アベル & アテネ イラスト。 アベル(FE)

アベル(FE)

アベル & アテネ イラスト

創世記の記述 [ ] カインとアベルは、アダムとイヴがを追われた()後に生まれた兄弟である。 カインは農耕を行い、アベルは羊をするようになった。 ある日2人は各々の収穫物をに捧げる。 カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物に目を留めカインの供物は無視した。 これを恨んだカインはその後、野原にアベルを誘い殺害する。 その後、ヤハウェにアベルの行方を問われたカインは「知りません。 私は弟の監視者なのですか?」と答えた。 これが人間のついた最初のとしている。 しかし、大地に流されたアベルの血はヤハウェに向かって彼の死を訴えた。 カインはこの罪により、エデンの東にあるに追放されたという。 この時ヤハウェは、もはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えた。 また、追放された土地の者たちに殺されることを恐れたカインに対し、ヤハウェは彼を殺す者には七倍の復讐があることを伝え、カインには誰にも殺されないための ()をしたという。 カインは息子をもうけ、ノドの地で作った街にもエノクの名をつけた。 アベルの死後、ヤハウェは、アダムとイヴに、アベルの代わりとして、を授けた。 セトはアベルの生まれ変わりとも解釈される。 ヨベル書・エノク書での記述 [ ] およびエリトリア正教テフワド教会の聖典『』(他の教会ではとされる)によれば、カインは第2ヨベル第3年週にアダムの妻から長男として生まれた。 妻は同ヨベルの第5年週に生まれた妹のである。 同じくエチオピア正教等の聖典『』第22章には、冥界を訪れたエノクが大天使の案内で死者の魂の集められる洞窟を目撃した事が記されている。 それによると、アベルの霊はその時代になってもなお天に向かってカインを訴え続けており、カインの子孫が地上から絶える日まで叫び続けるという。 子孫 [ ] アベルの死を嘆くアダムとイヴ(画) カインの子孫であるは「青銅や鉄で道具を作る者」と『創世記』第4章に記されている。 また、トバルカインの異母兄弟であるは遊牧民、は演奏家の祖となった。 さらに彼らの父であるは戦士だったらしく「わたしは受ける傷のために人を殺し、受ける打ち傷のために、わたしは若者を殺す。 カインのための復讐が七倍ならば、レメクのための復讐は七十七倍」と豪語している(『創世記』第4章22節)。 の『タンフマ・ベレシード』では、カインに付けられた印をと解釈し、盲目となったレメクが息子の補助を受けて狩りをしている時に、たまたま現れたカインを角の生えた動物と間違えて誤殺したと伝えている。 『創世記』内では前述のレメクの尊大な言い方がある程度で、カインの子孫は邪悪と明記している部位は特にないが、1世紀頃のユダヤ人たちからは「カインの子孫は悪徳や腐敗を重ねた連中達だった」とされ、このため大洪水で滅ぼされる対象になったのだとされた。 『』に登場する巨人はカインの末裔とされている。 後世への影響 [ ] 親の愛をめぐって生じた兄弟間の心の葛藤等を指すは、この神話から名付けられたものである。 小説および映画『』のほか、のホラー小説『』ではカインとアベルが重要なファクターとして登場するなど、この二人の物語を題材にした作品も多い。 カインとアベルは兄弟の代名詞でもあり、「運命的な兄弟」を暗示させる言葉として下記作品のタイトルにも使用されている。 - の小説。 - の小説、及びそれを原作とするテレビドラマ。 - ホラー映画。 - 2016年10月〜系「」放送枠の。 類似の神話 [ ] 「カインとアベル」の説話に先行するものとして、シュメール神話の「ドゥムジ()神とエンキムドゥ()神」が存在する。 女神「」の花婿選びにおいて、牧畜神「ドゥムジ(タンムーズ)」と農耕神「エンキムドゥ(エンキドゥ)」の二柱の夫候補がおり、イナンナは美男のエンキムドゥ(エンキドゥ)の方を気に入っていたが、エンキムドゥ(エンキドゥ)は辞退し、花婿の座をドゥムジ(タンムーズ)に譲ってしまう。 こうしてイナンナの夫にドゥムジ(タンムーズ)が選ばれたのである。 出典 [ ] []• 『旧約聖書ものがたり』日本キリスト教団出版局、2012年、19頁。 デイヴィッド・ゴールドスタイン 『ユダヤの神話・伝説』 秦剛平訳 青土社 2014年 第4刷 pp. 91-92. フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌1 旧約時代編[I][II][III][IV]』株式会社筑摩書房、1999年、、P41・45。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

アベル(FE)

アベル & アテネ イラスト

マインクラフト実況を得意とするアベル、色々と知られていないところが多く年収や実況の仕方などを色々な角度から掘り下げて行く。 アベルのプロフィール(プロフィール・住所・性別は解らない) プロフィール 本名 非公表 生年月日 非公表 年齢 非公表 住所 アベルを調べるときなぜか住所も一緒に検索されているようであるが、実際特定されるようなツイートや発言はない。 ひょっとしたら日本に住んでおらず、海外から実況している可能性や日本に住んでいるが何処に在住とかのイメージが付くと正直想像が広がることを避けている節がある。 性別は解らない 当然アベルの性別は解らない、キャラクターは男の子であるが、実質女の人が一人で実況とプレーを熟している可能性もあるし、男性がプレイしている可能性も否定は出来ない。 性別をぼやかすことでキャラクターに集中して欲しいということなんだろう。 確かに、キャラクターは可愛いけど性別や実況者の性別がバレると、別の部分の詮索が始まるから今のままで良いのかもしれない。 今後もこのスタンスは崩れることは無いと思う。 アベルの年収(年収算出してみた?・世間の職業と同じ年収なの?・今後の予想?) 年収算出してみた? ユーチューバーとしてスタートしたのは、2014年12月19日今までの総再生回数は135,820,026回今まで稼ぎ出した金額は13,582,003円(再生単価0. 1)今までの運営機関が39ヶ月一ヶ月当たり348,256円である。 再生回数の割には1ヶ月当たりの金額は安く、年収にすると4,179,072円。 世間の職業と同じ年収なの? サラリーマンの若手と同じ位の年収であり、まあ上司に怒られながら耐えて仕事を覚え出世をして年収を年収を上げていくのかそれとも、ユーチューバーのようにコンテンツを1から考えて動画をアップしてやっていくのかどちらが精神的に楽か? 個人的には上司がいてサラリーマン的な仕事をした方が、良いような気がする。 そのような仕事を経験した上でユーチューバーになるのなら問題は無いと思う。 なぜならそのような社会経験があるなら何かをやる取るときにも選択肢が広がるはずだ。 世間と同じ年収なのかという考え方で言うと、年収417万円稼ごうと思ったらよほどの優良企業に入らないと無理である。 そうでないと給与は安いのでアベルの年収に勝てる確率は低い。 今後の予想? 今後も今の投稿スピードを保っておけば再生回数を稼ぐ事が出来るだろう、今後飽きられてしまったりしないように努力をしていけば再生回数を稼いでいけるだろう。 よほど飽きられない限り今の勢いはキープ出来ると思う。

次の

アベル(FE)

アベル & アテネ イラスト

創世記の記述 [ ] カインとアベルは、アダムとイヴがを追われた()後に生まれた兄弟である。 カインは農耕を行い、アベルは羊をするようになった。 ある日2人は各々の収穫物をに捧げる。 カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物に目を留めカインの供物は無視した。 これを恨んだカインはその後、野原にアベルを誘い殺害する。 その後、ヤハウェにアベルの行方を問われたカインは「知りません。 私は弟の監視者なのですか?」と答えた。 これが人間のついた最初のとしている。 しかし、大地に流されたアベルの血はヤハウェに向かって彼の死を訴えた。 カインはこの罪により、エデンの東にあるに追放されたという。 この時ヤハウェは、もはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えた。 また、追放された土地の者たちに殺されることを恐れたカインに対し、ヤハウェは彼を殺す者には七倍の復讐があることを伝え、カインには誰にも殺されないための ()をしたという。 カインは息子をもうけ、ノドの地で作った街にもエノクの名をつけた。 アベルの死後、ヤハウェは、アダムとイヴに、アベルの代わりとして、を授けた。 セトはアベルの生まれ変わりとも解釈される。 ヨベル書・エノク書での記述 [ ] およびエリトリア正教テフワド教会の聖典『』(他の教会ではとされる)によれば、カインは第2ヨベル第3年週にアダムの妻から長男として生まれた。 妻は同ヨベルの第5年週に生まれた妹のである。 同じくエチオピア正教等の聖典『』第22章には、冥界を訪れたエノクが大天使の案内で死者の魂の集められる洞窟を目撃した事が記されている。 それによると、アベルの霊はその時代になってもなお天に向かってカインを訴え続けており、カインの子孫が地上から絶える日まで叫び続けるという。 子孫 [ ] アベルの死を嘆くアダムとイヴ(画) カインの子孫であるは「青銅や鉄で道具を作る者」と『創世記』第4章に記されている。 また、トバルカインの異母兄弟であるは遊牧民、は演奏家の祖となった。 さらに彼らの父であるは戦士だったらしく「わたしは受ける傷のために人を殺し、受ける打ち傷のために、わたしは若者を殺す。 カインのための復讐が七倍ならば、レメクのための復讐は七十七倍」と豪語している(『創世記』第4章22節)。 の『タンフマ・ベレシード』では、カインに付けられた印をと解釈し、盲目となったレメクが息子の補助を受けて狩りをしている時に、たまたま現れたカインを角の生えた動物と間違えて誤殺したと伝えている。 『創世記』内では前述のレメクの尊大な言い方がある程度で、カインの子孫は邪悪と明記している部位は特にないが、1世紀頃のユダヤ人たちからは「カインの子孫は悪徳や腐敗を重ねた連中達だった」とされ、このため大洪水で滅ぼされる対象になったのだとされた。 『』に登場する巨人はカインの末裔とされている。 後世への影響 [ ] 親の愛をめぐって生じた兄弟間の心の葛藤等を指すは、この神話から名付けられたものである。 小説および映画『』のほか、のホラー小説『』ではカインとアベルが重要なファクターとして登場するなど、この二人の物語を題材にした作品も多い。 カインとアベルは兄弟の代名詞でもあり、「運命的な兄弟」を暗示させる言葉として下記作品のタイトルにも使用されている。 - の小説。 - の小説、及びそれを原作とするテレビドラマ。 - ホラー映画。 - 2016年10月〜系「」放送枠の。 類似の神話 [ ] 「カインとアベル」の説話に先行するものとして、シュメール神話の「ドゥムジ()神とエンキムドゥ()神」が存在する。 女神「」の花婿選びにおいて、牧畜神「ドゥムジ(タンムーズ)」と農耕神「エンキムドゥ(エンキドゥ)」の二柱の夫候補がおり、イナンナは美男のエンキムドゥ(エンキドゥ)の方を気に入っていたが、エンキムドゥ(エンキドゥ)は辞退し、花婿の座をドゥムジ(タンムーズ)に譲ってしまう。 こうしてイナンナの夫にドゥムジ(タンムーズ)が選ばれたのである。 出典 [ ] []• 『旧約聖書ものがたり』日本キリスト教団出版局、2012年、19頁。 デイヴィッド・ゴールドスタイン 『ユダヤの神話・伝説』 秦剛平訳 青土社 2014年 第4刷 pp. 91-92. フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌1 旧約時代編[I][II][III][IV]』株式会社筑摩書房、1999年、、P41・45。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の