バリオス 2。 バリオス

ZR250A/B(ZR250A/B) 2007年式 バリオス2の諸元・スペック情報

バリオス 2

1991年4月にバリオスが新登場。 型式は、ZR250A カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。 最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。 ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。 1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。 1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。 エンジンの出力が43psから40psに変更。 1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 ハザードランプが追加されるなどした。 1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 メーターに燃料計が追加された。 1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。 赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。 翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。 1997年2月にバリオス2が新登場。 型式は、ZR250B バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。 バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。 この変更で外観のトラッドさがより強調。 新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。 1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。 2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。 型式は、BA-ZR250B 平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。 2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。 イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。 2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。 マルチリフレクターヘッドランプを採用。 2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。 自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。 ここでは、 1996年3月発売のカワサキ バリオス ZR250A と 1997年2月発売のカワサキ バリオス2 ZR250B の違いを比較しました。 1 33. 1 圧縮比(:1) 12. 2 12. 2 最高出力(PS) 40 40 最高出力回転数(rpm) 15000 15000 最大トルク(kgf・m) 2. 4 2. 6 2. 6 エンジンオイル量(オイル交換時) L 2. 1 2. 1 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 2. 55 2. 55 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-40 ドレンボルトサイズ(呼び径) 12 12 クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速 1次減速比 3. 291 3. 291 2次減速比 3. 428 3. 428 変速比 1速 2. 8920 1速 2. フロントスプロケットを27mmナット1本で留めてるので交換の時、かなり力が要る。 エーインパクトが必要。 リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの外側。 リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの内側。 タンデムステップがステップと別れてる。 タンデムステップがステップと一体。 - キャブレターにスロットルセンサーが付いて、点火時期ができ低回転域が改良。 - 排気ガス規制のため第2次エアー装置がある。 (社外マフラーに交換すると、アフターファイヤーが出る時がある) バリオスとバリオス2の中古車価格と買取相場• 口コミ・インプレ.

次の

カワサキ・バリオス

バリオス 2

1991年4月にバリオスが新登場。 型式は、ZR250A カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。 最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。 ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。 1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。 1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。 エンジンの出力が43psから40psに変更。 1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 ハザードランプが追加されるなどした。 1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 メーターに燃料計が追加された。 1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。 赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。 翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。 1997年2月にバリオス2が新登場。 型式は、ZR250B バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。 バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。 この変更で外観のトラッドさがより強調。 新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。 1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。 2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。 型式は、BA-ZR250B 平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。 2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。 イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。 2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。 マルチリフレクターヘッドランプを採用。 2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。 自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。 ホンダ ホーネットの歴史 1996年2月20日にホンダ ホーネットが新発売。 型式は、MC31 車体色は、3色 ブラック、ブーンシルバーメタリック、キャンディブレイジングレッド の設定。 1998年9月30日にマイナーチェンジ。 燃料タンクのロゴマークを変更。 ステップガードの色を赤に変更。 車体色は、2色。 キャンディタヒチアンブルーのホイール色は、ホワイト。 フォースシルバーメタリックのホイール色は、艶消しブラック。 1999年12月7日にマイナーチェンジ。 型式は、BA-MC31 エアインジェクションシステムと排気管集合部の酸化触媒などを採用し、排出ガス規制に適合。 新たにスロットルセンサーと中空二重構造の排気管を採用し、中・低回転域で力強い出力特性となり、高回転域でもスムーズで爽快な走りを実現。 キャブレター型式がVP03からVP05型4基へ変更。 ハザードランプと燃料計を追加。 車体色は、2色 キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック の設定。 2000年12月21日にカラーオーダープランを採用。 燃料タンクのマークのデザインを変更し、サイドカバーにHONDAロゴマークを採用。 新たに「カラーオーダープラン」を採用。 燃料タンク、フロントフェンダー、シートカウルのセットが7色、前・後ホイールセットが4色から選択でき全28タイプから選べる。 標準色は、2色 フォースシルバーメタリック、キャンディフェニックスブルー の設定。 2003年3月19日にマイナーチェンジ。 シート形状の見直しとサスのセッティング変更などでシート高が15mm低い745mmになった。 燃料タンクのHONDAロゴをウイングマークを基調としたマークに変更。 角型バックミラーへ変更。 グリップエンドにメッキを施した。 車体色は、標準色が2色 キャンディブレイジングレッド 、キャンディタヒチアンブルー。 カラーオーダープランは、ボディ7色、ホイール3色の合計で21タイプ。 2005年11月28日にマイナーチェンジ。 マルチリフレクターヘッドライトを採用。 シート表皮を前部と後部で異なったパターンに変更。 メーターパネルの発光色をブルーに変更。 フレームとフロントフォークとグラブバーとタンクキャップをマットグレーに、リヤサススプリングとスパークプラグキャップをレッドにした。 車体色は、標準色が2色 キャンディフェニックスブルー、ブラック。 カラーオーダープランは、ボディ6色、ホイール2色で12タイプ。 2005年12月24日にホーネット・デラックスタイプを発売。 デラックスタイプは、ツートーンカラーを採用。 車体色は、2色 キャンディブレイジングレッドxブラック、パールフラッシュイエローxブラック。 前後ホイールの側面にストライプを施し、ブラックの前後ブレーキキャリパーの採用。 2006年12月26日にホーネットとホーネット・デラックスをカラーチェンジ。 ホーネットの車体色は、2色 パールサンビームホワイトとパールコスミックブラック でホイールにそれぞれ車体色と同系色のホワイトとブラックを採用。 ホーネット・デラックスの車体色は、ツートーンの2色 グリントウェーブブルーメタリック、デジタルシルバーメタリック。 タンクとリアカウル上面にそれぞれ車体色と同色を採用。 下面は、共通のグラファイトブラック。 2007年12月に生産終了を発表。 ここでは、 2007年3月発売のカワサキ バリオス2 BA-ZR250B と 2006年12月26日発売のホンダ ホーネット BA-MC31 の違いを比較しました。 5 49 行程(ピストンストローク) mm 33. 8 33. 1 圧縮比(:1) 11. 5 12. 2 最高出力(kW) 29 29 最高出力(PS) 40 40 最高出力回転数(rpm) 14000 14000 最大トルク(N・m) 24 20 最大トルク(kgf・m) 2. 4 2. 7 2. 6 エンジンオイル量(オイル交換時) L 2. 2 2. 1 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 2. 4 2. 55 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 10W- 40 クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速 1次減速比 2. 966 3. 291 2次減速比 3. 214 3. 428 変速比 1速 2. 9650 1速 2. 8920 動力伝達方式 チェーン チェーン スプロケット歯数・前 14 14 スプロケット歯数・後 45 48 チェーンサイズ 520 520 標準チェーンリンク数 110 112 フレーム型式 ダイヤモンド ダブルクレードル キャスター角 25. 5 3 ホイールリム形状(後) MT MT ホイールリム幅(後) 5. 5 4 ヘッドライトタイプ(Hi) H4 H4 メーカー小売価格 567,000円 544,950円 バリオスとホーネットの比較の口コミ.

次の

カワサキ・バリオス

バリオス 2

同社のレーサーレプリカ「」由来のを中低速重視にリセッティングしシリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更して搭載。 最高回転数は19000rpm(I型,II型前期 A1-A6,B1-B2 、II型後期 B4-B7F からは18000rpm)で非常に甲高い排気音が特徴。 一部のバイクユーザーからはこの音をF1サウンドと呼び親しまれている。 高回転域の優れた加速性能で400ccにも劣らないトルクを持ち、最高出力45(15000rpm を発揮する(のA3からは新馬力規制により40psへ変更)250ccとしては現代の同クラスよりも走りを重視したハードな乗り味だが、ネイキッドで軽量な車体と高いハンドルポジション、またシート高は低く作られているためオートバイ初心者や女性にも扱いやすくなっている。 足回りにはモノショック式リアと大径を採用。 マイナーチェンジによりスイッチ、燃料計等を搭載した。 年毎にカラーリング変更などを行いながら販売を継続され、4月、2本ショック式リアサスペンションを採用した バリオスII へフルモデルチェンジ。 ポジションセンサー付きのを新たに採用し、エンジンレスポンスを向上させた。 なお同車はからまで、同じオートバイメーカーのへ供給され、250ccネイキッドの後継モデルとして、 GSX250FXの名称で販売されていた。 長い間人気のあるモデルであったが、の強化により8月末をもって生産終了となった。 外部リンク [ ]•

次の