消毒 液 の 作り方 エタノール。 アルコール消毒の濃度はどれくらい?作り方や使い方も徹底解説!

アルコール消毒の濃度はどれくらい?作り方や使い方も徹底解説!

消毒 液 の 作り方 エタノール

エタノールや無水エタノールとは? 手の消毒液の作り方を紹介する前に、「エタノール」や「無水エタノール」を理解しておく必要があります。 どちらも薬局やドラッグストアに売っているものです。 普段の生活で馴染みがないもののため、詳細を理解しておきましょう。 エタノール・無水エタノールはアルコール エタノール、無水エタノール、どちらもアルコールの一種です。 エチルアルコールとも呼ばれています。 使用ニーズとしては、電子機器の拭き掃除があります。 自作パソコンを持っている方なら、家庭にエタノールまたは無水エタノールがあるはずです。 エタノールや無水エタノールが薬局に売られているのは、希釈すると消毒液として使えるためです。 通常、手を消毒する場合は、手ピカジェルなど専用のものを使います。 お店に手ピカジェルがない場合は、エタノールまた無水エタノールで代用できます。 エタノールと無水エタノールは濃度の違い エタノール、無水エタノールの違いは、アルコール濃度の違いだけです。 「無水」と名前が付いているように、無水エタノールは水を加えていません。 無水エタノールのアルコール濃度は、99. 一方でエタノールのアルコール濃度は、76. 9~81. 精密機器の清掃には無水エタノールが適しているのですが、手の消毒にはエタノールが向いています。 アルコール濃度が高すぎると、揮発性が高いため、水で薄めたものを消毒液として使うためです。 エタノールを使った手の消毒液の作り方 今回は、エタノールを使った消毒液の作り方です。 無水エタノールを使いたい場合は、アルコール濃度を調節しましょう。 調節の仕方は後で説明します。 消毒液の材料 手の消毒薬を作る材料は• エタノール• 精製水 のみです。 別途あるといいのは、抗菌に使える精油です。 香りを付けたい方はティーツリーなどを用意してください。 エタノール・精製水、どちらも薬局や薬店で買えます。 精製水を買うのが面倒なときは、水道水でも代用が可能です。 ただし水道水は不純物が混じっているため、劣化しやすいです。 長期保管したいときは、精製水を使ってください。 精製水とは、水道水やミネラルウォーターからミネラルや細菌などを取り除いたものです。 スーパーに設置されている純水と似たものですが、お店にあるものは雑菌が入りやすいため、厳密には精製水とは違います。 エタノールが薬局やドラッグストアで見つからないときは、ネットショップの利用がおすすめです。 手作りコスメ材料サイトなどで、少量のエタノールや無水エタノールを販売していることがあります。 リンク: エタノールを使った作り方 エタノールの消毒液の作り方は、消毒液で薄めるだけです。 消毒液として使えるのは、アルコール濃度70%~80%前後のときです。 アルコールの濃度が高すぎると、揮発するのがはやく、しっかり除菌できません。 無水エタノール・・・80ml• 精製水で薄めて合計100ml 合計で100mlとしているのは、エタノールと精製水を混ぜると量が変わるためです。 100mlの容器に、83mlのエタノールを入れてから、精製水を加えて合計100mlに調節しましょう。 厳密に作るのが面倒なときは、精製水をやや多めにするのがおすすめです。 エタノールや無水エタノールは、水と混ざると収縮し量が少なくなります。 計量カップで作るときは、先にエタノール83ml測ります。 エタノールに精製水を加えるときは、約17mlです。 やや多めに測ると、合計で100mlになります。 量が多少変わってもアルコール濃度が大幅に変わるわけではないため、だいたいの量でOKです。 エタノール、精製水を混ぜ合わせたら、精油を好みで加えます。 香りを付ける程度なので、数滴でも十分香りますよ。 できあがった消毒液は、手に塗り広げて使います。 消毒液は少し多めかな?と思うくらいたっぷりの量を手に付けて、指の間にもよくすりこんでください。 アルコールが高濃度で入っているため、取扱いに注意してください。 詳しい取扱い方は、日本薬局方や健栄製薬に掲載されている注意事項を確認しましょう。 リンク: リンク: 引火しやすい場所で作業しない、粘膜に使用しない、小さな子どもがいる家庭は保管場所に注意するなどの注意点です。 アルコールで手を除菌できる仕組みとは? エタノールを使った消毒液は、なぜ除菌できるのか気になりますよね。 菌を減らす働きがあるからこそ、消毒液として使うことができます。 エタノールが菌を減らす 消毒液は、手に付着した菌を減らす意味があります。 手に付着していると、手で口や目などに触れて、菌が体内に入り込んでしまうため注意が必要です。 濃度の濃いお酒に除菌効果はなし 濃度の高いお酒でも消毒液として使えるように思いますが、エタノールの濃度が高くなく、消毒液としては使えません。 消毒液の代用になるもの 消毒液がお店で手に入りにくい場合は、代用できるものを購入しましょう。 いろいろな方法を組み合わせることで、対策できます。 石鹸で手を洗う 基本の予防策は、石鹸での手洗いです。 石鹸に含まれる界面活性剤でも、同じような効果が期待できます。 エタノールの消毒液だけでは万全ではなく、手洗いしてからでないと意味がありません。 2つを併用して効果が高まります。 消毒液がなければ、石鹸での手洗いだけでもいいでしょう。 次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液 エタノールの消毒液の代わりとして使えるのが、次亜塩素酸ナトリウムです。 いわゆるキッチンハイターと呼ばれるものです。 石鹸、エタノールと同様に、たんぱく質を分解するために使います。 キッチンハイターを水で薄めたら、ドアノブや子どものおもちゃなどを拭き取ります。 物限定です。 家庭で消毒液を使うときの注意点 家庭で消毒液を使うときは、手荒れに注意しましょう。 肌が弱い方や、小さな子どもがいる家庭では、肌に優しいものを使いたいですよね。 アルコールは手荒れしやすいため注意が必要 エタノールの消毒液は、何度も繰り返し使うと、手荒れしやすいです。 手にあるたんぱく質まで分解してしまうためです。 手荒れしやすい方は、基本は石鹸での手洗いに留めましょう。 1日1回など回数を少なくして、エタノールの消毒液を使えば、手荒れは気にならないと思います。 次亜塩素酸ナトリウムの消毒液は手に使えない 次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液は、手に使うことができません。 手荒れしやすいため、物を拭き取るときに使ってください。 スプレー容器はアルコール対応のものを用意する エタノールの消毒液を容器に移し替えるときは、アルコール対応のスプレーを選びます。 100均で売っているスプレー容器でも、アルコール対応のものはあります。 どれがいいのか迷ったら、ガラス容器がおすすめです。 ガラスの容器であれば、容器の変質を防げます。 まとめ エタノールや無水エタノールは、腐るものではないため、家庭に1本常備しておくといいですよ。 お店で売り切れのときは、焦らず入荷を待つか、ネットで探してみてください。 消毒方法は、石鹸で洗うやり方もあります。 神経質になりすぎず、家庭で対策してみましょう。

次の

無水エタノールは消毒に使える?消毒液の作り方と使い方は?

消毒 液 の 作り方 エタノール

Contents• 無水エタノール消毒液の作る準備 いろいろ調べてみましたが、薬局系の公式サイトで紹介されている方法を参考にして作りました。 コロナウイルスに有効な消毒液として、手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(80%)が推奨されています。 とのことです。 無水エタノール消毒液の入れ物容器 消毒液を入れる容器を用意する まず、最初に容器を用意します。 間違った容器に消毒液を入れると溶けてくる可能性があるため注意が必要です。 使ってはいけない材質の容器 ・ポリエチレンフタレート(PET) ・ポリスチレン(PS) 使っても良い材質の容器 ・ポリエチレン(PE) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリ塩化ビニル(PVC) このアルコール対応容器はホームセンターなどで手に入ります。 余談ですが、ウチの場合この消毒液を保存する容器は以前、洗濯物の柔軟剤の香りに寄ってくるハチの駆除対策として作っていたハッカ水を入れている容器を流用したのですが。 嬉しい誤算で、ハッカ水の香りが少し残っていてスースーするとてもいい香りの消毒液になっています。 コレが良いのかどうかは不明ですが、けっこう気に入っています。 完全に香りが無くなってきたらまた、ハッカの香りを付けたいくらいです。 薬局に行って必要な材料を購入する 次に薬局で必要な消毒液などを買ってきます。 と言っても、たくさん買う必要はありません。 ・無水エタノール ・精製水 これだけです。 注意 無水エタノールとエタノールはエタノール濃度が違います。 ・無水エタノール・・・エタノール99. 1~96. 水はミネラルウォーターや水道水でもできますが、できればミネラルなど余分なものが入っていない純粋な精製水がおすすめです。 スポンサードリンク 無水エタノール消毒液の作り方 500ミリの消毒液を作るのに ・無水エタノール:400ml ・精製水:100ml 作る量はまちまちでしょうから 4:1 とおぼえておくと良いでしょう! 保存する容器に直接注いで混ぜるだけで完成! カンタンでしょ! エタノールで作る場合 ・エタノール:415ml ・精製水:85ml エタノールの場合のほうがアルコール濃度が低いので、少しエタノールの量が多目になるということですネ。 無水エタノール消毒液の使い方 正しい消毒液の使い方として 大切なのは 「手に擦り込むこと」なのです。 通常、手のひらにワンプッシュづつして足りそうですが 実は、消毒液を塗って擦り合わせている途中で乾いてしまうと効果が半減してしまうそうです。 ですので、手が完全に濡れてしまうまでスプレーして手のひらにはモチロン手の甲、指と指の間まで さらには手首まで丁寧に擦り込んでください。 無水エタノール消毒液の保存方法 無水エタノール消毒液を作るために開封した無水エタノールや精製水の保存方法や消費期限などをしらべてみました。 開封した無水エタノールの使用期限 揮発性の液体なので、ふたをしっかり閉めておきましょう。 開封した無水エタノールでも正しい保管方法を守っていれば基本的には開封前の使用期限の日付と同じです。 ボトルの説明では遮光して火気を避け室温で保存と書いてあるので、流し台の戸棚の中で保存しています。 開封した精製水の使用期限 開封したら冷蔵庫で保存しています。 精製水も通常、余分なものが入っていないので普通の水よりは腐りにくいはずですが、使用して容器の余った部分から雑菌が繁殖してくる可能性がありますので、できる限り早めに使い切ってしまうことをおすすめします。 無水エタノール消毒液の使用期限と保存方法 あくまで私個人の意見ですが、上記の使用期限などから考えても作って1週間以内には使い切りたいと考えています。 たとえば、500ミリの消毒液を作ったとして半分とか3つくらいのスプレーボトルに分け 家用、外出用とか家族にそれぞれ持たせるとかして、なるべく早く使い切ってしまうことを心がけています。 作った消毒液の保存方法は なるべく早く使い切ることを心がけているので、使いやすい場所に置いておくことを優先にしています。 室内であまり直射日光や暑くならない場所に置いてあります。 まとめ 今まで、普通に使っていたジェル状の消毒液とかが無くなって初めて当たり前が、当たり前じゃないありがたさに気付かされました。 我が家では使い捨てしています。 そして自宅で洗ったマスクを使う前に、自宅で作った無水エタノール消毒液をかけて乾かしてから使っています。 どこまで、清潔で大丈夫なのかはまったく不明なのですが、やらないよりはやったほうがマシなのではないか? 自分の身は自分で守る意識でやっています。 この記事は自分のやり方なので他の方におすすめできる方法ではありません。 無責任なようで申し訳ありませんが参考にされるのであれば、あくまで自己責任でやってみてくださいネ。 でも、一番たいせつなのはこまめな手洗いやうがいを実践することなのかもしれません。 人気記事ランキング• 252件のビュー• 228件のビュー• 219件のビュー• 143件のビュー• 135件のビュー• 104件のビュー• 73件のビュー• 72件のビュー• 67件のビュー• 54件のビュー• 最近のコメント• に 管理人 より• に ホオノキダ アツシ より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

無水エタノールは消毒に使える?消毒液の作り方と使い方は?

消毒 液 の 作り方 エタノール

こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。 新型コロナウィルス感染症の流行拡大をうけて、マスクだけでなく、アルコールの手の消毒液も品薄になっているようです。 「いつも使っていた手ピカジェルが売っていないから、自分でつくろうかな」 勤務先の薬局の患者さんや友人から、こんな声がちらほら。 だけど、 「アルコール除菌スプレーってどうやって手作りすればいいの?」 疑問に思いませんか? 薬局やホームセンターにいくと、いろいろな種類のエタノールが売っていて何を買えばいいか迷いますよね。 手の消毒液は、エタノールの種類と濃度に注意するだけで簡単に作ることができます。 消毒用エタノールがない時に、手の消毒液をエタノールを使って手作りする方法について、詳しくお話ししていきますね! 目次• 手の消毒液の作り方、エタノールの種類と濃度に注意してつくろう 手の消毒や除菌に使えるアルコール濃度とは? インフルエンザウイルスなどの手の消毒には、主にアルコール(エタノール)が使われます。 注意してほしいのが、 アルコール濃度で、殺菌効果に違いが出るということです。 市販されているエタノールのうち、 無水エタノールはアルコール濃度は高いのですが、消毒効果はかえって低くなります。 最も消毒効果が高い濃度。 皮膚や物の殺菌や消毒に使います。 例えば、大手メーカー健栄製薬の消毒用エタノールは、エタノール76. 9~81. 酒税法の関係 飲用不可能となり免税されます で、値段が安くなります。 ただし、IP 独特のにおいがあります。 消毒効果は同じですが、直接体につくのは嫌なので、私は掃除用に使っています。 マスクをしたいけど家の在庫もなくなってしまった・・・という方は、 で詳しくマスクの作り方を解説しているので、家にあるハンカチとゴムで作ってみてくださいね! 消毒用エタノールがない時の手の消毒液、アルコール除菌スプレーの作り方 消毒用エタノールがあれば、そのまま使えばいいのですが、 ない場合には、エタノールと精製水を使ってつくることができます。 消毒用として使う場合は、エタノールの濃度が大事でしたよね。 市販の消毒用エタノールの濃度は約80%です。 (一般的に、エタノール濃度が60-90%がよいとされています。 ) これと同じエタノール濃度の消毒液をつくっていきます! 手の消毒液を手作りする材料 2020年3月現在、消毒用エタノールだけでなく、無水エタノールも品薄のようです。 ・無水エタノール.

次の