ニコレス 茶葉。 アイコスで使えるニコチンゼロの「NICOLESS(ニコレス)」で減煙・禁煙は可能か

ccobato(コバト)レビュー|ニコチンゼロiQOS専用スティック!茶葉を使ったメロンメンソール味!

ニコレス 茶葉

詳細についてはをご一読ください。 ストレス性高血圧からニコクラを頻発するようになり、真剣にタバコ葉以外を吸い始めたうまおじでございます。 -- NICOLESS ニコレス -- 「」という製品が巷で人気を集めているようです(アフィ注) 先に画像と詳細を見ていきましょう。 上がニコレスで、下がiQOSのヒートスティックです。 明確に寄せてきていますね。 左がiQOSのヒートスティック、右がニコレスです。 ニコレス吸ってても「なにそれ?新しいアイコス?」ってなるはずです。 裏書き、全文書き落としますと 新しいニコチンゼロで、禁煙中の新習慣。 本品はタバコではありません。 20歳未満の未成年者への販売はいたしません。 加熱ブレードを挿入するタイプのデバイスでご利用いただけます。 過度な吸引、連続した吸引等はお控えください。 妊娠・授乳中の方、喘息等の呼吸器系に持病がある方は本製品を使用しないでください。 万が一、身体に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。 水に濡らしたり湿気の多い場所、火気のそばで使用しないでください。 小さなお子様の手の届く場所に置かないでください。 小さいお子様が誤飲するおそれがあります。 万が一飲み込んだ場合には、直ちに医師の診断を受けてください。 直射日光や高温多湿の場所、炎天下の車内等に保管しないでください。 破損、異臭など異常が発生した場合、直ちに使用を中止してください。 駅や空港、病院等の公共機関や喫煙が禁止されている場所、他人に迷惑をかける場所での吸引はしないでください。 スティックを分解しないでください。 本製品の処分につきましては、お住まいの自治体の条例に従ってください。 MADE IN CHINA 販売元 SKS株式会社 東京都千代田区外神田2-5-12 カスタマー窓口 0120-949-300 MENTHOL 新しいニコチンゼロで、 禁煙中の新習慣。 ニコチン0mg 20本入 一応SKS株式会社というのがどのような会社か調べますと、 中国の方が設立した会社ということが分かります。 ここまで読んで、"ニコレス"は、何を吸っているのかサッパリ分かりません。 さて、ニコレス自体を見ていきますが。 内部構造比較。 左iQOSヒートスティックは、フィルター フィルター フィルター タバコ葉 右ニコレスは、フィルター シリコン "ナニカ"の葉 もうちょい分解しますと このようになっています。 こっちはiQOSのヒートスティック こっちがニコレス さて、ニコレスが何の葉なのかという疑問が残っていますが、を検索しますと > 茶葉を原料とした加熱式電子タバコである「SKS FUTURE」の > 製造・販売を行う会社。 「SKS FUTURE」は茶葉を原料としており、 > ニコチンが0mgであるのが特徴であり、4種類のフレーバーを展開している。 SKS Futureというのがニコレスの前に販売されていたのですが、ニコレスも同様の茶葉を使ったスティックであることが分かります。 ニコレスは茶葉に風味づけ(メンソールなど)を行なったスティックです。 すでにヴェポライザーに慣れきった自分だとあまり参考にならないかもしれないのでヘビースモーカーの身内に吸わせてみました。 「キッツ。 メンソール、キッツ。 ニコチンきっつ、あんたこんなキツイの吸ってるの?メンソール好きじゃないから、私はダメだけど。 」 ニコチンゼロと伝えたらビビってました。 加熱せずにヒートスティックだけ刺すと、ほのかな茶葉の香りがします。 茶葉吸ってきたから分かることではあるんですが・・ ただし、明確に茶葉と認識させないようにかなり焙煎工程を経ているような気がします。 茶の青臭さみたいなのはまったく感じません。 吸ってみて・・・ かなり吸ってる感というのがあります。 なんならiQOSのヒートスティックよりキックを感じますしミストも多い。 美味いかと言われると、やはりお茶にメンソールの味付けしてますので濁りのようなものを感じ、いつものチェ緑+Starryやコルツクリアメンソール+Fenixみたいなスッキリ感に欠きます。 ヴェポライザーで安定した喫味の組み合わせで楽しんでる人にとっては無用の長物だと思います。 V5Nanoで茶葉吸った方が美味いですし。 どちらも無い時の代替品としては、かなりアリだと思う。 相変わらずiQOSのヒートスティックを自分が吸っていたとしたら、ニコレスへの完全移行も可能だったように思います。 <健康上の疑問点> まず最初に気になったのが、ニコレスはフィルター部にシリコンをかませてあります。 シリコンの耐熱温度が上限230度だったと記憶しておりますので、ブレードが230度前後まで上昇しうるiQOSホルダーだとシリコンが溶ける恐れがある。 -- 実験してみました -- ホルダー2本使って、ニコレス1本目の加熱、セッションが終わったら直ちにもう1本のホルダーにニコレスを挿して、計2連続セッションで加熱し続ける。 -- 結果 -- 葉は当たり前に焦げ焦げなのですが、シリコンが変性している風には見えません。 シリコンブロック取り出して観察してみましたが、熱融解・変性ともにありません。 無茶な条件で加熱しましたが、無茶を耐えてくれたように思います。 もう一つの疑念として、完全に中国製造されている茶葉、消耗品を慢性的に吸引し続けることに健康面への影響はないのか?とい点がありますが ・・・まぁ散々コンビニ弁当とかヨモギ葉とか吸ってますしねぇ・・ ニコレス自体が臨床試験や実験を公開していないところに引っかかるところはありますが、じゃあ今吸ってるシャグやパイプ葉は完全に信用できるの?っていうと、ねぇ? 気になり出したらキリがないからねぇ・・・ [さいごに] お茶にフレーバーつけてスティックで吸うということが今後一般的になっていくと思います。 これだけお茶でフレーバー楽しめるようになると、お茶吸うのはタバコ税かからないわけですし、価格競争も生まれます。 ニコレスは20本410円で販売されていますが、タバコ税がかかっていないのでメーカー側の丸儲けになり、 競争がきちんとなされれば最終的に1本5〜10円で日本人はタバコの代わりに茶を吸ってるぜみたいな文化が生まれてもおかしくありません。 「タバコ葉以外を吸う」ということが現実になりつつあるなぁと強く感じたニコレスでした。

次の

ニコレスの成分は危険?中国産の茶葉を加熱して有害物質は出ないの?

ニコレス 茶葉

禁煙への第1歩として、紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えることはできても、その先が難しい。 加熱式タバコでタールは減少しても、ニコチンはしっかり摂取しているからだ。 そして次段階として、多くの人がノンニコチンのVAPE(ベイプ)を試し、くじける。 蒸気を吸うという点は同じでも、ニコチンなしのリキッドだけの味では物足りないからだ。 そこで注目したいのが、たばこ葉の代わりに紅茶葉を使ってより喫煙フィールに寄せた、アイコスおよびアイコス互換機で使用できるニコチンゼロスティック「NICOLESS(ニコレス)」である。 果たして減煙・禁煙の助けになるのか、吸って確認してみたい。 「ニコレス(メンソール)」は20本入り410円(税込) 販売数40万個突破! 紅茶葉由来の風味を楽しむ「ニコレス」 「ニコレス」は2019年3月に発売され、メーカーによると、すでに売上げは40万個を突破(2019年8月時点)おり、「1時間で約100個」というスピードで売れているという。。 なお、現在は一部ドラッグス トアやインターネットなどでの展開が中心だが、2019年9月中旬からは、全国のコンビニ(ファミマ!! )でも入手可能になる予定だ。 「アイコス」などの加熱式タバコに使用されるスティックは、蒸気発生のためのグリセリン類を染み込ませたたばこ葉を加熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させる。 そのたばこ葉の部分を、ニコチンを含まない紅茶葉に変更することで、ニコチンレスの蒸気を作り出すのが「ニコレス」だ。 これにより、VAPEのようなリキッドのみの味ではなく、葉由来の風味が楽しめ、より加熱式タバコの満足感に近づけるという。 加熱式タバコブレードを挿入するタイプの機種、アイコスおよびその互換機で使用可能だ たばこ葉を使用していないのでニコチンゼロ、これを吸っている間は「禁煙」しているということになる ちなみに、「ニコレス」に使用されている紅茶葉は中国・福建省産の「正山小種(ラプサン・スーチョン)」という品種だ。 「マールボロ・ヒートスティック」よりも90円安い 「ニコレス」の価格は410円(税込)。 紅茶葉を使用しているため、たばこ税がかからず、「マールボロ」や「ヒーツ」より安価に設定できているようだ。 ただ、通常たばこ税は定価の半分以上を占めるはずである。 したがって半額とは言わないまでも、もう少し安くなってもいいのでは、と思ってしまった。 ちなみに、「マールボロ・ヒートスティック」から「ニコレス」に完全に切り替えた場合の1か月のコストを比較してみると、以下の通り。 価格はすべて税込み(以下同)。 これを高いと見るか、低いと見るか、悩ましいところだ。 「ニコレス」は410円(税込)なので、「マールボロ・ヒートスティック」より90円安く、「ヒーツ」(税込470円)より60円安い 「マールボロ・ヒートスティック」(右)は銀紙で覆われているが、「ニコレス」(左)は厚手のトレーシングペーパーで覆われている スティック内部の構造もなかなかの再現度合い 吸う前に、カッターでスティックを切り裂いて内部構造をあらためてみたのが、以下の写真だ。 スティックのサイズはまったく同じ 左側が「ニコレス」、右側が「マールボロ・ヒートスティック」 「ニコレス」:(上から)フィルター、蒸気冷却用シリコン、紅茶葉 「マールボロ・ヒートスティック」:(上から)フィルター、蒸気冷却用フィルム、フィルター、たばこ葉 「マールボロ・ヒートスティック」がフィルターを2層に分けているところを1層にしている点と、冷却素材の違い以外は同様の構造だ。 紅茶葉はヒートスティックのような薄い板状にしっかり成形されていた。 なかなかの再現度合いだと思う。 ある意味ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く、喫煙感もかなりのクオリティだが…… 箱からスティックを取り出した段階では、ほぼメンソールの香りしかしない。 加熱し始めると次第に店頭でほうじ茶焙煎を行なっている日本茶専門店の香りがし始めた。 葉としては紅茶に用いられる葉ということだが、ほうじ茶にしか感じない。 正直、おっかなびっくりで吸ってみた。 すると爽快なミントの香りにほうじ茶のような香ばしさが加わり、しっかりのどへのキックもある。 第1印象は「思ったよりおいしい」である。 しかも吐いた時の蒸気が、茶葉由来のいがらっぽさのせいか、ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く感じる瞬間もあった。 喫煙感としてはかなりのクオリティだ。 ただ、喫煙可能時間6分の中盤を過ぎたあたりからメンソールが抜け始め、代わりに苦味が加わってくる。 これに少し違和感がある。 残り1分あたりではいくぶん甘酸っぱさも感じるようになり、タバコのニオイとは違うのだけれど、不思議なニオイだ。 そして当たり前だが、ヒートスティックでニコチン補給した時のじんわり感はない。 スティックは少しやわらかめ。 勢いよく押し込むとぐにゃりとなることもあるので、ていねいに差し込もう 見た目的にはアイコスを吸っているのと変わらない 禁煙はかなり大変だが、合間に挟むスタイルで減煙は可能かも 「ニコレス」は、アイコスを吸った時のようなしっかりとしたキックのある蒸気を出してくれた。 吐く時もたばこの煙を吐いているような「いがらっぽさ」がある。 しかし、喫煙者にとってニコチン補給ができないのは、やはり物足りない。 したがって、いきなり100%ニコレスに切り替えて禁煙できるのは、かなり意志が必要だ。 しかし、紅茶葉とはいえ葉を使っているおかげで、喫煙フィールはかなり肉迫している。 ヒートスティックでニコチンを補給しつつ、合間に1本混ぜるという減煙なら十分に可能なはずだ。 そこから順に慣らしていけば、最終的に禁煙も可能だと思う。 ヒートスティックの合間に挟むなら、けっこうごまかしが効く ということで、定番人気の「マールボロ・ヒートスティック」の半分を「ニコレス」に切り替えた場合の1か月のコスト試算をしておこう。 ただニコチン摂取率は半減するので、健康のためだとしたら、十分メリットはあるだろう。

次の

ニコレスの評判や評価は悪い?良い口コミと悪い口コミをまとめてみた

ニコレス 茶葉

・デバイスによりますが、ヒートスティックの加熱が完了した合図があれば、本商品は吸えるようになります。 ・火をつけて使用しないでください。 ・過度な吸引、連続した吸引等はお控えください。 ・妊娠・授乳中の方、喘息等の呼吸器系に持病がある方は本製品を使用しないでください。 ・薬を服用されている方や持病のある方は医師にご相談の上、ご使用ください。 ・万が一、身体に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。 ・水に濡らしたり湿気の多い場所、火気のそばで使用しないでください。 ・小さなお子様の手の届く場所に置かないでください。 小さいお子様が誤飲するおそれがあります。 万が一飲み込んだ場合には、直ちに医師の診断を受けてください。 ・直射日光や高温多湿の場所、炎天下の車内等に保管しないでください。 ・破損、異臭など異常が発生した場合、直ちに使用を中止してください。 ・駅や空港、病院等の公共機関や喫煙が禁止されている場所、他人に迷惑をかける場所での吸引はお控えください。 また、過度な吸引、連続した吸引等はお控えください。 ・スティックを分解しないでください。 ・本品はタバコではありませんが、20歳未満の未成年者への販売はいたしません。 関連商品 ニコチンゼロとは思えない、吸いごたえ。 厳選茶葉100%使用で美味しく豊かな味わいを実現。 ニコチンゼロスティックでお馴染みの"ccobato"(コバト)からブルーベリーBLASTメンソールが新登場!! ニコチンゼロスティックでお馴染みの"ccobato"(コバト)からブルーベリーBLASTメンソールが新登場!!.

次の