体 構図。 写真が上手くなる!写真の基本構図10選【カメラ初心者向け】

写真に奥行きと動きを。「放射線構図」を取り入れよう

体 構図

この撮影ガイドで紹介したデジタルカメラの内、FUJIFILM XQ2・コンパクトデジタルカメラを除いてフィルター取り付けが可能です。 下記フィルター径に併せてご用意ください。 <フィルター径>• 39mm径 : XF27mmF2. 8 R/XF60mmF2. 4 R Macro• 43mm経 : XF23mmF2 R WR /XF35mmF2 R WR• 52mm径 : XF18mmF2 R/XF35mmF1. 58mm径 : XF14mmF2. 8 R/XF18-55mmF2. 8-4 R LM OIS/ XC16-50mmF3. 5-5. 6 OIS/XC16-50mmF3. 5-5. 6 OIS II/ XC50-230mmF4. 5-6. 7 OIS/XC50-230mmF4. 5-6. 7 OIS II• 62mm径 : XF23mmF1. 4 R/XF56mmF1. 2 R/XF56mmF1. 2 R APD/ XF90mmF2 R LM WR/XF55-200mmF3. 5-4. 8 R LM OIS• 67mm径 : XF16mmF1. 4 R WR/XF18-135mmF3. 5-5. 6 R LM OIS WR• 72mm径 : XF10-24mmF4 R OIS/XF50-140mmF2. 8 R LM OIS WR• 77mm径 : XF16-55mmF2. 8 R LM WR/XF100-400mmF4. 5-5. 6 R LM OIS WR.

次の

写真に奥行きと動きを。「放射線構図」を取り入れよう

体 構図

構図とは、 絵画・写真などで仕上がりの効果を配慮した画面の構成。 コンポジション。 (参照) と定義されています。 絞りやシャッタースピード、露出など基本的な部分は何となく理解したものの、「なんかパッとしない」写真は構図のバランスが悪い事が多くあります。 例えば、被写体を中央に配置し、大きく写す事で、ダイナミックさが表現できますが、奥行きが感じられない為、閑散と写る事もあります。 子供などの写真で、いつも同じような写真ばかりになっている方は、写したいものをどういう風に切り取るかを考え、表現の幅を広げましょう。 三分割法構図 写真上達方法などの書籍などで、最も一般的に紹介される構図が、三分割法構図です。 どうも自分の撮った写真にしっくり来ないと感じている方は、まずは、この三分割法を意識して撮影をしてみましょう。 三分割法は、画面を縦横それぞれを均等に3つに分割し、それぞれの接点(赤い点)上に被写体を配置する最も基本的な写真の構図です。 三分割構図では、交差点に被写体を配置したり、海を撮影する様な場合、分割している線を目安に地平線を配置したりする事で、安定した写真を撮影する事ができます。 縦も横も分割線上に配置する事ですっきりと見えますね。 日の丸構図 「日の丸構図は良くない」と言われますが、これは、構図を理解しないで撮影してしまうと被写体を中心に配置し、その場のイメージが伝わりにくかったり、動きが無く単調な写真になってしまう事が多いからです。 しかし、日の丸構図で撮影をすると、ダイナミックに写す事ができますので、構図自体が悪いわけではありません。 「ザ!ひまわり」という感じですが、こういった表現のしかたで、被写体だけをクローズアップさせる事にも向いています。 左の写真は、日の丸構図にしてしまったがために、安定しない絵になってしまった失敗例です。 背景などをぼかして構図にとり入れたい場合は、三分割法の方が良いかもしれません。 レイルマン比率 縦に四分割し、対角線を引いて交わる点に被写体を持ってくる形で、鉄道写真を撮るために、プロカメラマンであるによって考案された構図です。 二分割構図 3分割構図と異なり、上下に均等に切った位置に配置する2分割法ですが、風景写真などに使われる事が多いものの、3分割法と比べ特徴の無い写真になりがちです。 私は難しい構図だと感じています。 2分割構図では、空と海や、山と空、などの写真が多い様に思いますが、どちらをメインとしているのかが分かりにくくなってしまいます。 三角構図 底辺が広い三角形の構図を三角構図と言います。 三角構図で撮影された写真は安定感があるのが特徴です。 高さのある高い建物などを撮影する場合、上の方は小さくなりますので、三角構図を活かしやすい被写体です。 自分の撮影したものを見返してみると縦写真に三角構図が多い事が分かりました。 シンメトリー構図 シンメトリー構図は、左右を2分し、対称となるように被写体を配置する構図です。 よく見る写真には、湖面に山が内リ込み、上下対称の写真などがあります。 私にはまだまだ撮れませんが・・・^^ シンメトリー構図での撮影は、しっかりと水平を出して撮影をしないといびつな写真になりやすいです。 対角線構図 対角線構図は、斜めに分割した線の上に被写体を置いて、躍動感を出したりする事ができます。 鉄道や線路など直線的な被写体は、対角線構図で撮影される事が多いです。 ファインダーを覗いて、1つの線が見えたら意識的に撮影すると、ビシッと決まる事があります。 まとめ よし撮ろう!と思ってから構図を考えると、動きのある被写体はシャッターチャンスを逃してしまいます。 撮りためた写真を眺めたり、他の人の作例を参考にする場合、どういった構図で撮られている事が多いのかを観察する事で、次第に目がなれて来ると思います。 また、紹介した構図通りに撮らなければ良い写真が撮れないわけではありません。 良い写真が撮れる確率を上げる為にジョジョに実践してみて下さい。

次の

写真が上達するコツ ~ 第3回 構図を意識すると写真が変わる<後編> WEB写真上達講座|一般社団法人 日本写真映像用品工業会

体 構図

POINT ど真ん中じゃなくて、「ちょっと上」ってところがポイント! 三分割法 三分割法とは、縦横に3等分した線で構図のバランスをとる技法です。 分割線の交点に、顔や重要なモチーフなどイラストのポイントを置くように構図を作ります。 分割線を目安に水平線を入れたりするのもよいでしょう。 構図の中に三角形を作る 絵の中に三角形を作るようにすると、バランスのとれた美しい構図になりやすいので覚えておきましょう。 配置に迷ったら三角形を作るように置いてみましょう。 三角構図は画面が安定します。 2.並べるときのルール 均等配置 下の作例では、キャラクターを一直線上に均等に並べています。 この構図は各人物それぞれに視線を誘導できるため全員を同等に見せたい場合に使えます。 ジグザグ配置 下の作例は、手前の人物を目立たせるような構図です。 このようにランダムに配置する構図はバランスをとるのが難しいので注意が必要です。 ポイントをジグザグ線で結ぶようにすると、まとまりやすいので覚えておきましょう。 3.アングルを変える(アオリとフカン) アオリ 低い場所からカメラを上へ向けるように、見上げる構図をアオリといいます。 対象を大きく見せる効果があり、迫力を出したいときや、力強い表現に向いています。 フカン 高い場所からカメラを下へ向けるように、見下ろす構図をフカン(俯瞰)といいます。 ものの位置関係や全体の状況を伝えやすい構図です。 4.構図が与える印象 水平・斜め イラストは、画面を水平に描くのが基本ですが、斜めにした構図もよく見られます。 斜めの構図は不安定さや動いている感じを出すことができます。 縦構図・横構図 キャンバスを縦長にする縦構図か、もしくは横長にする横構図かで、イラストの印象は大きく変わります。 縦構図は視線が左右に散らないため、1つのものを大きく見せるのに適しています。 風景の広がりが強調される横構図は、比較的人間の視野に近いので、見る人に安心感や安定感を与えやすいのが特徴です。 縦構図・横構図の違いを山の風景で違いを見てみましょう。 対象を切り取り、見せたいものをクローズアップしやすい構図です。 圧迫感と開放感 空間の描き方によってイラストの方向性が変わります。 広く空間をとった開放感のある構図は明るいテーマのイラストに向いているでしょう。 逆に、要素を詰め込んだ構図は圧迫感があるため、シリアスなテーマのイラストや緊張感を表現したいときなどに使うとよいでしょう。 線の量も少なめです。 日頃からアナログで絵を描いていて、デジタルイラストを始めてみたいけど、何から始めたらよいのか分からない…という方におすすめなのが、ユーキャンの「 」です。 当講座は、国内シェアトップクラスの大人気グラフィックソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」とWacomのペンタブレットと教材がセットになっており、届いたその日からデジタルイラストを始められます!「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使用したレッスンで、アナログでは難しい描画テクニックもデジタルで簡単に実現することが可能です。 また、添削課題が全部で3回ついており、カリキュラムに沿って設定された各回の課題を提出すると、経験豊富な講師が個別に添削!パーソナルなアドバイスが受けられるので、効率よく上達を目指せます。

次の