インコ 放鳥。 コザクラインコの放鳥時間や遊び方、糞などの注意点とは?

インコを放鳥する準備とやり方。注意して放鳥してあげよう

インコ 放鳥

セキセイインコの病気 ・風邪 セキセイインコは人間と同じで、寒い場所や、温度差が激しいと風邪をひいてしまいます。 症状はくしゃみや鼻水などで人間と同じですね。 動物病院に行って抗生物質などを投与してもらいましょう。 ・そ囊炎 檻の中の衛生状態が悪いと、そ囊炎になってしまうことがあります。 そ囊とは喉のすぐ奥にある袋のようにもので、そこに食べ物などを貯めておくことができます。 その 袋のなかに糞などの不衛生なものを溜め込んでしまうと、炎症を起こしてしまいます。 治療としては、抗生物質、抗菌剤などの投与が一般的ですが、そ囊炎にかかってしまう前に檻の中はこまめに掃除してキレイにしておきましょう。 ・疥癬 ダニによる症状です。 顔などにできものができます。 インコが執拗に痒がるようでしたら、疥癬を疑ってください。 清潔にすることも予防として有効ですが、それでも免疫力が下がっていると発症してしまうことがあります。 その場合は動物病院で見てもらい、適切な処方を受けましょう。 スポンサードリンク セキセイインコの放鳥中の事故 ・すきま、ドアなどの挟まれ事故 セキセイインコを放鳥すると、どうしても見失ってしまうことがあります。 冷蔵庫の下、タンスやテレビ台の後ろなどに入り込んで出られなくなってしまう事故も多く、またドアなどの開閉時に誤って挟んでしまうこともあります。 隙間に入ってしまった場合、 無傷で救出することはとても困難ですので、入り込んでしまわないようによく観察しておきましょう。 ・やけど 放鳥中にやかん、電気ケトルの熱湯など、熱いものを放置しておくと、インコが誤って触れてしまう可能性があります。 そういった危険物は、 放鳥前に必ず排除しておきましょう。 ・誤飲 セキセイインコは好奇心旺盛なので、いろんなものを口にしてしまいます。 そのなかにアレルギーのあるものや、毒性の強いものなどがあると大変危険です。 こちらも 放鳥前に必ず排除しておきましょう。 まとめ 大切な家族のことですから、事故や病気には気をつけましょう。 気をつけていても事故や病気は必ず経験するでしょうから、様子が変だと感じたら動物病院に行くことをオススメ致します。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

インコを放鳥している時のフン処理はすぐに拭き取ることが大切

インコ 放鳥

この記事の目次• 放鳥させたセキセイインコの捕まえ方、お腹が空くとケージに戻りやすい セキセイインコは好奇心旺盛で遊びが大好きです。 放鳥すると家中を飛び回り、元気に遊んでくれます。 ですが、なかなかケージに入ってくれないという悩みも多いものです。 頭も良いので、ケージに入れられないよう上手に逃げまわったりもします。 ケージになかなか入ってくれない場合は、放鳥する時間を工夫してみてください。 お腹が空くような時間帯を狙って放鳥します。 セキセイインコも空腹には耐えられず、エサを食べようとケージの中に入ります。 そのタイミングで扉を閉めます。 まずは、セキセイインコにエサを与える時間を決めてください。 1日に与えるエサの量を計り、朝にその半分を与えます。 餌箱が空になっても足さないでおき、放鳥している間に新しいエサを足します。 こうすることでケージから出たら新しいエサが入っていると学習して、お腹が空いたらケージに入るようになります。 放鳥する少し前にケージからエサを取り除いても良いです。 ちょっとお腹が空いているような状態で放鳥したら、エサを食べるためにケージに戻るようになります。 エサを使う方法をとる場合は、まずは1日に食べるエサの量を知り、食べるタイミングなどもおさえておきましょう。 空腹にしすぎてしまうと体調を崩すこともありますので気をつけてください。 私の家のセキセイインコに試してみたところ、エサを食べている間に扉を閉められることを学び、次からは片足を扉にかけたまま食べていました。 こういう子のために他の方法も紹介していきますね。 放鳥したセキセイインコにクリッカーを使った捕まえ方 次はセキセイインコをケージに入るようにしつける方法です。 クリッカーはカチッと音がする道具で、犬のしつけなどでも使います。 エサを与えるときにクリッカーをカチッと鳴らします。 これを繰り返すと、クリッカーの音がするとエサをもらえると学んでいきます。 クリッカーの音とエサを関連づけるのです。 放鳥した後、ケージに入ってもらいたくなったらクリッカーを鳴らします。 クリッカーの音が聞こえたセキセイインコは、新しいエサがもらえると思いケージに入るようになります。 エサでは効果が薄い場合は、大好きなおやつでも良いでしょう。 オーツ麦や粟の穂、又は常時与えていないエサなどを使うと効果が期待できます。 クリッカーの音がすると、あのおやつがもらえると期待してすぐにケージに入ってくれるようになります。 放鳥したセキセイインコの捕まえ方、部屋を暗くして優しく戻す どうしてもすぐにケージに入れたい場合は、部屋を暗くして捕まえる方法があります。 日中の明るい時間帯には使えない方法ですが、夜などには確実に捕まえることができます。 室内の電気を全て消して真っ暗にします。 セキセイインコは暗くて何も見えないので、動かずにじっとしています。 そこを捕まえます。 捕まえるときは、そっとやさしく捕まえてください。 驚かせてしまうと暗い中でも飛び回る場合があります。 捕まえる前に声をかけても良いです。 やさしく捕まえるか、又は手乗りなら足元に指を持っていくと乗ってくれますので、そのままケージに戻してください。 驚いて飛びまわったら、すぐに明るくしてください。 暗くて何も見えていないので、壁などにぶつかったり家具の隙間に落ちるなどして怪我をしてしまいます。 ちょっと危険な方法なのであまりおすすめできませんが、急を要するときには便利な方法です。 お気に入りのおもちゃやおやつでケージに戻す お気に入りのおもちゃを使ってケージに入れる方法もあります。 お気に入りのおもちゃをチラチラ見せてケージに誘導したり、ケージの中におもちゃを入れてしまいます。 セキセイインコはお気に入りのおもちゃで遊びたくてケージに入ってくれます。 普段からお気に入りのおもちゃを作っておくと便利です。 気に入っているようなおもちゃで遊んであげると、どんどんお気に入りになっていきます。 お気に入りをいくつか用意しておくと効果的です。 いつも遊ぶおもちゃの他に、時々しか遊ぶことができない貴重なおもちゃも用意しておきます。 なかなかケージに戻ってくれないときは、その貴重なおもちゃの出番です。 おもちゃの他に好物の青菜なども良いでしょう。 青菜好きのセキセイインコなら、ケージの中に青菜をセットするだけですぐに入ってくれます。 我が家のセキセイインコはブランコを取り替えてあげるとすぐにケージに戻ります。 お気に入りのミラー付きブランコを飼い主が触っていると気になるようです。 ミラーをピカピカにして姿がよくうつるようにしてから戻すので、ケージに入ってからもご機嫌です。 ケージに戻った後にはご褒美を 自分からケージに戻ったときは、ご褒美をあげるかしっかりと褒めてあげてください。 飼い主が笑顔で喜んでいる様子を見てセキセイインコも学んでくれます。 ケージの中に入ったらしばらくは側にしてあげましょう。 ケージに入った途端にひとりぼっちでは、寂しくて次回からケージに入ってくれなくなるかもしれません。 ケージに入っても寂しくない、楽しいという安心感も必要です。 放鳥中にエサを交換したり青菜や粟の穂を取り付けるなどして、ケージに入った後の楽しみも作ってあげると良いです。 放鳥中にたまたまケージに戻っても、すぐに扉を閉めるようなことは避けてください。 放鳥時間が終わるまでは扉を開けっ放しにしておきます。 ケージに入ったらすぐに扉を閉められると思われないようにするためです。 毎日放鳥する時間を決めると、セキセイインコにも生活リズムができ、次第に自らケージに入るようになります。 なかなかケージに入ってくれないと焦ってしまいますが、イライラするとセキセイインコにも伝わってしまいます。 飼い主の方も時間と気持ちに余裕を持って接するようにしてくださいね。

次の

【鳥の飼い方・生活】放鳥中の糞の始末について|とりっち

インコ 放鳥

この記事の目次• 放鳥させたセキセイインコの捕まえ方、お腹が空くとケージに戻りやすい セキセイインコは好奇心旺盛で遊びが大好きです。 放鳥すると家中を飛び回り、元気に遊んでくれます。 ですが、なかなかケージに入ってくれないという悩みも多いものです。 頭も良いので、ケージに入れられないよう上手に逃げまわったりもします。 ケージになかなか入ってくれない場合は、放鳥する時間を工夫してみてください。 お腹が空くような時間帯を狙って放鳥します。 セキセイインコも空腹には耐えられず、エサを食べようとケージの中に入ります。 そのタイミングで扉を閉めます。 まずは、セキセイインコにエサを与える時間を決めてください。 1日に与えるエサの量を計り、朝にその半分を与えます。 餌箱が空になっても足さないでおき、放鳥している間に新しいエサを足します。 こうすることでケージから出たら新しいエサが入っていると学習して、お腹が空いたらケージに入るようになります。 放鳥する少し前にケージからエサを取り除いても良いです。 ちょっとお腹が空いているような状態で放鳥したら、エサを食べるためにケージに戻るようになります。 エサを使う方法をとる場合は、まずは1日に食べるエサの量を知り、食べるタイミングなどもおさえておきましょう。 空腹にしすぎてしまうと体調を崩すこともありますので気をつけてください。 私の家のセキセイインコに試してみたところ、エサを食べている間に扉を閉められることを学び、次からは片足を扉にかけたまま食べていました。 こういう子のために他の方法も紹介していきますね。 放鳥したセキセイインコにクリッカーを使った捕まえ方 次はセキセイインコをケージに入るようにしつける方法です。 クリッカーはカチッと音がする道具で、犬のしつけなどでも使います。 エサを与えるときにクリッカーをカチッと鳴らします。 これを繰り返すと、クリッカーの音がするとエサをもらえると学んでいきます。 クリッカーの音とエサを関連づけるのです。 放鳥した後、ケージに入ってもらいたくなったらクリッカーを鳴らします。 クリッカーの音が聞こえたセキセイインコは、新しいエサがもらえると思いケージに入るようになります。 エサでは効果が薄い場合は、大好きなおやつでも良いでしょう。 オーツ麦や粟の穂、又は常時与えていないエサなどを使うと効果が期待できます。 クリッカーの音がすると、あのおやつがもらえると期待してすぐにケージに入ってくれるようになります。 放鳥したセキセイインコの捕まえ方、部屋を暗くして優しく戻す どうしてもすぐにケージに入れたい場合は、部屋を暗くして捕まえる方法があります。 日中の明るい時間帯には使えない方法ですが、夜などには確実に捕まえることができます。 室内の電気を全て消して真っ暗にします。 セキセイインコは暗くて何も見えないので、動かずにじっとしています。 そこを捕まえます。 捕まえるときは、そっとやさしく捕まえてください。 驚かせてしまうと暗い中でも飛び回る場合があります。 捕まえる前に声をかけても良いです。 やさしく捕まえるか、又は手乗りなら足元に指を持っていくと乗ってくれますので、そのままケージに戻してください。 驚いて飛びまわったら、すぐに明るくしてください。 暗くて何も見えていないので、壁などにぶつかったり家具の隙間に落ちるなどして怪我をしてしまいます。 ちょっと危険な方法なのであまりおすすめできませんが、急を要するときには便利な方法です。 お気に入りのおもちゃやおやつでケージに戻す お気に入りのおもちゃを使ってケージに入れる方法もあります。 お気に入りのおもちゃをチラチラ見せてケージに誘導したり、ケージの中におもちゃを入れてしまいます。 セキセイインコはお気に入りのおもちゃで遊びたくてケージに入ってくれます。 普段からお気に入りのおもちゃを作っておくと便利です。 気に入っているようなおもちゃで遊んであげると、どんどんお気に入りになっていきます。 お気に入りをいくつか用意しておくと効果的です。 いつも遊ぶおもちゃの他に、時々しか遊ぶことができない貴重なおもちゃも用意しておきます。 なかなかケージに戻ってくれないときは、その貴重なおもちゃの出番です。 おもちゃの他に好物の青菜なども良いでしょう。 青菜好きのセキセイインコなら、ケージの中に青菜をセットするだけですぐに入ってくれます。 我が家のセキセイインコはブランコを取り替えてあげるとすぐにケージに戻ります。 お気に入りのミラー付きブランコを飼い主が触っていると気になるようです。 ミラーをピカピカにして姿がよくうつるようにしてから戻すので、ケージに入ってからもご機嫌です。 ケージに戻った後にはご褒美を 自分からケージに戻ったときは、ご褒美をあげるかしっかりと褒めてあげてください。 飼い主が笑顔で喜んでいる様子を見てセキセイインコも学んでくれます。 ケージの中に入ったらしばらくは側にしてあげましょう。 ケージに入った途端にひとりぼっちでは、寂しくて次回からケージに入ってくれなくなるかもしれません。 ケージに入っても寂しくない、楽しいという安心感も必要です。 放鳥中にエサを交換したり青菜や粟の穂を取り付けるなどして、ケージに入った後の楽しみも作ってあげると良いです。 放鳥中にたまたまケージに戻っても、すぐに扉を閉めるようなことは避けてください。 放鳥時間が終わるまでは扉を開けっ放しにしておきます。 ケージに入ったらすぐに扉を閉められると思われないようにするためです。 毎日放鳥する時間を決めると、セキセイインコにも生活リズムができ、次第に自らケージに入るようになります。 なかなかケージに入ってくれないと焦ってしまいますが、イライラするとセキセイインコにも伝わってしまいます。 飼い主の方も時間と気持ちに余裕を持って接するようにしてくださいね。

次の