目黒 女児 殺害 事件。 「理想の子どもにしたい」は虐待リスク要因 目黒女児虐待死事件の父親の発言から見えたもの(山脇由貴子)

佐世保事件・辻菜摘の現在!小6被害者と加害者の関係・その後も総まとめ

目黒 女児 殺害 事件

《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の初公判が3日、東京地裁(守下実裁判長)で始まった》 《優里被告は夫の雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=とともに昨年6月に逮捕された。 現場の目黒区の自宅アパートからは、覚え立てのひらがなで「あしたはもっともっと できるようにするから」「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」などと必死に訴える結愛ちゃんのノートが見つかっている。 事件は、親による子供への体罰禁止や児童相談所の体制強化など法改正のきっかけとなった。 雄大被告の初公判は10月1日に開かれる》 《この日は一般傍聴席18席に対し、352人の傍聴希望者が集まった》 《午前10時前、裁判長の合図で優里被告が入廷。 黒のパンツスーツ姿で、逮捕時に長かった髪はあご下ほどに切りそろえられていた。 裁判員らも入廷。 裁判長が促し、優里被告が証言台の前に立った》 裁判長「名前はなんと言いますか」 優里被告「……」 《優里被告の肩が小さく上下し、細かくはなをすする音が響く。 裁判員がその様子を見つめる》 裁判長「落ち着いてから、息整えてから答えようね」 《言葉が出ず手を前に組んだまま立ちすくむ優里被告。 涙を流し、呼吸が速くなっていく。 女性弁護人が近寄って肩を抱き、背中をさする》 裁判長「緊張が高まっているみたいだね。 座りますか」 《首を横に振り、立って続ける意思を示す優里被告。 裁判長の「慌てなくていい」という言葉の後に、聞こえるか聞こえないかほどの声を絞り出した》 PR.

次の

東京目黒、結愛ちゃん虐待死。殺害した継父の死刑を求める声、続々と

目黒 女児 殺害 事件

19世紀 [ ]• 1862年9月14日: -• 1863年10月14日: - 神奈川県• 1863年8月17日: -• 1864年10月22日: - 神奈川県• 1868年1月11日: -• 1868年3月8日: -• 1876年8月 - による殺人事件• 1882年: -• 1882年-1886年:による強盗事件• 1884年9月23日: -• 1884年10月31日 - 11月9日: -• 1884年11月: -• 1884年11月2日: - 千葉県• 1886年10月24日: - 沖• 1893年5月25日: - 大阪府• 1898年12月2日:• 1899年7月17日: 1901年-1910年 [ ]• 1905年6月:• 1905年9月5日: - 東京• 1908年3月22日: - 東京都• 1908年6月22日:• 1910年11月: 1911年-1920年 [ ]• 1913年4月4日: - 東京• 1913年1月19日: -沖縄• 1913年8月13日: - 愛知• 1914年1月: - 汚職事件• 1914年 - 1915年: - 日本各地• 1915年3月30日: - 東京• 1918年3月: - 汚職事件• 1920年11月30日: - 京都 1921年-1930年 [ ]• 1921年11月4日: - 東京• 1923年3月: - 奈良• 1923年9月3日: - 東京• 1923年9月6日: - 千葉• 1923年9月16日:• 1923年12月27日: -東京• 1924年7月28日: - 千葉・埼玉・群馬・長野• 1925年: - 神奈川• 1925年: - 東京• 1926年2月14日: -岡山• 1928年:• 1928年11月24日: - 広島• 1926年 - 1929年:() - 東京• 1930年11月4日: - 東京 1931年-1940年 [ ]• 1932年1月8日: - 東京• 1932年2月 - 3月: - 東京• 1932年3月7日: - 東京• 1932年5月15日: - 東京• 1933年4月 - 1948年1月: - 青森・秋田・北海道• 1933年4月: - 京都• 1933年6月18日: - 岡山• 1933年7月9日: - 愛媛• 1934年6月: - 汚職事件• 1935年8月12日:• 1935年11月21日: - 東京• 1936年2月26日: - 東京• 1936年4月17日 - 5月31日: - 東京• 1936年5月18日: - 東京• 1937年2月17日: - 東京• 1938年5月21日: - 岡山 1941年-1950年 [ ]• 1941年8月18日 - 1942年8月25日: - 静岡• 1941年10月:• 1942年9月4日: - 神奈川• 1943年 - 1945年: - 大阪• 1944年5月: - 北海道• 1945年5月: - 福岡• 1945年5月26日 - 1946年8月6日: - 東京・栃木• 1945年12月18日: - 広島• 1946年1月29日: - 和歌山• 1946年3月16日: - 東京• 1946年8月23日: - 広島• 1946年9月14日: - 大分• 1947年5月20日: - 福岡• 1948年1月15日: - 東京• 1948年1月26日: - 東京• 1948年2月6日: - 静岡• 1948年12月30日: - 熊本• 1949年7月5日: - 東京• 1949年7月15日: - 東京• 1949年8月6日: - 青森• 1949年8月17日: - 福島• 1949年9月14日: - 神奈川• 1950年1月6日: - 静岡• 1950年2月28日: - 香川• 1950年4月13日: - 東京• 1950年7月2日: - 京都• 1950年9月22日: - 東京 1951年-1960年 [ ]• 1951年1月25日: - 山口• 1951年2月22日: - 東京• 1951年4月6日: - 東京• 1952年1月21日: - 北海道• 1952年5月1日: - 東京• 1952年5月10日: - 東京• 1952年6月2日: - 大分• 1952年6月13日: - 滋賀• 1953年1月17日: - 静岡・栃木・千葉• 1953年3月17日: - 栃木• 1953年7月27日: - 東京• 1953年11月5日: - 徳島• 1954年2月17日: - 千葉• 1954年3月10日: - 静岡• 1954年9月5日: - 埼玉• 1954年10月26日 - 山口• 1955年2月3日: - 東京• 1955年6月:• 1955年10月18日: - 宮城• 1956年1月18日: - 東京• 1956年2月28日: - 東京• 1957年4月2日: - 東京• 1957年7月8日: - 東京• 1957年8月3日: - 茨城• 1958年8月17日: - 東京• 1959年1月27日: - 東京• 1959年7月22日: - 埼玉• 1960年5月18日: - 東京• 1960年10月12日: - 東京• 1960年11月 - 12月: - 熊本 1961年-1970年 [ ]• 1961年2月: - 栃木• 1961年3月28日: - 三重• 1962年3月29日: - 大分• 1962年11月4日 - 1963年9月6日: - 東京• 1963年3月14日 - 1964年10月10日: - 東京• 1963年3月31日: - 東京• 1963年5月1日: - 埼玉• 1963年8月26日: - 茨城• 1963年12月8日:刺殺事件 - 東京• 1964年1月3日: - 福岡・静岡・東京• 1965年7月5日: - 石川• 1965年7月29日: - 東京・神奈川• 1965年11月9日 - 12月12日:(警察庁広域重要指定105号事件) - 福岡・兵庫・大阪・滋賀・京都• 1965年11月25日 - 1966年5月: - 東京• 1966年6月30日: - 静岡• 1966年12月5日: - 福岡• 1966年12月13日 - 1967年1月6日:(警察庁広域重要指定106号事件) - 愛知・千葉・山梨• 1966年12月21日: - 佐賀• 1967年6月18日: - 兵庫• 1967年8月30日: - 茨城• 1967年10月27日: - 福島• 1968年6月16日:(警察庁広域重要指定107号事件) - 神奈川• 1968年10月5日: - 栃木• 1968年10月11日 - 11月5日:(警察庁広域重要指定108号事件・) - 東京・京都・北海道・愛知• 1968年12月10日: - 東京• 1969年4月14日: - 東京• 1969年4月23日: - 神奈川• 1969年10月24日 - 1971年12月18日 - 東京• 1969年12月14日:愛人刺殺事件 - 兵庫• 1970年3月31日:• 1970年5月12日: - 山口・広島・愛媛 1971年-1975年 [ ]• 1970年代 - 1980年代: - 国内外多地域• 1971年3月31日 - 1971年5月10日: - 群馬• 1971年7月30日: - 岩手• 1971年9月16日: - 千葉• 1971年12月21日: - 神奈川• 1971年12月31日 - 1972年3月14日: - 群馬• 1972年2月19日 - 2月28日: - 長野• 1972年7月26日: - 石川• 1973年8月8日: - 東京・韓国• 1973年8月10日 - 1974年3月10日:• 1974年2月7日: - 東京• 1974年3月17日: - 兵庫• 1974年7月3日 - 8月8日: - 千葉• 1974年8月28日: - 神奈川• 1974年8月30日: - 東京• 1974年10月30日: - 東京• 1974年10月30日: - 千葉• 1974年11月17日: - 大分• 1975年4月29日:殺害事件 - 東京• 1975年8月4日: 1976年-1980年 [ ]• 1976年3月2日: - 北海道• 1976年5月6日:愛人絞殺事件 - 東京• 1976年6月13日: - 福岡• 1976年11月16日 - 1977年2月1日: - 東京• 1977年1月3日 - 1月4日: - 東京• 1977年9月28日:• 1977年9月27日: - 神奈川• 1977年10月15日: - 長崎• 1977年10月30日: - 東京• 1978年1月10日: - 東京• 1978年8月: - 東京• 1979年1月21日: - 大阪• 1979年1月26日: - 大阪• 1979年5月23日: - 京都• 1979年11月4日: - 福岡・大分• 1980年: -埼玉• 1980年3月21日: - 埼玉• 1980年3月30日:(警察庁広域重要指定111号事件) - 富山・長野• 1980年6月24日 - 1989年1月27日発覚: - 佐賀• 1980年8月19日: - 東京• 1980年11月29日: - 神奈川• 1980年12月2日: - 愛知 1981年-1985年 [ ]• 1981年1月22日: - 佐賀• 1981年3月20日 - 6月27日: - 東京• 1981年4月9日:• 1981年6月15日:• 1981年6月17日: - 東京• 1981年6月27日から28日にかけての深夜: - 大分• 1981年10月6日 - 1982年6月5日:(警察庁広域重要指定112号事件) - 神奈川・兵庫• 1982年2月7日: - 大阪• 1982年2月8日: - 東京• 1982年6月7日: - 千葉• 1982年8月19日: - 愛媛• 1982年12月半ば - 1983年2月10日: - 神奈川• 1983年1月31日:(警察庁広域重要指定113号事件) - 京都・大阪・愛知・兵庫・滋賀・岐阜• 1983年6月27日: - 東京• 1984年1月10日: - 北海道• 1984年2月13日: - 広島• 1984年3月14日: - 栃木• 1984年3月18日 - 1985年8月12日:(警察庁広域重要指定114号事件)• 1984年5月5日: - 北海道• 1984年6月25日: - 千葉• 1984年9月4日: - 京都・大阪• 1984年11月1日: - 大阪• 1984年12月29日: - 滋賀• 1985年6月18日: - 大阪• 1985年7月19日: - 埼玉• 1985年10月25日: - 青森• 1985年11月29日: 1986年-1990年 [ ]• 1986年10月11日: - 岐阜• 1986年11月8日: - 東京• 1986年12月8日: - 東京• 1987年4月30日: - 東京• 1987年5月3日:(警察庁広域重要指定116号事件) - 兵庫• 1988年3月5日: - 東京• 1988年2月21日: - 東京• 1988年2月23日: - 愛知• 1988年3月18日: - 愛知• 1988年7月17日: - 東京• 1988年8月22日 - 1989年6月6日:(警察庁広域重要指定117号事件・) - 東京・埼玉• 1988年9月21日: - 千葉• 1988年11月 - 1989年1月: - 東京• 1988年11月16日: - 東京• 1988年12月9日: - 福岡• 1989年5月16日: - 東京• 1989年10月11日: - 愛知• 1989年11月4日: - 神奈川• 1990年5月12日: - 栃木• 1990年6月2日: - 東京• 1990年7月6日: - 兵庫• 1990年10月8日: - 広島• 1990年12月28日: - 福岡 1991年-1995年 [ ]• 1991年7月12日: - 茨城• 1991年7月29日: - 広島• 1991年12月12日 - 1992年1月5日:(警察庁広域重要指定119号事件) - 兵庫・島根・京都• 1992年2月14日: - 東京• 1992年3月5日: - 千葉• 1992年3月29日: - 広島• 1992年7月8日: - 東京• 1992年10月: - 千葉• 1993年8月10日: - 山梨• 1994年12月 - 1995年6月:• 1993年12月14日: - 東京• 1994年1月26日:(警察庁広域重要指定120号事件) - 大阪• 1994年3月3日: - 福岡• 1994年4月23日: - 東京• 1994年6月27日: - 長野• 1994年9月4日: - 沖縄• 1994年9月28日 - 1994年10月7日: - 大阪・愛知・岐阜• 1994年11月3日: - 茨城県• 1995年1月5日: - 埼玉• 1995年2月28日: - 東京• 1995年3月20日: - 東京• 1995年3月30日: - 東京• 1995年4月19日: - 神奈川• 1995年6月21日: - 北海道• 1995年7月22日: - 大阪• 1995年7月30日: - 東京• 1995年12月21日: - 東京 1996年-2000年 [ ]• 1996年1月6日: - 東京• 1996年4月11日: - 東京• 1996年4月18日 - 1996年9月14日: - 広島• 1996年6月21日: - 沖縄• 1996年9月9日: - 東京• 1996年10月30日: - 岐阜• 1996年12月17日 - 1997年4月22日: - ペルー• 1997年2月10日 - 6月28日: - 兵庫• 1997年3月19日: - 東京• 1997年4月18日: - 東京• 1997年5月14日: - 奈良• 1998年1月8日: - 大阪• 1998年1月14日: - 群馬• 1998年1月28日: - 栃木• 1998年2月20日: - 香川• 1998年6月28日 - 6月29日:(加害者・堀慶末は後ににも関与) - 愛知• 1998年7月2日: - 埼玉• 1998年7月25日: - 和歌山• 1999年3月17日: - 沖縄• 1999年4月14日: - 山口• 1999年7月23日: - 東京• 1999年8月30日: - 佐賀・長崎• 1999年9月8日: - 東京• 1999年9月29日: - 山口• 1999年10月1日: - 愛知• 1999年10月26日: - 埼玉• 1999年11月22日: - 東京• 1999年11月28日: - 東京• 1999年12月4日: - 栃木• 1999年12月21日: - 京都• 1999年12月25日: - 徳島• 2000年1月28日: - 新潟• 2000年3月: - 北海道• 2000年3月: - 千葉• 2000年3月24日: - 埼玉• 2000年4月: - 愛知• 2000年4月4日: - 愛知• 2000年4月9日: - 神奈川• 2000年5月1日: - 愛知• 2000年5月3日: - 佐賀・広島• 2000年6月 - 7月:• 2000年6月21日: - 岡山• 2000年7月16日: - 奈良• 2000年7月29日: - 山口• 2000年8月8日: - 宮城• 2000年8月14日: - 大分• 2000年9月29日: - 東京• 2000年12月30日: - 東京 2001年-2005年 [ ] 2001年• 2001年1月6日: - 宮城• 2001年2月10日:• 2001年2月10日: - 神奈川• 2001年4月20日: - 徳島・兵庫• 2001年4月30日: - 東京• 2001年5月8日: - 青森• 2001年6月8日: - 大阪• 2001年8月14日: - 栃木• 2001年8月14日: - 兵庫• 2001年9月1日: - 東京 2002年• 2002年1月22日: - 静岡• 2002年1月23日:• 2002年2月13日: - 群馬• 2002年3月: - 福岡• 2002年3月14日: - 愛知• 2002年4月14日: - 大阪• 2002年4月28日: - 福岡(『』のモデル)• 2002年5月6日: - 福岡• 2002年7月7日: - 和歌山• 2002年7月19日: - 群馬• 2002年8月5日 - 11月21日:(警察庁広域重要指定124号事件) - 千葉・東京• 2002年10月25日: - 東京• 2002年12月9日: - 東京• 2002年12月22日 - 2003年2月21日: - 東京 2003年• 2003年1月25日: - 群馬• 2003年3月30日: - 名古屋• 2003年5月: - 東京• 2003年6月20日: - 福岡• 2003年7月1日: - 長崎• 2003年7月17日: - 東京• 2003年8月18日:• 2003年9月16日: - 愛知• 2003年10月1日: - 千葉• 2003年10月4日: - 東京・山梨• 2003年10月24日: - 東京• 2003年12月18日: - 千葉 2004年• 2004年1月13日 - 9月7日:• 2004年1月25日: - 大阪• 2004年1月31日: - 茨城• 2004年2月17日: - 三重• 2004年3月11日: - 群馬• 2004年4月:• 2004年5月12日: - 東京• 2004年5月19日: - 東京・埼玉• 2004年6月1日: - 長崎• 2004年6月23日: - 東京• 2004年7月7日: - 福岡・佐賀• 2004年7月22日: - 福岡• 2004年8月2日: - 兵庫県• 2004年9月3日: - 岡山• 2004年9月9日: - 愛知• 2004年9月11日: - 栃木• 2004年9月16日・18日: - 福岡• 2004年10月: - 東京• 2004年10月5日: - 広島• 2004年10月31日:• 2004年11月17日: - 奈良• 2004年11月18日: - 大阪• 2004年11月18日: - 埼玉• 2004年12月3日: - 大阪• 2004年12月13日: - 埼玉• 2004年12月16日: - 東京• 2004年12月 - 2005年1月発生: - 福岡 2005年• 2005年2月4日: - 愛知• 2005年2月14日: - 大阪• 2005年2月27日: - 岐阜• 2005年3月2日: - 東京• 2005年3月19日: - 大分• 2005年4月2日: - 仙台• 2005年4月11日:(騒音おばさん) - 奈良• 2005年4月25日: - 兵庫• 2005年4月25日: - 千葉• 2005年5月2日: - 千葉• 2005年5月12日: - 北海道・東京• 2005年8月2日: - 大阪• 2005年10月: - 静岡• 2005年11月17日: - 大阪• 2005年11月22日: - 広島• 2005年11月24日: - 東京• 2005年12月1日: - 栃木・茨城• 2005年12月10日: - 京都• 2005年12月23日: - 京都 2006年-2010年 [ ] 2006年 時期 名称 発生地区 内容 1月3日 神奈川 1月7日 山口 1月10日 大阪 1月26日 東京 2月7日 千葉 2月17日 滋賀 3月29日 神奈川 4月21日 岐阜 5月1日 神奈川 5月7日 山形 5月20日 佐賀 6月4日 秋田 6月19日 大阪・岡山 6月20日 奈良 7月8日 長野 7月19日 岩手 8月25日 福岡 8月28日 山口 9月25日 埼玉 10月11日 福岡 10月23日 秋田県 2007年 時期 名称 発生地区 内容 1月3日 東京都 1月10日 東京都 1月17日 滋賀県・大阪府 1月25日 東京都 3月26日 千葉県 4月17日 長崎県 4月20日 東京都 5月15日 福島県 5月16日 大阪府 5月17日 - 18日 愛知県 6月19日 東京都 6月26日 愛知県 7月13日 兵庫県 8月21日 東京都 8月24日 愛知県 9月14日 北海道 9月18日 京都府 10月6日 大阪府 10月16日 兵庫県 10月30日 埼玉県 11月8日 佐賀県 11月27日 香川県 12月10日 東京都 12月14日 長崎県 2008年 時期 名称 発生地区 内容 1月30日 - 2009年1月5日 大阪府 2月 北海道札幌市白石区 3月19日 神奈川県横須賀市 3月23日 茨城県土浦市 4月18日 東京都江東区 5月2日 愛知県豊田市 5月7日 京都府舞鶴市 6月8日 東京都千代田区 6月14日 大分県 7月1日 岩手県下閉伊郡川井村 7月19日 埼玉県川口市 7月22日 東京都八王子市 8月22日 東京都青梅市 9月 - 2009年9月 東京・埼玉・千葉・長野・静岡 10月1日 大阪府大阪市浪速区 11月18日 東京都中野区・埼玉県さいたま市南区 2009年 時期 名称 発生地区 内容 1月14日 東京都文京区 4月11日 - 10月6日 鳥取県鳥取市 4月27日 東京都八王子市 5月2日 愛知県海部郡蟹江町 5月25日 東京都板橋区 6月7日 福島県いわき市 6月19日 滋賀県米原市 6月 神奈川県横浜市金沢区 8月2日 東京都港区 8月3日 東京都港区 8月8日 10月22日 千葉県松戸市 11月6日 島根県浜田市・広島県山県郡北広島町 11月16日 大阪府大阪市西成区 2010年 時期 名称 発生地区 内容 2月10日 宮城県石巻市 2月23日 静岡県 3月1日 宮崎県宮崎市 4月17日 愛知県豊川市 6月22日 広島県広島市南区・安芸郡府中町 7月逮捕 大阪府大阪市 2011年-2015年 [ ] 2011年 時期 名称 発生地区 内容 1月4日 茨城県土浦市 3月3日 熊本県熊本市 1月10日 東京都目黒区 4月18日 栃木県鹿沼市 5月12日 東京都立川市 6月11日 千葉県木更津市 7月5日 北海道小樽市 7月14日 大阪市天王寺区 8月27日 石川県かほく市 8月31日 東京都渋谷区 12月16日 長崎県西海市 2012年 時期 名称 発生地区 内容 1月11日 広島県広島市中区 3月 大阪府 4月12日 京都府京都市 4月23日 京都府亀岡市 4月29日 群馬県藤岡市 5月13日 広島県福山市 6月10日 大阪府大阪市 6月以降 日本各地 9月2日 東京都港区六本木 10月以降 日本各地 11月発覚 兵庫県尼崎市 11月22日 愛知県豊川市 2013年 時期 名称 発生地区 内容 2月28日 東京都武蔵野市吉祥寺 6月 神奈川県相模原市 3月14日 広島県江田島市 7月21日 山口県周南市 8月25日 三重県三重郡朝日町 10月8日 東京都三鷹市 11月 群馬県邑楽郡大泉町 12月19日 京都市山科区 2014年 時期 名称 発生地区 内容 1月27日 - 4月3日 北海道札幌市北区 3月 埼玉県朝霞市 3月3日 千葉県柏市 3月19日逮捕 埼玉県富士見市 5月2日 大阪市平野区 5月25日 岩手県滝沢市 6月発覚 福岡県筑後市 7月13日 北海道小樽市 7月26日 長崎県佐世保市 9月 兵庫県神戸市 11月19日逮捕 京都府、大阪府、兵庫県 12月7日 愛知県名古屋市 2015年 時期 名称 発生地区 内容 2月20日 神奈川県川崎市 3月9日 兵庫県洲本市(淡路島) 4月19日 千葉県船橋市 5月27日 大阪府豊中市 6月 日本全国 6月6日 北海道砂川市 8月 大阪府 8月 関東地方 8月 東京都中野区 9月14日 埼玉県熊谷市 12月7日 兵庫県加古川市 2016年-2020年 [ ] 2016年 時期 名称 発生地区 内容 1月逮捕 埼玉県狭山市 2月15日逮捕 神奈川県川崎市幸区 4月28日 沖縄県うるま市 5月21日 東京都小金井市 7月26日 神奈川県相模原市緑区 8月31日 千葉県酒々井町 10月19日 大阪府門真市 10月23日 栃木県宇都宮市 10月28日 神奈川県横浜市 11月6日 東京都新宿区 12月8日発覚 静岡県浜松市西区 磐田市 2017年 時期 名称 発生地区 内容 3月2日 名古屋市南区 3月24日 千葉県松戸市 6月5日 神奈川県大井町 7月 埼玉県深谷市 7月16日 兵庫県神戸市北区 10月6日 茨城県日立市 10月30日 神奈川県座間市 12月7日 東京都江東区 12月7日発覚 滋賀県近江八幡市 大阪府堺市 2018年 時期 名称 発生地区 内容 1月11日 愛知県豊田市 3月4日 4月逮捕 鹿児島県日置市 4月11日 滋賀県彦根市 4月13日逮捕 広島県廿日市 5月7日 新潟県新潟市西区 5月8日発覚 5月11日 熊本県熊本市 5月13日 千葉市稲毛区 5月17日 名古屋市中区 5月27日 浜松市中区 5月29日逮捕 岡山県津山市 6月1日発覚 山梨県甲府市 甲州市 6月逮捕 東京都目黒区 6月9日 神奈川県 6月24日 福岡市中央区 6月26日 富山県富山市 7月逮捕 横浜市神奈川区 7月逮捕 元警備員煽り運転大学生ひき事件 大阪府堺市南区 9月19日 仙台市宮城野区 2019年 時期 名称 発生地区 内容 1月1日 東京都渋谷区 1月逮捕 千葉県野田市 1月逮捕 鳥取県境港市 2月逮捕 福岡県筑紫野市 2月逮捕 東京都世田谷区 3月逮捕 神奈川県横浜市 3月26日 東京都杉並区 4月19日 東京都豊島区 4月19日 東京都中央区 4月21日 兵庫県神戸市 5月6日 栃木県宇都宮市 5月8日 滋賀県大津市 5月10日 群馬県南牧村 5月10日 愛知県西尾市 5月19日 山形県東根市 5月28日 神奈川県川崎市 6月1日 東京都練馬区 6月4日 福岡県早良区 6月 埼玉県東松山市 6月16日 大阪府吹田市 6月下旬? 神奈川県 7月5日 埼玉県所沢市 7月8日 福岡県粕屋町 7月18日 京都府京都市 8月 鹿児島県 9月12日 東京都豊島区 9月 埼玉県さいたま市 9月18日逮捕 愛知県稲沢市 9月23日 茨城県境町 参考文献 [ ]• 事件犯罪研究会『明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典』出版。 、『明治・大正・昭和犯罪史正談』。 『日本犯罪図鑑』東京法経学院出版。 『日本の大量殺人総覧』。 『現代殺人事件史』。 作品社編集部『犯罪の昭和史1』。 作品社編集部『犯罪の昭和史2』作品社。 作品社編集部『犯罪の昭和史3』作品社。 、犯罪史研究会『日本猟奇・残酷事件簿』。 『真相はこれだ 昭和8大事件を撃つ』新潮社。 編集部『殺ったのはおまえだ 修羅となりし者たち、宿命の9事件』新潮社。 新潮45編集部『殺人者はそこにいる 逃げ切れない狂気、非情の13事件』新潮社。 新潮45編集部『殺戮者は二度わらう 放たれし業、跳梁跋扈の9事件』新潮社。 新潮45編集部『その時殺しの手が動く 引き寄せた災、必然の9事件』新潮社。 脚注 [ ].

次の

父親に懲役13年=「虐待主導、身勝手極まりない」-5歳女児死亡・東京地裁:時事ドットコム

目黒 女児 殺害 事件

ママとパパにいわれなくってもしっかりとじぶんからもっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおす これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだから やめるから もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします 5歳の子供が許してくださいって.... 親ならば子供に危険が及ぶ行為等は 全力で叱ると思います。 しかしそれ以外は世界の色々な事が真新しく興味を持ち 子供らしく遊ぶ時期だと思います。 それを [あそびはもうしないから] どうしてこんなにも親の顔色を伺わなければいけないのでしょう。 親の存在 子供からすれば親という存在は大きいと思います。 身長も倍以上違えば力の強さだって遥かに違う。 そんな存在が自分を守ってくれたらとても心強い。 しかし 逆に暴力を振るおうものならその恐怖は計り知れないものです。 しつけってなんだろう 大人が力で子供を制するのはいとも簡単な事。 暴力などの虐待行為をしつけという言葉を使い 子供を支配するのは違うと思います。 大人だって初めは上手く出来ないのは当たり前。 徐々に経験を重ねて色々出来るようなるもので その事を じっくり見届けてサポートするのが親から子へのしつけなのではないかと自分は考えます。 言葉が通用しなかったり 思い道理上手くいかなくイライラする事もある育児。 しかし上手くいかないから、思い通りにならないから殴る。 そんな暴力という恐怖で支配するなんてあり得ない。 自分は娘を叩いて教えるような事は出来ません。 ちゃんと こちらが向き合って時間をかけたら理解してくれると思うから。 この間通じた時は本当に嬉しかった。 子供には各々の個人差があると思いますが 最終的に親が暴力で完結させるのは 逃げだと感じます。 子供だって 立派な一人の人間です。 ちゃんと 人間同士理解できるまでコミュニケーションを取りたいと思います。 部下が最初上手くいかない事を教えてもわからない時 今の時代殴らないでしょう? 子供を自分の所有物だと思って欲しくない。 自分の子供だけど 自分の所有物ではないです。 対等な人間同士です。 子供はよく一人で育つと言いますが 一人で生きられる子供なんていません。 ある程度の期間 親がサポートしなければならないし 大人の大きな体とその力で子供を守ってあげなけばならない。 そして 子供は親が唯一の頼りです。 自分達も今こうして一人で立っている事が出来るのは親や周りの環境にサポートされてきたからこそ生きていられる。 そんな 唯一の頼りの、生きる術である親に見放さる事を子供は恐れます。 どんな事をされたって自分がいけないんだと思い込む。 パパとママに愛されたいから。 毎日毎日そういった焦りのようなものを感じて生きるのはどれだけ辛い気持ちだった事でしょう。 どんな親でも 愛されたいと願って子供は生まれてきます。 親も子供も選べない 親も子供も 確かに選ぶことは出来ない でも 産もうって決めたのは親でしょ。 その選択ができるのは親しか出来ない。 誰だってはじめての経験は不安だと思います。 それでも 産む選択を決めた後に やっぱやめたとか 好きな人がいて子供が邪魔だった なんて通用しない。 父親でも母親でも もうその子は自分の分身のようなもの ましてやその存在を消すなんて あってはならない。 この事件の反応に自分が思う事 この事件について色々な意見をネット上で拝見しました。 シングルという立場で気になった意見を見て感じた事を。 連れ子再婚 事件の加害者の親は連れ子再婚でした。 自分は再婚する事は とても素晴らしい事だと思います。 自分自身再婚の願望はあります。 しかし独身子無しの時代と違って お相手が 好きだからという感情だけでは難しいなと感じています。 勿論当人同士の感情を尊重すべきですが 自分の子供抜きでは考えられません。 以前自分が再婚に思う事を記事にしています 自分の感情も子供の事も考えると単純なことではないと思っています。 自分も相手も尊重しあえて それよりも子供を思って生活していけるお相手と再婚できたらこれ以上にない幸せだと思います。 しかし違う経験をしてきた人間が同じ価値観で生きて行くのはそんなに簡単な事じゃないと思うんです。 もし同じ価値観を持てるお相手だとしても そのうち何か違うと感じたならば 離れる勇気が必要だなと この方のツイートは胸に刺さりました。 自分の子供がほしい。 じゃないと俺の両親ともうまくいかなくなる と言った彼氏と別れました。 連れ子になるわたしの娘は 自分(彼氏)の子供に一生ならないんだなぁ 親も認めないんだなあと 娘を否定された気分になったので これで正解だったよね? 今回の虐待の事件で気づかされたと思う — うんちょぱす wine12121 娘を否定された気分になった。 子供の事を思い行動した事が そして自分の中で何か違うと思い流されず行動した事が素晴らしいと思います。 もしこの事件の加害者である母親がこんな風にゆあちゃんを思い行動が出来てたら こんな悲惨な事態にならなかったはずではと考えました。 明日は我が身 明日は我が身だと感じているほど それだけ育児に真摯に向き合っているという意見や 逆に そう思わなければ真摯に向き合ってないのか?という意見も拝見しました。 自分はどちらかというと後者です。 明日は我が身とは感じていない。 離婚当時この子を守ろうと一緒に居たいという思いだけで行動していました。 なので虐待するなんて考えられないと思っているのが正直なところです。 大事で片時も頭から娘が消える事はないです。 意見的には後者ですが 『虐待してしまうかもしれない、この事件を胸刻もう』 『虐待なんてできるわけがないこの子を心の底から愛しているんだから』 どちらの意見もこの事件を知って胸を痛めたのなら 子供を思う親なのだと思います。 最後に 自分の思った事を勝手に文章にしてきましたが 自分は育児を始めて2年半のひよっこです。 まだ5歳の子供はどんな感じなのかも想像でしかわかりません。 しかしこの事件を知って本当に心が苦しくなりました。 今の自分だから感じられる事を文章に残します。 人の数だけ考え方は様々で 正解はないに等しいですが 間違いは必ずあります パパとママに愛されたくて 一生懸命に答えようとしたゆあちゃん。 平仮名も書ける賢い子 そんな素敵なかけがえのない命を絶つなんて それだけは世界が180度変わろうが どんな事情があろうが 絶対にあってはならない事。 穏やかな言い方じゃないけど 償っても償えない罪に この加害者は一生苦しんでほしい。 加害者がゆあちゃんと同じく幼くてサポートが必要な立場だったら 子供と自分を置き換えてどんな気持ちだったか、どんな痛みだったかを考えられないそんな親 自らの命を捧げても到底許されない。 そして加害者二人の間で生まれたお子様には罪はない。 しかしこの二人に育てる資格はないと思う。 それでも子供はパパとママが好きだ。 どのような方法が正しいのかわからないが その子の幸せのためにその子は放棄しないでほしいと切に願う。 育てられないなら誰かに託して欲しい。 その子の幸せを願って行動して欲しい。 ゆあちゃん。 もし生まれ変わりがあるのだとしたら 苦しい思いをした分 今度は優しいパパとママの元に生まれる事を願います。 覚えた平仮名を 悲しい文章じゃなくて 『ぱぱままありがとうだいすき』って 心から伝えられるように。 勝手ながらこの事件に思った事でした。 私はやましーさんと同じような境遇の男性と結婚しています。 連れ子再婚について考えてみたのですが、 「実子がかわいい。 連れ子は愛せない(かもしれない)」という嫌な事実から目をそむけないことが大事なのではないかと思っています。 私は連れ子(この呼び方嫌ですね。 )に対しては無償の愛とは違いますが、一人の人間として敬意をもって接することにしています。 逆に危険な考えは 「愛する彼(彼女)の子供だからかわいい。 だから愛せるはず。 」や 「こんなに自分のことを愛してくれる彼(彼女)だから、 自分の子供のことも愛してくれるはず。 」ではないでしょうか。 子どもは彼氏・彼女の付属物ではないと思います。 連れ子に限らず虐待を行う人・看過する人は そもそも子供を親の付属物のように扱って、人権意識に乏しいと感じます。 記事で引用されていたシンママさんの考え否定するわけではありませんが、 ただの彼氏彼女の関係の上で、赤の他人の子供を愛するようにというのは そもそも難しい要求のように感じました。 実子のかわいさ・特別さは、彼女が誰よりも知っているはずです。 親を引き合いに出すのはいただけませんが、 連れ子を可愛がっているかということだけを物差しにせず その人があらゆるシーンで理性的に行動するか、利己的すぎないか、弱者に優しいかという 点で見てほしいなと思いました。

次の