ジャパネット 除湿 機。 ジャパネットたかた |ジャパネット

2020年最新版エアコンの置けない部屋におすすめの冷風機&冷風扇12選 涼しい風をつくる仕組みの違いや選び方

ジャパネット 除湿 機

雨の日がだんだん多くなるこれからの季節、室内に干した洗濯物がなかなか乾かず、生乾き臭などでユウウツになりがち。 でも、この「洗濯物なかなか乾かない問題」は 除湿機を使えば解消できます。 最近は「衣類乾燥機能」を搭載したモデルが増えているので、これを使わない手はありませんよね。 という訳で「部屋干しの救世主となる1台」を求めて、 第一テストでは、MONOQLO編集部にて、人気ブランド5機種(三菱電機MJ- M100NX、パナソニックF-YC120HRX、コロナCD-S6318、シャープCV-H71、アイリスオーヤマKIJC-H65)と、Amazonで購入できる小型除湿機3機種(AQQEF小型除湿機、MYCARBON除湿機、HOMEMAXS除湿機)をピックアップ。 神奈川県藤沢市の「OA研究所」内にある恒温恒湿室にて除湿性能ほか、各種項目の一斉比較試験を行いました。 さらにその後、家電批評編集部にて、上記のモデルに三菱電機MJ-P180NX、アイリスオーヤマDDC-50、カドーDH-C7000を加えて追加テストしました。 今回はそれらの結果を元に、 衣類乾燥機能に着目した除湿機ランキングをthe360. life編集部が作成。 衣類乾燥除湿機おすすめランキング12選[2019年最新版]としてお送りいたします。 なお、除湿機能重視の除湿機ランキングも近日公開しますので、そちらもぜひご覧ください。 テスト結果をご紹介する前に、まずは衣類乾燥除湿機の選び方をご紹介していきましょう。 除湿機には「コンプレッサー式」「ハイブリッド方式」「半導体式」という3つの方式があり、それぞれ除湿方式が異なります。 それぞれの大まかな特徴は以下の通りです。 除湿できる量が多く、気温が高い季節ほど除湿能力を発揮するので、梅雨時や夏などにオススメ。 ただし、コンプレッサー(圧縮機)を内蔵しているため運転音が大きくなりがちです。 デシカント式はゼオライト(除湿剤)と電気ヒーターを使う仕組みで、季節に関係なく安定的に稼働します。 なので通年利用を考えるならばハイブリッド式がオススメです。 コンプレッサーを使わないため小型化でき、運転音も静かです。 ただし除湿能力はほかの方式のものより低めです。 サーキュレーター搭載型の除湿器というほかに類を見ない特徴で、見た目のインパクトも強烈なアイリスオーヤマの「DDC-50」が3位にランクインしました。 デシカント方式のため除湿力はコンプレッサー方式に劣ってしまうものの、サーキュレーターを活かした衣類乾燥力は侮れません。 乾燥力テストにおいては、除湿能力を上回る他製品を抑えて好成績を収めました。 まさに衣類乾燥特化型の除湿器と言えるでしょう。 なお、サーキュレーターは単独でも運転できます。 ちなみに、 本製品と一般的な風を送るだけのサーキュレーターで、乾燥時間を比較したところ、本製品の方が約半分の時間で乾きました。 単純なサーキュレーターだけを利用するより効率が良いと言えるでしょう。

次の

アイリスオーヤマ IJD

ジャパネット 除湿 機

梅雨の時期にエアコンを使う場合、選択肢としては「冷房」か「ドライ(除湿)」のどちらかとなります。 この2つの機能の違いをまず見ていきましょう。 エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」はどう違うの? エアコンの冷房機能とドライ機能の違いは以下のようになります。 冷房機能 部屋の温度を下げることを最優先とした機能。 設定された室温になるように冷房運転を行う。 ドライ機能 部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能。 湿度が目標の値になるまで微弱な冷房運転を行う。 エアコンの冷房機能とドライ機能ではそれぞれ「室内の温度を下げる」「室内の湿度を下げる」といったように目的が異なります。 そのため、室内の湿度が上がる梅雨の時期はエアコンの ドライ機能を使うことで湿度を下げることができ、湿気による不快感を軽減できます。 エアコンの冷房機能のしくみ、除湿機能のしくみについては以下の記事で詳しくご説明しています。 エアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の機能があります。 エアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」はどう違うの? エアコンの弱冷房除湿と再熱除湿の違いは以下のようになります。 冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)、部屋の湿度も下げる。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げる。 弱冷房除湿と再熱除湿の大きな違いは、「 室温を下げながら除湿をする」「 室温を下げずに除湿をする」という部分です。 梅雨の時期は、肌寒いけれど湿度が高くてベタベタする、という場合が多くあります。 そのような場合に弱冷房除湿を使ってしまうと室温も下がってしまい、寒く感じてしまうので、 室温を下げたくない場合は再熱除湿を使うと良いでしょう。 梅雨の時期は室内の気温によってエアコンの弱冷房除湿と再熱除湿を使い分けていきましょう。 使い分け方のポイントは以下のようになります。 弱冷房除湿 室内気温が高く、 室温も湿度も両方下げたい場合。 再熱除湿 室内気温はちょうど良い、または少し肌寒く、 室温は下げずに湿度を下げたい場合。 エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。 富士通とコロナのエアコンは再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えることができます。 他メーカーは再熱除湿方式のみであったり、再熱除湿方式ではないけれども快適な温度を保てるよう工夫された除湿機能になっていたりとさまざまです。 エアコンを新しく買う時は、除湿の方式をチェックしてみるのもいいですね。 弱冷房除湿は、冷やした空気をそのまま室内に戻していますが、再熱除湿は冷やして水分を取り除いた空気を暖めてから室内に戻しています。 そのため、室内に戻す前に空気を暖める分 再熱除湿のほうがかかる電気代は多くなります。 部屋干しのときの上手な除湿機能の使い方 部屋干しのときの上手な除湿機能の使い方• 部屋干しをするときはエアコンのドライ運転をすると早く乾く(扇風機やサーキュレーターで風を起こすとさらに効果的!) 除湿・冷房、どちらにしろエアコンを使うと電気代が高くなる!そんなときは… 梅雨は部屋干しや除湿、夏になればクーラーや扇風機などの冷房も使うことになり、電気代があがりますよね。 使い方はわかったけど、 電気代を抑える方法も知りたいと思いませんか? そんなときは、をおためしください。 電力会社のプランをを最適なものに切り替えるだけで、今よりも電気代を安くすることが可能です。 自分の生活スタイルにあった電力会社を選ぶことが、いちばん簡単な電気代の節約方法なんですよ。 まずは、アナタが選べる電力会社を探してみましょう! 夏と冬の前には、電気料金プラン見直しをする癖をつけて! 梅雨から夏の除湿や冷房、冬は暖房。 エアコンを使わずにそのシーズンを乗り切るのは至難の業ですよね。 でも電気代が高くなるのは困る!そんなときは、電力会社・電気料金プランの見直しをしてみましょう。 節約につながりますよ。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

ジャパネットモデルの高圧洗浄機とケルヒャーオリジナルの違いとは?性能や価格、付属品を比較!

ジャパネット 除湿 機

コロナ CDM-1018 どこでもクーラーの商品概要 「コロナ どこでもクーラー CDM-1018」は2018年3月に発売された冷風機能付きの除湿機です。 しっかり部屋干しできる「ランドリールーバー」 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は本体上部の「ランドリールーバー」を上向きにすると温風が吹き出すので部屋干ししている衣類を再熱風でムラなく乾燥できます。 衣類乾燥時間の目安は約2時間です。 パワフル冷風で「どこでもクーラー」 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は冷風機能を備えているので、エアコンが使えない場所や少し涼みたいときのスポット冷風に便利です。 4自在キャスター付きだから移動も簡単です。 カラッとした気持ち良い風を届けます。 ただしエアコンと違って部屋全体を冷房することはできません。 また閉め切った部屋で使うと排熱で室温が上昇するのでご注意ください。 冷風風量を3段階から選べる 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は「パワフル・標準・弱」の3段階から風量を選べます。 また「スイングルーバー」も「ワイド・スポット・スポットリズム」の3モードを選択可能です。 付属の「布製排熱ダクト」で排熱を室外に出せる 一般的な冷風機は後ろから排熱が吹き出すので、閉め切った部屋では室温が上昇するという弱点があります。 しかし「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は、付属の「布製排熱ダクト」を利用すると排熱を室外に出せるので室温の上昇を抑えられます。 さらにダクトを応用して押入れ乾燥にも利用できます。 ダクトを使わないときは本体ポケットに収納できます。 コンプレッサー式のパワフル除湿 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は50Hzで1日9L、60Hzで1日10Lのパワフル除湿機能を備えています。 連続運転時間は50Hzで約15時間、60Hzで約14時間です。 満水になったら自動的に除湿をストップ。 メロディーでお知らせします。 8Lの大容量タンクを採用しているので面倒な水捨ての回数も少なくすみます。 カビの発生を抑える内部乾燥モード 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」は内部乾燥モードを搭載しています。 運転停止後に、本体内部の「熱交換器・通風路・送風ファン・ルーバー等」を乾燥させて、カビの発生やニオイを抑えます。 最大48dBの低騒音設計 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」はツインロータリーコンプレッサーを搭載。 なめらかなコンプレッサーの回転により振動を抑えています。 これにより運転音は衣類乾燥:48dB、除湿:42dBとなっています。 コロナ CDM-1018 どこでもクーラーのジャパネット価格は安い?高い? 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」のジャパネット価格は安いのでしょうか?高いのでしょうか? 気になる人もいると思うので調査しました。 まずはジャパネット価格のおさらいです。 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」のジャパネット通常価格は税別29,800円です(2018年7月10日現在) 「消費税」と「送料」を含むジャパネットの支払総額は税込33,156円となっています(2018年7月10日現在) 次は「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」の市場価格を「価格. com(カカクコム)」で調べてみます。 価格コムの平均価格は税込31,814円、最安値は税込27,400円でした(2018年7月10日現在)。 ただし価格コムの値段には「送料」が含まれていません。 それではジャパネット価格と市場価格のどちらが安いのか結論を出してみましょう。 送料を考慮するとジャパネット価格は市場平均価格と同程度だと言えるでしょう。 おそらく近所の家電量販店で買うのと値段は変わらないと思います。 ただし価格コムの最安値とは3,000~4,000円の差があるようなので、1円でも安く「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」を買いたい人は、ジャパネット以外のお店をおすすめします。 コロナ CDM-1018 どこでもクーラーの製品仕様 「コロナ CDM-1018 どこでもクーラー」の製品仕様です。 こちらのデータを参考に他社の冷風機と比較して検討してみてくださいね。 閉めきった場所で使われる場合は、むしろ室温が上昇します。 付属品 排熱ダクト、ダクトアダプター、取扱説明書 保証書付.

次の