剣盾タルップル。 『こもれび林』のレイドバトル・巣穴で出現するポケモン(剣盾)|ポケモン徹底攻略

【ポケモンソードシールド】「タルップル」の評価と入手方法【ポケモン剣盾】

剣盾タルップル

タルップル 種族値 HP 110 攻撃 85 防御 80 特攻 100 特防 80 素早 30 くさ ドラゴン 合計種族値 485 特性 じゅくせい 熟成させることできのみの効果が倍になる。 くいしんぼう HPが少なくなったら食べるきのみをHP半分の時に食べてしまう。 あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技を受けた時、ダメージを半減する。 タルップルの特徴 長所 新特性できのみの効果を2倍に ポケモン剣盾から登場した 新特性「じゅくせい」を持ち、オボンのみやフィラのみの 回復量を2倍にしたり、チイラのみなどのステータス上昇を2倍にすることができます。 回復量を増やして耐久したり、ステータスを上げて耐久をしたりと戦略の幅を広げられるでしょう。 また、タルップルはリサイクルを覚えているので 何度も2倍の効果で回復やステータス上昇出来るのが魅力的です。 あついしぼうでダメージカット タルップルの夢特性は「 あついしぼう」で、ほのおタイプを半減こおりタイプの攻撃を2倍に抑えます。 本来受けきれないようなこおりタイプの攻撃を受けきったり、ほのおタイプポケモンのメタとして選出できたりと相手にできるポケモンが多くなります。 とつげきチョッキを持たせて特殊アタッカーにも対応したい、こおり技のケアをしたい場合は「あついしぼう」を選択しましょう。 耐久力を活かした戦い方が可能 タルップルはアップリューと比べてHPが110、防御や特防が80と耐久値が全体的に高めです。 てっぺき、のろいといった積み技は勿論の事、じゅくせいリサイクルややどりぎのタネ、ギガドレインなど回復手段も豊富で耐久力に優れています。 また、タルップルは防御値や防御ランクでダメージ計算する「ボディプレス」を覚えるので物理耐久を上げつつ上がった火力で、ナットレイやドリュウズを狩れます。 短所 こおり技に弱い タルップルはくさ・ドラゴンタイプなので、こおりタイプの 攻撃が4倍で入ってしまいます。 現環境では、ガラルヒヒダルマ、コオリッポ、パルシェンがこおりタイプ技をメインウェポンとして打ってくるので、対面した場合は他のポケモンに対応してもらいましょう。 先手を取りずらい タルップルは素早さ値が30と低めなので、先にてっぺきを打ってダメージを減らすという動きができません。 先手で積み技を打ちたかったり、火力技を放ちたい方は素早さが逆転するトリックルームパーティーで運用するのをおすすめします。 火力は低め タルップルは攻撃も特攻撃80程しかないのでそこまで火力は出ません。 のろいやりゅうのまいを積んだり、きのみでのステータス上昇を狙わない場合は耐久しつつ地道に減らしていく必要があります。 初ターンで相手の物理攻撃を受けつつ「 てっぺき」を積んで防御値を上げつつ、じゅくせいきのみで回復し、次のターンでは防御値でダメージ計算をおこなうボディプレスで相手にプレッシャーを与えるのが基本的な動きになります。 体力が減ってきたら リサイクルできのみを食べて回復できるので、耐久力は抜群です。 現環境で多く採用されている、ナットレイやドリュウズ、ミミッキュといった物理アタッカーとも渡り合えるポテンシャルを秘めています。 受けきれるか不安なポケモンと対面した場合は、ダイマックスからの ダイスチル連発で防御ランクを上げてからスタートするのも手です。 技構成.

次の

【剣盾】【議論】タルップル弱すぎない?←痒いところに手が届かないんだぞwww

剣盾タルップル

タルップル りんごじるポケモン ガラルNo. 207 ヨロイ島No. 021 ぜんこくNo. 842 高さ 0. 4m 重さ• 0kg• けたぐり威力40 タイプ• 英語名• Appletun タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 通常より早く、HPが最大HPの半分以下になると『きのみ』を使う。 進化・タマゴで入手• 野生のタルップルを捕まえる• 道具を持っている場合は失敗する。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 道具を持っている場合は失敗する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 自分と味方の状態異常を回復する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

剣盾タルップル

耳が垂れているように見えるがこれは で、リンゴのヘルメットらしきものを被っているのでその影響で垂れてしまったものと思われる。 このヘルメットは別に肉体にくっついているわけではないので、ボールから出た瞬間や攻撃を受けた瞬間など大きな動きをすると一時的に脱げる。 動画やスクショにして一時停止にしないと殆どその瞬間は見えないが、本来目のあるであろう部分になにもないのでパット見のっぺらぼうに見えて中々に異質。 人によってはデザインに見え、かわいらしい印象を持っただろうか。 耳の如きペラペラの目は一応自力で立ち上げることができるのでダメージを受けたときや攻撃の瞬間にはちゃんと相手を見ている。 とはいえ普段は垂れているので結局ほとんど自分のほっぺたか地面しか見えないのでは…。 甘いを食べて進化したからか全身が甘い蜜に覆われており、その匂いで獲物のむしポケモンを誘き寄せる。 また、フルーツモチーフポケモン恒例の可食部が存在し、リンゴタルトのような背中の皮がそれ。 昔は子供達のおやつとして食されていたようで、ポピュラーな食材だったようである。 因みに、進化しても高さは 0. 4mと結構小さめ。 体重13. 0kgも太っちょであることを考えるとまだ現実的な重さ。 しかし元のカジッチュやアップリューの体重を考えると破格の質量を誇る。 あちらが軽すぎるのか、こちらが重すぎるのか・・・。 まぁ軽いor重いという話題は今更彼らに限った話ではないのだが。 モチーフは恐らくに次いでだと思われる。 ちなみに、とに知恵の実=リンゴを食べるようそそのかした蛇はと言われており、タラスクはその息子だと伝承されている。 ゲームにおける性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 タルップル 110 85 80 100 80 30 485 アップリュー 70 110 80 95 60 70 485 相方のアップリューと比べると、こちらは素早さを犠牲にHPと特攻を中心とした耐久寄りの配分となっている。 半減できるタイプも草、水、電気、地面(あついしぼうなら炎も)とかなり優秀なので耐久型ポケモンとして申し分無い。 新特性の 『』はや耐久を上げるアッキ・タラプのみなどの効果を2倍にしてくれるため、これまた長期戦と相性が良い。 「」や「」もしっかり覚えてくれる。 攻撃面では、専用技 「」が相手の特防を必ず下げる優秀な追加効果を持つ。 他は「」や「」「」などそれなりに揃っているが、サブウェポンは最低限のノーマル技しかない。 一方で物理技は「」や「」「」などがあり、役割破壊としては十分。 攻撃もそこそこある為、両刀も視野に入る。 kg りんごじるポケモン・タルップルがキョダイマックスした姿。 巨大化したカジッチュのような外見をしており、アップリューの物と姿形は全く同じ。 キョダイマックスのパワーが蜜を増量させた結果、この様な形態に変貌した。 体内に満ちる甘い蜜の粘度はさらに高くなり、受けたダメージを吸収してしまう程。 このべたべたの粘液を大量に噴射して浴びせかける事で、相手をべたつかせて動けなくし、そのまま窒息させてしまうという。 このタルップルが放つくさタイプの技は『 キョダイカンロ』に変化する。 ダメージを与えるだけでなく、味方全体の状態異常を回復する効果を持つ。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の