山口 智弘。 病院別「ロボット手術数ランキング」3位藤田、2位東京女子医、1位は?

鈴鹿中央総合病院|三重県厚生連

山口 智弘

1994年法政大学経営学部経営学科卒業。 2003年法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻修士課程エコノメトリックスプログラム修了、修士 経済学。 2006年東京大学大学院工学系研究科MOTコース単位取得修了。 2006年東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻研究生。 2017年東京工業大学イノベーションマネジメント研究科イノベーション専攻修了、博士 工学。 山一證券、中央信託銀行、大和証券投資信託委託、三菱UFJ信託銀行を経て、ビジネス・ブレークスルー大学経営学研究科経営管理専攻助教、ニッセイアセットマネジメントチーフ・ポートフォリオ・マネジャー 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです バランスシートには表れない無形資産の評価手法を検証した本。 プロのように膨大な時間と手間をかけて一つづつの無形資産の価値を計算、積み上げて企業価値を計算することができない私のようなサラリーマン投資家にも(だから?)、本書で示しているモデルによる企業価値把握は投資判断に役にたつと考えます。 本書は作者の博士論文を基にしているとのことで学術論文的な文体ではあるのですが、大学でファイナンスの授業を受けたことがある人なら読みこなせるレベルです。 データの引用が2000年代のものが多いのですが、本書のテーマは直近の経済動向の分析ではなく評価方法の分析なので、本書の本質的な価値に影響はないと思います。 作者は金融機関で運用に携わる実務家とのことです。 本書にて理論的背景は理解できましたので、次は実務家としての価値評価方法の実践について本にしてくれることを期待しています。

次の

山口智広

山口 智弘

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに1冊在庫がございます。 (2020年06月29日 15時33分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 目次 第1章 序論 第2章 既存研究(無形資産価値の評価アプローチ;既存の無形資産価値評価モデル) 第3章 無形資産価値評価モデルの構築(無形資産の定義;コスト・アプローチ・モデル ほか) 第4章 無形資産の効果向上(開示と株価動向;開発の平均情報量と収益性) 第5章 結論 著者等紹介 山口智弘[ヤマグチトモヒロ] 1971年三重県に生まれる。 1994年法政大学経営学部経営学科卒業。 2003年法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻修士課程エコノメトリックスプログラム修了、修士(経済学)。 2006年東京大学大学院工学系研究科MOTコース単位取得修了。 2006年東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻研究生。 2017年東京工業大学イノベーションマネジメント研究科イノベーション専攻修了、博士(工学)。 出版社内容情報 技術・ブランドなど無形資産はその重要性と裏腹に「見えざる資産」となっている。 運用指標・戦略につながる価値評価モデルを提示。

次の

ものづくりの女性リーダー育てる:日経BP ESG経営フォーラム

山口 智弘

整形外科では、多くの方々が経験したことのある、肩こり、腰痛、神経痛、関節痛など、首から足の先までと体の非常に広い範囲が治療の対象となります。 主な疾患としては、外傷による四肢の骨折や脱臼、捻挫、打撲などの治療から、慢性期の疾患として関節の変性疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症など)、肩関節周囲炎、頸椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあげられます。 近年では内科が、呼吸器科、消化器科、循環器科などと専門的に分かれてきたように、整形外科領域においても、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手外科」や「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ整形外科」などに専門性が分かれています。 当院では、 ・骨折などの一般外傷 ・下肢関節症疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症) ・脊椎疾患 を中心に診療を行っています。 対象疾患 骨折治療 骨折型にあわせて、保存的治療(ギプス、装具など)、手術治療を行います。 高齢者であっても手術により得られる利点が大きいと判断した場合には、全身状態に配慮しながら手術し早期社会復帰を目指しています。 特に近年増加傾向である大腿骨近位部骨折に対しては、骨接合術、人工骨頭置換術などを行い早期離床、リハビリを行います。 また、回復期病院との連携を行い継続的なリハビリができるように努めています。 下肢関節症疾患 関節鏡手術、骨切り手術、人工関節置換術(股関節・膝関節)の治療内容について説明の上、ご本人様、ご家族様と一緒に治療方針を考えていきます。 脊椎疾患 保存的治療、手術的治療の利点、問題点を説明の上、治療方針を決定していきます。 必要に応じて、各種ブロック注射なども行います。 医師紹介 「日本整形外科学会専門医制度研修施設」 昭和62年 埼玉医科大学医学部 卒 昭和62年 埼玉医科大学総合医療センター 整形外科教室入局 平成11年 府中恵仁会総合病院 部長 平成13年 若葉病院 部長 平成18年 同院 副院長 平成21年 同院 院長 平成26年 関越病院 部長 平成30年 イムス三芳総合病院 整形外科部長 専門分野• 整形一般• 外傷(スポーツ外傷含む)• 関節外科(関節鏡、人工関節手術)• リウマチ 所属学会・資格• 日本整形外科学会 専門医、認定スポーツ医• 日本リウマチ学会 専門医• 日本リウマチ財団 登録医 一言コメント これまで骨折等の外傷に対する整形外科分野の一般的な手術の他、主にリウマチ、スポーツの分野に身を置いていたため、関節鏡下手術や人工関節手術といった関節外科を主として行ってまいりました。 私は良い医療を提供するためには、チーム医療が欠かせないものと考えています。 今後は、周りのスタッフと良きチームワークを構築して地域医療に少しでも貢献したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 昭和61年 徳島大学医学部 卒 同 年 徳島健生病院 平成 1年 横浜市立大学 平成 3年 香川医科大学(現 香川大学) 平成 5年 坂出市立病院 医長 平成13年 川崎臨港病院 部長 平成18年 吉祥寺南病院 平成19年 柏たなか病院 部長 令和 2年 イムス三芳総合病院 得意分野• 膝関節(人工膝関節・関節鏡)• 関節リウマチの薬物療法• 骨折治療全般 所属学会・資格• 日本整形外科学会 専門医• 日本リウマチ学会 専門医 一言コメント 2020年4月からイムス三芳総合病院に着任いたしました。 整形外科領域のうち、特に関節リウマチ・変形性膝関節症等の治療を通じて地域の皆様のお役に立ちたいと思っております。 関節の痛みでお困りの方はどうぞお気軽にご相談下さい。

次の