黒猫のウィズが始まった頃と2015年4月現在ではだいぶ状況が変わっています。 開始当初 2013~2014年前半 はAS回復が2体以上・変換も2体以上という人が多い印象でした。 その為ピノやリースといった、回復+変換の組み合わせが重宝していました。 その後、イベントの難易度向上や精霊のインフレ等により、アタッカーの精霊1体で敵に与えるダメージがかなり上がりました。 一時期は属性特攻で5000~8000位のダメージを与える事ができれば、十分に強いとされていましたが2015年4月現在では一体で1万超えが多数出ている時代ですw 時代の流れにより、回復+変換を2体入れる人は少なくなり、その代わりに火力重視になってきました。 このような背景がある為、「複数いると便利」の基準は時間が経つと変化する可能性があります。 また、管理人の独断と偏見が含まれている可能性もあります。 予めご了承下さい。 回復+変換の組み合わせ AS:回復 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、、等。 主にイベント用途において使用されます。 2015年以降の傾向としては、火力主体になってきている為1体いれば十分な事が多いです。 潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば最高。 攻撃+変換の組み合わせ AS:ダメージアップ、属性特攻等 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、等。 イベントでもトーナメントでも使える汎用性の高い組み合わせ。 一体でも十分ですが、攻撃と変換を兼ねる事ができる為、2体以上いても便利です。 こちらも潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば、鬼に金棒状態。 非分散全体攻撃 ASが「敵の数に関わらず全体にダメージアップ」のような非分散全体攻撃持ち。 一例:、等 主にトーナメント攻略用途に用いられる事が多いですが、2~3体で運用している人が多い傾向にあります。 クラヴィルのようにSSが短縮系の場合は、1~2体位が良いかもしれません。 仲間の数だけダメージアップ AS:「術士の仲間の数だけダメージアップ」「戦士の仲間の数だけ」「天使と戦士の仲間の数だけ」等の表記のAS持ち。 一例:、等 単純に同じ種族の仲間の数だけ倍率がアップする為、多ければ多い程良いという事になります。 SSが変換で潜在能力に「バトル終了後にHP回復」持ちの精霊が出てきた場合、同じ精霊が5体いれば火力もパネル事故防止も回復も兼ねてしまうという驚異的な艦隊デッキが完成しますw エヴァガチャ限定のペンペンはSSが「5ターンの間味方全体を除々に回復」だった為、フル覚艦隊で攻撃と回復を両方兼ねる事ができました。 その他の特例としては、過去に「インゴルト艦隊」というものがありました。 AS:戦闘不能の仲間の数だけダメージアップ SS:自分を犠牲に味方全員をHP75%で蘇生 これは味方が沈む度にダメージが上がり、最後の一体になると自爆でまた味方を蘇らせる事ができるという不死鳥艦隊として一時期話題になりました。 味方の攻撃力アップ+攻撃系SS AS:同属性 同種族 の味方の攻撃力をアップ SS:全体攻撃 or 単体攻撃 一例:、等 味方の火力を一定の倍率上げてくれるというスキル持ちの精霊。 複数いればその分倍率が上がるので、多ければ多い程強くなります。 レジェンド猫ウィズの場合は潜在能力に「バトル後HP回復」がある為、フル覚醒艦隊を作ると攻撃と回復の両方を兼ねる事ができる為イベント攻略に重宝します。 スポンサードリンク 一体でも十分な精霊 これは自分が挑むクエストやイベント等の攻略状況にもよりますが、一体でも十分かなと思う精霊は以下の通り。 ・AS:回復 ・SS;回復or回復+異常解除 ・潜在能力:バトル終了後にHP回復持ち。 全てにおいて回復特化型の精霊。 一例:等。 デッキに高火力精霊が多く、火力でゴリ押しできる場合は回復が一体で済む場合もあります。 ・7問連続~12問連続正解等、チェイン数が長い精霊 一例;等。 ASが発動するまでに、非常に時間を要する精霊の場合、複数入れると逆に扱い辛くなる時があります。 常駐+SSPでいえばセレサは2体運用いいですね。 私も現状デモブレではセレサ2体運用です。 ただ,ファム,フレイ,リヴェータ(私は勝手に特攻遅延御三家と呼んでます)は,いずれもASが特攻+リーダー属性であるというマイナス面を持っており,しかし攻撃力自体が高いため特攻でも十分な戦力にはなるという点で2体運用は悩ましいで気もします。 >イザヴェリのようなAS攻撃力アップ系+ダメージのスキルを持つ精霊も2体いてもいいと思います。 トナメではかなり有用な組み合わせですよね。 ただ,通常クエなどでイザヴェリのような自傷系SSを複数枚デッキに入れた場合は,同時にSS発動するといっきにピンチになってしまうため発動タイミングをずらす工夫は必要かもしれませんね。 2015年4月21日 8:01 PM 自分の使っているカードでお話します。 基本、自分は単色デッキで臨みます。 ピンチ時の回復役に、アリスがあればもちろんいいのですが、トウマを入れて術士の攻撃力アップを図ってもOK。 術士で合わせるなら、シンジ&カヲルをドゥーガに入れ替えても良し。 イベントリヴェータもAS火属性攻撃アップ+戦士更にアップなので、絶大な攻撃アップが望めるかと思います。 すべて術士のデッキ。 AS回復はベルナデッタとチヒロの2枚。 回復役はハルカ 5ターン全体を徐々に回復。 攻撃力を考えると、サーシャが上かなと思いますが、レジェンド猫ウィズも充分候補になると思います。 猫ウィズの方はパネルブーストが3枚あるので…。 複数枚運用の点は,ユペール,カマラ,アスモはやすい気がしますが,コフィは2体作る気になりませんでしたね。 初期にゲットした1枚目はフルフルにしましたが,最近きた2枚目3枚目はマナとしての役割を果たしてもらいました。 戦士デッキなどで高倍率エンハと組めば強いのかもしれませんが,このクラスだと新アスカ,キワム,ラトなど他に優先順位の高い精霊も多いためやはりデッキに入れるには少し愛が必要かもしれませんね(まぁ,私は新アスカ,キワムは持ってませんがww) 2015年4月21日 9:00 PM 加筆。 最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部であるようですね。 上の記事にもあるように最近は火力主体となっている観点からの評価なのでしょう。 しかし,回復+変換という両方サポートに徹している点で役割がはっきりしていて汎用性はあっていいですよね(ただ,汎用性ゆえに必須性?に欠けて評価が低いってこともあるみたいですが…)。 回復+変換は,自分もしばしば使っています。 ただ,変換役が他にもいる場合に回復+変換を2体デッキに入れとさすがにだぼつく感じがします。 そのため,最近では回復2体必要な場合は,回復+変換と回復+回復(異常回復含む)が安定すると思っています。 自分の上の傾向からしても,やはり最近の火力主体の波に流されているってことなんでしょうね… インフレって怖いw 2015年4月21日 9:23 PM セラヴィーさま >回復+変換について、最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部である うーむ、そうなんですか…。 自分としては、それは感じていないのですが…。 トーナメント攻略においては、それが言えるかもしれませんが、クエスト攻略ではAS回復必須 可能な限り2体 、SS変換はあればベスト、と考えています。 あと、複属性のカードも出てきたので、今後、複数属性 2 or ALL 変換スキルはかなり重宝するかと予想されます。 回復+変換の評価が下がりつつあるというのは,私はすべての場合にそうだとは思っていません。 評価が下がりつつあると感じるケースとして,例えば最近の超火力の火属性デッキなどだと,トナメ以外でも1戦に1~2ターンあれば十分なため初期のパネルだけで足りるという場合が考えられます。 しかも最近はパネブ持ちも多いようなので初期で3色以外が1~2枚あるということも少なくないですしね。 ちなみに,(やはり最近の火力重視の影響を受けているのか)AS回復については1体にして後のASは攻撃系で固め,回復は1体のAS回復と終了後回復,ある程度削られてからのSS回復でも比較的安定するのかなぁと思い始めています(変換は他の精霊とのバランスで1体入れたり全く入れなかったり)。 攻撃と回復(それと変換)のよりよい組み合わせは難しいですね。

次の

嘘猫と行く黒ウィズダンジョン3 ツアー!

黒 猫 の ウィズ トラベラーズ 3

スポンサードリンク 「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」には多数の精霊がいますが、中には複数 2体以上 持っておくと便利な精霊・艦隊を組むと強い精霊等もいます。 ここではその一例としていくつか紹介します。 なつさんより要望をいただきました。 複数いると便利な精霊 一体で十分な精霊・複数いると便利な精霊がいますが、黒猫のウィズが始まった頃と2015年4月現在ではだいぶ状況が変わっています。 開始当初 2013~2014年前半 はAS回復が2体以上・変換も2体以上という人が多い印象でした。 その為ピノやリースといった、回復+変換の組み合わせが重宝していました。 その後、イベントの難易度向上や精霊のインフレ等により、アタッカーの精霊1体で敵に与えるダメージがかなり上がりました。 一時期は属性特攻で5000~8000位のダメージを与える事ができれば、十分に強いとされていましたが2015年4月現在では一体で1万超えが多数出ている時代ですw 時代の流れにより、回復+変換を2体入れる人は少なくなり、その代わりに火力重視になってきました。 このような背景がある為、「複数いると便利」の基準は時間が経つと変化する可能性があります。 また、管理人の独断と偏見が含まれている可能性もあります。 予めご了承下さい。 回復+変換の組み合わせ AS:回復 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、、等。 主にイベント用途において使用されます。 2015年以降の傾向としては、火力主体になってきている為1体いれば十分な事が多いです。 潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば最高。 攻撃+変換の組み合わせ AS:ダメージアップ、属性特攻等 SS:パネル変換の組み合わせ。 一例:、等。 イベントでもトーナメントでも使える汎用性の高い組み合わせ。 一体でも十分ですが、攻撃と変換を兼ねる事ができる為、2体以上いても便利です。 こちらも潜在能力に「バトル後HP回復」が加わる事があれば、鬼に金棒状態。 非分散全体攻撃 ASが「敵の数に関わらず全体にダメージアップ」のような非分散全体攻撃持ち。 一例:、等 主にトーナメント攻略用途に用いられる事が多いですが、2~3体で運用している人が多い傾向にあります。 クラヴィルのようにSSが短縮系の場合は、1~2体位が良いかもしれません。 仲間の数だけダメージアップ AS:「術士の仲間の数だけダメージアップ」「戦士の仲間の数だけ」「天使と戦士の仲間の数だけ」等の表記のAS持ち。 一例:、等 単純に同じ種族の仲間の数だけ倍率がアップする為、多ければ多い程良いという事になります。 SSが変換で潜在能力に「バトル終了後にHP回復」持ちの精霊が出てきた場合、同じ精霊が5体いれば火力もパネル事故防止も回復も兼ねてしまうという驚異的な艦隊デッキが完成しますw エヴァガチャ限定のペンペンはSSが「5ターンの間味方全体を除々に回復」だった為、フル覚艦隊で攻撃と回復を両方兼ねる事ができました。 その他の特例としては、過去に「インゴルト艦隊」というものがありました。 AS:戦闘不能の仲間の数だけダメージアップ SS:自分を犠牲に味方全員をHP75%で蘇生 これは味方が沈む度にダメージが上がり、最後の一体になると自爆でまた味方を蘇らせる事ができるという不死鳥艦隊として一時期話題になりました。 味方の攻撃力アップ+攻撃系SS AS:同属性 同種族 の味方の攻撃力をアップ SS:全体攻撃 or 単体攻撃 一例:、等 味方の火力を一定の倍率上げてくれるというスキル持ちの精霊。 複数いればその分倍率が上がるので、多ければ多い程強くなります。 レジェンド猫ウィズの場合は潜在能力に「バトル後HP回復」がある為、フル覚醒艦隊を作ると攻撃と回復の両方を兼ねる事ができる為イベント攻略に重宝します。 スポンサードリンク 一体でも十分な精霊 これは自分が挑むクエストやイベント等の攻略状況にもよりますが、一体でも十分かなと思う精霊は以下の通り。 ・AS:回復 ・SS;回復or回復+異常解除 ・潜在能力:バトル終了後にHP回復持ち。 全てにおいて回復特化型の精霊。 一例:等。 デッキに高火力精霊が多く、火力でゴリ押しできる場合は回復が一体で済む場合もあります。 ・7問連続~12問連続正解等、チェイン数が長い精霊 一例;等。 ASが発動するまでに、非常に時間を要する精霊の場合、複数入れると逆に扱い辛くなる時があります。 常駐+SSPでいえばセレサは2体運用いいですね。 私も現状デモブレではセレサ2体運用です。 ただ,ファム,フレイ,リヴェータ(私は勝手に特攻遅延御三家と呼んでます)は,いずれもASが特攻+リーダー属性であるというマイナス面を持っており,しかし攻撃力自体が高いため特攻でも十分な戦力にはなるという点で2体運用は悩ましいで気もします。 >イザヴェリのようなAS攻撃力アップ系+ダメージのスキルを持つ精霊も2体いてもいいと思います。 トナメではかなり有用な組み合わせですよね。 ただ,通常クエなどでイザヴェリのような自傷系SSを複数枚デッキに入れた場合は,同時にSS発動するといっきにピンチになってしまうため発動タイミングをずらす工夫は必要かもしれませんね。 2015年4月21日 8:01 PM 自分の使っているカードでお話します。 基本、自分は単色デッキで臨みます。 ピンチ時の回復役に、アリスがあればもちろんいいのですが、トウマを入れて術士の攻撃力アップを図ってもOK。 術士で合わせるなら、シンジ&カヲルをドゥーガに入れ替えても良し。 イベントリヴェータもAS火属性攻撃アップ+戦士更にアップなので、絶大な攻撃アップが望めるかと思います。 すべて術士のデッキ。 AS回復はベルナデッタとチヒロの2枚。 回復役はハルカ 5ターン全体を徐々に回復。 攻撃力を考えると、サーシャが上かなと思いますが、レジェンド猫ウィズも充分候補になると思います。 猫ウィズの方はパネルブーストが3枚あるので…。 複数枚運用の点は,ユペール,カマラ,アスモはやすい気がしますが,コフィは2体作る気になりませんでしたね。 初期にゲットした1枚目はフルフルにしましたが,最近きた2枚目3枚目はマナとしての役割を果たしてもらいました。 戦士デッキなどで高倍率エンハと組めば強いのかもしれませんが,このクラスだと新アスカ,キワム,ラトなど他に優先順位の高い精霊も多いためやはりデッキに入れるには少し愛が必要かもしれませんね(まぁ,私は新アスカ,キワムは持ってませんがww) 2015年4月21日 9:00 PM 加筆。 最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部であるようですね。 上の記事にもあるように最近は火力主体となっている観点からの評価なのでしょう。 しかし,回復+変換という両方サポートに徹している点で役割がはっきりしていて汎用性はあっていいですよね(ただ,汎用性ゆえに必須性?に欠けて評価が低いってこともあるみたいですが…)。 回復+変換は,自分もしばしば使っています。 ただ,変換役が他にもいる場合に回復+変換を2体デッキに入れとさすがにだぼつく感じがします。 そのため,最近では回復2体必要な場合は,回復+変換と回復+回復(異常回復含む)が安定すると思っています。 自分の上の傾向からしても,やはり最近の火力主体の波に流されているってことなんでしょうね… インフレって怖いw 2015年4月21日 9:23 PM セラヴィーさま >回復+変換について、最近ネットではこの組み合わせ自体あまり評判がよくないとの流れが一部である うーむ、そうなんですか…。 自分としては、それは感じていないのですが…。 トーナメント攻略においては、それが言えるかもしれませんが、クエスト攻略ではAS回復必須 可能な限り2体 、SS変換はあればベスト、と考えています。 あと、複属性のカードも出てきたので、今後、複数属性 2 or ALL 変換スキルはかなり重宝するかと予想されます。 回復+変換の評価が下がりつつあるというのは,私はすべての場合にそうだとは思っていません。 評価が下がりつつあると感じるケースとして,例えば最近の超火力の火属性デッキなどだと,トナメ以外でも1戦に1~2ターンあれば十分なため初期のパネルだけで足りるという場合が考えられます。 しかも最近はパネブ持ちも多いようなので初期で3色以外が1~2枚あるということも少なくないですしね。 ちなみに,(やはり最近の火力重視の影響を受けているのか)AS回復については1体にして後のASは攻撃系で固め,回復は1体のAS回復と終了後回復,ある程度削られてからのSS回復でも比較的安定するのかなぁと思い始めています(変換は他の精霊とのバランスで1体入れたり全く入れなかったり)。 攻撃と回復(それと変換)のよりよい組み合わせは難しいですね。

次の