松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か。 【武断政治とは】わかりやすく解説!!文治政治になった理由&違い!

石田三成の長女(山田隼人正勝重の正室)

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

容貌が松平信康に似ていたからや、子供の頃から粗暴で家康から嫌われていたという話しはあります。 どこまで真実なのかは分かりせんが、松平忠輝は乱暴者であったのは間違いない様で家老達から松平忠輝は手に負えないと家康に直訴されていた様です。 この当時これは切腹覚悟の命を捨てる行為なのでよほど家老達は松平忠輝に手を焼いていた様です。 松平忠輝の石高加増が弟達よりも遅い理由として影響を及ぼした理由として娘婿の伊達政宗の存在が大きくあります。 虎視眈々と天下を狙い野心の塊の様な外様の伊達政宗が徳川家康の六男の娘婿の地位を利用して発言、影響力を増すのを徳川家康は快く思っていなかったのも松平忠輝が家康から遠ざけられた理由かと思います。 松平忠輝は大坂の陣で二代将軍秀忠の直臣を殺害、戦闘には消極的、朝廷に参内するのをすっぽかすなど他の兄弟たちと比べても著しく悪いです。 ちなみに高田城は娘婿の伊達政宗らに建てさせています。 これは天下普請と同じで伊達政宗の経済力を削ぐ意味合いもありました。 やはり徳川家康は先見の明があり松平忠輝の屈折した性格を見抜き大名の資格はないと判断していたのではないでしょうか。 ちにみに水戸の頼房は紀州頼宣と母親が同じの為に紀州頼房の分家扱いなので石高、家格も一段下なだけです。 これは家康がお家存続の為に長子相続制にも関係してくる事です。 また同じ例として越前松平忠直もいますが、こちらは大坂の陣で戦果を挙げていますがその後乱行、乱心三昧で家臣にも訴えられ、正室と嫡男も実家である徳川宗家、徳川秀忠の庇護下に入ります。 家康、秀忠共に身内に甘くすると他の大名に示しが付かない為に忠輝、忠直には厳罰をもってあたっています。 当時の大名は将軍の身内中の身内でも素行が悪いとクビになってしまう。 とさぞや恐れおののいたと同時に徳川幕府の私情を挟まない公平な処断に評価していたのではないでしょうか。 家康は、信康の母親で、家康の正室だった築山殿が関口氏で今川義元の妹の夫なので、家康は若いころ、今川家と関口家から色々と指図を受けて、嫌な思いをして、築山殿が死んだ(暗殺?)後は、名門の武家から側室をとらない事にしていました。 忠輝の正室五郎八(いろは)姫の父親は、伊達政宗で、政宗が、外戚という事で、家康や秀忠に色々口出ししてくることを嫌がっておりました。 家康は、この問題を政宗を倒すことで、解決しようとしましたが、秀忠は、大坂夏の陣の政宗配下の活躍を目の前で見ていた為に、家康の死後、自分の将軍の地位を一番脅かす忠輝を改易にして、政宗の従弟の最上氏を改易にすれば、政宗の天下への野望を削ぐことが出来て、何かあれば伊達家の兵力を動員できると考えていたのだと思います(まだまだ西国の大名がいた為、東国の大名を味方にしておきたかった)。 忠輝が初めて大名として取り立てられたのは 同母弟である 松千代 が夭逝し その遺領を受け継いでのこと。 つまり 同母弟である松千代の方が兄忠輝より早く大名になっていたんです。 そして弟が夭逝しなければ 忠輝はいつ大名となれたのか? 家康は 自分の子を好き嫌いで扱いにかなり差をつけていました。 次男である秀康が忌み嫌われたと言ってもよいほどの扱いを受けたことはよく知られています。 また後の御三家の祖と呼ばれる 義直、頼宣、頼房 の中でも 頼房は頼宣の付属品のような扱いをされ 水戸家は領地、石高の面で義直、頼宣より低くされた他 家康在世中は徳川姓を名乗ることを許されていませんでした。 さて 忠輝の話しに戻りますが 忠輝はその義直らの兄の兄になりますが 忠輝が川中島12万石の領主となったとき 弟である義直は甲斐25万石 頼宣は水戸25万石 を与えられていました。 同母弟の夭逝によって初めて大名となれたものの 別の(異母)弟より低い扱いだったわけです。 それから石高が増えていったのは 不当に?低い扱いをされた忠輝に対する扱いをよくしようと 生母茶阿局と義父政宗が家康に対して猛運動とも言えるような働きかけをしたためだと言われています。

次の

徳川秀忠と細川忠興との関係と関わりには?

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

目次 石田三成長女は山田隼人正勝重の正室 石田三成の長女は1578年頃に産まれたと推察されており、名前は残念ですが伝わっていません。 伝わっているのは 山田隼人正 やまだ はやとのかみ 山田隼人正勝重、山田勝重 の正室であったということです。 私がこのことを始めて知った時は、随分前ですが、当時は違和感がありました。 石田三成の娘ともなれば、名の知れた相手と結婚すると思っていた為、山田隼人正勝重さんを存じ上げず、このことを不思議に思っていました。 山田隼人正勝重とはどのような人物かというと、石田三成の 家臣、 山田上野介 こうずけのすけ の嫡男です。 山田上野介は、三成家臣団でお名前を拝見していましたので、聞いたことがありました。 ですが、石田三成の娘を娶る程の重臣だったかなと調べたところ、山田上野介の末裔の方曰く、太鼓丸を守っていた、位は番頭 ばんがしら であったそうです。 どうやら家臣100人の固まりのトップに当たる役割とのことです。 又、「年貢の取り立てについて三名の者に従いなさい」と書かれた石田三成の文書があり、 そこには、あの重臣・島左近と並んで山田上野介の名が書かれています。 このことから、物凄く位の高い人ではないけれど、年貢の取り立てを任せられる位信頼している家臣の嫡男ということになると思います。 少なくても、この戦国の世にあって、政略結婚ではなかったということになると思います。 娘の幸せを願い、幸せになれそうな相手と結婚をさせたのでしょうか。 佐和山城落城記 山田上野介の子孫宅から古文書が発見され本物と認められていて、 「佐和山城落城記」と名付けられています。 関ケ原の戦い後、石田三成の城である 佐和山城が 落城する時の様子を記録した文書です。 佐和山城落城記 山田家文書 によると、関ヶ原の戦い後、佐和山城が落城する時に、山田上野介 長女の岳父 は城と共に自害したそうです。 その際に、菩提を弔らう者が絶えてしまうからと山田上野から佐和山城脱出の 厳命を受けて、山田隼人正勝重 25歳 、妻である三成長女、嫡男の宇吉郎 うきちろう 5歳 は佐和山城を 脱出したそうです。 長女夫婦と松平忠輝 佐和山城落城後、三成の長女夫婦はどのように暮らしたのでしょうか。 敗軍の将の子供は大変なイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、長女の夫・山田隼人正勝重は 徳川家康の六男である 松平忠輝 まつだいら ただてる の家臣になります。 1609年に松平忠輝の 重臣に起用され、1610年には山田隼人正に越後上田城領2万石を与えています。 何故、三成の娘婿である山田隼人正は、徳川家康の6男である松平忠輝に召し抱えられ、2万石もの知行を拝領することができたのでしょうか。 それは、松平忠輝の生母である 茶阿局 ちゃあのつぼね 於茶阿 の実兄が、 山田上野介 三成長女の岳父 であった為です。 茶阿局は三成長女の義理の叔母にあたります。 先に述べたように佐和山城が落城した時、山田隼人正、三成長女、嫡男の宇吉郎は逃げ延びます。 その際に助けてくれたのは、豊臣秀吉の正室・北政所付きの筆頭上臈で三成の遠戚でもあった孝蔵主 こうぞうす という女性です。 孝蔵主によって三成長女一家は、茶阿局のもとに送り届けられたそうです。 茶阿局が甥である山田隼人正を息子である松平忠輝の家老にして取り立ててくれましたので、三成長女夫婦は敗軍の将の子供であるにもかかわらず、徳川一門である松平家の重臣になりました。 そして、これは関ヶ原当時、三成と家康は遠戚関係であったことになります。 親戚という縁があるのに悲しいですが、親子でも戦う時代ですからね…。 また、もしかしたら政略結婚かもしれないとも思いました。 三成長女が結婚した時期は、はっきりわかりませんが、1592~1593年頃とする説があります。 茶阿局 長女の夫の叔母 と家康との子・松平忠輝が生まれたのは、1592年1月4日です。 丁度、三成長女夫婦が結婚した時期に、松平忠輝が生まれたことになります。 長女と山田隼人正の婚姻は、徳川家康と遠戚関係を持つための政略結婚ではという考えもあるかもしれませんが、三成長女が婚礼の儀を行ったと推察される1592~1593年頃は豊臣秀吉も存命でしたし、親戚といっても少し遠いなと思いました。 山田隼人正勝重と大坂の陣 徳川家と豊臣家の戦いである大坂の陣の時は、山田隼人正勝重はどのようにしていたのでしょうか。 松平忠輝の家臣なので当然徳川方かと思ったのですが…。 佐和山城落城記という山田家の記録に、「山田隼人正は大坂夏の陣で木村長門守 きむらながとのくに の軍に入って大坂城の大手門で戦死した」と豊臣方として参戦した記載があります。 豊臣方として参戦し亡くなったと書かれてあるのです。 何故かと思いましたが、実際とは異なるようですし、生きてもいますので謎です。 実際の大阪の陣はというと、大阪冬の陣では主君である松平忠輝は江戸城の留守番を徳川家康から命じられています。 山田隼人正勝重は病気を理由に参戦していませんが、松平忠輝、山田隼人正勝重共に家臣は 徳川方として参戦しています。 大阪夏の陣では、松平忠輝、山田隼人正勝重共に徳川家康から出陣を命じられ参戦しています。 しかし、大阪夏の陣の後、徳川家康に松平忠輝は勘当、 改易されてしまいます。 改易理由は諸説あります。 松平忠輝改易後の三成長女夫婦 松平忠輝の改易後、山田隼人正勝重は隠棲し、山田草山 そうざん と号したそうです。 拠り所を失った三成長女夫婦は、三成長女の妹 三女である辰姫 の縁で、弘前藩主・ 津軽家から150石を拝領し江戸で暮らします。 辰姫は三代目弘前藩主の生母になっていました。 ですが、三成長女は1655年5月17日江戸で亡くなったそうです。 三成長女夫婦の子供、子孫 その後、三成長女の子供、子孫はどうなったのか記載します。 三成長女夫婦の嫡男は医者になり、次男である山田武兵衛は富岡武兵衛 とみおか ぶへえ と改名し津軽家に仕えています。 次男は800石を得ていましたが、後の起こる津軽家のお家騒動の責任を取り、1648年に切腹させられてしまいます。 切腹を命じた藩主は、次男の従兄弟でした。 しかし津軽家は、1690年には高齢だった三男の山田彦兵衛 やまだ ひこべえ に700石知行を与え城代に起用します。 次男切腹後も、三成長女の山田家子孫は津軽家から 一門並みに厚遇されて 幕末を迎えたそうです。 この次男と津軽家のお家騒動の件はこちらの記事に記しています。 三成長女は名前すらわかりませんが、夫である山田隼人正勝重の足跡から三成長女を辿りました。 敗軍の将の息女の人生、意外にも家康の六男や大名・津軽家から厚遇され、子供にも恵まれて想像より幸せそうではないでしょうか。 また敗軍の将である石田三成の他にも、小西行長、宇喜多秀家、大谷吉継の子供も誰一人として殺されていませんので、当時の時代背景を考えると徳川家康の戦後処理は寛大であったということなのかもしれません。

次の

朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」「俺とおまえの夏の陣」

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

波乱万丈の生涯を経て、元和2年 1616年 4月17日に駿府 静岡市 で、病気のため亡くなったとされる。 数え75歳。 今の暦だとこれは6月1日にあたるようだ。 死因は俗に「天ぷらの食中毒」・・ともいわれてきたが、『徳川実記』の所見記録によると末期胃癌の症状悪化ではないか・・という説が有力だ。 その6年後の永禄9年 1566年 に、「従五位下・三河守」への任官と苗字を「 松平」から「 徳川」に改める朝廷の勅許を得ている。 松平元康の「元」の字は今川義元から与えられた一字を冠している偏諱 へんき なので、今川家と決別する決意表明のためにも返上する必要があったのは分る。 代えて「家」の字を冠したのは、源氏の嫡流 トップ・ブランド 源八幡太郎義家にあやかったものであろうという観測も多い。 「康」は当初「元信」であった名を、敵方織田家の偏諱「信」に当たるとされ、祖父で松平中興の名君・松平清康にちなんで若年のうちに変えている。 でも・・誰かの養子になったわけでもないのに、なんで改姓し苗字も替えたのだろうか。 後世、江戸幕府によって編纂された『徳川実紀』や『本朝通鑑 ほんちょうつがん 』によると、家康の遠祖は新田源氏の一流で、上野国 こうずけのくに・現群馬県 の「世良田 せらだ 郷・得川氏」であるとしている。 『寛政重修諸家譜』『徳川諸家系譜』に記載された血脈は、新田義重の四男・新田義季 よしすえ を家祖とする、世良田徳川 得川 の流れを受け継いだものであるとしている。 源義家の三男が源義国、その子 つまり源義家の孫 源義重は上野国に本領地があり、あらたに新田荘 群馬県太田市 を開墾して、苗字を「新田」に改めた。 の家の祖となる。 新田義重の異母弟は足利の荘を相続して足利義康と名を変える。 の直系の先祖に当たる。 得川 世良田 氏はその新田義重の四男が分家した家である。 そのあたりの詳しい事情は、拙稿「新田義貞誕生の地伝説と『南総 』の一族の里見城」を参照してほしい。 乞食坊主と言われても仕方ない流れ者である。 永享の乱に端を発した関東騒乱で、 ・足利持氏と、対立する京の将軍・足利義教の双方から危害を受けたため上野国を離れたのだという。 長阿弥・徳阿弥親子は三河国に流れ着き、長阿弥は没したが、徳阿弥は在地の小豪族の娘とねんごろになり、男子を設け還俗して豪族の婿となって、親氏を再び名乗る。 このときの男子がのちに酒井家の祖となる酒井親清とされる。 この家は在原 ありわら 姓で、代々 賀茂社の領地を管理する荘官だ。 賀茂社の神紋である「三葉葵」を家紋としている。 徳川家康にとっては、これらの血脈を論拠として松平家のルーツは上野国世良田荘の徳川氏 得川氏 であると結論付け、「松平の苗字を徳川にもどしたまで・・」という理屈をのちに展開している。 徳川家中の旗本・ 忠教 の書き残した『三河物語』にも同様の話が書かれている。 彦左衛門が『三河物語』を書いたのは、一族の が改易された事件にかかわったことで幕府に憤りを抱いていた時期とされ、ある意味、徳川のルーツを暴露したいという意図があったとうかがわせる。 ただし、大久保彦左衛門は子孫には門外不出の記事として扱うよう命じている。 桶狭間合戦以後、旧主の今川家は衰えたが、変わって脅威となってきたのが甲斐の大大名・。 徳川家はこのあと、武田信玄そして勝頼との間で、旧今川領土の遠江国 静岡県西部 を取り合うのだが・・。 家康はさかんに朝廷に猟官工作 官位獲得運動 をはじめるのだが・・ アタマの固い権威バリバリ先例至上主義の朝廷に言わせると、「源氏 松平 姓が三河守に任官した先例はない」ということで断られた。 家康も、後年の署名は「源朝臣家康」と書いている。 そしてその「姓」も分家を繰り返すうちに煩雑になってきて、分家のほうが遠慮して、土着した本領地の名称などを「苗字」として主にオリジナリティに名乗る者が多くなってくる。 源義家の孫が新田義重、足利義康と名乗りを変えたなどは代表的な例だ。 朝廷に言わせると、家康が官職を望んだ時点で、「源氏の三河守」の前例がなかったことが問題なのだろう。 「意を受けた吉田兼右 かねすけ 卿が、万里小路 までのこうじ 家の書庫から先例を探し出し、鼻紙に書き写したものを近衛前久に渡した。 徳川氏はもと源氏で、二流ある惣領の系統の一つに藤原になった先例がある。 その新田源氏の庶流・源義国以来の「得川氏」の血脈を家康が受け継いでいるということで この辺は戸籍のねつ造に近いと思うが 、朝廷も近衛家らの意見を入れて、家康は念願の「三河守」を手に入れた。 音をそのままで、文字を仔細あって「徳川」に改め、朝廷から苗字を下賜された。 だからこの時期からはしばらく「藤原朝臣家康」の署名をしているわけだ。 最初に武家政権を打ち立てたのは、 だった。 平家を倒して 幕府を開いたのは。 しかし源氏政権も3代実朝で絶え、執権北条家 平氏 が事実上の鎌倉政権を担う。 を倒したのは、足利尊氏と新田義貞を中心とした源氏勢力だった。 足利尊氏は京都室町に幕府を開き、 の第15代義昭まで名目上政権が続いた。 15代義昭を奉じて戦国乱世を終息に向かわせたのは、平氏を称する天才・ だった。 彼はのちに将軍義昭をも追い出して肩書を望まないまま政権の頂点に立った。 の後、この安土桃山政権を引き受けたのが で、源平藤橘以外の流れの唯一の政権となる。 平氏・織田信長の次の本格武家政権は源氏の流れの者であるのが自然だ、という認識が世論にあった。 徳川家康自身も諸国の武将たちもそう考えたに違いない。 藤原や平氏では朝廷の慣例で「征夷大将軍」の官職を得られない。 源頼朝以来、幕府を開くための要件である「征夷大将軍」任官は前例から「源氏」の流れであることが必要だ。 既成の官位を望まなかった織田信長はともかく、豊臣秀吉は幕府を開くために落ちぶれた流浪の に取り入ってその養子となり、源氏の姓に入ろうとした。 しかし、この計画は出自の卑しい豊臣秀吉を嫌った足利義昭が一蹴したことで破談になり、結局、豊臣秀吉は買収と圧力で公卿の最高位・関白兼太政大臣となって、政権の箔付けをはかった。 ただし、裏付けとなる正式な系図は、将軍宣下の直前に吉良家から譲り受けたものであるという。 この辺に、幕府にとって都合の悪い公然の秘密 トップ・シークレット の証拠を吉良家が握っており、のちの5代将軍 は、自らの家系図を揺るがぬものとするため の事件を好機として、吉良家改易に動いたという分析がなされる。 満徳寺付近には「世良田東照宮」もあり、江戸時代から幕府に保護されてきた。 三代将軍徳川家光が日光に 現在の規模の 東照宮を造営した際に、父秀忠 二代将軍 が日光に造ったもとの殿舎 家康を崇拝する徳川家光にとっては物足りない社殿 をこの「徳川」ゆかりの地に移築して世良田東照宮として祀ったといわれる。 なお文中の事象について諸説あることはもちろんである。 家康以前に分かれた松平だけでも、俗に18家松平があるとされています。 家康の系統は安祥松平家として識別されます。 その同族の中からいかにリーダーシップを握れるかが、三河国主になれるかの分かれ目だったんですね。 そこで周囲を吸収しながら権威を手にして上に立とうとした結果が、今回の記事のテーマです。 家康の祖父清康が家臣の謀反で殺されたときの凶器、父広忠が岩松八弥に殺されたのも村正。 そして、家康の嫡男信康の自刃した際の刀も築山殿を切った刀も、関ケ原で家康が指を傷つけたのも、さらに大坂夏の陣で真田幸村が家康めがけて投げつけたのもまた村正とか。 徳川にあだなす刀だけに「妖刀村正」伝説が生まれました。 しかし、村正は戦国時代、伊勢桑名の刀工で、三河の侍が所持するのに最もポピュラーな刀であったので、村正の所持率が高かっただけだと言われています。 家康の遺品にも村正はあり、また剣術指南役・柳生の家にも村正の刀は伝わっています。 こういう話はよく出てくるものですね。 カテゴリー• 126• 761• 110• 108• 128• 115• 113• 208• 161• 153 いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 残念ながら当方の承諾を得ていない、記事の流用や成りすましサイト・動画などが見受けられ弁護士と対処を検討中です。 他サイトご利用の際にはご留意願います。

次の