公務員 ボーナス リーマンショック。 公務員ボーナスの計算方法はとっても簡単!支給額の推移も算出しました。|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

大手企業・中小企業・公務員、それぞれのボーナス事情(2020年夏)(Manegy) 2020年の前半は新型コロナウィルスの影響で…|dメニューニュース(NTTドコモ)

公務員 ボーナス リーマンショック

Contents• 公務員は利益を出さないので、ボーナスは不要? ボーナスは賞与であり、基本的には会社の利益が上がれば多くもらえ、下がれば少なくなります。 倒産寸前の経営状況であれば、ボーナスはもちろんもらえません。 営業職は、特にその傾向が強く、社内における個人の営業成績で百万円単位でボーナスが違ったりします。 しかし、ほとんどの地方公共団体は毎年、赤字です。 資金が潤沢なのは東京都ぐらいです。 にもかかわらず、公務員は、いつの時代も安定してボーナスが支給されています。 ここで、おかしいと思う気持ちは分かります。 しかし、赤字であればボーナスを出さない企業が多いかというと、実態はそうではありません。 そもそも、ボーナスの定義は各会社によって異なります。 ボーナスは賞与であり、利益に基づいて支払うもの• 年間の所得の一部を定時期に払うもの 10年ほど前まではボーナスに対して厚生年金保険料は1%負担でしたが、現在は月給与と同割合徴収されます。 この事実からして、民間企業は、給与の一部をボーナスで支払っています。 住宅ローンもボーナス返済を認めている、よもや推奨しています。 それって、年間の所得の一部を定時期に払っていることになっている裏付けでもあります。 そうでなければ、でるかどうかもわからないボーナスを含めて銀行は融資しません。 銀行にとって、返済されないことが一番のリスクですから。 つまり、 日本の会社の場合は2がほとんどなのに、公務員にだけ1を求めるような意見は筋が通りません。 公務員のボーナス支給をどちらで定義するかにもよりますが、 1で考えればおかしいですし、2で考えればおかしくありません。 この考え方の違いが議論を混乱させてしまっている原因です。 現時点で公務員のボーナスを廃止するという議論をしても、月の給料にその分を上乗せするということで対応されることになるでしょう。 形が変わるだけです。 仮に、日本のほとんどの企業が、成果を出した従業員にのみボーナスを支給するという社会になれば、その流れは公務員にもくると思います。 しかし、それも難しい理由は、公務員は評価ができない仕事ばかりだからです。 そもそも公務員という仕事は利益を出してはいけない 公務員もボーナスを業績で評価すればいい、そんな意見もあるでしょう。 例えば、保険の営業であれば、1件契約するごとにマージンが入ります。 しかし、公務員は一切入りません。 どれほど契約しようがしまいが、給料は同じです。 (一部の自治体では、既に評価制は導入されており、同期でもボーナスがもらえる額はちがっています) 業績はどう評価するのでしょうか。 生活保護費を支給しないことが成果でしょうか• 要望をすべて断ることが成果でしょうか どちらも税金を使っていませんよ・・・違いますよね? 生活保護が必要な人には適切に支給しなければ人命にかかわりますし、歩行者を車から守るような必要な要望もあるはずです。 そのため、公務員は、表に出る数字で評価できない仕事なんです。 また、自治体が赤字だから、利益を出すために• 道路を歩く際には1,000円徴収します• 生活保護の支給を廃止します• 保険料は5割負担です• 水道料金を10倍にします• 路線バスは全線廃止します このようなことを行えば、一年で黒字にできます。 しかし、これが許されるでしょうか。 あり得ないですよね? では、なぜあり得ないのでしょうか。 あなたが税金を納めている納税者だからでしょうか。 (悲しいことに、税金のほとんどを年収1,000万円以上の高所得者が納めています・・・) 道路を歩けるということは、役所の土地を歩いていることになります。 水道が使えるということは、役所が整備した設備を使っているということになります。 それって、当たり前のことでしょうか。 無意識に、「 役所だからあたりまえ」という思考が働いていませんか。 携帯会社に携帯料金を払わずに携帯電話を使用できますか?• 不動産会社(貸主)に家賃を払わずに家を借りられますか? 当然、対価としてお金を払いますよね。 税金を納めていないのであれば、道路を歩く際に10,000円徴収します。 水道料金は今の100倍にします。 こう言われて腹が立つのであればやめればいいんです。 携帯も使わず、賃貸にも住まず、道路も歩かず、水道も使わず、バスも使わず。 (引っ越せばいい?隣の自治体も同じことになっていますよ。 ) これができるのが民間企業です。 これをしているのが民間企業です。 これが言えるのが民間企業です。 路線バスなんてどこも赤字です。 でも、廃止すれば住民の生活が成り立ちません。 民間企業であれば、撤退、倒産すればいいですが、役所は赤字でも続けなくてはいけないんです。 もちろん、これは極端な例であり、このようなことはありえません。 しかし、 公務員が利益を追求すればこうなる未来もあり得るということです。 利益がない=国民の負担が軽い、裏をかえせば、利益がでないがなくてはならない仕事をやっていることになります。 公務員の仕事は平等ではなくてはいけません。 あっちをたてればこっちがたたない。 その調整をするのが公務員です。 利益を上げればいいとなれば、犯罪を取り締まるかどうかも、被害者がお金を出せるかどうかで決まるんですよ? 役所に文句を言いにいっても、納税額が低いと話も聞いてくれないし、役所にすら入れてもらえないかもしれません。 怖くないですか?そんな世界・・・公務員に成果主義を導入すれば、成果がでない仕事は誰もやらなくなってしまいます。 公務員のボーナス支給額は多いの?少ないの? 公務員のボーナスが多いか少ないか、どうやって決まるのか、なぜ民間企業の平均なのか。 この記事にまとめています。 公務員の給料とボーナスは、バブル期と今でほとんど変わらない 公務員は、景気、不景気に関係なく安定して給料が支給されます。 バブル期では、民間企業に勤めるサラリーマンからすれば、公務員になる人はよっぽどの人でした。 愛国心があるか、バカか。 そんな言われ様でした。 それも当たり前です。 何もしていない学生が就職活動を始めれば、面接もせぬまま何社からも内定がでて、内定辞退させないために(ほかの会社へいかせないために)海外旅行に無料で長期間つれていってくれます。 交通費も1日1万円もらえたり、ボーナスは札束が立つ(ほど多額)んですよ。 一方、公務員は、今の給料とボーナス額とほとんど変わっていません。 試験もありますので勉強必須です。 私がその時代に生きていても、絶対に公務員という仕事は選択しないでしょうね。 役所の大先輩に話を聞くと、民間と公務員では、初任給ですら倍以上違ったようですし。 好景気の時は哀れみの目で卑下され、バブルが崩壊しリーマンショックなど不景気になれば叩かれます。 給料を多くもらっていた時には、公務員はそのまま底辺にいろ• 給料が下がれば、公務員はもらいすぎだから底辺に合わせろ それが公務員の仕事なんです。 匿名 「分け与えてもらってる」この感覚は間違っていますね。 稼いだお金で物を買う、その時お店の人に対して「俺が稼いだ金を分け与えてやっているんだ。 」そんな風に考えてるんですか? 行政が提供する行政サービスは、赤ちゃんが生まれる前から、人が亡くなった後も提供されます。 なぜ道路が舗装されてるんでしょうか?なぜ警察が法律違反をした人を捕まえてくれるんですか? 当たり前だと思っていることにはお金がかかります。 その対価を払うのは至極当然のことです。 もちろん、いろいろ要求してもらっていいと思いますが、払うべき対価が増えるだけの話です。 他のコメントに「安定を求めて公務員になっている人がほとんど」とありますが、それは何を根拠に言ってるんですか?私は公務員ですが、公務員になるとき「安定を求めて」なんて微塵も考えていませんでしたよ。 そして周囲の人達も日々地域のために働いてます。 なぜ公務員になったのか?いくつか理由をあげれば「安定だから」という理由をあげる人も多いでしょう。 しかし、その理由が公務員になりたいと思った第一の理由とする人はほとんどいないと思います。 何十年前の話をいつまで持ち出してくるんだか。 そもそも公務員は公僕として働く決意をした人がなるべきで、経済的な理由でなるべきではない職業。 でも、ちゃんと仕事をしている公務員が、それに見合った給与やボーナスを貰うのは一向に構わないし、それに反対する人もいない。 なら何故、文句がでるのかというと、公務員、議員の働きは不十分でこれだけの額を支払う価値がないと国民は思っているわけですよね。 その事を肝に銘じて、こんなブログで金もらって当然なんて主張している暇があったら、どうすればもっと国、地方、国民が良くなるかを考え、死ぬ気でがんばって仕事してください。 国が良くなれば公務員の給与ももっと良くなりますから。

次の

2020年夏のボーナス支給時期はいつ?コロナの影響は?

公務員 ボーナス リーマンショック

リーマン・ショック以来の大幅マイナス この夏のボーナスで、民間企業の1人あたりの支給額が前年比6. 4%減となると、その額は35万7000円。 予想どおりになると、リーマン・ショック後の2009年夏のボーナスが前年比9. 8%減だったことに次ぐ、大幅なマイナスだ。 世界的な設備投資の抑制や自動車の販売低迷に伴う製造業の不振で、2019年度下半期に企業収益が低迷。 2020年の年明けから新型コロナウイルスの影響が顕在化し、感染拡大が続いたことで、ボーナスにも影響が及んだ。 世界的な感染拡大を受けた輸出の減少、感染拡大防止に向けた休業の広がり、外出自粛に伴う国内消費の冷え込みにより、製造、非製造業ともに急速に業況が悪化。 先行き不透明感や雇用不安の増大により、春闘では、製造業でベースアップのゼロ回答が続出するなど、賞与のベースとなる基本給の伸びが鈍化した。 日本総研の見通しでは、大手企業では3月以降の情勢悪化の影響が本格的に反映されるのは年末賞与となるとみている。 一方、国家公務員の前年比プラス見込みは、夏季と年末の支給割合の平準化の影響のほか、人事院勧告(2019年8月)による月給の引き上げ(0. 09%増)が押し上げに作用している。 「これで公務員がそのままとか、許されないぞ」 コロナ禍による窮状がさまざまに報じられている中での「ボーナス予想」にネットの反応はさまざまだが、家計事情が苦しくなっているとみられる人たちからは、コロナの影響がない公務員に向けた恨み節が多い。 「公務員は何%下げる? 国会議員は100%削減でいいとして」 「税金なんか払わなくていーべよ! 無能な馬鹿議員にこれ以上給料報酬払いたくねーわ」 「当然、公務員も下げるんだろうな。 これで公務員はそのままとか、許されないぞ」 「まさか公務員には出ませんよね? そんなお金あったら、経済対策に回して下さいね」 保健所や公立病院など、コロナの対応に粉骨砕身している公務員の様子もメディアではしばしば報じられている。 そのことに気配りする声も......。 「常日頃最前線で頑張ってくれている公務員の方々には申し訳ないが、10%ぐらいの減額は協力して欲しいけど......。 とはいえ、各役所の窓口、救急車、警察、厚生労働省等々、皆さんにだって家族が居て不安でしょうに、仕事を続けてくれて本当にありがとうございます。 皆んなで攻撃しあうのではなく、こんな時だから日頃の当たり前がいかに皆のお陰で回っているのか気付いて、感謝できるキッカケにしたいですね」 夏より厳しい見通しの冬のボーナスについては、 「冬のボーナスや来年はもっと業績が落ち込むだろうから、当たり前に貰えないかもね」 「今年の冬以降の落ち込みが気になる。 アパレル業界はまさに厳冬!」 「冬はもっと影響受けそう。 大企業とて安心できない。 備えよ!」.

次の

ボーナスの平均こんなに高いの?大企業や公務員に嫉妬してしまうのだが

公務員 ボーナス リーマンショック

コロナでボーナスはどうなる!?リーマンショック時に匹敵する大幅減額か 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、2020年夏のボーナスは大幅減少になる見通しです。 前年比でー7. 内訳としては、製造業:493,650円 -4. 一方、 国家公務員の2020年夏のボーナスは、687,600円と前年比1. ただし、こちらは昨年から夏よりも多かった冬のボーナスを均等に支給しようとした結果増えたにすぎず、実際には伸びは鈍化しているといいます。 関連記事 中小・零細企業でより業績悪化の影響を強く受けるか 特にコロナウイルスの影響によるボーナス減少の影響が大きいのが中小企業です。 大手企業と比べて、直近の業績がボーナスに反映されやすい中小企業では、足元のコロナウイルスの影響を強く受けて、ボーナスの支給打ち止めや大幅減額を行うところも多いことが予想されています。 ボーナスだけではなく、残業代等の減少も悪化 また、ボーナスだけにとどまらず残業代なども大幅減少の可能性が高いと見られています。 コロナが拡大しはじめた3月以降、営業時間短縮や工場の停止といった動きがみられ、さらに緊急事態の発令によってこのような動きは一段と加速していく見通しです。 景気の急激な悪化に伴い、所定外給与の減少や失業率の上昇なども見込まれています。 もし給料が減っても、将来のためにどうにか貯蓄はしたい コロナが終息して、すぐに景気が回復してくれればいいですが、この先の経済状況がどうなっていくかは、不安は続きますよね。 もし景気がさらに悪化すらば、直近のボーナスだけでなく、その先のボーナスや月収も下がる可能性はあります。 そんな最悪な状況に備えて、今のうちに貯蓄は増やしておきたいという方も多いと思います。 自分の収入や年齢、家族構成を考えて、どのくらい貯金をしていけばいいか分からない方は、一度 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに無料相談してみるのもおすすめです。 ファイナンシャルプランナーの無料相談サービスでは、• いまの年齢・家族構成でどのくらい貯蓄が必要なのか?• 今の収入のうち、貯金にいくら回すのがいいのか?• そもそも無駄な出費や、過度な保険プランに入っていないか? など、お金に関する悩みをファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれます。 税金、貯金、保険などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、今のような先行きが不透明な経済状況下では、とくに役立つと思います。 おすすめは、株式会社リクルートが運営しているです。 日本全国で対応していて、厳選されたファイナンシャルプランナーがあなたの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので今後の貯蓄計画に不安な方や、一度プロのアドバイスをもらいたい方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の