ディープフェイク動画えろ。 “上司なりすまし”被害も 深刻化する偽動画「ディープフェイク」の脅威 (1/4ページ)

ディープフェイク動画、大半はポルノだが政治家も標的に 昨年末から倍増 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ディープフェイク動画えろ

4 偽物を見分ける技術が進化 そこでディープフェイクへの対策も見られるようになった。 例えば、Redditは、ディープフェイクの動画を投稿禁止にした。 さらにディープフェイクの動画がアップされた米大手ポルノサイト「Pornhub」やTwitterも、同様の動画を禁止にすると発表した。 また米映画俳優組合も懸念を表明し、米議会議員たちもその危険性に警鐘を鳴らし始めている。 さらなる対策に動き出そうとしている人たちもいる。 米国では今、研究者たちがすでにこのテクノロジーの研究を始めている。 その目的は、フェイク動画をフェイクであると的確に見分けるための技術を開発するためだ。 さもないと真実とフェイクの境界がこれまでになく曖昧になってしまうからだ。 例えばドイツのミュンヘン工科大学では、自ら偽の映像を作ることで、本物と偽物の動画を識別する技術の研究を進めている。 そこで登場するフェイク動画も、そのクオリティーの高さに驚かされる(からその動画を見ることができる)。 この研究では、「ディープフェイク」動画を自分たちで作り、オリジナルの映像と合わせて大量のフェイク動画データをコンピュータに蓄積し、ディープラーニングさせてアルゴリズムで本物と偽物を識別できるようにするという。 将来的には、Webブラウザのプラグインなどとしてこの技術を活用する方針だ。 またDARPA(米国防高等研究事業局)はすでに、「メディア・フォレンジック(MediFor)」というプログラムで、世界中から技術者を集め、自動的に動画や静止画などが本物か、作られたものかを判断する技術の開発を進めている。 まだ日本では確認されていないこのディープフェイク。 今後、技術が今以上に進歩すれば、フェイク動画の問題は世界中で取り沙汰されることになるし、当然日本にも波及するだろう。 日本でも、今から対策に動き出した方がよさそうだ。

次の

“上司なりすまし”被害も 深刻化する偽動画「ディープフェイク」の脅威 (1/4ページ)

ディープフェイク動画えろ

4 偽物を見分ける技術が進化 そこでディープフェイクへの対策も見られるようになった。 例えば、Redditは、ディープフェイクの動画を投稿禁止にした。 さらにディープフェイクの動画がアップされた米大手ポルノサイト「Pornhub」やTwitterも、同様の動画を禁止にすると発表した。 また米映画俳優組合も懸念を表明し、米議会議員たちもその危険性に警鐘を鳴らし始めている。 さらなる対策に動き出そうとしている人たちもいる。 米国では今、研究者たちがすでにこのテクノロジーの研究を始めている。 その目的は、フェイク動画をフェイクであると的確に見分けるための技術を開発するためだ。 さもないと真実とフェイクの境界がこれまでになく曖昧になってしまうからだ。 例えばドイツのミュンヘン工科大学では、自ら偽の映像を作ることで、本物と偽物の動画を識別する技術の研究を進めている。 そこで登場するフェイク動画も、そのクオリティーの高さに驚かされる(からその動画を見ることができる)。 この研究では、「ディープフェイク」動画を自分たちで作り、オリジナルの映像と合わせて大量のフェイク動画データをコンピュータに蓄積し、ディープラーニングさせてアルゴリズムで本物と偽物を識別できるようにするという。 将来的には、Webブラウザのプラグインなどとしてこの技術を活用する方針だ。 またDARPA(米国防高等研究事業局)はすでに、「メディア・フォレンジック(MediFor)」というプログラムで、世界中から技術者を集め、自動的に動画や静止画などが本物か、作られたものかを判断する技術の開発を進めている。 まだ日本では確認されていないこのディープフェイク。 今後、技術が今以上に進歩すれば、フェイク動画の問題は世界中で取り沙汰されることになるし、当然日本にも波及するだろう。 日本でも、今から対策に動き出した方がよさそうだ。

次の

ディープフェイク動画、大半はポルノだが政治家も標的に 昨年末から倍増 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ディープフェイク動画えろ

4 偽物を見分ける技術が進化 そこでディープフェイクへの対策も見られるようになった。 例えば、Redditは、ディープフェイクの動画を投稿禁止にした。 さらにディープフェイクの動画がアップされた米大手ポルノサイト「Pornhub」やTwitterも、同様の動画を禁止にすると発表した。 また米映画俳優組合も懸念を表明し、米議会議員たちもその危険性に警鐘を鳴らし始めている。 さらなる対策に動き出そうとしている人たちもいる。 米国では今、研究者たちがすでにこのテクノロジーの研究を始めている。 その目的は、フェイク動画をフェイクであると的確に見分けるための技術を開発するためだ。 さもないと真実とフェイクの境界がこれまでになく曖昧になってしまうからだ。 例えばドイツのミュンヘン工科大学では、自ら偽の映像を作ることで、本物と偽物の動画を識別する技術の研究を進めている。 そこで登場するフェイク動画も、そのクオリティーの高さに驚かされる(からその動画を見ることができる)。 この研究では、「ディープフェイク」動画を自分たちで作り、オリジナルの映像と合わせて大量のフェイク動画データをコンピュータに蓄積し、ディープラーニングさせてアルゴリズムで本物と偽物を識別できるようにするという。 将来的には、Webブラウザのプラグインなどとしてこの技術を活用する方針だ。 またDARPA(米国防高等研究事業局)はすでに、「メディア・フォレンジック(MediFor)」というプログラムで、世界中から技術者を集め、自動的に動画や静止画などが本物か、作られたものかを判断する技術の開発を進めている。 まだ日本では確認されていないこのディープフェイク。 今後、技術が今以上に進歩すれば、フェイク動画の問題は世界中で取り沙汰されることになるし、当然日本にも波及するだろう。 日本でも、今から対策に動き出した方がよさそうだ。

次の